titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Curtiss Jenny JN-4D―4

東日本大震災で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


120601 01

kraft046_artsdesignstudio_jp.gif
12060903.gif



120411-02.gif
んでは、いつものよーに……(笑)
え~、「ジャズって以外に聴きやすい!みんなでジャズを聴こう!」のお時間です。
今回は「Tell Me A Bed Time Story」という、なんとも艶かしい曲でございます。

H・ハンコックの作った名曲で、いろいろな方が演奏されておりまする~
クインシー・ジョーンズの演奏が一番好きなんですが、
ま、たまにはヴォーカルもいいかと……(^^)/
歌ってるのは笠井紀美子…通称ケメコでございますな(笑)フュージョン(クロスオーバー)系ヴォーカルに
おいては、わが国では先駆けの女性でございます。
あまりTVなんぞには出ていないのですが、その歌唱力、ハスキーヴォイスは本場アメリカでも
折り紙つきです。なかなかイロっぺー女性でございますよ……イヤ、ございましたよ(笑)
残念ながら現在、音楽活動は引退されてジュエリーデザイナーとしてアメリカでご活躍とか……

ご覧の皆様におかれましては、こんなん聴きながら、奥様なり愛人なり恋人なりと
今夜も甘~いベッドタイムストーリーを作っていただきた~いっと!

え?……そんな女いねぇーって?
ハハハ、そんなこたぁ、私の関知することじゃござんせんよ(笑)

120411-03.gif
さて、作左的シネマ寸評でございます。
手当たりしだい、雰囲気しだいで映画を見まくってますが、やっぱりハズレっぽいのもありまする。
あくまでも私個人、シロウトが観た感想で万人に当てはまるものではありませぬ。
また、観たからにゃ「ネタバレ」と言われる映画の結末や意味ある小道具、言葉の真相なんぞにも
当然触れる場合がありまする。「な~んで言っちゃうんだよっ!」とお怒りなきようお願いいたしまする(笑)
中には公開される前のものも取り上げる場合がありますが、……深く突っ込まないでくだされ~~(爆)
あらすじはコピペしちゃってる場合もあるのであしからずでごわす(^^)/
Good★★★★★|☆☆☆☆☆Badの順でごぜぇやすよ。

●バンテージ・ポイント
異色のタイムリミットサスペンスでございます。
スペインのマヨール広場は群衆によって埋め尽くされ、演壇ではテロ撲滅の国際サミットに参加している
米国のアシュトン大統領(ウィリアム・ハート)のスピーチが始まろうとしていた。
その時、何者かの凶弾によって大統領は狙撃され、続いて大爆発が起こる。
その瞬間を撮影したハワード(フォレスト・ウィッテカー)をはじめ、パニック状態に陥る群衆の中で、
シークレット・サービスのバーンズ(デニス・クエイド)は最も恐れていた事態が現実となったことを理解した。
かつて大統領の護衛中に被弾した経験を持つ彼にとって、今回の復職は1年ぶりのものだった。
バーンズの復帰に尽力した同僚のテイラー(マシュー・フォックス)からは、「犯人らしき男を西に追っている」という無線が入る。しかし、本物のアシュトン大統領はホテルの部屋にいた。
狙撃されたのは影武者だったのだ。
反体制組織の「聖戦旅団」による大統領暗殺計画は事前に察知されてたのだった。
しかし、その部屋にも何者かが扉を破って侵入し、大統領は誘拐されてしまう。
バーンズは、大統領のスピーチを中継していたアメリカのニュース番組の中継車があったことに気がつき、
ディレクターであるレックス(シガーニー・ウィーヴァー)に複数のカメラで撮影されていた映像の再生を
要請する。そこに映っていたのは、変装した姿でバーンズに連絡するテイラーだった。
彼もまた、「聖戦旅団」の一員だったのだ! クルマに飛び乗ったバーンズは、大統領を乗せた「聖戦旅団」が
運転する救急車を執拗に追いかける。激しいカーチェイスの末、どちらのクルマも事故に遭って大破してしまった。押し潰されたクルマから這い出たバーンズは、倒れた救急車へと駆け寄った。
そこには、傷つきながらも命は無事だった大統領の姿があった……みたいな~~(笑)
こりゃ、面白かったですよん。大統領救出までいくつものセンテンスがあり、一つ一つ時間軸が戻って
映像が始まるのは非常に新鮮。……曖昧なストーリー重視の戻り方じゃなく
必ず何時何分までバックしてから改めてストーリーが始まるのは内容が分かりやすいし、
観てる側もニュースを見てるような錯覚がある。
ただ、ストーリーはありきたりですけど見せ方が秀逸ですた。
オススメの1本だす。
2008年90分 アメリカ
★★★★

