titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

TEIKOKUKAIGUN-TUSHIN-1

東日本大震災で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


12100501.jpg
お久しぶりでございます。
FC2広告が出ちゃいましたな……ははは……
実はネット環境が非常に不安定でして、ここしばらくはなかなか繋がらない状況ですた……うううう~

こんにちは。
涼しくなりましたね。
120411-02.gif
え~、「ジャズって以外に聴きやすい!みんなでジャズを聴こう!」のお時間です。
ルイ・アームストロング……サッチモの「La vie en rose」でございます。

なんとも哀愁のあるメロディで、独特の濁声で朗々と謳い上げておりまする~
原曲はエディット・ピアフの「ばら色の人生」ですな。

120411-03.gif
さて、作左的シネマ寸評でございます。
ご参考になれば幸いでございます。(^^)/
Good★★★★★|☆☆☆☆☆Badの順でごぜぇやすよ。

●ヒューゴの不思議な発明
1930年代のフランス、パリ。父を亡くした少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、
駅構内の時計台に隠れ住み、時計の整備をしながら孤独な毎日を送っていた。そんな彼の心の
よりどころは、父が遺した壊れたままの不思議な“機械人形”。その修理に悪戦苦闘していた
ヒューゴは、おもちゃ屋で万引きを働いて店主の老人ジョルジュ(ベン・キングスレー)に捕まり、
人形について書かれた大切な父のノートも取り上げられてしまう。
そんな中、ヒューゴは老人の養女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と仲良くなり、
一緒に機械人形の秘密を探ってゆく冒険の旅にでるのだが……みたいな。
マーティン・スコセッシ監督の映画へのオマージュをふんだんに取り入れられたファンタジー映画。
ま、ファンタジー映画を観てワクワクドキドキする歳じゃねぇーし……みたいな(笑)
世界初のSF映画や、特撮のからくりなんぞは結構面白かった。もちろんモノクロの無声映画なんだけど
実に新鮮な感じがしますた。その後実際にそのモノクロ無声映画を観る機会があって、
15分ほどだったかな?最初から最後まで観たけど……感動!(笑) 起承転結もちゃんとしていて、
宇宙人の登場もあるし戦いの場面があって、無事に地球に帰ってくるという……
現代の宇宙物映画とおおまかにはそんなに変わらん(笑)
ファンタジー好きにはお勧めですな。
2011年126分 アメリカ
★★★

●アンストッパブル
ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ列車操車場。この日、初めてコンビを組むことになった
勤続28年のベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)と、職務経験4ヶ月の新米車掌ウィル
(クリス・パイン)。始めからソリが合わず、それぞれ私生活でも問題を抱える2人は、険悪な雰囲気で
旧式機関車1206号に乗り込むことになった。その頃、同州のフラー操車場では、運転士による
ブレーキ操作のミスが原因で、最新鋭の貨物列車777号が無人のまま走り出してしまう。
39両の大編成で全長約800メートルを誇るそれは、極めて危険性の高い化学物質とディーゼル燃料を
大量に積んでいるため、その先に待ち受ける急カーブで転覆すれば大惨事に発展することは必至だった。
思わぬ事態に騒然となる現場を尻目に、みるみるスピードを上げていく777号。あらゆる手立てを
講じるも敢えなく停車失敗に終わる中、全ての命運を託されたフランクとウィルは1206号の機関車両を
777号の最後尾に連結させ、ブレーキでその暴走を停止させるという無謀な手段に出るのだが……
という……(笑)再出かもしれませんが……なかなか面白いよコレは。
暴走列車というテーマはいろんな映画で使われるけど演出、設定等に新鮮さもある。
スピードダウンした列車がカーブを曲がりきったときは思わず「YES!」と叫んでしまいそう(笑)
登場人物の少なさ、シンプルなストーリーと非常に分かりやすくまだご覧になってない方には
間違いなくお勧めです。
2010年99分 アメリカ
★★★★

