titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Albatros W.4―3

100802-01.gif
え~~、先日ですね。
朝5時半ごろの出来事であんした。
いつものようにチャリでその辺をのんびりと散歩してたんでございます。
まだ早朝のしじま真っ最中の中、BANG!とデカイ音がしまして、音のした方へ目を向けると
あっちゃ~~、オカマを掘ってしまったんですな~
前がよくある白い小型バンタイプで車内がハワイアンセンターみたいになってるヤツ(笑)
後ろがブルーのビートルワーゲン……。
前に乗ってた兄ちゃんが「ババァ、コラ!」と、やっぱり?みたいなアロハシャツに
マックロクロスケのサングラス、ちと毛の長さが足りない情けないリーゼント風が出てきますた。
で、ワーゲンに乗ってた品のいい小母様が降りてらして「あらあら……まぁ」
私は因縁つけられるこのオバサン、可哀想…と思ったのですが…さにあらず!
「あらあらまぁ じゃねぇ!どーすんだよババァ!」といきまく兄ちゃん。
その小母様、恐い兄ちゃんどこ吹く風で自分のワーゲンをなでてるんですな、これが。
「こっちだよ、ババァ!」とハワイアンカーのケツを指差す兄ちゃん。
「あらまぁ、どーしましょ…疵がついちゃったわねぇ」と自分のワーゲンをしげしげ、なんかブツブツ。
「……どーすんだって言ってんだよ、てめぇーババァ 会社に遅れちゃうじゃねぇか!」
え?この兄ちゃん出勤途中なん?この車、このかっこで と私。
「困ったわねぇ…また怒られちゃう」と小母様。
「困ってんのは俺だ、ババァ!」とサングラスをずらして腕時計を見る兄ちゃん。
で、ついに最後まで恐い兄ちゃんを無視しまくった小母様の勝利が近づいてきますた。
「も~~~、いいよっ!クソババァ!頭おっかしいんじゃねーの!」激怒しまくった兄ちゃんは
ドアを荒く閉め、ひとしきりふかすと去って行きました。
残った小母様は、少し離れて固唾を飲んで見守っていた私に気がつくと、
品のいいお顔立ちでニコっと笑い、ペコっと頭を下げられ落ち着いた様子で愛車に乗車なされたのです。
ううう~、恐るべし品のいい小母様!
でも、結局は容姿ほどでもない、ちゃんと朝早く会社に出勤している
激怒兄ちゃんの優しさの勝ちだったかも…
と思う今日この頃ですが、お元気ですか?

はい……というワケで、マクラが大分長くなりましたが
こんにちは。
こう暑いと、仕事なんかしねぇで、酒とバラの日々で毎日を送りてぇな~と常々思ってるわけで、

The Days Of Wine And RosesでもBGMでどーぞ。
この曲はナカナカ素敵な曲で「酒とバラの日々」という映画の主題歌なんですが、
夫婦揃ってアル中になってしまうというスゲェ悲惨な映画なんでございます……ううう……

ちゅーことで、Albatros W.4でございます。
暑くてダラダラ製作でございまする~~
100802 02  前期バージョンの胴体には
  ボコッと両側にラジエターが出てるのですが
  キットパーツはご覧のように(左)
  ひどいヒケが…しかも一個は四次元にワープしちゃうし
  ううう直せないので、プラ材で作りますた。



100802 03  ちまちまとアイボルト(ヒートン)を
  作ったり……
  以外に少なく、2機で50個ぐらい。
  下駄周りは糸ではなく
  ステンレス線にするつもりだす。



100802 04  主翼に真鍮線のガイドをつけて
  つけたり外したり(笑)






100802 05  フロートを組み立て
  あー、前期と後期じゃ形が違うんだー
  となんとなく納得したり。

  と、ここまでが共通工作エリアですな。
  
  

100802 06  Lateバージョンは六角形のローゼンジ塗装だす。
  ラインをけがくためのガイドとして
  まずはデカールを貼るワケだ。

  で、このデカールの色が……
  箱絵ともだいぶ違うし……
  勝手に師匠と思ってる方へ相談すると
  箱絵の方が近いのではないかと。 
100802 07100802 08
左がウィンドソックの塗装図だす。また、過日ハンザブランデンブルグW29を作ったのですが、
それに近い色合いではないかと……。
師匠曰く「色のことでいちゃもんをつけてくる輩には お前は100歳か と言ってやればよろしい。」
でケリがつきますた(笑)
この後、フロートのデカール貼りをやったのですが、さすがは素敵すぎるローデンのデカール!
見事にバラバラ~♪ しかもご丁寧に修復不可能なほど細かく…わはは。
嗚呼、人間って悲惨すぎる場面に出くわすと笑ってしまうものなのですね~
ううう…型紙作って吹きつけ式にするっきゃねぇな、こりゃ。