●ラストターゲット
重厚なタッチで描かれたスナイパー物でございます。
スウェーデン、ダラルナ。暗殺を生業として生きるジャック(ジョージ・クルーニー)は、連れの女と
雪原を歩いているところを狙撃される。一瞬の間にスナイパーを返り討ちにすると、一緒にいた女も撃ち殺した。彼女も敵の一味だったかもしれないと疑惑を胸に秘め、ジャックは雪原を後にする。
イタリア、ローマ。ジャックは“組織”の連絡係、パヴェル(ヨハン・レイセン)と接触。身を隠して
連絡を待てと指示を受ける。ジャックは、城塞都市の名残を残す町、カステル・デル・モンテで
アメリカ人カメラマンとして、小さな部屋に身を落ちつけた。その日から体力維持のための
室内トレーニングと双眼鏡での屋外観察が彼の日課となり、食事に招待してくれたベネデット神父
(パオロ・ボナチェッリ)と知り合う。ある日、パヴェルから潜伏中の仕事として狙撃ライフルの制作を
依頼されたジャックは、マチルダ(テクラ・ルーテン)という若い女に会う。
彼女から減音器付き狙撃ライフルの仕様説明を受け、早速制作を開始。銃身部は郵送で取り寄せ、
足りない部品はベネデット神父の息子が営む怪しげなガレージを訪ねて譲り受けた。
だが組み立て作業もほぼ終わったある晩、ふと立ち寄ったカフェの主人からジャックは
一通の封筒を受け取る。中にはスウェーデンのあの殺しの記事の切り抜きが一枚入っていた。
そんな中、ジャックはなじみの若い娼婦クララ(ヴィオランテ・プラシド)と昼間のカフェでばったり出くわす。
売春宿の暗い室内では見えなかった明るく美しい表情に魅かれ、その後も逢瀬を重ねるうちに
彼はこれまで歩んできた孤独な人生では感じられなかった悦びを知り、クララと共に生きることを決意する。
そして今回のライフル制作を最後の仕事としてこの世界から足を洗うとパヴェルに告げる。
街道沿いの食堂で、ジャックは特製スーツケースに仕込んだ狙撃ライフルと弾丸をマチルダに引き渡した。
無事最後の仕事を済ませ、大金の支払いを受けたジャックは、一路クララが待つ“聖体行列”見物に向う。
しかしそこでは思いもよらぬ運命がジャックを待ち受けていた……みたいな~~(笑)
要はその注文を受けた銃は自分(ジャック)がターゲットになり射殺されるための銃だったんす、ううう~
ラストはよくありがちで、女のために足を洗おうとするが撃たれた傷がもとで死んじゃう……という
定番パターン(笑)う~~ん。さすがにジョージ・クルーニーはかっこいいんですが、途中からストーリーが
みえみえ(笑) 最後まで見れたっちゅーだけでヨシ! とした思いはありますな。
イタリアの田舎町の風景が凄い素敵でございますよ~
2010年105分 アメリカ 
★★★

●アーマード
う~ん、なんだか分かり辛い映画ですな。俺…いや、ジャン・レノも出演してるんだからもー少し…
イラクから帰還した元軍人のタイは、イーグル・シールド警備会社の新人警備員。
メンバーのマイク以下、6人のチームで現金の輸送などを受け持っていた。ある日、マイクはタイに、
現金強奪計画を打ち明ける。チーム6人で協力し、現金輸送車で運ぶことになっている4200万ドルをある
工場跡に隠し、強盗に襲われたことにしようというのだ。死んだ両親の残した家が差し押さえにあい、
弟の養育にも金が必要なタイはその計画に乗るのだが……という(笑)
その6人のチームが例によって仲間割れして、シッチャカメッチャカになっていくという……
あまりにも計画倒れ(笑) 観ていて、こりゃコメディ?と思わずにはいられませぬ(笑)
各登場人物の行動もな~んかヘンだし……おまわりさんが工場跡を見回りに来るんすが、
たった一人なんすよね。不審に思った警官は銃を抜いて、近づいてくるんすが……
銃を抜くような雰囲気の場合は一人でなんか絶対に近づかないっつーのは
シロートの私でも分かりますよ。いや、ホント。
そんぐらい警官ものの映画も見てるし(笑) ……案の定警官撃たれちゃうし(笑)
つまらん!
2009年87分 アメリカ