●戦場のピアニスト
1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツが侵攻したこの日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマン
(エイドリアン・ブロディ)はワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。
街はドイツ軍に占拠され、ユダヤ人をゲットーへ強制移住させるなどの迫害が始まる。シュピルマン家も
住み慣れた家を追われる。ゲットー内のカフェでピアノ弾きの職を得た彼は、様々な迫害に遭いながらも
静かに時をやり過ごす。しかし、やがて一家を含む大量のユダヤ人が収容所へと向かう列車に乗せられる。
その時、一人の男が列車に乗り込もうとしていたウワディクを引き留めた。そこからユダヤ人迫害から
逃れながらの果てのない旅が始まった……みたいな。
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマでございます。映画好きならこれは観て当たり前だすな(笑)
自らも収容所経験のあるロマン・ポランスキー監督の実話の物語。
戦争映画特有の派手な演出も控えめで淡々とユダヤ人迫害の事実と人間の尊厳を描いておりまする。
ちと「暗い映画」という気がしないでもないけど、間違いなくお勧め。私も5回ほど観てまする~(笑)
2002年148分 フランス/ドイツ/ポーランド/イギリス
★★★★★

●スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
マフィアのボス、スパラッザ(ジョセフ・ラスキン)の邸宅に張り込んでいたFBI捜査官の
メスナー(ライアン・レイノルズ)とカラザーズ(レイ・リオッタ)は、スパラッザがイズラエル
(ジェレミー・ピヴェン)という男を殺すためにスウェーデンから暗殺者を雇い、イズラエルの
心臓に100万ドルの賞金をかけた、という内容の電話盗聴に成功する。
一方、標的となってしまったラスベガスの人気マジシャン、バディ・イズラエル、通称エース。
彼はスパラッザらギャングたちに気に入られて以来、裏社会に足を踏み入れるも強引な振る舞いで
裏社会全体に混乱をもたらし、FBIに目を付けられるハメに。さらにはスパラッザの容疑の証言を
得るために司法取引を持ち掛けられ、その決断を迫られていた。そんな中、エースの心臓に100万ドルの
賞金がかけられた噂はたちまち広がり、世界中の暗殺者たちが続々エースの籠もるタホ湖のホテルに
集まってくる。また、エースの弁護士から依頼を受けた保釈保証人デュプリー(ベン・アフレック)らが
エースを連れ戻しに、そしてメスナーとカラザーズはエースを保護するため、現場へ急行するのだが……
という……(笑)
ドタバタクライムコメディざんす!(笑)こーゆーB級クライム映画には欠かせないレイ・リオッタのほか
アンディ・ガルシアなんぞもちゃんと出てますよん(笑)
また、これも欠かせないのがちょっと危なくてイッちゃってる奴ら……はい、ちゃんと出てまする。
得体のしれない3兄弟(爆) やたらと銃をぶっ放して、撃たれてもなかなか死なないという(笑)
お色気……はい、ちゃんと出てまする。オネェちゃん二人組の薄着のすっげーつえー殺し屋で(笑)
ま、この手が好きな方向けですな。感動もへったくれもなく、ただ銃を撃ち合って殺しあうという……
ま、私も嫌いじゃないですけどね。コメディタッチにしたのがせめてもの救いですな(笑)
2007年108分 アメリカ
★★★

●ドリル・マーダーズ 美少女猟奇殺人事件
音楽家:ラーヴンのもとに、彼の娘:ヨハナが頭蓋骨を損傷され、殺されたと警察から連絡があった。
しかし彼女は、今しがた帰宅していた。間違いの電話であったことを確かめる為、ラーヴンは
ヨハナの部屋へ行った。が、彼女は様子がおかしくなっており、黒い液体を吐きながら
彼に襲いかかって来た・・・・。 一方、その頃街では、電気ドリルが使われた連続殺人事件が発生し、
その数は30を越えていた。この異常な状況に警察は手をこまねいていた。そして病院に収容された
死体全てが動き始めた……ちゅー……はぁ~
一般人にハンドドリルで頭に穴をあけて、石油みたいな黒い液体を注入して逃げるという……
な~~んでドリルなんだよ! そ、それがなんなんだよ!
30人以上の被害者……そんだけ無能な警察なんかよ!
へんな工場みたいなところで、被害者になった娘の親父がドリル軍団に追いかけられるんだけど
「バカ殿」のコントみたい(爆) 逃げるほうも追うほうもトロいし……
全てにおいて意味分からないことの連続で、観てるほうがイラつく(笑) まったく恐くねぇし!
DVDを見かけても観ちゃダメ~~~!
2010年99分 ノルウェー/フランス 未公開
星なし!

