titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Hansa Brandenburg W29-2

090416 01
ひゃ~~!やっぱりイチローは凄いですね~……って、あんなんアリですかね?(笑)

ど、どーも、こんにちは。

え~、唐突に始めちゃいましたハンザ・ブランデンブルグ W29であります。
というか、張り線がちと億劫になってきたので……(笑)
090416 02090416 03090416 04
胴体を張り合わせて、瞬着パテを盛りガシガシと……んでMrサーフェイサー1000で微調整。
ゲタも合わせ部分はデコボコだったので一緒にガシガシでございます。

090416 05090416 06090416 07
さて、主翼でございます。コイツもまたムクで重い!(笑) 
まずは水平尾翼と共にローゼンジパターンのデカールを貼っちゃいます。十字マークも。
このデカールも例に洩れず、割れまくりであんした!
このローゼンジ、塗装にしたいのでパターン通りにデザインカッターで筋を入れまする。
筋は、十字マークの部分は逃げときます。

090416 08090416 09
で、デカールを剥がして明灰白色(35)をブァーッと吹いてから十字マークを塗装。
十字マークは最初に白で吹いてよく乾燥させ、細切り(2㎜)マスキングテープを回りに貼り付けて
フラットブラックを吹いちゃいます。
パターンは薄く筋が入っているので、あとはじっくりと筆で塗っていきまする~
筋はカッター自体の重さのみで動かすようにするぐらいが丁度いい深さかと……。
刃は新しく替えますよん。

090416 10090416 11
何回かに分けて、☆★カラーを丁寧に塗っていきまする~。
スキャンしといたデカールを眺めては、塗装終了を思い浮かべます(爆)

090416 12090416 13
で、どーにかこーにか終了でございます。でもまだまだレタッチが必要ですな~。
どうしてもムラになっちゃって、……やっぱりムリがあったよーです(笑)
ま、修行っすから。
ウェザリングしちゃえば少しは目立たなくなるし……。
090416 14
  デカールはセロテープできれいに剥がれます。
  カラーは地が明灰白色(35番)に
  タミヤカラーのミディアムブルー(XF18)のビン生
  フラットブルーに少しずつブラックを足して
  似たような紺に近づけますた。


あ、シュターケンも少しづつですが進んでますよん。
なにせ、箸休めも必用なもんで(笑)


というわけで、本日の肴だす。
090416 15
●鰤の生姜煮
鰤の切り身は霜降りしときます。
俎板の上で両面に軽く塩を振り、キッチンペーパーをかけてその上から熱湯をかけまする。
表面が白くなったら、すぐに流水で冷やして水気を取っておきませう。両面だすよ。
あ、俎板は斜めにしといたほうがよござんす(^^)
こうすると、臭みとぬめりや汚れが取れて、表面の蛋白質が固まり旨味を閉じ込めまする。
あとは簡単どぇす!
酒(大3)、味醂・醤油(各大2)、砂糖(大1)、水(約200ml)、出汁の素(小1)を鍋に入れて
一旦沸騰させてから、鰤を投入。
生姜(約20g・皮を剥いて)の薄切りを投入して弱火でコトコトと煮るだけでごんす。15分前後。
途中でひっくり返してちょ。
大根と人参の薄切りも一緒に煮ちゃいました。軽い鰤大根にもなるし(笑)
突然、なんか魚の煮物が食いたくなりスーパーで売ってた美味そうな天然鰤に決定!
急ごしらえでしたが、それがなかなかでっせぇ~~、奥さん!

090416 16
●大根サラダ
大根の千切りに塩を振って暫く置いときます。
で、水気をとって終了(笑)
サラダは主に生野菜の集合体なので皿に盛るときの工夫が面白いですな。
レタスを敷いて……レタスは手でちぎりましょうね。また、女性が食べやすいように
なるべく細かく一口大にしませう――って、チーフコックに習いました(笑)
大根をこんもりと盛ります。周りにトマトの角切りを。
塩茹でした海老を大根山に貼り付けて、白胡麻と葉葱をトッピング。
ちょいとした1品になりまする。
あとは醤油ドレッシングをドバドバッとかけて
バクバク口に運びましょう!