●キャッシュ!
コメディタッチのクライムサスペンスっぽい映画(笑)
サム(クリス・ヘムズワース)が運転していたおんぼろのステーションワゴンのボンネットに
いきなり現金の入ったスーツケースが落ちてきた。金に困っていたサムは
奥さん(ビクトリア・プロフェタ)と相談のうえ、ネコババすることに……。
しかし、実はその金はドッグレース場で奪われた大金だったのだ。
で、当然その金を探している悪党(ショーン・ビーン)がいる。
その悪党、バイク・キュービックは、刑務所内の捕まった仲間(双子の弟(二役))から、
紛失した金を探してくれろと頼まれたのだ。
知恵者のバイクはぼろいステーションワゴンの持ち主を探し出した。大金が入ったらまず
ボンネットのへこんだぼろい車を売り新しい新車を現金で買うであろうと考えたのである。
こうしてサム夫婦の住む家にたどり着くが、結婚と同時に買った家はあるものの、めったに大金など見た
ことも持ったことも無い貧乏夫婦で、夫は失業していたのでローンも払えず困っていたところだった。
かばんの金は数えてみると62万5731ドルあった。
ローンを払い車を買い替え家具にも使い豪華な外食を‥‥だが、そんなときに悪党イギリス人の
バイク・キューブリックがやってきたのだった。バイクは夫婦を脅し、夫婦が使い込んだ分を計算する。
7万8298ドルがどうしても足りない……バイクはモーテルからサム夫婦の家に移り。泊まりこみで
居間に陣取って金の「回収」を始めた。バイクはその殺し屋スタイルの容姿からは想像もつかぬほどの
金に超細かい男で、電卓とメモを片手に1ドル2ドルの金に執着するのだった。
夫婦はバイクに顔つきと銃とでネチネチと脅されて、購入したものをすぐに売り払うがまだ足りない。
そこで、足りない分を埋め合わせするべく、バイク指導のもと夫婦は強盗をするようになる。
最初はビビリながらの小さい金を奪っていたが、だんだんとそれが快感になっていく夫婦。
しかも、奥さんのほうが強盗手順の飲み込みが早い!
今日も三人は意気揚々と強盗を働きに街に出るのであったが……みたいな~(笑)
コメディ部分とシリアスな部分が見事に融合されていて新鮮な面白さがありますた。
特に強面のバイクと収監されている弟の二役のショーン・ビーンには笑かせてもらえます。
とにかくすっげー細けー!(笑) めがねをかけて、何ドル何セント足りないと、
毎晩計算してる姿は銀行員そのもの。 こりゃオススメでっせ!
だから~、な~んでこういう映画を日本で公開しないのかな?
DVDを見かけたら、手にとってくだされや!
2010年108分 アメリカ
★★★★

●リアル・スティール
近未来ロボット系(笑)、うん、この作品は有名だもんね(笑)
チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はかつて将来を嘱望された期待のボクサーだった。
チャンピオンを目指してトレーニングに打ち込んできたものの、時代は高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の時代に突入。もはや人間のボクサーは生きる場所を失い、チャーリーは
人生の敗残者も同然だった。辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして生計を立てているものの、
乏しい資金力で手に入れられるロボットは、リングの上であっという間にスクラップ状態。
人生のどん底にも関わらず、さらなる災難がチャーリーに舞い込んでくる。赤ん坊の時に別れたきりの
息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が最愛の母を亡くして、11歳になった今、初めて彼の前に現れたのだ。
だが、マックスは、そう簡単にチャーリーに心を開くはずもなく、親子関係は最悪の状態。
そんなある日、2人はゴミ捨て場でスクラップ同然の旧式ロボット“ATOM”を発見する。
それが、彼らの人生に奇跡を巻き起こす“運命の出会い”であった……みたいな~
ストーリー自体は、離れ離れになっていた親子の絆を取り戻すためのロードムービーで
使い古された「お話し」なんすが……S・スタローンのオーバー・ザ・トップとおんなじや……
そこに戦うロボットってぇー要素が加わることで、まったく新鮮に見れまする~(笑)
そんなに面白れーかなぁ?っていう思いで見たのですが、見事に裏切ってくれました。
これもオススメでございます。……見てて興奮し血圧が上がって、熱くなれまっせ~~(笑)
2011年127分 アメリカ
★★★★

●エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPEⅠ&Ⅱ
ブラジルの治安部隊の話しでごんす。まずⅠは……
リオ・デ・ジャネイロにローマ法王が来訪することになった。警察のエリート特殊部隊BOPEの
隊長ナシメントは、法王が宿泊を希望した場所の近くにある、危険なスラム地帯にはびこる
麻薬ディーラーを一掃せよとの命令を受ける。妻が妊娠し、過酷な部隊を引退しようとしていた
彼だったが、この最後の仕事だけは、断ることができなかった。一方、正義心に燃える新人警官の
ネトとマチアスは、高い志を持って警官の任務を始めるが、腐敗し、堕落しきった警察の実態に
ショックを受ける。彼らはやがて、最も過酷で、最も死に近い任務をこなす超エリート部隊、
BOPEへの入隊を希望するが…みたいな……
ま、いろいろあって、Ⅱに続くワケなんすが……
舞台は南米一の犯罪都市リオ・デ・ジャネイロ。この街では毎日スラムを根城にするギャングと
軍警察との攻防が繰り広げられていた。刑務所暴動事件の失態を受け、リオ・デ・ジャネイロ特殊
警察作戦部隊から保安局へと左遷されたナシメント大佐(ヴァグネル・モーラ)はタンキ地区の
警察署から盗まれた銃の行方を追っていた。そんな中、盗まれた武器はタンキ地区のスラムの
ギャングが持っているというタレコミが入る。ナシメント大佐はかつて部隊に所属していた時の
部下だったアンドレ・マチアス(アンドレ・ラミロ)大尉と共にタンキ地区の掃討作戦を開始するが・・・
みたいな……(笑)
完全に続きもので230分の一気見をおすすめする次第です(笑)
で、感想はというと……ブラジルはおっかねー!私も知り合いにブラジルの方がいて
何人か知ってますが、ブラジルってそんな国なの?って思わず聞いてしまいました。
で、本当だそーです。ブルブルブル~……治安のいいところと悪いところの落差がひどいみたいで、
悪いところは観光客にはあまり知られてませんが、平気で道端に死体が転がってるとか……
で、警官の腐敗もそーとーなもんらしいですな。
この映画はモキュメンタリーではなく、ノンフィクションをリアルに丁寧に作った再現フィルム
のようです。ある意味……こういうのがお好きな方にはオススメでございます。
Ⅰ 2007年 115分 ブラジル
Ⅱ 2010年 115分 ブラジル
★★★

