titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

やじま 1

今回の散歩はちと遠くだった(笑)
関越自動車道から上信越自動車道へ。
吉井ICで降りて県道71号線を走る。
20060430211843.jpg

20060430211833.jpg
美しい自然が出迎えてくれ、
○懐石、「やじま」に到着する。
20060430211852.jpg
○…マルとはスッポンのこと。
一日一組限定の料理宿だ。
今回の土日の予約は一昨年の八月。
待ちに待った日であった~(^^)
20060430211900.jpg
駐車場に、小さな入り口がある。茶室と待ち合わせ場所を兼ねたような作りだ。
全て土壁なのがぬくもりを感じる。
20060430211907.jpg
そこを入って、右側はしっとりと落ち着けるスペースを醸し出している。
20060430211919.jpg
潜り抜けると、
灯篭が出迎えてくれ、緩やかな自然をモチーフとした階段が続く。
20060430211927.jpg
なんとなく、「千と千尋の~」のみたいな雰囲気が続く(笑)
20060430211940.jpg

20060430212015.jpg
小さな鼈の置物が左に見えて、
20060430212031.jpg
「やじま」の玄関に到着。
20060430212043.jpg

20060430212051.jpg
外の野趣溢れる庭とは裏腹に、室内は和のシンプルさを極め
居心地が良く、香りも涼やか。今回利用させて頂く部屋の前には
山躑躅が活けてあった。
20060430212156.jpg
部屋の障子とガラス戸を開けると、緑の自然が飛び込んでくる。
20060430212208.jpg
こちらはもう一つの二人用の部屋。今回は四人組みだったが
親しい人と来て、二人だけの時間を過ごすには
充分な広さと雰囲気だ。(いつか二人で来たいもんだ~)

20060430212217.jpg
障子を上に上げると、初めて分かる店主の心憎い演出等を発見する。
20060430212226.jpg
料理までの時間を、風呂に入りリラックスする。
前面ガラスの窓を開け、竹に囲まれた風呂は、一人で入るには大きく
ゆったりとした気分を味わう。
鶯(うぐいす)の鳴き声が風呂の中にまで入り込み、
時間の経過を忘れることができる。
温泉ではないが、それ以上の寛ぎ感を得ることは間違いない(^^)

20060430212239.jpg
で、懐石料理の準備が整ったとこで、
浴衣の帯を緩めつつ期待が膨らむ~

すいません、2に続いちゃいます~
コメント

ステキな料理宿ですね~。
ぜひ一度行ってみたい!
でも、1年以上前から予約が必要なんですね…。
お料理の記事も期待しちゃいます!
by: Kazu * 2006/05/01 10:22 * URL [ 編集] | UP↑

素晴らしい宿ですね。お客をもてなす心がすごく感じられて嬉しいですね。
こういう所、一度行ってみたいです。
by: ヒロシ * 2006/05/01 16:17 * URL [ 編集] | UP↑
Kazu殿
コメントありがとうございます。
仕事、模型、その他で疲れた身体を
癒すには最高のシチュエーションだと思います。
なにせ、携帯の電波も届かない所ですから(笑)
……その方が気が休まりますが。

ランカスター、かっちょいいですね~!
ゆっくりとお邪魔させていただきます
by: 作左 * 2006/05/01 20:07 * URL [ 編集] | UP↑
ヒロシ殿
こんばんは。
是非、ご予約をお勧めします。
と言っても、一年以上先になってしまいますが…(笑)
それだけ予約が一杯なのは、一日一組というのも揚げられますが、
思った以上にリーズナブルなことも理由の一つだと思いますi-236
by: 作左 * 2006/05/01 20:12 * URL [ 編集] | UP↑

一日一組限定!?すごいすごい!
しかも、1年前から予約だなんて。
いいなー。お値段も、相当するんですか?
さすが料理宿というだけあって、お料理もスゴイですね。とってもヘルシーだし、見た目も可愛い!
羨ましい~。
私たちはGWも仕事です(涙)
by: サクラコ * 2006/05/02 08:00 * URL [ 編集] | UP↑

周囲の雑木にまぎれるような、ひっそりとした、佇まいに、日本本来の美意識を感じます。これ見よがしな所が全くなくて、本当に品の良い宿ですね~いいな~こんな所へ一緒に行くお相手がいて・・・
by: alalanet * 2006/05/02 10:33 * URL [ 編集] | UP↑
サクラコ殿
一年はちと長い気がしますが、
楽しみが近づいてくる待ち遠しさはそれなりにいいもんです(笑)
値段は安いくらいです。
このお宿を一晩借り切って、心のこもった料理を堪能し
自然とともに過ごす時間を与えられ、
なんと、お一人様 15000円~20000円程度!
ど~だ~!i-237
優しい旦那様と如何ですか?
by: 作左 * 2006/05/02 20:43 * URL [ 編集] | UP↑
alala殿
庭というか、雑木林というか。
自然のまま、ほったらかしてあるようでいて、ちゃんと竹林や石の位置が計算されているみたいで。
こういうゴチャゴチャ感もいいですね~(笑)
by: 作左 * 2006/05/02 20:49 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。