titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

戦艦 三笠 弐

●水祭り「MBR-2」の完成はこちらをどうぞ

20061029183132.jpg
気持ちのいい日々が続いて、模型三昧の時間を過ごしてまする。

少しづつではありますが、三笠も順調?に進行しております。
またまた、長い記事となってしまいますた。
お目汚しにお付き合い願えれば、幸いでござりまする<(_ _)>

閑話休題
記念艦「三笠」でありまする。
20061104093217.jpg
後部艦橋を左舷ボートデッキより見上げます。
海図室の下に後部指令塔が見えます。
20061104093226.jpg
傾斜梯子(階段)は
思った以上に急で踏板の左右の幅も狭く、昇降がきつく感じました。
左には後檣(マスト)が見えまする。
20061104093235.jpg
右舷からの海図室。木製のドアですね。
最上部の指揮所はかなり広いですが、只今製作中のは、海図室の屋根の広さだけです。
羅針儀も見えます。回れ右~ッ!
20061104093245.jpg
で、後部探照灯がある場所から下を望みます。
右舷ボートデッキ、通風筒の群れと煙突基部。
20061104093253.jpg
アングルを上に向け、煙突をパチリ。張り線の参考になりまする。さらに上を見上げて、
20061104093301.jpg
後檣(後マスト)です。トップマストを支えるクロスツリーの構造の様子がよく分かりまする。
その上の見張り所は円形をしていますが、製作中のキットは楕円形となっています。
マストを支えるワイヤーが太いですね。

で、私の「三笠」
20061104093309.jpg
左右分割のボディーを貼り合わせ、芯?を渡します。
補強と6インチ副砲の基部になります。
形状が似ているので間違わないように……
20061104093316.jpg
三つに分割された甲板を貼り付けます。さすがのハセガワでビタッと合いまする。
……ウクライナのキットと違いを見せつけられ
涙が出そうなほどの感動を味わえまする~(爆)
20061104093323.jpg
艦低は、アルテコのパテで合わせ目を消します。
20061104093331.jpg
船尾、プロペラ(スクリュー)部分。
シャフトを支えているシャフトブラケットの接着部分の据わりが悪く、定位置が不明瞭でした。
シャフトが船内に引き込まれる部分のエディプレートを指示ラインに接着してから、
シャフト、シャフトブラケットの順で接着していきます。
ところどころ(特にエディプレート)には隙間生じてしまうので、
パテを塗ったくり、サンドペーパーでございまする~
20061104093339.jpg
甲板はピットロードカラーの10番(甲板色)にミスターカラー58番(黄橙色)を少量、
43番ウッドブラウンで混色したものを筆で塗装しました。フラットベースを多めにしています。
また、甲板上の装着品はミスターカラー艦艇色01呉海軍工廠標準色を使用しての筆塗りです。
ちと明るいような気がしましたが、船体は既に吹いたあとなので、強引にこの色とします!
と勝手に宣言(笑)
天窓は、ミスターカラー8番シルバーに50番クリアブルーを混ぜたものをベースとして一旦塗り
よく乾燥させ、タミヤカラーのX23番クリアブルー、X26番クリアオレンジを混ぜ合わせ
斑状態のまま塗りまする~。
20061104093348.jpg
40口径3インチ速射砲。一応、0.3ミリピンバイスで穴を開けました。
その他、47ミリ速射砲も同様でございます。
20061104093355.jpg
両面テープ上に並べ、こいつらも筆塗りしますた。
20061104093402.jpg
船体に装着します。この裏側もしっかりとした素晴らしいモールドです。
が、ボートデッキを装着するとまるっきり見えなくなります。
20061104093411.jpg
煙管型通風筒の口部分フィンはハセガワの「スーパー」から使用しました。
20061104093418.jpg
中央建造物が装着されてくると、塗装が不可能になる恐れがあるので
タミヤカラーで適当にウェザリングを済ませちゃいます。

で、お腹が空いたので、
20061104093426.jpg
鮭のクリームソースパスタを食べまする(笑)
クリームソースに鮭缶(カラフトマス)を入れ白ワイン、塩胡椒で味を調え
茹でたてのスパゲティにたっぷりと。
パルメザンチーズをかけ濃厚な味を堪能しますた。……カ、カロリーが!