●モールス
ホラーでございます。……う~む……(笑)
雪に閉ざされた田舎町。12歳のオーウェン(コディ・スミット)は学校でいじめられていたが、
二人きりで暮らす精神的に不安定な母親に相談できずにいた。彼の唯一の楽しみは、自分の部屋から
望遠鏡で他の部屋を覗き見すること。ある夜、望遠鏡を覗いていた彼は、雪の中を裸足で歩く隣に
越してきた少女を見る。雪の夜、オーウェンが中庭で一人遊んでいると、あの少女が現れ、夜の中庭で
何度か会ううちに段々と二人はうちとけていく。彼女は、12歳くらいだが自分の誕生日を知らず、
ルービックキューブが得意で、アビー(クロエ・グレース・モレッツ)という名であった。
彼女に惹かれていくオーウェンは、アビーの部屋から聞こえてくる荒々しいどなり声に心を痛めていた。
ある日、オーウェンはモールス信号のメモをアビーに渡し、壁越しに話そうと伝える。
自分を心配してくれたオーウェンがいじめられていることを察したアビーは「やり返すのよ。
私が守ってあげるから」と言う。二人は自分の部屋から壁越しにモールス信号で二人だけの合図を
送りあうようになり絆を深めていく。アビーを守りたいと変わっていくオーウェンは、いじめっ子に
仕返ししたことに興奮し、アビーに血の誓いを交わそうと指を切る。すると今まで笑顔だったアビーが
血を見た途端に様子が急変、「消えろ」と言って走り去る……。時を同じくして、この小さな町で
残酷な連続猟奇殺人が起こり始めた。生きたまま首を切り裂かれ血を全て抜き取られた少年、
トンネルで惨殺された男性……。そんな中、車の事故で容疑者と思われる男が病院に搬送されたが、
彼は頭から硫酸を被っていて刑事と話もできない。そしてその男は手がかりとなるメモを残し病室から
転落死してしまう。だが、血液が抜かれたジャックという男の死体が湖から発見されたことで事件は進展。
彼の自宅を調べていると、近隣の女性が最近、首を噛み切られ病院に搬送された後、病室が発火して
死んだらしいことが判明する。この団地に何かがある。刑事は団地へ乗り込み、ドアの前で拳銃を構えるが、
家の中からは応答はない。ドアの向こうで息を殺していたのはオーウェンだった……みたいな~
アビーが結局生血を欲しがるオバケなんすがね……う~ん……つまんない!
まるっきり恐くないし、ただ無駄な時間を過ごしたとしか思えませんな……(笑)
その……白装束の少女が現れてる映画ってなぜかつまらないもんが多すぎ。
2010年 116分 アメリカ


●ユニバーサル・ソルジャーリジェネーション
超強えー兵士の物語(笑)
ロシア首相の愛息と愛娘が、遺伝子技術に基づくハイテク兵士“NGU”に誘拐される事件が発生。
さらに、その黒幕であるチェチェン民族主義の過激派トポフ(ザハリー・バハロフ)がチェルノブイリ
原子力発電所を占拠、原子炉の爆破を盾に取ってパサラン地区の完全独立を要求する。
ロシア首相は米国の初期兵士開発プロジェクト“ユニソル”の科学者たちに協力を求め、4人のユニソルが
復帰して解決に当たるが、NGUの圧倒的な攻撃力の前には成す術もなかった。そんな中、5人目のユニソル
として、同プログラムの最強の兵士であったリュック(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)に白羽の矢が
立てられる。だが人間性に目覚めた彼は、沸き起こる凶暴性を抑えながら苦しいリハビリを続けていた。
ユニソルへの復帰はリハビリの成果を無にすることに他ならない。しかし事態はもはや予断を許さぬ
局面に突入しており、米国の対策本部に拉致されたリュックは向精神薬を投与され、能力の回復を
強制されるのだった。慈悲や良心を捨て去り、ユニソルとして覚醒したリュックは早速チェルノブイリに
送られ、兵士たちを蹴散らし、ゲリラ戦で敵の心臓部へと迫っていく。だがそこには冷凍保存されていた
同じユニソルで、かつて死闘を演じたスコット(ドルフ・ラングレン)が待ち受けていた。
トポフを抹殺して再び暴走を始めたスコットは、原子炉の爆破スイッチをオンにしてしまう。
爆破までのタイムリミットは35分。リュックはスコットとの因縁の対決に挑み、さらには
NGU最強ソルジャー(アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー)とも対峙することになる。
ハイレベルの肉弾バトルの決着はいかに!……みたいな~~(笑)
ま、可も無く不可も無くっちゅ感じ?ジャン・クロードとドルフ・ラングレンが出てりゃ
おのずとなんとなく分かるっつーの。しかし、ジャン・クロードの出る映画ってなんであんなに
イメージ的に暗くなってしまうのか……う~ん、不思議。
暇つぶしにどうぞ。
2009年97分 アメリカ
★★

