titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Albatros D,Ⅴ-16

08120501.jpg  あ……写真、間違えますた。

08120502.jpg  本当はこちらでございました(笑)
  キャメルを追っかけてるの図。
  昨夜のうちに記事をエントリーしようと思ったのですが
  見事に酔っ払い、爆睡でございました。
  
  おはようございます。


で、「あるばとろす」でございます。
08120503.jpg  やっとこさ、2機の翼間張り線を終え
  あとは塗装レタッチ、ウェザリングと車輪、スピナーだけ
  というところまで……





08120504.jpg08120505.jpg
リヒトフォーヘン機と
08120506.jpg08120507.jpg
ゲーリング機でございます。
完成を身を持って実感するために、
機首から張る線は最後の最後までためてあるという(笑)
……カメラがまだ使い慣れてないので、ピンボケ気味は平にご容赦のほどを。
本日・明日で完成を目指しまする!……できれば(笑)

08120508.jpg  で、製作中の先が見えて来ると
  次のキットを開けちゃうというのも悲しい佐賀(爆)
  ジーメンス シュッケルトDⅢでウーデット機でございます。
  マッキャキャのハデハデ機(笑) 
  なんつったって、主翼のローゼンジが魅力的(ゾク!)
  それに、どえりゃーちっちぇーし!


08120509.jpg08120510.jpg
まずはパーツを全部切り離しちゃいます。
で、コクピット……手前の大木は爪楊枝ですな。
もちろん、ディティールアップなしでキットのまんま進行でございます。

08120511.jpg08120512.jpg
ウーデット君……のつもり(笑)
プライザーのキットです。シートに座ってるポーズでしたが
胴体をカットして他のパーツを流用。左腕のモールドを削り「よう!」と
挙げてみますた。ヘッドもちょいと左に向けまする。
で、コクピットで立ち上がってるという図。
ちとぎこちないので、修整が必要ですな~
って、こんなことをやってるときが一番楽しいという(笑)

08120515.jpg  で、あたしゃいつもこの本を見てまする。
  この方も毎日眺めてるとか……(笑)
  第一次大戦機のドイツ機は殆ど網羅してるし
  眺めてるだけでも、結構楽しいのでございます♪
  歴史・パーツの資料・塗装・作り方と
  掲載守備範囲も広く手元に置くには
  うってつけでございます。


ちゅーワケで、昨夜はコイツラを食らって酔っ払ったわけでございます。
08120513.jpg08120514.jpg
ポークピカタ。
トンカツ用ロース肉を包丁の背でよく叩き、塩胡椒しますです。
溶き玉子にパルメザンチーズをたっぷりと入れ、生クリームと微塵切りにしたパセリも投入。
小麦粉をつけた肉をこの溶き玉子につけてオリーブオイルでじっくりと焼きあげます。
焼いてる途中で再度溶き玉子をまぶしまする。
千切りキャベツ・大根と胡瓜のサラダ添えですな。
ソースはバターに100㏄ほどのコンソメ、ウスターソースにケチャップを混ぜたもの。
チョー簡単で、こういうテキトー肉料理には美味い!(笑)
それと―、イカ大根!
家内の実家から採れたて野菜が送られてきたので、そのうちの大根1/2本を早速使用。
まず皮を剥いて、輪切りをさらに半分にカットし、面取りをして米のとぎ汁で15分ほど下茹。
で、よく水洗い。
烏賊は皮は剥かず、ワタ、骨だけとってぶつ切りに。
で、最初に烏賊をダシ汁で煮ちゃいます。調味料は醤油大2.5・酒大2・味醂大2
砂糖大1・塩少々。
烏賊の色が変わり、ぷっくりしてきたら鍋から取り出し、今度は大根を投入。
外っかわが透明っぽくなってきたら、煮上がった烏賊と竹輪を入れまする。
コクを出すために、烏賊のワタを隠し味的にちょっぴり投入。入れ過ぎると×!
あとは落し蓋をしてコトコトと……時間はテキトーでございます。
一旦冷まして、食らう前に再加熱すると、これがまた……(笑)


……ううう さて、「あるばとろす」の仕上げにでも入りませう。

本日もお付き合い、ありがとうございました。

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。