titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

The Godfather

20060329202417.jpg

先日、一気にパート1~3まで見てしまった。
545分…約9時間だ。
見終わったときは、髪の毛をオールバックにして
サングラスをかけたい気分だった(笑)

コルレオーネファミリーの壮大な抒情詩だ。
ストーリーはすでに映画好きなら誰もが知っている。

いままではバラで、各パートも長いので
つっかえ、つっかえ観ていたが
一気に観るべき映画だと痛感した。

パート1はビト・コルレオーネ(マーロン・ブランド)率いる
ファミリーの結束の話し。
ソニー(ジェームズ・カーン)、フレド(ジョン・ガザール)、
マイケル(アル・パチーノ)、コニー(タリア・シャイア)の
4人兄弟が話しの中心となっていたが、
一番堅気に近い大学出のインテリで軍役の経験のある三男
マイケルが頭角を現し、ついにゴッド・ファーザーとなる。

で、パート2。
ビトの子供の頃からの話しと強引に縄張りを広げるマイケルの
ストーリーとが交差しながら進む。
若きビト・コルレオーネ(ロバート・デ・ニーロ)が少しずつ
イタリア街でのし上がっていく。
一方、その子供のマイケルの時代では
ラスベガスやらとシマの拡大に余念がない。
最後には、血を分けた兄、フレドをも
殺害してしまう。

パート3はマイケルが、なんとバチカンまで手を伸ばし
金を儲けようとする。
パート1ですでに殺された長男ソニーの子、
ビンセント(アンディ・ガルシア)が、マイケルの娘と恋仲に
なったり、マイケルと長男との確執があったりと
なかなかややこしい。
だが、やっぱりマフィア。
長女は間違ってだが、銃弾に倒れ帰らぬ人に……

マイケルの最後はシシリーで、椅子からずり落ちて
老衰(私はそう思いたい)で死んでしまう。


兄弟までも仕方なく殺してしまうまでの過程が重い。
パート2でマイケルは兄のフレドを殺害し、
パート3で懺悔する。
「私は、私が愛する父と母の子を殺した」
……そのシーンが印象的だった。

また、パート3が公開するにあたって、
フランシス・フォード・コッポラの
金儲けのためだのと言われていたらしいが
パート1と2を続けて観れば、
いかにパート3は重要な位置を占めているかが分かる。
けして付けたしの駄作ではない。

パート1のアル・パチーノの変わりよう
パート2のロバート・デ・ニーロの優しさ
パート3のアンディ・ガルシアのクールさが
かっちょよかった(^^)
また、ロッキーにも出演していた、タリア・シャイアも
役の上での怪演を遺憾なく発揮している。

観終わったあとは
やっぱり、ちょっと疲れた~(笑)

監督、フランシス・フォード・コッポラ







コメント

この映画、ばらばらでみると、ストーリーが、分からなくなったので作さんみたいに一気にみるのいいですね。でお長時間すぎる~。昨夜アルパチーノの刑事ものをテレビでみたところ。目が鋭い人だなあと、、。ゴッドファザー
実話だったのでしょうか?有り得ると思うけど
by: Omichan * 2006/03/30 03:13 * URL [ 編集] | UP↑

●Omichan殿、長くてちと疲れるけど、1日かければ観れるので、
一気がおすすめですね~(^^) 
パート1の物語の中で歌手(名前は忘れた)が
ビト・コルレオーネに泣きついてくるのですが、
フランク・シナトラがモデルだと言われてますね。
事実らしい話しがちりばめられたフィクションのようです。
by: 作左 * 2006/03/30 08:08 * URL [ 編集] | UP↑

うちの主人もこの映画の大、大、大ファンで、何度見ても飽きないと言っています。シーンを一瞬見ただけで、パート2のあのシーンだ、とかわかるくらい…。子供の頃、マフィアになるのが夢だったとか言ってます。(笑)
私はロバート・デ・ニーロ大好きです~!あの渋さがたまりませんっ!
by: dragonkaory * 2006/03/30 11:00 * URL [ 編集] | UP↑

●dragonkaory殿、
(^^)/ハイ!私もマフィアになりたかったでっす!
たぶん、ご主人と同じ歳ぐらいなんだろうな~
何度観ても飽きないどころか、
観る度にいぶし銀のような輝きを放ってきてます(笑)
今、「タクシー・ドライバー」のDVDを探しています。
お久美殿によろしく~~(^^)

by: 作左 * 2006/03/30 18:20 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。