とゆーことで肴でございます。肴っちゅーてーも、飲んだアトに食べるメシだすね。
100802 11  ●チキンライス
  昔懐かしい洋食ですな。
  鶏肉と野菜を炒めて冷や飯を入れ、
  トマトケチャップドボドボで
  試合終了してるそこの奥さん!
  ノンノンでっせぇ~~(笑)
  順番を変えて作ると銀座のとある洋食屋さんより
  美味しいチキンライスが出来まする~
まずは鶏もも肉100gぐらいを皮と肉に分けて、小さめにカット。
塩胡椒で軽く揉んで、バター(15g)でソテーします。
こげめがついてきたら一旦別皿へ。
次、野菜。玉葱(半個) ピーマン(1個)を粗微塵に。で、少量のサラダオイルで玉葱から炒めます。
透明がかってきたら、ちと弱火にしてピーマンを投入。
フライパンを一振り二振りしたら別皿の炒めた鶏肉を投入。
で、ここがポイント。白ワインを入れちゃいませう。
アルコール分を飛ばしたら、そこにケチャップ(大2~3)を投入。要は鶏肉野菜のケチャップ炒め(笑)
こうするとケチャップの余分な水分が飛び、仕上がりがベチャベチャにならずにすみまする~
仕上がり間近にケチャップを入れるとその水分が足されるワケでベチャグチャになりやすくなります。
ご飯は冷や飯を必ずチンして温めませう。炒める時間を最小限にしますデス。
100802 13  温めたご飯を投入したら、木ベラで
  切るように炒めまする。
  炒めるというより白いご飯に
  色づけするっちゅー感覚ですな。
  で、二番目のポイント。
  リーペリンソースの投入だす。
  ブラウン系の洋食には欠かせない
  調味料ですな。
ソースと言っても、ドボドボはだめざんす!ほんの5~6滴で充分!
このソース、よくレストランのテーブルに置いてある場合がありますが、
主に調理用に使用するものでございます。かけすぎは辛くなりすぎ、料理の味を台無しにしちゃいまする。
投入するときは、炒めた具材をちょいと脇にまとめて、フライパンの肌でこがしてやりましょう。
あとは全部マゼコゼして塩胡椒で味を整えて完成ざんす!
ケチャップは少なめなんで、チョチョイとトッピング、パセリでも散らせませう。
はい、そこのお父さん!今度の日曜日にでもご家族に作ってあげてくだされ~
親父・亭主の株、上がること受け合いだす~…これであと10個のキット購入は大目に見てくれるかと…
んなわきゃねぇか(笑)
このチキンライスに、半熟玉子炒めを乗せてデミグラスソースでもかければ
絶対に美味いオムライスができまする~

さて「何を作ってるんでしょーか!?」です。
100802 09100802 10
アルバトロスのラジエターにピントを合わせてますが、右側の機首が「バQ・X」でございます。
エンジンカバーは付いた状態だったのですが、
あえて取っ払ってしまったという……はい、私は絵夢でございます(笑)
主翼は裏側がそのまんまなので、エバグリプラ板(0.4)で裏打ちしよーかと……
あー、モールドがメンドクサソーですな~

なにを作ってるんでしょーか!?
●只今、Albatros W.4を作ってる最中ですが、
  同時進行でバキュームフォームキットも手がけています。
  で、仮りに「バQ・X」として、途中経過がチラリズムで登場しますので、
  機種名を当ててくんなまし!
  正解された方、日頃、拙ブログご愛顧に感謝を込めて先着4名様に
  「プラモデル福袋」を差し上げまする~! 名称を当てるだけの簡単クイズ!
  但し、ヒントなしでおま。で、コメント欄につぶやいていただくか、左記メールフォームより
  ご応募いただければよござんす。 締め切りまでに何度訂正もオッケー♪
  賞品内容はスケールモデルキット。エアもの72スケールかAFV35スケールで、 
  キットが20アイテム前後入りの大盤振る舞い!(笑)…さらに、さらにもちろんオマケあり! 
  締め切りなんぞはまだ考えておりませぬ。たぶん「X」が完成するころ(笑)
  老若男女紳士淑女のどちら様もふるってご参加してくだされ~

※大変申し訳ありませんが、初めての拙ブログコメント欄ご利用の方で、常識的範囲内でたったひとことのご挨拶がない方、
 またはできない方は、クイズご参加はご遠慮くださいませ。私めは古い性質でございます。重ね重ね申し訳ありません。

100802 12  賞品のほんの一部でございます(笑)
  実は、残る余生手を動かし続けても
  完成に至る量ではないので
  ここいらで処分しようかと。
  で、ご覧の皆様にご協力していただけたら
  と思ってまする~
  近々、少し整理した写真をアップさせていただきまする(笑)