090416 17
●ポークソテー マッシュルームのクリームソース
豚ロース(トンカツ用)は塩胡椒、小麦粉を付けてオリーブオイルで焼きます。
で、ソースはホワイトソース……バター1(10g):小麦粉1(10g):牛乳10(100g)を
熱を加えながらマゼコゼ……に顆粒コンソメ(小1)を投入し、
オリーブオイルで炒めたブラウンマッシュルーム(6個ぐらい)を入れ、
生クリームと牛乳を加えてちょいと煮込み、塩胡椒で整えて焼いた肉にかけまする。
ブラウンマッシュルームは細かい微塵切りとスライスの半々でございます。
トロトロ系ソースのときは、焼きあがった肉をカットしてから皿に盛ると
食べやすいですぜ~、旦那~(笑)
トマトと蒸したキャベツの温野菜を添えて出来上がりだぜぃ!
ううう~ マッシュルームの濃厚な味がまた……
キャベツにもクリームソースをからませて食べるとウンマイでっせ~~!

ちゅーことで、本日もお付き合い ありがとうございました。




コメント

おおおおお
前から話してましたが
ホントに始めちゃうなんて・・・・。
マジすげーーーーら。
カッターでけがいてるので
塗るのもはみ出しにくいんでしょうかね?

デカール・・・・・・・簡単に剥がれるのも

こういう時は   いい  ら  (笑)

自分も試してみたいら
by: JW * 2009/04/18 22:58 * URL [ 編集] | UP↑
JW殿
おはようございます。
やっちゃいますた(笑)
昔のSA誌(Vol.17)にもこの方法が
詳しく出てましたよん。
で、思い立ったが吉 ということで……(笑)

主翼のデカールはま~~ったく剥がれなくて
往生しますた。
ノーズアートを手書きしちゃうJWさんだったら
簡単に出来ちゃう  だら(笑)

あ、同パターンローゼンジのシュターケンで
やってみてね~(^^)/
by: 作左 * 2009/04/19 04:24 * URL [ 編集] | UP↑

また 信じられないことをやられてますね。
ローゼンジに貼り線とくれば、私には手の出しようが
ないですね。ほへーとよだれを流しながら拝見させて
もらいますよ。
by: taki * 2009/04/19 11:27 * URL [ 編集] | UP↑
taki殿
こんばんは。
またまた~、
takiさんの鐘軌尾翼の筆塗り塗装が凄いですよ。
確かに日の丸が入るとハデハデになって
見応えバッチリですね~

takiさんのように
資料をもとにリサーチされて、裏づけされた製作は
見習うべきものが沢山ありまする。
いつも勉強させていただいてます。

張り線機に手の出しようがないのは、
妥協ができないからなのでは?

takiさんもWWⅠパラダイスに是非お越し下さいませ~(^^)
by: 作左 * 2009/04/19 21:04 * URL [ 編集] | UP↑

うおー、またしてもローゼンジを塗装でやってますね。
さすがであります。
それにしても、パターンをカッターでケガくだけでも倒れそうになりますよ(汗)。

で、ポークソテーのマッシュルームソースは実に良さそうで・・・。
ちなみにこちらの本日の夕食は、メジナのオリーブオイル香草焼きなんてものを作ってみました。旨かったですよん。

ブルドッグ、とりあえず前に進んでます。
by: 雪風 * 2009/04/21 21:27 * URL [ 編集] | UP↑
雪風殿
こんにちは。
コイツは複葉でもないし、張り線もないので
なんとなく物足りない気分なので
ちょいと塗装にでも凝ってやろうと(笑)
けがくのも、同方向で3パターンなので
以外に楽ですた。
ちと筆ムラが醜いのでございまする~(TT)

おおおー、メジナのポアレでっか?
美味そうですな~ 
……どーせ、愛しの誰かと一緒に
お食べになりやがったんでしよ?(笑)

ブルドック、始まりましたね!ワクワクでございます!
シゾーカまでに間に合わせてね~
……と、軽くプレッシャーをかけときますデス(^^)
by: 作左 * 2009/04/22 12:13 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。