titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Bristol F2B -4

090309 01
林家三平が復活しましたね。
子供の頃、彼が出ているTVを笑い転げて見た覚えがありまする。
……もちろんモノクロで(笑)
新しい三平もモノマネで終始して終わらなければいいなーと思う今日この頃お元気ですか?
こんにちは。

さて、F2Bでございます。なかなか難しゅうございますよ。
イヤほんとに……
090309 02090309 03
ちゅーことで、支柱を塗装。上翼を乗っけるべく、うねってる糸を整理整頓!(笑)
なんか、捕らえられた虫の標本のようでございます。

090309 04090309 05
真ん中の支柱をまず接着。気分によって内っ側になったり外っ側になったりです。
微妙に動くうちに上翼を、よっこらせ~っと。

090309 06090309 07
で、ある程度硬化したら、外側のストラットをば……で、胴体側を最後に接着です。

090309 08090309 15
尾翼周り。いつもは0.2の真鍮線でヨシとするのですが、
実機写真を見る限りでは限りなく細いんですよ、これが……で糸と伸ばしランナーの併用です。
塗装するとま~ったく分からんという(笑)

090309 09090309 10
糸はこのお方から頂いたキルト用ミシン糸です。
糸巻きから解いた糸は丸まって扱いづらいので、イザ張り線!となる前にちょいと伸ばしまする。
もちろん、全部やる必要はございません(笑)
やっぱり、直毛はええですな~サラっとしていて、なでてやると……あ、イヤ……
下の翼に埋め込んだヒートンに全部結んじゃいます。

090309 11  で、上翼のヒートンに糸を通して瞬着で固定だす。
  張れたところから、
  エナメルフラットブラックで塗装。
  てなもんで、張り線はほぼ終了~
  まだまだ精進が足りないのか
  そこここがどーしても緩んじゃったりしちゃいまする。
  ま、妥協も模型作りには必要ということで。
  ……って、妥協ばっかりだっつーの!(笑)

で、本日の肴でございます。  
090309 12090309 13090309 14
●蛸大根
いや、烏賊でも蛸でもどっちゃでもいいんですが、蛸が目についたもんで(笑)
大根(半本)の輪切り(1.5cm幅ぐらい)は面取りして、米のとぎ汁で下茹でです。
流水で洗い、再度水(600㏄ぐらい)から茹でまする。
顆粒ダシをちょいと入れ、茹で蛸を適当にぶつ切りでぶち込みます。
あとは、醤油(大3)、酒・味醂(大2)、砂糖適量、塩一つまみを投入し
弱火でグツグツでございます。
器に盛り、生姜の千切りと葉葱をパラパラと。

●目鯛の幽庵焼き
焼く前に切り身を醤油酒味醂(1:1:1)に漬けときます。
う~む、40分以上であることは確か(笑)
しょっぱいのが好きな方はもっと長く、そうでない方は40分ぐらい(笑)
で、あまりこげめがつかないように弱火で焼くだけでございます。
焼く前に皮側には×印の飾り包丁をチョチョイと入れるとオサレでございます(笑)
大根おろしを沿え、山椒をパラパラとして食べましょう。
山椒はかけ過ぎないよーにすることこそ肝要でございますぞ、殿!
目鯛はソテーしても、西京漬けにしても美味でございます。
しかもリーズナブル。

●海老と新じゃがのマヨネーズ炒め
海老(適量、今回は小15尾)は殻を剥いて背ワタをとり、塩水で軽く洗い
キッチンペーパーで水気を取ってから酒(大2)と塩少々で揉みこんどきます。
新じゃが(大きさによって違うのでだいたい3個~5個)適当にスライスして
あ、皮のまま  レンジでチン(5分)
合わせ調味料はマヨネーズ(大3)牛乳(大1)ケチャップ(小1)トリガラスープ(顆粒小1)
砂糖(小1/2)レモン汁(小1)、塩胡椒(ホワイト)適量をマゼマゼしときます。
で、海老をちょい多めのオリーブオイル(サラダオイルで可)で揚げ焼きにし、
一旦外に出してアブラをキッチンペーパーで吸い取らせてから
ふたたび、違うフライパンで新ジャカと一緒に炒めます。
温まったら、合わせ調味料をからめて完成!
レタスの千切りを沿えますた。

え~、SHSまで……ううう、まだ今は何も考えまい!

本日もお付き合い、ありがとうございました。
2009/03/09(月)
Bristol F2B コメント(10)
コメント

こんばんは。

進んでますね、楽しい楽しい張り線!

