titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Sopwith 1 1/2 Strutter-1

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


110422 01
本当に暖かくなりましたねぇ~
ポカポカとした昼下がり、ベランダでポーっとワインを飲んでると
まったくのおバカになりそうでございます(笑)
で、最近観た映画。
●ベルリン陥落……戦争に負けたドイツの民間女性達が、侵攻してきたロシア兵に犯され苛まされても、
逞しく生きようとする話し。ちと暗いかな。でも人間として考えさせられるストーリーですな。
なんとなく、「どーよ、ドイツもひでぇ戦争被害を蒙ったんだぜい!」って言ってるような気が
しないでもないという(笑)
●ブラックホークダウン……ソマリア民族紛争へのアメリカ派兵の実話を元にした話し。
ブラックホークは例のあの強力なヘリコプターですな。
そいつが墜落し、短時間で終えるはずだった作戦がとんでもない方向へいってしまうという。
確かにリアリティのある映像(実際の戦争は見たことないが)だと思う。SFXに多少無理があるかな?
でも、男の子は好きなタイプのストーリーですよん(笑)……俺も4回め(笑)
●椿三十郎……あの世界の黒沢の傑作………のリメイク(笑) 
例の湾岸署のお兄ちゃんが主人公なんすが、どーも三船を意識しすぎた台詞まわしが胡散臭い(笑)
どうにか見れるのはストーリーの面白さと脇役の芸達者な連中のお陰かな。
う~む、これほど中心人物の二人が大根な映画は稀(笑)
三船と仲代にチャレンジした根性は買える(爆)
●エクスペンダブルス……あのロッキー爺さんがまたまたハチャメチャな…と言えば
それだけで先が見える話し(笑)
豪華キャスト(あえて論うのは控えるが)を揃えるだけ揃えて役割りが全て中途半端。
定番っぽいストーリーなので、何も考えずに観てスカッとはするが後に何も残らず。
ストーリー中心軸の女性(将軍の娘)が一番中途半端なのが解せない(笑)
ま、観る価値があったのは大型飛行艇の発着シーンかな(笑)
●クロッシング……これはいーよ。
ブルックリンの三人の警官を主軸にしたストーリーでなかなか面白かった。
退官間近の事なかれ主義の警官、容疑者から金をふんだくろうとするいつもピーピーしてる麻薬捜査官、
ギャング連中の真っ只中ですでにいい顔のおとり捜査官。この三人がいろいろと複雑に交差する。
でも、リチャード・ギア……歳とったな~と思うのは私だけ?ナントカの旅立ちに出てる頃は……(笑)
●桜田門外の変……う~む、骨太なチャンバラ映画ですな。ナカナカ面白い。
井伊直弼があの役者じゃちと軽いかな~(笑) 直弼本人の肖像画ももうちっと迫力あるし…みたいな(笑)
ま、(日本人の)魂を多少なりとも揺さぶってくれたことには感謝。
主人公がアイツなので、TBSドラマ「仁」とダブルことウケアイ(笑)
ちなみに実際のこの戦闘では、白い雪の地面の上に点々と赤く滲んだ指が沢山落ちていたそうです。
人を切ったことない同士の鍔迫り合いで、
ガキガキやってるうちに指がポロポロと落ちるそーな……う~、痛そ~!
●アメリア……これは一押しでんがな。飛行機・冒険好きの女性のいろいろチャレンジストーリー。
実話なので、随所に実際の映像が挿入されてます……が、それは必要なかったかも。見ててウザイ(笑)
「これだけリアルなんすよー!」って言ってるみたいで。飽きずに最後まで引っ張ってくれたのは嬉しい。
これにも、R・ギアが出演してたな(笑)
他にもロッキーの1~ファイナルまでとか、シンドラーのリストとか、プライベートライアン、レオンなど
説明するまでもない映画を楽しみますた(笑)
いや~、映画って ほんっとーに……ま、い~や。

