titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Hansa Brandenburg B.1―5

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


110327 01

被災地から離れた私に出来ることは、小さなエールを送ることと
身の回りの節約・節電に心がけることだと思っとります。

被災者の方も、そうでない方も
皆さん、頑張りましょう!
日本人は古の時代からこのぐらいのことでは、絶対にへこたれません!
後に笑顔は必ずやってきます!

こんにちは。



そいじゃ、普段どおりに始めさせていただきまする~


さて「ジャズって以外に聴きやすい!みんなでジャズを聴こう!」のお時間です。
「私の定番の曲編」の第二回目はホレス・シルヴァーの
「ソング フォー マイ ファザー」でございます。

この、イントロ……なんかで聞いたことないっすか? なんかロック系で……
うひひ、あっちがこれのズバリなんすよね~、リズムも音階もまるで同じ!(笑)……ま、いっかぁ
このH・シルヴァーって人も、かな~りのファンキー親父でがんす。
いっつも、元祖これがジャズだ!っつーシーンで活躍した、ポルトガル系のオッサンでございます。
メロディラインにラテン風やゴスペル風の味付けをどうしてもしちゃうワケだ。
たもんだから、魂を揺さぶられるような黒っぽい音に……(笑)
これがまたA・ブレイキーという、すげー太鼓親父と組んで世の中をマックロクロスケに染めた
っちゅー逸話もあるくらいだ!
ブルーノートレーベルには、数々の名盤がありんす。
彼のこの頃のアルバムは、比較的ハズレがなくどのアルバムも
「ぬぉ~~!ううう~ジャズが聴きてぇ~ぜ!」な~んてときにいいかも(笑)
あ、ちなみにこの写真はH・シルヴァーじゃないっすよん。



というワケで、ハンザブランデンブルグB1のお時間でございます。
110327 02  目出度く士の字になったわけですが、
  張り線をするためにゃー
  このアイボルトも忘れちゃイヤヨと……
  なんだカンダで50個ほど
  埋め込みますた。
  線の方向に対して平行に埋めまする。


110327 03  で、よっこらせ と
  上翼をのっけて、固定しちゃいます。




  
  完全に固定する間に……
110327 04  ストラッツの先端を削り出し
  軽く塗装をば……(^^)


  反対側は、微妙に高さが変わってるので
  取り付ける都度に、削りまする~


110327 05

  お、完全にくっついたぞ!
  と……




110327 06


  ストラッツを組み入れまする~
  コイツも斜めってるので、
  長さの微調整がめんどくせー!(笑)
  いつもの、行き当たりばったり作戦さ(笑)

110327 07   そのほかの線を張る部分の準備!
  
  尾翼周りのコントロールホーンは
  付随の金属パーツがあっただども、
  あまりにも幅が細く、
  糸を乗せるのは、私には無理!と判断し
  プラで作り直しますた。

110327 08  尾翼可動用ラインの飛び出し口(笑)
  ラインの流れる方向へ
  ちょびっと抉ってやると、
  ラインがスムーズに見えまする(笑)
  水平尾翼可動用は、
  カクッとなってるようなので、
  アイボルトを埋め込みますた。

110327 09110327 10
さ~てと、楽しい張り線作業だぞっと……と思いきや、なんか間が抜けてるじゃん!
そーそー、排気管をすっ~かりと忘れておりやんした(笑)……張りだしてから……
0.4の真鍮パイプの先端を斜めにカットしたモンを接着して、おしまい(笑)
はぁ~~、歳は取りたくねぇもんだにゃ……

110327 11110327 12
ちゅーことで、再び張り線作業に没頭!……南無妙法蓮華経……(笑)
ひたすら、埋め込んだアイボルトに釣り糸を張って、結んでいく作業……わりと好き♪
筆が届かなくなったり、他の部分にビチャっとなるので、
張ったところから、乾燥後 塗装しちゃいまする。
110327 13110327 14
110327 15  はい! ということで、
  楽しい至福のときは終了!

  やっぱり、楽しい時間っちゅーのは
  過ぎるのが早いですな(笑)

  はいはい、わたしゃ笑むですよ~~(爆)




はい、ということで、トラットリア「Antonio De Sakuza」へようこそ(笑)
110327 16110327 21
●ブリのソテートマトソース
 まずブリの切り身に酒(日本酒)を適量降りかけてしばらく放置プレイ(笑)
 ま、その間にワインをニ~三杯どうぞ。
 さて、そのブリの切り身をキッチンペーパーで良く水気をとりませう。
 あとは、オリーブオイルでこんがりと焼き、良く煮込んだトマトソースたっぷりたらすだけさ。
 仕上げにバージンオイルもタラリと……(笑) 付け合せはスピナッチのバターソテーざんす!
●ソアーヴェ クラシコ(イタリア)
 ほんのりと桃の香りが瑞々しさとともに感じられるフルーティーなワインざんす。
 魚料理にゃ やっぱコレだな~♪ っちゅー感じ(笑)

110327 18110327 19
●浅蜊とキノコのチーズ焼き
 浅蜊は砂抜きしときまする~。で、シメジ、生椎茸、舞茸なんぞを弱火でじ~っくりと炒め、別皿へ。
 殻を取った浅蜊も炒めませう。白ワインをドバッと一回入れて蓋をし、ちょいと蒸しまする。
 次に炒めたきのこ類と合体させ、塩パラパラで軽くフライパンを煽りまする。
 器に盛り、ピッツァ用チーズと粗微塵のトマトをトッピングし、器のままオーブンへ。
 チーズがトロリとなったら、パセリでもかけて完成だい!……(笑)
●プリンス デ バオ(スペイン)
 やわらかな酸味が楽しめ、キレのある口当たり。全体的にすっきりとしてまする。
 グイグイ系ですな(笑) ちょいと日本酒に似てるかも♪


110327 20110327 17
●豚肉のトマト煮
 生姜焼き用の豚ロースを一口大にカットし、塩胡椒で白ワインを振っときまする。
 ニンニクをオリーブオイルで先に炒めて、豚肉を投入し火が通ったら別皿へ。
 はい、次! 玉葱が透明っぽくなるぐらいまで炒めたら、炒めた豚肉を投入し、
 粗漉しトマト(瓶詰め)をドバドバ投入。
 で、ピーマン、カットしたトマトの順でさらに投入。コンソメを小さじ1ぐらい入れて
 10分ほど煮込み、塩胡椒で味を整えて完成だい!……(笑)
 って、最近じゃこの手の手抜きっぽい料理が増えてるなぁ(笑)
 でも、簡単、シンプル、冷めても美味いってぇーのが一番さ!
●センシィ イルソーロ ビアンコ(イタリア)
 フルーティーな香りがなんとも爽やか。適度な酸味と甘味があとを引きまする~
 最近のワインのコルクって派手?……しかも、コルクじゃねぇーし(笑)


さてさて、SHSも目の前に近づいてきましたなぁ。
皆様、製作と仕上げに頑張ってくださいね。

本日もお付き合い、ありがとうございました。





前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。