●カオス
なかなかよく出来たポリスミステリー。
武装した黒づくめの5人の強盗団がシアトル・グローバル銀行を襲撃した。
従業員らを人質に立てこもる彼らだが、警官隊が到着、完全に包囲されてしまう。冷静沈着なリーダー、
ローレンツ(ウェズリー・スナイブス)は警察に対し、交渉人として、以前パール橋事件で人質を死なせて
しまい謹慎処分中であるコナーズ刑事(ジェイスン・ステイサム)を指名。コナーズの上司である
ジェンキンス(ヘンリー・ツェーニー)は、謹慎を解く代わりに新人のデッカー(ライアン・フィリップ)を
組ませることを提案。早速交渉を始めるコナーズに対し、ローレンツは「混沌<カオス>の中にも
秩序はある」という謎めいた言葉を発した。コナーズは慎重に銀行に乗り込もうと計画。
だが、SWATチームの身勝手な行動から予定外の爆破が起きる。人質の大半は混乱の中から
救助されたが、強盗たちは逃亡。不思議なことに、銀行からは何も盗まれなかった。
コナーズはTVカメラマンが撮影したテープをチェックし、過去に犯罪歴のあるリチャーズ(タイ・オルソン)
の姿を発見。デッカーは銃撃戦の末、リチャーズを逮捕する。
その際、別の事件で押収され署の証拠保管室にあるべき5万ドルを発見し、コナーズは警察に内通者が
いると推理する。その後、2人が容疑者である汚職刑事カーロ(ジョン・カッシーニ)の自宅へ行くと、
彼は殺害されていた。そこに、「お前はクビを免れた。俺が罰する」という、ローレンツからコナーズへ
挑戦状が叩きつけられる。さらに、ローレンツのもとに共犯者が集まるというリチャーズの情報を得た
コナーズとデッカーに、大きな罠が襲い掛かる。そして、強盗団の真の目的とローレンツの正体が
徐々に明らかになる……みたいな~(笑)
ローレンツっつーのは、実はコナーズの相棒だった男で以前 パール橋事件で人質を死なせてしまった
張本人で、刑事を辞めて犯罪者に転職したヤツだったんすよ。
で、その大きな絵図面を書いたヤツがコナーズ本人。
最後にアメリカの銀行の一人の預金者から数ドルから数十ドル単位の金を一箇所に送金させるソフトを
使って数億ドルをせしめようとするんですな(笑)送金する金額が低ければセキュリティソフトに
引っかからず、また不審があっても、週明けには問題もなく振り込まれて膨大なデータを確認することが
出来ないという……はぁ~~、考えたもんだ(笑)
……ラストは自分が死んだと細工をしたコナーズが自家用ジェットで悠々と逃亡するという。
これはオススメ!スカッとするよ(笑)
2005年107分 カナダ・イギリス・アメリカ
★★★★

●メイデン・ハイスト [The BAD]
ちょっとお茶目でフェチっぽいおっさん警備員のドタバタクライムコメディ(笑)
美術館の警備員として人生を捧げて来たロジャー(クリストファー・ウォーケン)と
チャーリー(モーガン・フリーマン)。ところが新任の館長によって館内の展示物が一新されることになり、
2人の愛する絵画がデンマークへ送られる事を知り愕然としていた。
なす術も無く、ロジャーはデンマークへ引っ越す事を考えるが到底無理な発想なので諦めかけていた。
しかし、同じ悩みを抱えるチャーリーが自分たちの絵画を守るため盗み出そうと言い出す。
年老いた定年間近の警備員である自分たちにそんな大胆な行動は無理だと本気で取り合わなかった
ロジャーだが、同じように彫刻像に思い入れのある夜警担当ジョージ(ウィリアム・H・メイシー)の
存在を知り計画に誘う。美術館のセキュリティーは強敵……。3人は入念な作戦会議を開き、
予行練習を行い、美術館からお気に入りたちを盗み出す為に搬出作業当日の勤務に志願する。
搬出作業の当日3人は美術館倉庫へ堂々と入り込み本物と贋作のすり替えの手筈を整えるのだったが……
みたいな(笑)
ロジャーとチャーリーのそれぞれのお好みの絵に対する執着がすごい(笑)
なんでもない普通の警備員のおっさんが、とりつかれたようにその絵に夢中になり、我慢できなくなって
盗み出すという……重犯罪であることすら頓着せずに……また、ウィリアム・H・メイシー演じる
ジョージがミリタリーオタクというのも笑かせてくれちゃう。なんでも、軍隊式じゃないと気がすまない(笑)
コイツが執着しているのは裸のブロンズ像(結構デカイ)……夜間警備員ということで、夜な夜なその像の前で
なぜか裸になり恍惚としてるという(笑)……ミリタリーオタが(爆)
クリストファー・ウォーケンはやっぱりいい役者でございますよ。あのロバート・デニーロと共演した名作
「ディア・ハンター」のロシアンルーレットしちゃうニックというヤツの役。
あまり映画には出演しないけど、クセのある繊細な役をやらせたらメッチャ上手いんだよね。
最近ドンパチ映画ばっかりのモーガン・フリーマンのとぼけた親父役も面白い。
ちなみにまたまたこの面白い映画……未公開なんすよねぇ
さらに、DVDはありますがタイトルが「BAD」となってる!いかにも日本人好みの
クライムアクション映画風なパッケージイメージにしてタイトルで客を釣ろうという魂胆がみえみえ!
内容はあくまでも、コメディですよ!騙されないよーに(笑)
コメディとして見るなら、大変オススメでございます。
2009年90分 アメリカ
★★★★