さてさて、続きをば……
20061104093433.jpg
甲板上の装着品で、絡車です。ライオンロアのパーツを使用しました。
右がキットのままで左がライオンロアのパーツです。0.3ミリのソフトワイヤーを
巻きつけました。
20061104093439.jpg
いたるところにある傾斜梯子は、なるべくライオンロアを使用します。
左がキットパーツに「ベーシック」の手摺を接着したもので、右がライオンロア。
一目瞭然ですね。
しかし、踏板を起こす作業が非常に辛く、すでに2つほど御釈迦にしてしまいますた!
その場合は左を使用しまする~
20061104093446.jpg
煙突基部の建造物。キットの状態です。
20061104093452.jpg
で、ボートデッキに渡る支柱を切り離し、ライオンロアのパーツに交換。
手摺は純正の「ベーシック」より使用。傾斜梯子はライオンロア。
20061104093458.jpg
煙突。先端の出口パーツは塞がった状態だったので、
1ミリのピンバイスで開口しました。
「ベーシック」よりファンネルキャップを接着しましたが、
ボコベコになってしまいますた~
探照灯の足場及び手摺のパーツは「ベーシック」を使用。
20061104093505.jpg
前後艦橋。
海図室、操舵室はともにライオンロアです。
手摺類は純正「ベーシック」より、フライングデッキ床面はライオンロアです。
海図室・操舵室の窓は裏側から透明のプラ版を貼りました。
……!ここで大変なことに~~!海図室・操舵室の内側を塗装せずに
床面へ接着してしまいますた~~。どうしても塗れませぬ!
あ~あ、内側は秀吉の茶室だよ~~(爆) 
ま、いっか~で進めちゃいます。
20061104093513.jpg
12インチ主砲。砲身はプラキットの基部を利用し、ハセガワ純正のメタルパーツに交換。
砲室側面の梯子は「スタンダード」より使用しました。
観測鏡前面の窓部分はライオンロアより。
20061104093519.jpg
楕円形のマスト見張り所は「ベーシック」よりの使用です。
手摺を床面にあわせアールを作っていくので、ちとしんどかったです。
支えのクロスツリーは、ライオンロアを使用しました。
20061104093528.jpg
建造物の仮組みです。
全てまだ接着はしていません。やっぱり、塗装しないと……
20061104093538.jpg

20061104093545.jpg

20061104093552.jpg
だんだんと密度感がアップしてきました。
疲労感ももちろんアップしてまする~


長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝しています。

さて、ウイスキー、ウイスキー……と。
コメント

こんばんは。
すごく細かい作業ですね。
金属に変えるとリアルになりますが
お金もかかりますね~。
で、途中のパスタがすっごくおいしそうです!
ライオンロアのエッチングは自分も使ってます。
もう少しがんばってくださいね!
って自分もがんばらねば・・・・・・・・・・・。
by: JW * 2006/11/04 21:57 * URL [ 編集] | UP↑
JW殿
こんばんは。
エールをありがとうございます。
エッチングパーツで、希望通りの効果を得られれば
自己満足でヨシとしますが、
なにせ、加工がメドクサイ(笑)

お互いに頑張りましょう!
by: 作左 * 2006/11/04 22:33 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは
あっというまに建造されている(まさに建造という言葉がふさわしいボリューム)ので驚きました。
実物をご覧になったエキスのおかげでしょうか(笑)
それに比べて私の駆逐艦は全然進んで無いですよ
もう悩むのはやめてガンガン行く事にしました(笑)
by: ドカ山 * 2006/11/05 00:02 * URL [ 編集] | UP↑
ドカ山殿
おはようございます。
実は大分前からつっついてはおりまする。
べりエフの後半ぐらいから(笑)
で、昨日までの仕上がりが上記の最後の写真だす。
ひと月ぐらいかかってまする~

実物を見るのは確かにモチベを高めるのにはいいかも。
ドカ山さんもガンガン行ってくださいませ~
by: 作左 * 2006/11/05 10:16 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは~。
すごい精密感ですね!特に艦橋周辺に見入って
しまいました。速射砲の開口は大変だったのでは
ないでしょうか?私だと目がつぶれてしまいます(笑)

実物を見たり、本を読んだりするとモチベーションが
上がりますね。モチベーションの維持って結構重要
ではないかと思います。がんばってください~。
by: gabbiano * 2006/11/07 22:42 * URL [ 編集] | UP↑
gabbiano殿
こんばんは。
ありがとうございます。
速射砲は二つほど、穴が中心にならず
自爆してしまいますた~(笑)
パーツをオーダーするしかありません。

確かにモチベーションを高め維持することは
模型制作には欠かせませんね。
アレやコレやとやってはいるのですが、
歳とともに維持することが難しくなってきております。
すぐに「まっ、いっか~」でございまする~(笑)
by: 作左 * 2006/11/08 19:46 * URL [ 編集] | UP↑

おひさしぶりです~(*^▽^*)
ほんと、細かい作業ですね~!
がんばって完成してくださいね~(^^)
鮭のクリームパスタ、とっても美味しそうですね~♪
料理の腕もさすがですね~!
by: まゆこ * 2006/11/08 20:40 * URL [ 編集] | UP↑