只今のエントリーでございます。もちろんドンドン変更可でございますよん♪
岡戸智凱様―アルバトロス C
あきみず様―日和見
upro様―英国臭
マルボロマン様―たぶん複葉機
躍人様―フォッカーD.Ⅶ
COLT-T様―フォッカーDr.Ⅰ
シロイルカ様―ルンプラータウベまたはじぇんじぇん
だむだむ様―絶対に複葉機
JW様―考え中
ヒロシ様―まずは第一次大戦機
勝手にリンクさせていただきましたが、問題があればご一報を。

本日もゴッタ煮記事へのお付き合い、ありがとうございました。

2010/08/03(火)
Albatros W.4 コメント(18)
コメント

あー羨ましい。朝っぱらからおかま事故の一部始終を拝見する時間があって。ここ3週間apuroさんの造型展の出品作作りで毎日朝方まで起きておりますよ。
ローゼンジ、吹くのは塗りよりもっと大変でしょう?(マスキングの雨嵐)
ところでバキューンですが、もしかして今年の静岡で買ってたやつ?
貧乏だからなんとしてもキットを手に入れようと必死でおま。
by: マルボロマン * 2010/08/03 22:57 * URL [ 編集] | UP↑
マルボロマン殿
こんにちは。
わはは。起きるときゃ午前1時・2時ごろには起床だす。
……これって、考え方の相違で貴殿とそんなに変わらないという(笑)
ローゼンジの吹きつけは何度かやったことがあるので
今回もどーにか出来っしょ。
フロート部分は凸凹が多く、質のいいデカールでも
ちと無理っぽかったと思っとります。
「バQ・X」…生憎今年の静岡ではバキューは購入しとりませぬ~
去……おっと~~、以下自主規制!

辺境造型展、頑張ってくださいね!
私も時間が許せば参加したいんですが……
by: 作左 * 2010/08/04 05:13 * URL [ 編集] | UP↑

お久しぶりです。

バQキットは一度だけ造った
ことがありますが(グースね)
簡易プラキットがあるのにね。
でも以外なものを造ってる気
がします。たとえばボウダとか
どうでしょう。
by: sato * 2010/08/04 07:02 * URL [ 編集] | UP↑

このずんぐりの機首
ブラックバーン・ブラックバーンの悪寒
だとしたら・・うらやましいww
by: ドカ山 * 2010/08/04 12:23 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは。
私も20年位経ってぶつけたらこの手を使わせて頂きます。

恐らくプロペラ機なのでしょうね、万が一にも答えがわかっても書けません、その後の事を考えると恐ろしくて(笑
by: mikami * 2010/08/04 21:20 * URL [ 編集] | UP↑

暖簾に腕押し、柳にかぜ、糠に釘、カエルの面に
小噺に出来そうな話になりますね。
曲面のローゼンジーどんなマスクを作られるのでしょう

バQのキット 賞品に目が点真剣に考えて
まず DH60モス なんてあてずっぽうで。
by: あきみず * 2010/08/04 22:47 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは。

毎回毎回レアな写真を選んできますね。

アルバトロスもユルユル進んでますね~。
師匠ってあの人ですか?
自分もよくそう言われました(爆)

ちょっとプラモって雰囲気じゃなくて・・・・・。

少し一休みです。

Xはねぇ~・・・1度見てるはずだからな・・・・
なんだっけ~?ランプラー?でしたっけ?

まあある意味当たっちゃったらそれもまた大変(笑)
というクイズですね~。

明日から出張です・・・・。

盆休みはあります?久しぶりに行きたいなぁ。
作左亭。でも暑そう・・・・。

by: JW * 2010/08/04 23:25 * URL [ 編集] | UP↑

ローゼンジは塗装でやるとなると、シルク印刷みたいに何枚かの版下を作ってやるんですかね? 自分には敷居が高すぎるなぁ。

バQ・X、ううう~~~ん・・・2回目のヒントで Dr.I ぢゃないってことが分かってきましたぁ。
リセットしてまた考えなくては。

それにしても怒涛の1/72 ぱらだいす、ナイスです♪
ウチも似たようなもんですけど。
by: COLT-T * 2010/08/04 23:54 * URL [ 編集] | UP↑
sato殿
こんにちは。
バQは今までに何回となくトライはしたんですが
前半戦でいつも撤退(笑)
今回は最後まで戦ってみよーかと……

私の勉強不足かと思いますが、ボウダは
ブラックバーン・ボウダでよろしいでしょうか?
か、もしかしてWWⅠのドイツ爆撃機のゴーダ?