●ネイビーシールズ
リアルなアメリカ特殊部隊の物語。実際にオサマ・ヴィンラディンの暗殺は記憶に新しいところ。
医師に扮してコスタリカに潜入していたCIA女性エージェントが拉致される事件が発生する。
黒幕は、麻薬取引や武器密輸で暗躍し財を成す、通称クリストという男と目される。
アメリカ海軍特殊部隊NAVY SEALSに出動命令が下り、隊員たちは迅速かつ的確に敵の拠点地を突き止め
急襲し、エージェントを取り戻すことに成功。そのときに現場から押収した携帯電話を分析すると、
クリストがイスラム系テロリストを支援し、全世界規模のテロを計画していたことがわかる。
NAVY SEALSの中でも選りすぐりの精鋭たちに新たな国家の最高機密に関わる極秘指令が下り、
ひときわ優秀なローク大尉は妊娠した妻を置いて熾烈な戦いが待つ任地へ赴くが……みたいな。
小型ジェル型爆弾500個入りのベストを着て、米国各地で自爆テロを行うっちゅーこえー話し……。
しかも容器がセラミック製なのでセキュリティにもひっかからないし。
なにせ、ウェポン、戦術全てが本物!キャストにもシールズの隊員多数出演。カメラワークも
ドキュメンタリータッチ(モキュメンタリー)を多用し、その緊張感はひしひしと伝わってきます。
と、いうより現場を共有してるみたいです。そのリアルさから機密情報が漏れすぎだとペンタゴンへ
政治家たちの電話が相次いでいるほどだとか(笑)
静かに神経を研ぎ澄まして用心を重ね、敵に近づき確実に屠るという……
あの「エクスペンダブルス」のよーな、ドンチャン騒ぎのドタバタ劇がいかにうそ臭いかが
分かりまする~(笑)……「エクスペンダブルス2」がまもなく公開(10/20)とか……(爆)
この映画はオススメどぇす!
2012年110分 アメリカ 2012年6月22日公開 サイト
★★★★

120411-04.gif
はい!
と、いうことで、食関係はネタがねぇ~~~!
ゴタゴタ続きでマトモなもなぁ殆ど作ってねぇという(笑) 飲むばぁ~~っかで!
サンドウィッチぐらいっきゃ作ってねぇー!(笑)

120601 17  ●照り焼きチキンサンド
  まずは鶏の照り焼きを
  作りませう!
  味醂・醤油・砂糖を
  適当にあわせたタレに
  漬けときまする。
  チキンには穴をプスプス
  開けてちょ!
で皮目からこんがりと焼き上げまする。焼き上げたらスライスしときませう。
パンは普通の食パンどす。ちょいとトースターで焼きましょうね!
あとはキャベツの千切り……和風の具の場合はレタスより絶対にキャベツが合うと思うのですが
……なにか?
マーガリンを塗ったパンに、そのキャベツの千切りを載せて、チキンスライスを乗せ、
マヨネーズを好きなだけダ~~ダ~~っと声を出しながらかけましょう(笑)
で、ビールかなんかと一緒にかぶりつきましょっ!って!(^^)/
必ず、デロデロと回りから具がこぼれ落ちるので注意してね。

奥様や彼女に冷たい目で見られて「ほらほら、またこぼしてる!きったないな~、ホントに!!」
と言われること受け合い!(笑)
そう言われたら、何も言い返さず黙々とひっちらかして、ボケたふりして食べ続けましょうね。
で、食べ終わって15分経った頃に、「お腹空いたんだけど、ご飯まだ?」と言いましょう。
すると哀れみの目を向けて、温かい言葉をかけてくれるでしょう!(爆)

……長い間、夫婦というもんをやってると、たまには演技も必要だと……(笑)
120601 23  で、食パンなんすが、
  最近はこの神戸屋さんの
  「さっくり食パン」というのが
  すげーお気に入りでございます。
  一袋2枚のみのちょい厚切りで
  お値段もリーズナブル。
  オススメでっせ!
  どこそこの有名パン屋さんに負けない
美味さでございます。このままトーストにしてバターorマーガリンを塗っただけでも美味い!
コーヒーとの相性も抜群でございますよ。
本当はパンは毎朝自分で焼きたいんすが
嫁に「ジジィ!それだけはやめろ~!頼むから!」と懇願され、仕方なく購入してますがね(笑)

サンドイッチって、結構好きなんすよね~。
ベランダで好きな音楽を聴きながら、冷たい飲み物で食べたり、
映画を見ながら、ベチョベチョとこぼしながら食べたり、
模型作りのインターバルにちょいとつまんだり、ときを選ばない食い物だと思いまする~
何を挟んでも美味いし……何って、もちろん程度はありますがね(笑)

すみませぬ。今回は1品だけっちゅーことで、次回また。

120411-05.gif
カーティス ジェニー JN-4Dでございます。
120601 02

120601 03120601 15120601 16
え~、尾翼を支えるストラットはパーツのままだとぼってりとしていて、ソーセージみたいなので(笑)
0.5の真鍮パイプをムギュっと平たくして使用しますた。

120601 04
  カバネストラットもキットのパーツを
  使用しようと塗装までしたのですが、
  どーも…形も長さも曖昧みたいで……
  真鍮製に急遽変更!




