titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

MACCHI C.202 FOLGORE-2

簡単なベース作りです。
20060812172858.jpg
ダイソーで購入した写真立てでございます。
紙を束ねて底上げをします。幸い、私は印刷関係の仕事なので
紙はうんじゃりありまする。アートポストというこの紙は
結構多用途で、塗料のパレットやパーツ塗装に役立ってまする。
20060812172911.jpg
壁補修材のドフィックスです。
硬化時間が結構長くていいですね。
20060812172926.jpg
接着を良くするために、木工ボンドも混ぜちゃいます。
20060812172942.jpg
で、パレットナイフでペタペタと…
20060812173640.jpg
ケーキの生クリームをぬったくる要領で(笑)
20060812173017.jpg
コルク材です。こいつは石になりまする。
20060812173051.jpg
鉄道模型用のバラストです。
製品自体はウッドランド・シーニック社というアメリカ製で、
レイアウト用品には定評がありまする。
20060812173104.jpg
ドフィックスが柔らかいうちに
コルク材をポロポロと配置し、バラストを叩くようにのっけます。
コルク材は少しめり込ませまする。
20060812173219.jpg
全体をマッキの上面色のミスターカラー№119、サンドイエローで吹いちゃいます。
そして泥色(自家混色)で適当にグラデーション。
石はダークグレイでシャカシャカっと。
20060812173243.jpg
草で使用する材料。左の塗料皿のはフィールドグラスを
微塵切りにカットしたものでございます。
20060812173257.jpg
接着はリキテックスのマットメディウムを水で薄め
草を生やかしたいところに塗りまする。
乾燥後は品名のとおり、透明艶消しになるので目立ちません。
20060812173314.jpg
で、草になるものを接着します。色味としてグリーンをテンテンと。
20060812173407.jpg
メディウムが乾燥し、フィールドグラス類が固定されたら
再び、泥色を吹いて馴染ませます。これでほぼ完了~。
20060812173425.jpg
ちょっと、立体的なモンもほしいので植える草を……
上記のフィールドグラスを適当に束ねて中央を糸でしばります。
そこに、瞬間接着剤を流し込み固まらせ、
20060812173448.jpg
糸のところをカットし、糸くずを取り除きます。
20060812173503.jpg
で、ベースにピンバイスで穴を開けて植え、
上から指で押して開かせます。
これで、ベースは終了~(^^)
さてさて、お次はフィギアだす~
コメント

こんばんは。
先日はお疲れさまでした。

またしても私の知らない世界が展開されています。
いやいや、結構良い具合になるものですね。
参考になります(自分がいつベースを作るのかは不明ですが(汗)。
by: 雪風 * 2006/08/12 21:13 * URL [ 編集] | UP↑
雪風殿
こんばんは。
先日はお疲れさまでした。
楽しかったです。ありがとうございましたi-179

そのうち、暇がありましたら
作ってみてくださいませ。
のめり込むかも~
by: 作左 * 2006/08/13 19:40 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。