で、大和…やっぱりええですな~
実は男達の大和はまだ観てないのですよ~
TSUTAYAで借りてきようかな、80円だし……♪

by: 作左 * 2010/08/05 12:21 * URL [ 編集] | UP↑
ドカ山殿
こんにちは。
さすがブラックバーン大明神のドカ山大人!謝謝!
これからの成り行きを
心して眺めててくださいね~(笑)

でも、バQってさすがにシンドイですな。
早くもちと削り過ぎた箇所がいたるところに(笑)
パーツラインがメッチャ曖昧なもんだから
胴体なんぞは切り離しても、そっからが大変なよーで
ううう……楽しみがどんどん増えそうでございまする~

by: 作左 * 2010/08/05 12:30 * URL [ 編集] | UP↑
mikami殿
こんにちは。
私はすでにソッチ側の人になりつつありまする~
最近では家内との会話でも
都合の悪い話しは聞こえないフリをしちゃいます。
案の定、そのうち「ジジィッ!」で試合終了(爆)

あ、強引にキットをお送りするためにも
内緒で答えを教えちゃいましょうか?

ちゅーか、クイズと関係なく、とりあえず50個ほどのキット、
送ってもいーですか?(笑)


by: 作左 * 2010/08/05 12:37 * URL [ 編集] | UP↑
あきみず殿
こんにちは。
そーそー、人間、歳を加えてくうちに
都合の悪いことは火の粉をかぶらないように
自然と無視するように
出来てるようですね(笑)

ローゼンジの吹きつけは
いつものように型紙で六角形が分かる程度 薄く吹いて
あとは筆で地道に塗ろうかと
なにしろフロートの上面部分は
デカールでカバーできるような凹凸ではないので…。

フォードの代わりにいすゞとは考えましたな~
by: 作左 * 2010/08/05 12:47 * URL [ 編集] | UP↑
JW殿
こんにちは。
冒頭の写真、なかなかクリアでしょ?
ペラの木目タッチもコントラストが結構あるって
改めて分かりまする。

出張、お疲れさまでございます。
ご帰還の折は吉報を持ってぜひ作左亭へ!
…でも、もちろん答えは教えないよん♪

で、JWさんもお願いだから、
少しキット、持ってってよ~ 
JW好みのレアさはないかもしれないけど
た、たのむよ~
……複葉機以外(笑)
by: 作左 * 2010/08/05 12:56 * URL [ 編集] | UP↑
COLT-T殿
こんにちは。
は~い、そ~~~なんです!A地点から……(古!)
印刷の要領で吹きつけです。
同じパターンを色の数だけプリントアウトし
色毎に模様をくりぬいて、吹いていきまする~
最初はちゃんと四隅にトンボもつけてますた(笑)

ううう……怒涛の1/72 ぱらだいす……大好きなお言葉ですが
現状を目の当たりにしますと、いつ雪崩で崩壊するか
わからない状態で……
東海地震がきたら、間違いなく私は
72の生き埋めになっちゃいまする~
……って、洒落にならんな(笑)
by: 作左 * 2010/08/05 13:05 * URL [ 編集] | UP↑

このローゼンは、、チカチカするうー。w
チキンライス。 あのかほりのヒミツはこれだったのかぁー。


バQ。 どっか(オオサカ)のヒトと狙い目が同じだった!!。
ジプシーエンジン搭載のエゲレス、、、。
ううううう。
by: apuro * 2010/08/05 18:04 * URL [ 編集] | UP↑

木製モノコックの機首・・・
とりあえずじぇんじぇんのままですw

ローゼンジパターンのマスキング塗装されてたんですか?
浮世絵師になれますね~(脱帽)
by: シロイルカ * 2010/08/06 06:06 * URL [ 編集] | UP↑
apuro殿
こんにちは。
チカチカ……ある意味、ローゼンジの狙いが
当たってるかも……
印刷の網点の要領で色を再現しているとも
言われてまする~
最初からズバリの色で塗りゃええものを。
当時のドイツ人はな~にを考えてんだか(笑)

おおお~、エゲレスモス系でございますか~
かしこまりましてございます。
造型展が近づいてきましたね!
ご盛況を祈っておりまする~


by: 作左 * 2010/08/06 11:29 * URL [ 編集] | UP↑
シロイルカ殿
こんにちは。
木製モノコック……
いいセンいってるかも♪

あれもローゼンのマスキングっていうのかな~
デカールをスキャンしてパターンをトレースし
M版C版Y版みたいに用意して、
くりぬいて吹いてるだけっすよ。
どうしても隙間が出来るので、レタッチがちょいと大変ですけど
一番手っ取り早い方法かと……。
浮世絵…ええですな~
あの日本独特のデフォルメにはDNAから癒される気がします(笑)

by: 作左 * 2010/08/06 11:39 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。