●監禁ハイウェイ
激しい雨の降る真夜中のハイウェイ。カップルのゼイクスとベスは険悪な雰囲気の中家路を急いでいた。
突如追い越していったトラックの荷台の檻に監禁された女性を目撃してしまったことから、
2人は予期せぬ命がけのゲームに巻き込まれ、長い長い夜が始まる…。
口論の後、一人車を降りたベスは白いトラックにさらわれ、ゼイクスはベスを救うためトラックの
後を追いハイウェイを突っ走る。 果たしてゼイクスはベスを救い出し、無事に朝を迎えることが
できるのか……ちゅー……
映画だから、無事救出できます。ハイ。
う~ん、これもつまらない。ゼイスクっちゅー彼氏のほうが最初は惨めっぽい貧乏な男をこれでもかっていう
演技をしてたんだけど、途中から急にヒーローっぽい演技にシフトチェンジ(笑)
ま、いい映画を観るためのコントラストのひとつとして……(笑)
暇なときにどーぞ。  ……あ、上の映画よりゃ、幾分マシじゃ
2009年92分 イギリス 未公開


●グロリア
サウス・ブロンクスのあるアパートに、数人のライフルを持った男たちが、取り囲んでいた。
彼らが狙うのは、そのアパートに住むジャック(バック・ヘンリー)を主人とするプエルトリコの一家だった。
彼の妻ジェリ(ジュリー・カーメン)、祖母、そして10歳の姉と6歳のフィル(ジョン・アダムズ)らは、
この物物しい事態の中でうろたえていた。実はジャックはある組織の会計係を担当しており、
その組織の大金のありかをFBIに洩らしたことから、彼らに命を狙われるはめになったのだった。
フィルら一家が恐怖に襲われている時、同じフロアに住むグロリア(ジーナ・ローランズ)という女性が
ドアをノックした。彼女は、コーヒーを借りにジャックの家を訪ねて来たのだが、その異様な空気を敏感に
感じ取り、ジャックのフィルを預かってくれという突然の願いを聞き入れた。そしてさらにジャックは
詳細の秘密を記したノートをフィルに託した。子供嫌いのグロリアが、いやがるフィルをつれて部屋に
戻った瞬間、ジャックの部屋では大爆発が起き、グロリアは一家が惨殺されたことを知った。
翌日の新聞では、グロリアが一家を殺し、フィルを誘拐したと報じた。やがて、アパートを脱出した2人は、
組織から追われる身になった。ひとまずリバーサイド・ドライブのグロリアの姉の部屋に身を隠す2人
だったが、そこにも組織の手がのびたため、グロリアはある覚悟を決めた。グロリアと名のるこの女は、
実はショーガール出身で、例の組織のボス、トニー・タンジーニ(バジリオ・フランチナ)の情婦だった
女なのである。昔の仲間を敵にまわすはめになった彼女は、しかし、この6歳の少年を守ることに
全てを賭ける気持ちになっていた。銀行から持ち金をすべて引き出し、フィルを連れてタクシー、地下鉄、
バスを利用して、ニューヨーク中を、身を隠す場所を求めて逃げ回った。
はじめは自分に冷たくあたるグロリアを「ブタ」と呼び、なじまなかったフィルも、今では完全に頼る
気持ちになっていた。そして、高級ホテルに最後の本拠地をかまえた時には、フィルはグロリアを母の
ように慕っていた。この逃避行に決着をつけることを考えたグロリアは、遂にボスのタンジーニに
連絡をつける。そしてフィルに「3時間待って私が戻ってこなかったら、ひとりでピッツバークヘ行きなさい。
そこで待っているから」と告げると、例のノートをもってタンジーニのマンションへと向かった。
グロリアほ3時間たっても戻らず、フィルはひとリピッツバーグヘ向かう。
不安な面持ちで約束の墓地を歩き回るフィルの前にやがて、1台のタクシーが止まり、中からひとりの
老婦人が降りてきた。その老婦人こそ、変装して無事に駆けつけたグロリアなのだった……という(笑)
かなり昔の映画なんすけど、面白い!クライム映画の礎を築いた作品でもありまする~
あの「レオン」の原型にもなったと言われる作品ですな。グロリア役のジーナ・ローランズが実にいい女!
咥え煙草のスリップ姿で流し目をくれちゃう彼女……ゾクゾクもんですよん(笑)
……今のご時世じゃ考えられない(爆)
レトロ感ももちろんあり、ストーリー展開も安定していて安心して見られるワクワク映画だす。
間違いなくお勧め。ちなみに1999年にシャロン・ストーンでリメイクされてまする。
1980年121分 アメリカ
★★★★