こんにちは。
すんまへん、マクラが長過ぎましたね~(笑)


さて「ジャズって以外に聴きやすい!みんなでジャズを聴こう!」のお時間です。
「私の定番のピアノトリオ編」の第一回目はデューク・エリントンの
「A列車で行こう」という曲でございます。

D・エリントンという小粋なオッサンは、本来バンドマスターでジャズオーケストラを率いて、
ピアノプレイヤーでもある傍ら、コンポーザー、アレンジャーでもありますた。
中でもこの「Take The A Train」はメッチャ有名な曲でございます。
オーケストラでよく演奏されるのですが、珍しいトリオでもとて~もグルーヴィーでございます。
ジャズトリオっていうと、概ねピアノ、ドラム、ベースという組み合わせで、メロディ+リズムという
実にシンプルな編成で耳心地の良い音楽を奏でまする~
これに、管楽器…例えばサックスとかフルートとか、またはバイブとかが加わるとカルテットとなり
さらに楽器が入ると、クインテットになりまする。
ちなみにかのM・デイビスはクインテットがお好みで、自分のトランペットのほか
ピアノトリオにサックスを加えておりますた。
ということで、ピアノトリオっちゅーのは、ジャズの基本的な編成で、なおかつ名演奏、名盤が
沢山ありまする~
そんな名演奏は追々……(笑)


110422 02  ちゅーことで、
  やおらTOKOブランドの
  ストラッターをラッタッター♪と
  始めちゃいますた(笑)
  練習機で、二人乗り用ですな。



110422 03110422 04
110422 05  パーツはゴチョゴチョと多めなので
  さっさと必用パーツに絞り
  ランナーから切り離しちゃいます。

  資料本を眺めながら
  いざ、出撃でございまする~(笑)  


110422 07110422 08
110422 09  で、いきなりかよ!
  計器盤がないので
  作るっきゃありませぬ!(笑)
  薄めの透明プラ板に穴を開け
  厚いヤツと張り合わせ
  それなりに塗装。
  あ、別に透明じゃなくっても
  いいんすけど(笑)
コクピット内を適当に塗ったくってパーツを組み込んでおしまい!
110422 10


  で、蓋をすると
  殆どメーナイという……
  毎度毎度の自虐ネタ(笑)


110422 11

  エンジンもカバーをすると
  殆ど見えないので
  簡単に塗り分けただけざんす。



110422 12110422 13
110422 16  ラウンデル。
  はい!シロ 吹いて♪
  アオ 吹いて♪
  シロ 吹かないで アカ 吹いて♪
  てなもんでがす(笑)



110422 14110422 15
これであとは、テキトーにリタッチすりゃええべ。
あ~あ、アップじゃ見れねぇーなぁ~(笑)
ラウンデルって、塗装してみたかったんですが、いっつもブルーの色味で挫折しちゃうんですよね~
なかなか、あのブルーが作れないっつーの!職業柄、どうしても頭ん中で4原色に振り分けて考え、
混色してみるんですが、上手くいったためしがねえー!
今回はガンダムカラーに極力似た色があり(ブルー11)、フラットブラックをちょい入れてなんとか(笑)

さてさて、前回ストラッターを途中まで……ちゅーか完成直前まで進行したのですが、
機首からの張り線がすっぽ抜けて、修復不可能になり机上の塵と化したのでリベンジということに……
今回は完成まで導けるかどーか……ううう、不安でございます。
コイツをやっつけないと先に進めないみたいな、ヘンなトラウマが……(笑)