こんばんは

かかか格好いい!
うむぅさすが作左様。素晴らしい工作技術ですねぇ。

ところでパスタが旨そうです!
by: 躍人 * 2006/11/08 20:54 * URL [ 編集] | UP↑

う~ん、スゴイ!
パスタも美味そうだけど、三笠もイイですねえ。
カナーリ本格的なディティールアップ、完成が楽しみです。
僕も1/700の三笠やろうかな。
by: Kazu * 2006/11/08 21:39 * URL [ 編集] | UP↑
まゆこ殿
こんばんは。
おひさしぶりです。お元気でしたか?
細かければ、細かいほど無上の喜びが……。
笑むかも~~(笑)

パスタはアルデンテとオリーブオイル、ソースがあれば
美味しく仕上がるので楽な一品でござりますがな。
by: 作左 * 2006/11/08 22:40 * URL [ 編集] | UP↑
躍人殿
こんばんは。
ありがとうございます。
褒め過ぎでござりますがな!(笑)

次回、関東に進攻してきた節は、
トラットリア「SAKUZA」へ是非ど~ぞ(^^)
by: 作左 * 2006/11/08 22:50 * URL [ 編集] | UP↑
Kazu殿
こんばんは。
ありがとうございます。
ただ、インストどおり切ったり貼ったりしてるだけだす(笑)
しかし、やっぱり同じ姿勢で作業を続けていると
肩のコリは容赦なく襲ってきまする~

ううう~、歳を感じまする。
今や、完成後の酒の味を想像しながら踏ん張ってるだけだす(笑)
by: 作左 * 2006/11/08 23:01 * URL [ 編集] | UP↑

こんにちは。ちょっと仕事が
混み合っていてご無沙汰していました。

模型作りがんばっていらっしゃいますね。
私の方は相変わらず読書だけはがんばっています。
(がんばると言わないですが)(笑)

途中にサーモンのパスタがあるところが
作佐様らしいです。おいしそうですね!
でも、確かにカロリーが・・・。怖いです。v-34
by: hive * 2006/11/09 13:57 * URL [ 編集] | UP↑
時間
作さん、よく時間を上手に作りますね~。私には、千年もかかりそうな気が、いたします。戦艦大和しか知らない私を許してね、、。
by: omichan * 2006/11/09 16:40 * URL [ 編集] | UP↑
hive殿
こんばんは。
お忙しくて、嬉しい悲鳴ですか?
うちでは今年のこの季節、暇で暇で……
樹海が呼んでるのかも~(笑)

模型は毎日ただコツコツとやってまする。
小説は鳥羽亮氏の「はぐれ長屋の用心棒」シリーズと
荒崎一海氏の「闇を斬る」シリーズを読みだしますた~(^^)

今はカロリーを考えてシシャモを食べながら
返信しておりまする~(爆)
by: 作左 * 2006/11/09 21:34 * URL [ 編集] | UP↑
omichan殿
こんばんは。(日本では)
久しぶりです。先日は大変失礼いたしますた~(TT)

私の場合、一日が26時間あるみたい。
気の持ちようで時間はどうにでもなりまする~
千年とはまたロマンチックだすな。アラビアンナイトみたいでやすね。
戦艦大和を知ってれば充分だすよ(^^)
by: 作左 * 2006/11/09 21:40 * URL [ 編集] | UP↑
圧巻ですね~。
どうもこんばんわっ。大変遅まきながら、MBR 2完成おめでとうございますっ。精密な世界&ユーモア溢れる世界が見事でございますです~。
そして「三笠」さん、うわ~。コレは圧巻ですね~。この緻密さは・・・。溜息が出ますです~。ホントに素晴らしいでございますです~っ。
by: 小春好 * 2006/11/12 20:51 * URL [ 編集] | UP↑
小春好殿
こんばんは。
ありがとうございます。
MBR 2の「ユーモア溢れる世界」は
小春好さんからのインスパイアが多少なりともあるかも(笑)

「三笠」は久しぶりの船(十年振りぐらい)なので、気張りながらユルユルと
こさえていこうかと。
いや~、難しいっす。完成はいつのことやら~
by: 作左 * 2006/11/12 21:30 * URL [ 編集] | UP↑

三笠 建艦中のひとコマを見るような、構成で実物との対比を
併せて示してもらい、門外漢の私にもよく判ります。プロジェクトX
で三笠を取り上げてもらったみたいです。それにしても、エッチング
パーツは加工もたいへんでしょうが仕上がりはリアルになるんですね。楽しい読み物にして頂いて感謝します。
by: あきみず * 2006/11/12 22:06 * URL [ 編集] | UP↑
あきみず殿
こんばんは。
プロジェクトXはいい番組でしたね。
YS-11のときは感動しました~。

「楽しい読み物」……褒めすぎでんがな(笑)

ときと場合によって、エッチングパーツは思った以上の効果がありまする~。
あきみずさんも是非、ご使用を考えてみてください。
by: 作左 * 2006/11/13 00:19 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。