●アメリカン・サイコ
1980年代、NY。27歳のパトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は、ウォール街の一流企業で
働くエリート・ビジネスマン。高級マンションに住み、エクササイズに励み、ブランド物を買い求め、
完璧な生活を求めている。婚約者イヴリン(リース・ウィザースプーン)も愛人コートニー(サマンサ・マティ
ス)もいたし、秘書のジーン(クロエ・セヴィニー)は密かに彼に恋い焦がれていたが彼の心は
どこか虚ろで、目下のライバル、ポール・アレン(ジャレッド・レト)に会うたび苛立ちは募るばかり。
そして、抑えきれない感情に突き動かされたベイトマンは、アレンを自宅に呼び出し殺害した。
そんなベイトマンの前に、失踪したとされたポールのゆくえを調査している人物、キンボール(ウィレム・
デフォー)が現われ、ベイトマンの心に不吉な影がよぎり始める。そしてある夜、ベイトマンは、
前に買った娼婦クリスティ(カーラ・シーモア)と街角で再会し、自宅へ連れてかえって殺害する。
さらにガールフレンドのエリザベス(グィネヴィア・ターナー)も、セックスの後で殺害。
殺人衝動が暴走するベイトマン。自分を抑えきれなくなった彼は、弁護士にこれまでの殺人を告白するが
信じてもらえない。こうしてベイトマンは、さらなる虚無に陥っていくのだった……ちゅー……ううう
う~ん、どうかな?確かに病気だよね。この手のマーダー映画って殺害する場面がスプラッター的で
気持ち悪いぐらいなんだけど、この映画は犯人の内面に肉迫しているからそんなに恐怖心は湧かない。
ま、興味深く観ることはできました。ウィレム・デフォーはさすがにいい演技しますな。
2000年102分 アメリカ
★★★

●ストリートダンス/TOP OF UK
ストリートダンサーのカーリー(ニコラ・バーリー)は、恋人のジェイ(ウクウェリ・ローチ)が率いるチーム
「ジェイ20」のメンバーとして、UKストリートダンス選手権優勝を目指していた。
ところが決勝進出を勝ち取ったその日にジェイが突然チームを離脱、カーリーの元を去ってしまう。
新しくリーダーになったカーリーは、途方にくれる仲間たちをなんとか勝利に導こうと奮闘するが、
稽古場を失うなどトラブルが続発。チームは分裂の危機を迎えてしまう。そんな中、カーリーと
仲間たちのパワーとテクニックに目をつけたバレエ学校の女性教師ヘレナ(シャーロット・ランプリング)が、
バレエ学校の豪華なスタジオを提供すると申し出る。ただし、教え子のバレエダンサーたちをチームに
入れることが条件だった。ヘレナはロイヤル・バレエ団のオーディションを控えた若き教え子たちに、
カーリーたちストリートダンサーの情熱が伝播することを心ひそかに願っていたのだ。
しかし同じダンスとはいえ、ストリートダンスとバレエはタイプがまったく違う。ダンサーたちの対立は、
いわば異文化同士の衝突だった。長年にわたって伝統的な訓練を受けてきたバレエ学校の生徒たちが
だらしない印象のストリートダンスに恐れをなす一方、カーリーたちも頑なによそよそしい態度をとり続ける
バレエ軍団にうんざりしていた。なかなか埋まらない溝にくじけそうになるカーリーだったが、
バレエダンサーたちと一緒にクラブに出かけてダンスバトルに挑んだり、ヘレナの案内で初めての
バレエに触れたりするうちに、彼女の中に新しい何かが芽生えていく。
チームは徐々に互いをリスペクトしはじめ、カーリーもハンサムなバレエダンサーのトマス(リチャード・
ウィンザー)に魅かれはじめていた。やがて、新チーム「ブレイキング・ポイント」は、
ストリートダンス選手権の決勝とロイヤル・バレエ団のオーディションを目前に控え、新たな挑戦に
臨むのだった……。
ストリートダンスとバレエの合体!ストーリー的にはありきたりなんだな。
リーダー的存在の恋愛関係にある仲間の一人が強い敵側に寝返って、残された者同士新たに結束を固め、
強い敵をやっつける…という(笑)
ある意味日本人好みのストーリー展開ですな。だからこれも安心感があり面白く見れた。
あまり評判はよくなかったみたいだけど、良かったよ。最後の合体ダンスは鳥肌モンですた。
あ、久しぶりにシャーロット・ランプリングを見ましたが、さすがにお歳を……でもいい女!(笑)
私的にはお勧め。彼女と一緒に温かくして見ましょ!(笑)
2010年98分 イギリス
★★★★