はい!本日の肴でございます……以前に戻しますた(笑)
110422 17  ●シーチキンポテトサラダ
  ジャガイモ(中5~6個ぐらい)の皮を剥き、
  7~8㎜ぐらいの角切りにし、レンジで
  柔らかくしますです。
  シーチキン(あのサイズ2缶)の油を少し加え
  ボウルの中でヘラを使い細かくします。
  あとは、塩胡椒してポテトと合体させて
  マヨネーズで和えるだけでおま。
マヨネーズの量はお好みですな。で、サラダなんちゅーのは盛り付けでちと派手にすればよろしいかと(笑)
これは、ピリカラドレッシングをかけ回したレタスを下に敷き、ポテトサラダを乗せて
ピーマンの輪切り、湯通しした人参の粗微塵をパラパラと。
仕上げに、後ろを振り返ってイタリアンパセリをつまんでトッピング(笑)
で、こーゆーのって……女性にウケル(爆)

110422 18  ●レタスとキノコの中華スープ
  これも適当っちゃーテキトー(笑)
  鍋に水(300mlぐらい)に
  トリガラスープの素(5gぐらい)を入れて
  生椎茸(中3つぐらい)の微塵を投入。
  シメジを投入。しばし煮込みマス。
  で、醤油(小1)、オイスターソース(小1)
  酒(小1)、塩胡椒して
片栗粉でとろみをつけ、玉子でとじまする~……ここが中華スープのポイントですな。
必ず、とろみを先につけてからよく攪拌した玉子を入れませう。玉子を入れたら固まるまで
しばらくそのままで。固まる前に混ぜちゃうと、細かくなっちゃって玉子の食感が薄れまする~(笑)
最後に手で適当にちぎったレタスを入れまする。
かる~くマゼマゼして器に盛る直前に仕上げの胡麻油をタラーリと……
盛ったら、シロネギの微塵なんぞをパラパラやるとさらに中華度アップでございます(笑)

110422 19  ●鶏の唐揚
  どっひゃ~!の定番中の定番(笑)
  なんにするべえ~と迷ったら
  いつも唐揚だす(笑)
  しかも、その度毎に作り方が
  違うという……(笑)
  今回はまず、モモ肉(一枚)を
  適当にぶつ切り。
ボウルに入れて、醤油(大1)、酒(大1)、塩胡椒(各適量)、大蒜微塵(一片)、胡麻油(小1)を投入し
ちょい揉みこんで……ハァハァハァ…失礼! しばらく放置プレイ(笑)
味醂、砂糖などの甘味は焦げやすいので今回はカットざんす。
110422 20  で、これこれ、米粉だす。
  米粉をたっぷりとくっつけて、
  フライパンにサラダオイルを
  1.5~2cmぐらい敷き、低めの温度で
  じっくりと揚げまする。
  油に入れるときは、皮で包み込むよーに。
  最初は、カタチが崩れちゃうので
  いじらないようにします。
で、ある程度固まってきたら、菜箸でひっくり返してあげませう。
浮遊するような感じになったら油温度をマックスに上げてカラッと。
皮部分はカリカリで中身はジューシー!
いや~、鶏の唐揚って幾つになってもええですな~(笑)

あ、ちなみに今回は酒ももとに戻り、角ロックですた~(^^)
やっぱ、ウイスキーもええだす。


本日もお付き合い、ありがとうございました。









スポンサーサイト

Hansa Brandenburg B.1―6

東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


110415 01
段々と暖かくなってきましたね。
日によっては、暑いぐらいのときもありまする~
こんにちは。
ということで、忙しいんだか、暇なんだか
分からない日々を送っている昨今でございます。
地震により生産・流通関係の事情で、会社に材料の入荷がない場合がありまする。
ということで、週休3日状態がしばらく続いておりまする~
よって晴耕雨読の日々に拍車が掛かるという(笑)

……って、笑ってる場合じゃねぇーな……ううう


さて「ジャズって以外に聴きやすい!みんなでジャズを聴こう!」のお時間です。
「私の定番のジャズオーケストラ編」の第一回目はグレン・ミラーの
「ムーン ライト セレナーデ」という曲でございます。