120601 05120601 06120601 07
胴体側面からコントロールホーンを可動させるワイヤーが出てるんですが、
これが資料写真により、上翼前面の滑車のようなものを経由してエルロンを動かしてることが判明!(笑)
で、滑車を作ることに……

120601 08120601 09
  今回もホイールカバーを
  取っ払った状態で……
  別売りの
  エッチングパーツを使用。




120601 10120601 11
  主脚は軸にモールドを
  付けたして
  脚にサポーター
  みたいな(笑)もんを
  マスキングテープの細切りで
  表現。


120601 12120601 13
カバネストラットからまずは固定して、
上翼を載せるとリギングしずらい糸は予めくっつけちゃいまする。ちとボーボー(笑)
糸をちょいと整理整頓して上翼を接着して固定。

120601 14

  慎重にすり合わせながら
  翼間ストラットを挟みこんで接着。





120601 18120601 19
リギングはストラット間のXから。前後のストラット間を張っちゃうと塗装しずらいからでやんす。

120601 20

  こんなもんで
  よかべー(^^)/




120601 21120601 22
あとは、チャチャッチャーと、張って固定しての繰り返しでございます。


120601 24

  張り終えたら、フラットブラックで適当に
  塗ったくって、翼間の張り線はほぼ終了でおま。
  糸の切れ端は、緩んだときにの伸ばし用に残しときまする。
  あとは、翼の上や尾翼周りもゴチャゴチャと張り線が……
  これで50%ぐらいでやんすな。





本日も長いお付き合い、ありがとうございました。


被害者の方々、頑張ってちゃぶだいね~! (≧v≦)ノ




<追記>
120601 25  本日6/10、JW氏がご来店されますた。
  見事我基地の地雷を踏んでいただき感謝でございます。
  これで被害者の会、めでたく仲間入りでございますよん(笑)
  で、船はお作りになられないということで、
  ドカ山師匠なら成就してくれるだろうと思い、二人で相談のうえ
  ドカ山師匠に送ってしまおうと勝手に決めますた。
  ご了承ください(^^)/
  JWさん、楽しい時間をありがとうございました。




コメント

おおっカーチスはすげー事に。
滑車が滑車が!!
ちゃんと滑車の機能を果たしている!!!
by: ドカ山 * 2012/06/09 15:20 * URL [ 編集] | UP↑

●ドカ山殿
こんにちは。
なんの! あのとんでもないS.6Bを
ちゃんとカタチにしている
ドカ山師匠に比べれば
ラクなもんでございますよん。

コレはコレでちと往生してますが(笑)
by: 沼津 * 2012/06/09 17:58 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは。

あと少しって感じですね!
自分は今日ゾクゾクしたんで早退しました。

帰ってきて熱計ったら38.5も
ありました・・・・。

今日は早く寝て明日に備えます。
だもんで明日娘は同伴なしの予定ざんす。
よろしゅうお願い致します。
by: JW * 2012/06/09 21:33 * URL [ 編集] | UP↑

滑車は自作ですか?
ターンバックルと言いどんどん先鋭化してますな。本日も勉強させていただきました。m(__)m
by: toy * 2012/06/09 22:34 * URL [ 編集] | UP↑

●JW殿
こんにちは。
だ、大丈夫っすか?
ご無理をなさらぬようお願いいたしまする。
あたしゃ、逃げませんので(笑)

カーティスはまだまだざんす!
by: 沼津 * 2012/06/09 22:48 * URL [ 編集] | UP↑

●toy殿
こんにちは。
滑車……AFVの金属パーツ(エデュアルド)を
利用しますた。
なんか、うちにはAFVのパーツがうんじゃり(約20年分)あって、
そいつらを利用してまする。

ちなみに滑車のパーツは「ティーガーⅠ」です!(笑)
by: 沼津 * 2012/06/09 22:56 * URL [ 編集] | UP↑

こんにちは。おかげさまで楽しく爆弾処理させて頂いております。
それにしても、これまた、大きな爪楊枝で・・・。もしかして祝い箸?(汗)
冗談はさておき、圧巻であります。
滑車の再現と言うよりは、マイクロサイズの滑車その物ですね。

素晴らしい物を見せていただいて感謝です。
by: so-suke * 2012/06/10 13:32 * URL [ 編集] | UP↑

へへへ、掛かって来なさい。
今日、3発目の爆弾処理終わってアップしましたよーん。
ところで、シネマ館、よくあれだけマニアが喜ぶようなネタがでてきますねー。
ココ2回、ゼーンゼン知らん映画ばっかりでうす。
by: マルボロマン * 2012/06/10 16:41 * URL [ 編集] | UP↑