●シャドー・チェイサー
休暇を過ごす家族に会うためにスペインの空港に降り立ったアメリカ人青年ウィル・ショー
(ヘンリー・カヴィル)。トラブル続きの仕事を放り出してきた彼の顔には、疲れの色が色濃く
滲んでいた。迎えに来たのは、大使館関係の仕事をしている厳格な父マーティン(ブルース・ウィリス)。
だが、2人の関係は長年うまく行っていなかった。母ローリー(キャロライン・グッドオール)、
弟ジョシュ(ラフィ・ガヴロン)、その恋人ダラ(エマ・ハミルトン)と合流したウィルだったが、
一家揃ってのディナー中、自分の会社が破産したという電話を受け、ショックからその場の雰囲気を
台無しにしてしまう。翌日、気まずくなって外出したウィルが戻ると、家族のクルーザーは何者かに
よって荒らされ、全員が失踪。警察に捜索を依頼したウィルは、なぜか警官たちの襲撃を受けてしまう。
その窮地を救ったのはマーティンだった。家族全員が武装集団に連れ去られたと語るマーティンは、
自分がCIAの工作員であることを告白。驚くウィルをよそに、CIAの同僚ジーン・キャラック
(シガーニー・ウィーバー)とマドリードで合流して協力を要請する。犯人に関して、「ブリーフケースを
奪われた連中だ。24時間以内に返さないと家族が殺される」という2人の会話をウィルが耳にした次の瞬間、
マーティンが何者かに狙撃されて死亡。ウィルは、父の拳銃と携帯電話を手に無我夢中で走り出す。
必死の逃避行の末、アメリカ大使館に駆け込むが、家族が拉致されたという彼の訴えを職員は取り合わず、
反対に警官殺しの容疑を掛けられてしまう。その場から逃走したウィルに、やがて犯人から電話が。
「ブリーフケースか、家族の命のどちらかだ。午後6時に太陽の門に来い」
だが、ウィルにはまったく事情が理解できない。マーティンが巻き込まれた陰謀とは一体何なのか?
正体不明の犯人が要求するブリーフケースとは何なのか……?
うううー、これはどうかな?(笑) 大々的にCIAの父親役でブルース・ウィリスを前面に押し出してるけど、
映画が始まって27分で死んじゃう(爆)だから、いつもの彼のアクションを期待すると完全に肩透かしなんだな。
シガニー・ウィーバーがすっげー頑張ってる。後半のカーチェイスは見所ですよん。
ほかはダラダラ感が否めない。新作なんすが……う~ん どうかなって感じ(笑)
2012年93分アメリカ 12年10月27日公開  サイト
★★


今回の「おススメの一本」はやっぱりの「戦場のピアニスト」でございまする!
他、「アンストッパブル」「グロリア」ともに観る価値はありまする~



120411-04.gif
はい、食欲の秋ということで「trattoria Antonio De Sakuza」へようこそ(笑)
だんだんとオーブン系が増えている今日この頃です(笑)

12100503.jpg  ●チキンソテーシャンピニオンソース
  ホワイトソースを作り、コンソメ少々と塩胡椒、
  マッシュルームを入れ煮込んでソースを作ります。
  鶏もも肉を塩胡椒、白ワインでソテー。
  熱々の鉄板皿に乗せ、ソースをジュワ~~っと!
  ピーマン、人参、ジャガイモを添えて
  出来上がりざんす。
  熱々を食うべし!

