titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

HUMBROL

HUMBROL01.jpg
ハンブロール社が倒産したらしい。
いい色が揃っていたのに残念だ。

今日は、仕事の打ち合わせがあり、
帰りにいつものホビーショップに寄ってきた。
店主、曰く
「取引先の問屋さんから、供給は難しくなるでしょう…と言われた」
とのことだ。
ご存知のとおり、ハンブロール、エアフィックス、エレールは
一蓮托生……
なんか寂しいですね。

エアフィックス社を何とかとしたのが、エレール社で
またまた、それをなんとしたのがハンブロール社だったようだ。
で、その三社の総元締めが……
なんと、「レディ~ボ~ーデン♪」の食品会社だったようだ。

見事にハンブロール社以下が切られて宙ぶらりんな状態。

ハンブロールと言えば、遠い昔、小学生の頃にエアフィックスのアラドを作り
初めて使用した塗料だった。
あの小さなカンカンが妙に洋物っぽくワクワクして色を塗った。
そして、その艶消し感に感動した覚えがある。

市場から全てが消えることはないと思うが
なんとなく残念だ。

コメント

こんばんはー。
ハンブロールが倒産してしまったんですか!
私は近くに売っているところがないので使ってはいませんが、模型誌でAFVのフィギア塗装や筆塗り派のライターさんの記事によくみるので影響が大きいかもしれませんね。

エアフィックスやエレールもキットもちょっと心配ですね。この2社のキットは古いですがいい味を持ってて好きでしたので・・・。
by: gabbiano * 2006/09/17 00:36 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは
いろいろ調べるに、まずエレールがこけて、エレールの金型で商売していたエアフィクスがこけて(エアの金型は、最初になんとかしちゃった時にエレールに移っていたようです)、エレールから塗料の売掛金が入ってこないハンブロールがこけて、再生はかなり難しそうなので受け皿が見つからないので共倒れ、という図式のようですね。
この3社、かなり微妙なバランスで成り立っておったのでしょう。

行きつけの模型屋にかなり古いエアのキット(シュリンクパックが劣化して剥がれてる)が売れ残っているんですが、コレクター魂に発火して買っちゃいそうな自分が恐いです(笑
by: 躍人 * 2006/09/17 00:47 * URL [ 編集] | UP↑

こんにちわ。 こちらカリフォルニアでも、ハンブロールの塗料をほとんど見かけることが無くなっていました。 以前私のブログでrocketeerさんが、ハンブロールについて聞かれたので、近隣の模型屋を7軒ほど回りましたが、見かけなかったので、経営状態を知っていたお店側が仕入れてなかった、或いは、操業資金が無く製造できなかった、という事かもしれませんね。 こちらのプラモ塗料は、TestorsとTAMIYA、クレイオスの三つ巴です。
by: かず * 2006/09/17 03:43 * URL [ 編集] | UP↑
買いだめ?
馴染みのペイントが、今後供給されなくなるのは、困りますね~。買いだめしちゃったですか?食品会社が、親会社というのも不思議~
by: Omichan * 2006/09/17 08:48 * URL [ 編集] | UP↑

ええっ?Humbrol潰れたんですか!
Humbrolは乾燥には時間が掛かるものの、美しい色が出るので、
良い塗料だと思いますし、azur blueやtrainer yellowなど
タミヤエナメルにはない色も沢山ありました。
私はエナメル派ですので、影響大です。

教えて頂き有難うございました。
少し買いだめしておきます。。。
by: Hood * 2006/09/17 18:55 * URL [ 編集] | UP↑
gabbiano殿
こんばんは。
エレール、エアフィックスの両社とも
ハンブロール社との提携で躍人さんのおっしゃるとおり
絶妙(塀の上を歩いていて、どっちに落ちるか分からない)
なバランス経営だったようですね。
いまは受け皿がなかなかみつからないというのが実情で
歴史ある金型類はあっちゃこっちゃと移動しているようです。
この業界にとっては偉大なる業績を残した両社なので
いずれにしろ、どこかの社が名乗りを挙げて
存続の道になるかと思いまする~

しかし、厳しい世の中ですね。
まして、趣味の世界だと
真っ先にあおりを食いまする(TT)
by: 作左 * 2006/09/17 21:05 * URL [ 編集] | UP↑
躍人殿
こんばんは。
エアフィックス、エレールとも、かなりハンブロール社に助けてもらっていたようです。
なかなか、難しいようですね。

悲しいけど、時代の移り変わりは誰にも止めることはできませぬ~
逆に、アジア、東欧のメーカーさんは元気一杯ですね。

どこか、受け皿が早く決まって供給を安定ラインに
もっていってほしいものですね。
by: 作左 * 2006/09/17 21:17 * URL [ 編集] | UP↑
かず殿
こんばんは。コメントありがとうございます。
Testorsの塗料は使ったことがありません。
使用してみたいのですが……。
ハンブロールはアメリカのモデラーさんの間でも
一時期、熱狂的な支持者がいたようですね。

私も殆どがクレオスのラッカー系で、
エナメルはフィギアとラッカーのレタッチ程度ですが
ここぞ!というとき……例えば、プロペラ先端の黄色や識別帯
レザー(操縦席)やリネンにはハンブロールが活躍してました。
ただ、無駄が多いのは事実ですが(笑)

いずれにしろ、ハンブロールにしかない色というのもあるので
供給はしていただきたいと思いまする。
by: 作左 * 2006/09/17 21:28 * URL [ 編集] | UP↑
Omichan殿
こんばんは。
元気ですか?
模型を作るにあたり、色はかなり重要な位置を占めまする。
で、色は各社とも凄い種類を出していて、いままで使ってた色が
手に入らなくなるということは、極めて重要事項だす。

