titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Albatros W.4―11

101020 01
写真はAlbatros W.3でございます。
こっからどういう進化をたどってW.4になったのか……実に不可思議でございます(笑)
え~~、実はPCがちょいとイカレちゃいまして、更新が遅れてしまいますた。
新しいのを買うかどーしよーかと散々迷ったあげく
どーせぶっ壊れるんだったら、ええーい!ままよ!と、バラして分解掃除(笑)
CPUのファン部分やグラボ、電源ユニットにビッシリと埃とヤニが……
よくぞ、これで動いてくれていたものだと…
で、PCは見事に回復してくれました。
…まだ、治ってないことにして新しいノートでもせしめようと企んでる今日この頃ですが、お元気ですか。
こんにちは。

はい、いっちょ上がりー!
101020 22101020 23

次、いっみよー!





……ちゅーわけにもいかんやろ!

とゆーわけで……
「枯葉」第二弾!M・デイビスの「枯葉」でございます(笑)

というか、正確には「C・アダレイのアルバム、サムシン・エルスの1曲めの枯葉 
フィーチャリングはM・デイビス」でございます。
M・デイビスのアルバムではないのですが、彼の「枯葉」の代表プレイは
このC・アダレイのアルバムだというややこしいことに(笑)
「枯葉」とは想像もつかない導入があって、やおら燻し銀のようなM・デイピスのミュートが
テーマを奏でる瞬間、シブ~イ!といつも思っちゃうんですな、これが。
C・アダレイ(as)が次をひきとり、朗々と気持ち良さ気に吹いちょります。
H・ジョーンズ(p)もリリカルに鍵盤を躍らせてますな。
A・ブレイキー(ds)は普段は、うるせー太鼓親父なんですが、実に控えめ(笑)
で、何事もなく静かにエンディングという…とてーも素敵な「枯葉」でございます。
このアルバムは、M・デイビスの「枯葉」で有名になっちゃった名盤でございまする。

で、Albatros W.4でございます。
我張り線の3種の神器…(笑)
101020 05  まずは「線」ですな。
  鮎釣り用のハリスでございます。
  適度な収縮があり
  張り終わった後に、
  「緩んでるな~」と思っても
  いつのまにか張ってるという(笑)
  巻き直して
  真っ直ぐに伸ばしてありまする。
101020 06  今回は0.3号(0.09㎜)で、
  塗装すると丁度0.1ぐらい。
  次が糸を切る鋏でございます。
  たぶん手芸用か
  鼻毛切り用です(笑)
  かなりギリギリのところで
  カットできまする~
  真っ直ぐなヤツと先端曲がり。

101020 07  で、★☆の轆轤。
  こりゃー、便利!
  グルングルン回しながら
  作業してまする~(笑)





101020 08101020 09
101020 10101020 11
とりあえずは尾翼周り。
瞬着で開口した穴に糸を接着後、コントロールホーンに接着。
乾燥したらその上のちょびっと瞬着を盛り、塗装でございます。
短く張る場合、糸を真っ直ぐにしてあった方が実に便利でございます。
伸ばしランナー感覚で作業ができまする~

10101901.gif  機首からの線は後方ストラッツの
  上部に繋がってます。
  ちと、ここんとこは間違えやすい。
  このパターンの場合は1本で
  4箇所張れるので大好きさ(笑)
  アイボルトだとこういうときに
  便利でございます。

101020 14101020 15
後方ストラッツんとこ。下翼に結びつけ接着はしません。プラプラしてまする。
接着しちゃうと、糸の方向性に違和感がでる場合があります。
で、上翼のアイボルトに糸を通して結びます。左に引っ張ると自然と締まるように。
101020 16  上下を結んだら、瞬着で固定。
  左右を同時進行で張りまする~
  片方だけ糸張りを進めちゃうと
  両翼にゆがみがでる場合もあるので。




101020 17101020 18
糸は塗装することにしているので……
黒い艶消しのハリス、どっかで販売してねぇーかなと思う今日この頃です。
張ったら塗装しちゃいまする。糸が重なりあってくると塗装はかなり困難でございます。
101020 19  可動翼部分は
  突き通し方式で。
  





101020 20  フロート間は
  0.2の真鍮線でございます。
  0.1のステンレス線にしよう思ったのですが
  あまりにも細くて固定しずらいという(笑)
  0.1ステンレス線は以前yaszoさんから
  教えていただいたZmodelさんのパーツです。


101020 21  どーにか
  このタイプも張り線作業終了です。






101020 24  2機並べ
  眺めながらの酒は
  やっぱ美味い(笑)
  う~ん、この瞬間のために
  模型を作ってると言っても
  過言ではないな!