あの細い方を使いこなすとは・・・・・。
達人じゃ!(笑)

でも張った後に塗装するから
細すぎには見えないんでしょうかね。

このF2B、すごい事になってますね・・・。
すごいら。
by: JW * 2009/03/09 21:34 * URL [ 編集] | UP↑

うひょ~繊細精密!
07の写真なんて、まんま布のようですよ!
1つ質問ですけど、ヒートンに通した糸は、コブ結びにするのでしょうか?
いやぁ、あまりの凄さにタジタジです(笑
あと、蛸大根や他2品、どれも見たことのない料理ですけど
おいひそうでヨダレが・・・
by: mabo * 2009/03/10 01:44 * URL [ 編集] | UP↑
JW殿
こんにちは。
あの糸は髪の毛ぐらいの細さですな~
塗料の皮膜で若干太くなっちゃいますた(笑)
余分な糸と間違って、張った糸を切っちゃったり
機体側の穴から糸が抜けたり……
上下翼間の糸張りは楽しい修行でしたよん(笑)

自分でも収拾がつかなくなってるような気が……

あ、排気管の接着 忘れてるし……
by: 作左 * 2009/03/10 08:07 * URL [ 編集] | UP↑
mabo殿
こんにちは。
お褒めいただき、嬉しゅうございます。
デロデロは割りと好きなもので(笑)

下の翼のヒートンに通した糸はきつめの1回結びです。
すかさず余分はカットし、固定はしません。
固定しちゃうと、上の翼のヒートンに通して張ったとき
下のヒートンからの出方(方向)に微妙なアールが
つきやすくなっちゃいまする。アソビですね。
で、上のヒートンに通し 糸にくの字の折り目を付けて
そこに瞬着を点付けして固定しちゃいます。
そしたら、下も瞬着で固定して チャンチャンです(笑)

料理って、模型に通じるものがあるので楽しいですよん。
だもんだから、たまに失敗もございます(笑)
by: 作左 * 2009/03/10 08:25 * URL [ 編集] | UP↑

順調そうで、何よりです。
直付け専門のワタシですが、maboさんへのお返事で、はじめてヒートンを使った張り線の極意がわかったような気がします。
先日いただいた作左衛門ブランド謹製ヒートンで、O/400は張り線してみます。
by: Kazu * 2009/03/10 11:20 * URL [ 編集] | UP↑
Kazu殿
こんにちは。
早いものでもう1週間経っちゃいましたな~

実は、だいぶ前のtoyさんのヒートン製作の記事から
「目から鱗」の状態になりまして……(笑)
最初の頃はぶっ通し方式でしたが、いかんせん
糸をカットしてからのキレイな処理ができなくて
悩んでいた次第です。
だから、ヒートン方式は私にとっては固定式やぶっ通し方式よりも
楽でキレイに仕上がるやり方だと思っています。
コツは確かにあるようですが、そこまで到達しておりませぬ!
極意などと……まだまだでございますよ。
by: 作左 * 2009/03/10 13:10 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは
今回も渋いですねェ
割とキツメに汚されてますが、この位のほうが
かえっていいかもですね。
グリーンにグレー系のウエザリングはちょっと新鮮です
今度マネしてみますw
by: ドカ山 * 2009/03/11 23:18 * URL [ 編集] | UP↑
ドカ山殿
こんにちは。
どうしてもツヤツヤピカピカが苦手です。
ウェザリングでの粗隠しということで(笑)

主にパステル粉を筆でシャカシャカするのですが、
ダークブラウンとグレーを混ぜたものです。
地肌が濃いグリーンなので
グレー系が浮き立ってしまいますた。

しかし、改めて写真を見ると
ウェザリングというより「キチャナイ」という感じですな(笑)
by: 作左 * 2009/03/12 10:06 * URL [ 編集] | UP↑

またまた、今回もおいしそうな献立ですね!!

参考になりました。
目鯛ってあまりこちらでは見かけたことがないのですが、
何か他に呼び方があるのでしょうか?
簡単そうなので一度作ってみたいと思っていますが。

どれもおいしそうなので今週末の献立の参考にさせて頂きま~~す♪
by: hive * 2009/03/12 14:21 * URL [ 編集] | UP↑
hive殿
こんにちは。
ありがとうございます。
参考になれば嬉しゅうございます。

メダイですけど
「ダルマ」と呼ばれる地域が多いようです。
福島で「アゴナシ」、熊本で「タルメ」、
他に「セイジュウロウ」「ナメ」「メブト」などらしいです。
カルパッチョや煮物・鍋でも美味しく、
料理を選ばない万能選手でございます(^^)

料理メモが膨大な数になっちゃいまして(笑)
一度整理しないと……
よかったら、そのうちお送りしますね。
by: 作左 * 2009/03/12 18:24 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。