12100504.jpg  ●ポルペッテ・アッラ・ナポリターナ
  偉そうなネーミングだけど、ナポリ風
  ミートボールざんす。
  パンを荒く微塵にして牛挽肉と混ぜ合わせ
  よくニチャニチャと揉み込みまする。
  バターで炒めた玉葱を加え(冷やしてね)
  一旦揚げてからトマトソースで煮込みまする。
  ショートパスタはぶっといミッレリーゲっす。

12100505.jpg  ●煮込みハンバーグ
  こいつも牛100%のハンバーグ。
  自宅で固まりから挽きますた。
  玉葱のソテーのみ入れて焼き、
  デミグラスソース(ハインツ缶)に
  ケチャップとリーペリンソースで
  味付けしたソースで煮込み、チーズを
  トッピングして完成!お野菜もちょいと入れてね!

12100506.jpg  ●ズッキーニときのこのグラタン
  しめじ、えのき、舞茸、椎茸なんぞを
  バターでソテー。鶏肉を一口大にカットしてソテー。
  ズッキーニもカットしてソテー(笑)
  あとは、皿に盛ってチーズをトッピングし
  オーブンで焼くざます!仕上げには粉チーズをたっぷりと……。
  ポイントは素材を別々にソテーしてちょんまげ。
  オーブンに入れるときに合わせるよーに。

12100507.jpg  ●秋鮭ときのこのホイール焼き
  秋鮭をガーリックオリーブオイルでソテー。
  玉葱、人参、きのこなんぞも炒めまする。
  皿にアルミホイル(大きめ)を敷いて、
  具材を置き、オーブンで焼きまする。
  熱が通ったら、バジルたっぷりの
  熱々トマトソースをかけて完成!
  トマトソースはこげちゃうので後でかけるべし!

12100508.jpg  ●ペペロンチーノ
  定番ざんすね(笑)パスタはリングイネだす。
  潰したニンニクをオリーブオイルで炒め
  半分にカットした鷹の爪(乾燥でよござんす)を
  投入! 種は必ずとってね……じゃないと……(笑)
  そこへパスタの茹で汁を投入。乳化現象がおきたら
  茹でたてのパスタを投入してワサワサと。
  自家製パンチェッタをトッピング。

最近はなーんとなく仕事が忙しく、端折った料理ばかりなんだな、これが……(笑)
缶詰の利用も結構増えてるし……(笑)
120411-05.gif
12100519.jpg
え~、模型の秋でもありまする~
お・ま・た・せ~~ ちゃんと模型も弄くり回してますよん(笑)
で、帝国海軍通信ということに……
零戦から火がついて、なんかゴチャゴチャとやってたんでありますが、
さらに増えてしまったという……(爆)
12100509.jpg12100510.jpg  九八陸偵。
  アリイとなってますが、
  ご存知の通り旧LSっす。
  伝統の梨地も健在!(笑)  
  チャチャッ~と
  コクピット終了させ
  主翼接~着!

12100511.jpg12100512.jpg  フジミ九六艦戦。
  小粒ながらピリリという(笑)
  迷彩も魅力的ざんす!





12100513.jpg12100514.jpg  ハセガワ零式水偵。
  ロングランキットだすな。
  結構デカイ(笑)
  凸モールドだから
  彫るかなっと~♪



12100515.jpg12100516.jpg  フジミ九八水偵。
  マニア心をちょいと
  くすぐるおもしれーキット(笑)
  しかし、このプラの色!
  どーにかならなかったのかな!



12100521.jpg12100520.jpg
  ハセガワ震電。
  スッゲー近未来的スタイル!
  このままスターウォーズに
  出てもおかしくねぇーな(笑)



あとは、流星だの彩雲だのをやっぱやろーかと……ううう、はい、Mだよん(笑)

12100517.jpg12100523.jpg

  あ、こいつの袋も
  開けちまいますた……。







12100518.jpg
  で、コレ……
  デカクね?(爆)





で、JMCなんすが、今回はシフトが土日にまたがってまして、どーも行くことが叶わないようでごんす。
嫁と愛人を5~6人、犬猫を連れて行こうかと考えてたんすが……(爆)
ご参加の皆様!楽しんできてくださいね!



本日も長いお付き合い、ありがとうございました。










前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。