titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

深大寺

二月だというのに、ポカポカと暖かい日が続いてますね~
連休最終日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
じんだいじ

先週の日曜の昼食は、調布飛行場脇のプロペラカフェにちょいと行ってきました。
(ここのBLTサンドは最高!)
そのときにグーグルマップで以外に近いのを発見!
三日連休はひと月半遅れの掃除の予定でしたが、半日を使って深大寺に行ってきました。
もちろん歩きです。

深大寺01
我が家のすぐ裏手は甲州街道が走っております。
その脇に東京オリンピックマラソンの折り返し地点の碑が立っております。
そう言えばあの裸足のランナー、アベベをライブで見たな~(笑)
親父に肩車をしてもらった思い出です

深大寺02
味の素スタジアムを突っ切ると近道ですが、立ち入り禁止になっています。
そこで、柵を乗り越え強引に横断しちゃいますた。もちろん、不法侵入でございます~
この柵を飛び降りたときに、足がグキッ!となり、歳を感じざるをえませんでしたが
なんか、悪いことをしているというワクワク感もありました(笑)
捕まらなくて良かった~~♪……けっこう小心な作左めでございます。

深大寺03
五分も北へ歩くと野川があります。
昔は汚いどぶ川のようでしたが、水は大分きれいになり、大きな鯉なども泳いでいます。


深大寺04
深大寺の参道に通じる道です。
このあたりから、名物の蕎麦の幟が立ち始めています。

深大寺05

深大寺06
道すがら、水車小屋を発見。
農業と水車の小さな資料館になってます。
入ると、この近辺の農業の歴史や、
雪道を歩くカンジキや昔の木製で出来た脱穀機などが展示してあります。
う~む、勉強になるな~

深大寺07
たいして長くない参道。
両脇には、お土産屋さんや蕎麦屋さんが立ち並んでいます。
すぐ、左には「ゲゲゲの鬼太郎」ショップがありますた。
小さなフィギアや文房具等のグッズが所狭しと置いてあり、マニアには垂涎でしょうね(笑)

深大寺09
山門前を右に行くと、「すずめのお宿」という蕎麦屋さんがあります。
なかなか雰囲気もよく、深大寺に来ると必ず寄るお店ですが…

深大寺10
冷たいとろろ蕎麦を頼みました。
う~む、シンプル過ぎというより、客へのもてなしの様子が見えず残念です。
味も落ちたような……悲しい。

深大寺11
味噌おでんは美味しゅうございました。
ほんのりと柚子の香りがいたします。
割り切れない気持ちで再び参道へ。

深大寺12
山門前には、紅梅と白梅が花をつけ始めていました。
もう少し、スカッと晴れていたらキレイだったと悔やまれまする。

深大寺13
山門の向こうには本堂が見えまする。

深大寺14
こちらは、大師堂の前を歩く坊さん二人~(笑)

深大寺15
本堂から大師堂に通じる、渡り廊下です。
林の中でなかなか風情があってよろしい。

深大寺16
大師堂の裏手には動物の供養塔が立っています。
(デジカメが広角気味なので、ちと曲がってるように見えまする)
以前飼っていた愛犬の「チロ」もここに眠っています。



深大寺17
で、蕎麦の件でどうしても割り切れない家内と私は
二件目の蕎麦屋、「陣屋」さんへ~~(笑)

深大寺18
たぬき蕎麦を食べようと思っていたらメニューにありませんでした。
で、家内は山菜蕎麦、私が月見蕎麦を頼んだのですが、
最初にこの「テンカス」が出てきました。
かけを頼むと、自然にタヌキになるという……(笑)

深大寺19
薄めに見える汁はしっかりとダシの味が出て濃厚です。
蕎麦を箸でたぐると柚子の絡んだ蕎麦のいい香りがします。
やや太めの麺は喉越しもよく、太さがキレイに揃ってないところも手打ちらしいところ。
一気に完食ですた~。うむ、ここは定番の蕎麦屋さんにしようと心に決めますた~

深大寺20
野川脇の遊歩道を歩いて帰路へ。
野川では鴨が羽を休めている姿を、何羽も見ることができます。
家内は「美味しそう~~♪」と、のたまいやがりました(笑)


深大寺21
で、その日の夜は鴨鍋ではありませ~ん。牡丹鍋でござりまする~
家内の実家より、猪の肉を塊りで送ってもらいますた。

深大寺22
椎茸、葱、大根、牛蒡とともに味噌仕立てで、グツグツと~。
猪の肉は赤くて派手ですけど、脂身も少なく結構ヘルシーです。
やっぱり、豚とはちと違いまする。煮込んでも硬くなることがありません。

深大寺23
椎茸とたらの芽の天麩羅。
塩でいただきまする。春の息吹を感じる味ですな~~(^^)



…で、やおら三笠です(爆)
深大寺24
まずは艦載艇のチョイスを終え、塗装に入りまする。

深大寺25
40口径6インチ速射砲です。砲身はメタルパーツに交換しました。
左から、キットのままを、砲身をちょん切り、穴を開け、メタルパーツを差込まする~

深大寺26
14門ありますが、多少センターは合ってまへん(笑)
フィーリングで勝負し、楽しければオッケーです(^^)


んで、「しこうき」はと……
深大寺27
こんなん弄っておりまする~  
張り線もあまりないみたいだし~、主翼は殆どデカールだし~(笑)

深大寺28
なかなかモールドもよく、細かいです。
シート、機銃回り、エンジンです。
エンジンはオイルパイプ(?)が、その細さのため折れてしまい、真鍮線にしますた。

深大寺29
塗装完了~。
シートベルトはマスキングテープの細切りでおます。
エンジンもメカニカルな雰囲気がええですね~。
これは、ディティールアップを一切せず(いつもそんなにしてませんが)、
最近作ってない「飛行機」のリハビリと、「静岡」のウォーミングアップ?を兼ねて
拵えようかと思ってまする~(^^)

本日も長~~い記事にお付き合いくださり、
ありがとうございます。
どちらさんも、寒暖の差が激しいようなので
お身体はくれぐれもご自愛くださりませ。



前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。