●so-suke殿
こんにちは。
なんだかんだ言っても、
趣味の模型は楽しく作るが一番だす~

最近の私の傾向として、
「利用できるものは何でも利用する」と
「無いより、あったほうがいいから作る」が
座右の銘でございます(笑)
……もちろん程度や密度やモデファイの度合いによりますが(^^)/

って、エラそーに言ってますけど、
わたしゃ根っからの怠け者でめんどくさがりやでございまする~(爆)
by: 沼津 * 2012/06/10 18:43 * URL [ 編集] | UP↑

●マルボロマン殿
こんにちは。
すげー! もう出来たの?
量産体制ばっちりですね!
いや、マジすげー!

映画は見ようかなって思ったタイトルを
一応ググってみますが、
それでもあたりはずれが多くて……(笑)
一日に多いときで5本ぐらい見るので
ストーリーもゴッチャになったりしちゃいまする~(笑)
by: 沼津 * 2012/06/10 18:51 * URL [ 編集] | UP↑

いやぁカーチスいいですねぇ。
クリーム色と木目のコンビネーションが凄く綺麗で完成が楽しみです(^^)

私は未着手ですがピンクキャディでいこうかと。
メッキの処理をどうしようかといろいろ妄想中ですw

しかしドカ山さんは幸せものだぁ(笑)
by: yaszo * 2012/06/11 14:44 * URL [ 編集] | UP↑

●yaszo殿
こんにちは。
お褒めいただき恐縮っす~!
ありがとうございます!

うひゃひゃひゃ~
ピンクキャデラックはビカビカで輝き放ってるヤツ
お願いしやっす~~(*≧∇≦*)/☆★
で、長年の夢を叶えるべく
「miniMINI Festival」にも、参加しちゃおうかな~……なんて
考えておりまする~(笑)
その節はよろしゆうお願いいたします!

あ、yaszoさんも船いる?(笑)
by: 沼津 * 2012/06/11 16:54 * URL [ 編集] | UP↑

>滑車。 すっげー!!。
つーか、爪楊枝。 いつもながら電信柱のよう。
by: apuro * 2012/06/12 20:53 * URL [ 編集] | UP↑

しつこいようですが滑車すげ~!
リギングの段取りを考えながら塗装を仕上げていくのって結構ストレスフル(注:自分基準)に思えるのですが…
説明を見ていると自分でもできそうな錯覚が(笑)あ、ニューポール思い出した…
by: シロイルカ * 2012/06/13 00:05 * URL [ 編集] | UP↑

●apuro殿
こんにちは。
腱鞘炎、大丈夫っすか?
一人エッ……いや、別に……(笑)

荷車も凄いことになってますな~
リアルそのもの!
apuroワールド、楽しみでございます。
by: 沼津 * 2012/06/13 08:13 * URL [ 編集] | UP↑

●シロイルカ殿
こんにちは。
滑車に人気が集中してるよーで
なによりです(笑)

段取りを考えながらのリギングって
私にとってはなかなか楽しい時間でございます(^^)/
順番を間違えると、とんでもなく
めんどくさいことに……
でも、それもまた一興ざんす(笑)

ニューポール、拝見しましたよん!
さすがに細かく作り込んでますな~~
また、時間があったら、手をつけてね!

by: 沼津 * 2012/06/13 08:19 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは この張線の妙はなんなんでしょう 製作工程を頭の中に入れておかないと
きっちりと進まないでしょう  いつも感心
させられます  これで50%とは
思えません。
by: あきみず * 2012/06/14 21:48 * URL [ 編集] | UP↑

●あきみず殿
こんにちは。
工程は機種によって多少違うので
そこがまた面白いところでございます。

JN-4Dの場合は上翼の上にもゴチャゴチャと
あるので、ひっくり返しての作業が難しく
裏側の作業を全て終わらせないと次に進めませぬ~(笑)
コチャゴチャがあればあるほど
奮起するのは、空モデルを愛する者の
性かもしれませんね(^^)/

あきみずさんも下駄履き、頑張ってください!
by: 沼津 * 2012/06/15 08:37 * URL [ 編集] | UP↑

うおお、ここのところ仕事や何やらで気を取られていた間に・・・カーチス進みましたね。滑車やら、スポークホイールやら、何気にものすごいことやってませんか。(笑)
それにしても、この機体カッコイイですねぇ。完成が楽しみです。

爆弾処理は、まだ仮組み程度ですが、そろそろ本格着手をするつもりです。
by: COLT-T * 2012/06/18 23:10 * URL [ 編集] | UP↑

●COLT-T殿
こんにちは。
精一杯頑張ってるんすが、
相変わらずのドン亀で遅々として進んでませんよ~~
……ちゅーことで、本日やっと完成しますた(笑)
今しばらくでブログUPということで(^^)/

景雲、楽しみでございます!
頑張ってくだされ~~!
by: 沼津 * 2012/06/19 11:25 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。