いや~、クラッシックタイプのジャズ・オーケストラはええでっせ~(笑)
メロディが流れ出した瞬間から、あたりを古き良き時代のアメリカに染めてくれまする~(笑)
ダンス音楽でもありますが、じっくりと聴くもよし、食事なんかのBGMでもよしと
TPOを選ばず、のんびりと聴ける珍しいジャンルでもありまする~
ま、この曲はG・ミラーの定番中の定番で、あまりにも有名な曲なので
聴いたことがある! という方も大勢いらっしゃると思います。
他にもこの人の作曲は定番と呼べる曲が沢山あります。ハズレが殆どないという(笑)
第二次大戦でヨーロッパに楽団を率いて慰問中、
移動中に乗っていた飛行機が墜落し、帰らぬ人となりました。
詳しくは「グレンミラー物語」という映画にて。小粒ながら名作と呼べる映画でございます。
TSUTAYAで借りて是非、観ましょう!今なら100円!(地域によって違うそーです)
……あ、静岡はこの3日間は80円だそーでございますよ!(笑)


というワケで、ハンザブランデンブルグB1のお時間でございます。
110415 02110415 03
尾脚。パーツはありましたが、なんかモゴモゴしたモールドだったので作り直し!(笑)

110415 04110415 05
主脚。いかにもヤワなので、真鍮線のガイドを埋め込みますた。
矢印にひん曲げて埋めまする~。 リギングは強度増進を兼ねて.2の真鍮線でおま。
で、あとはタイヤを付けて完成さ!

ちゅーことで、今回は久し振りにちっちゃなディオラマ……ヴィネット?でも……(笑)
110415 06110415 07
まずは地べた。スチレンボードのはぎれで、隙間を埋めてタイルの目地材を流し込みまする。
例の壁材「ドフィックス」も良いのですが、こちらの方が同じような材質で速乾性、
なおかつ強力な接着材が入っていて、しかも超安価!
製作スペースが小さい場合はお勧めでございます。
で、半乾きのうちにシーナリーバラストとコルクを石に見立ててレイアウトざんす。

110415 08110415 09
「自家製泥色」をブァッ!と吹きまする。
あとは、色とりどりのシーナリーグラスやらなにやら(笑)をパラパラと水溶性ボンドで接着。
シーナリーグラスやらなにやらは鉄道模型用でございますよ。

110415 13  で、仕上げに再度
  「自家製泥色」をブァッ!と吹いて
  色味を落ち着かせまする~






地べたが出来たら、次は人形だい!
110415 10110415 11
ベースはプライザーでございます。今回はなんとなく民間人を登場させてやろうかと……
ポージングを決めたら★☆のエポパテでニチャニチャペタペタとそれらしく(笑)
110415 12  左はツィードヘリンボーンのハンチングで
  ワイドスプレットカラーのシンプルなシャツ
  フランネルの作業パンツにサスペンダー。
  ブラックのニットタイにサイドゴアブーツでございます。
  右のオイちゃんは、ソフトだとちと重いので
  ポークパイにいたしますた。
  ボテッと見えますが実は軽い麻素材のスーツ。
  クレリックシャツ、スカイブルーの正絹タイに
足元はサドルオックスフォードでございます。右手は初代ルイヴィトンのバッグ、
左手の書類ケースは横浜元町のキタムラでございます(爆)

なーんてな……(笑)

そんなこんなで、仕上がった飛行機とフィギアを地べたに接着。
110415 14110415 15

110415 16110415 17

110415 18  

  どーにかこーにかの完成ですた。





最初は「軽く仕上げてやるぜい!」てなもんで、ナメテかかったら あんた、
ナカナカしちめんどくせーキットでごぜーました(笑)
なにやらの完成でホッとしてまする~


え~、本日の肴シリーズは紙面の都合上、次回とさせていただきまする~
110415 19110415 20
で、キッチンの小スペースで只今イタリアンパセリとバジリコを栽培しておりまする~
やっと芽が出て、収穫できる日を今か今かと待ってる日々でございます。

ううう~、早くこっからちぎってマルゲリータが食いたいぜい!(笑)

本日もお付き合い、ありがとうございました。










| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。