外国に限らず、日本でもグンゼというところが
模型の塗料を販売してますた。
今は社名を変えてますが……。
グンゼはOmichan殿も使用したことがあると思いまする。
そう、ストッキングの会社ですね~i-236
by: 作左 * 2006/09/17 21:38 * URL [ 編集] | UP↑
Hood殿
こんばんは。
エナメル系を主力としている方々には、ちょっと痛手かもしれませんね。
確かにハンブロールの色の系統は魅力あるものばかりですね。

私はハンブロールのフレッシュ(№61)をフィギアのベース塗装に
必ず使用していたので、無くなるとなると残念です。
隠蔽力も皮膜の強さも抜群だったので重宝していたのですが……
案の定、フレッシュはよく行くホビーショップには
ありませんですた~(TT)
by: 作左 * 2006/09/17 21:51 * URL [ 編集] | UP↑

えええっ
倒産ですか…
一時期ハンブばかり使ってた時期があったんで残念です。ちょっと特殊な塗料でしたから、そのへんもあったんでしょうか
模型に限らず、イギリス始祖のメーカーはどうも最近旗色が悪いですねえ
ローバーしかり、ジャガーしかり…
by: rocketeer * 2006/09/18 00:41 * URL [ 編集] | UP↑

ペンキといえばアサヒペン。しかしらない~~~~。皆さんすごいね。
by: カンパーニュ * 2006/09/18 10:29 * URL [ 編集] | UP↑

いつかは、ハンブロールと思っていたのですが、残念です。

キット達はどうなるのでしょうね?
マイクロエースに金型を買ってもらいたいです(笑)!?
それはないだろ~な。
by: 高○ * 2006/09/18 16:34 * URL [ 編集] | UP↑
rocketeer殿
こんばんは。
確かにグンゼ…いや、クレオスやタミヤカラーに慣れている方は
ちょっと扱いづらい塗料かもしれきせんね。

かくいう私も、使用のたびに少しづつ缶の口に塗料が付着して
気がついたときはガシガシになっていて、
蓋が閉まらない状況へと……
そのまま、強引に蓋を閉めますが、しばらくすると今度は中身がガシガシへと(TT)
で、純正のシンナーを入れても、直らない……と(笑)

ハンブロールは再び(どこかが拾って)復活すると思いまする~i-229
by: 作左 * 2006/09/18 19:20 * URL [ 編集] | UP↑
カンパーニュ殿
こんばんは。
そ~なんです。模型用の塗料はウンジャリあって、色味も豊富です。
また、水性やエナメルやらラッカーやら、薄める溶剤も
多種多様でござります。

ハンブロールは、イギリスの伝統ある模型専門(もちろんその外の用途も可)の
塗料屋さんでした。
ファンも多かったので、残念でおます。
by: 作左 * 2006/09/18 19:30 * URL [ 編集] | UP↑
高○殿
こんばんは。
市場にはまだ沢山あるかと思いますので、
使用は大丈夫だと思いますよ。

また復活すると信じてまする~(笑)

クレオスあたりが、エナメルを扱ってないので受け皿になればいいのに
と思いまする~
ハンブロール社の頬を札束で叩いて……i-237
by: 作左 * 2006/09/18 19:36 * URL [ 編集] | UP↑

ハンブロール、エアフィクス、エレールが倒産ですか。
この3社が一蓮托生だったとは知らなかったです。
しかし、さみしいもんですねぇ・・・。
by: 雪風 * 2006/09/18 21:12 * URL [ 編集] | UP↑
雪風殿
おはようございます。
詳しいことは分かりませんが、
三社とも業務提携はあったと思います。

ヨーロッパも、模型人口が減ってるからでしょうね。
でも、かの三社はいままでも何度か沈みかけたりしてましたけど
浮かびあがってもいますから、
復活はすると思うのですが……
by: 作左 * 2006/09/19 10:19 * URL [ 編集] | UP↑

ちはっす、ブラシです。しかし、産業革命発祥の地、大英帝国の企業が次々と経営危機に陥っているとは、なんとも皮肉ですね。ロールスロイスもあまり良くないと聞きます。イギリス人の古いものを大事にする気質はとても好感が持てますが、これが他国との過当競争に遅れをとる原因になっているかもしれませんね?過の大戦では技術先進国として数々の発明を世に送り出した国ですから、リベンジを期待したいですね。
by: ブラシ * 2006/09/19 14:03 * URL [ 編集] | UP↑
ブラシ殿
こんにちは。
ご高説のとおりかと思います。
アジア諸国の発展のあおりも食ってるかもしれませんね~
特に模型業界は。

ジョンブル魂で是非とも復活させてほしいものですねi-236
by: 作左 * 2006/09/19 17:22 * URL [ 編集] | UP↑

作左衛門さん こんばんは~。
エアフィックスもハンブロールもエレールも・・・なんもかもなくなっちゃって残念です。子供の頃、良く分からないけどの憧れだったメーカでしたのに。
ハンブロールカラーの艶消し感には、本ト感銘した覚えがあります。
金型とかは東欧に流れてしまうのでしょうか。ハセエアとかでるわけ無いでしょうしね。

by: marker * 2006/09/20 22:16 * URL [ 編集] | UP↑
marker殿
こんにちは。
いやいや、すべてが市場から消えるということはないと思いますよ(^^)
エアフィックスもいままでの経緯からするとすぐに復活すると思いまする。
私も子供の頃、Bf109のグスタフやフィーゼラーがむき出しの
袋入りで販売してるのを見て、そのハイカラ感に憧れをもってました~(笑)
by: 作左 * 2006/09/21 11:04 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。