101020 25101020 26
101020 27101020 28
まだまだやりたいことはいっぱいあるなれど、複葉機リハビリ1発めはなんとか無事に…
あとは、ヴィネットにどう料理するかだな。

さて「何を作ってるんでしょーか!?」です。
101020 29101020 30
スピナーがあまりにもなんで、ペラをもぎとって成形の途中でがんす。

なにを作ってるんでしょーか!?
●只今、Albatros W.4を作ってる最中ですが、
  同時進行でバキュームフォームキットも手がけています。
  で、仮りに「バQ・X」として、途中経過がチラリズムで登場しますので、
  機種名を当ててくんなまし!
  正解された方、日頃、拙ブログご愛顧に感謝を込めて先着5名様に
  「プラモデル福袋」を差し上げまする~! 名称を当てるだけの簡単クイズ!
  但し、ヒントなしでおま。で、コメント欄につぶやいていただくか、左記メールフォームより
  ご応募いただければよござんす。 締め切りまでに何度訂正もオッケー♪
  賞品内容はスケールモデルキット。エアもの72スケールかAFV35スケールで、 
  キットが20アイテム前後入りの大盤振る舞い!(笑)…さらに、さらにもちろんオマケあり! 
  締め切りなんぞはまだ考えておりませぬ。たぶん「X」が完成するころ(笑)
  もちろんブログ・モデラーズに登録されてない方も大歓迎でございますよ。
  老若男女紳士淑女のどちら様もふるってご参加してくだされ~
  参加してくださった方全員に参加賞もありまする~

※大変申し訳ありませんが、初めての拙ブログコメント欄ご利用の方で、常識的範囲内でたったひとことのご挨拶がない方、
 またはできない方は、クイズご参加はご遠慮くださいませ。私めは古い性質でございます。重ね重ね申し訳ありません。


只今のエントリーでございます。もちろんドンドン変更可でございますよん♪
岡戸智凱様―ロイド C.Ⅴ
あきみず様―ロイド C.Ⅴ
upro様―ロイド C.Ⅴ
マルボロマン様―ロイド C.Ⅴ
躍人様―フォッカーD.Ⅶではないなぁ!
COLT-T様―ロイド C.Ⅴ
シロイルカ様―ロイド C.Ⅴ
だむだむ様―絶対に複葉機
JW様―う、生まれたー!女の子だぜい!(「今回の一言」に変わっとります)
ヒロシ様―ロイド C.Ⅴ
sato様―ボウダとか?
ドカ山様―ブラックバーン・ブラックバーン
mikami様―恐らくプロペラ機
すあま様―○○○ ○.○
toy様―ロイド C.Ⅴ
taki様―まったくわかりません。
キャノピー様―全くもってわかりません。次に期待。
yaszo様―おそらくプラペラひこーきでふくよーきだろうなぁ。
※順不同でございます。また、勝手にリンクさせていただきましたが、問題があればご一報を。


「肴シリーズ」は次回にまた。タジン鍋特集だよん(笑)
101020 02101020 03
101020 04101020 12
って、写真見れば分かるか……



今回もお付き合い、ありがとうございました。








スポンサーサイト
2010/10/26(火)
Albatros W.4 コメント(20)

Albatros W,4―10

はい! いっちょ 上がり―!
101015 01101015 02

次、いってみよ―!


とりあえず、アップしてみますた(笑)
2010/10/15(金)
Albatros W.4 コメント(22)

Albatros W,4―9

101008 01
え~、暑いだのなんだのって言ってる間に
10月に入って、結構涼しくなってきてますな~
 …くっそ~、煙草が上がりやがって…… いや、こっちのことで…(笑)
写真はショート184でございます。
こんにちは。

秋になったっちゅーことで、やっぱ「枯葉」でしょ。
「枯葉」はシャンソンの名曲ですが、ジャズでも良く取り上げられたりしちゃいます。
そんなかでもなかなかの名演奏というのもあり、このB・エヴァンスの「枯葉」もその部類だす。

クールな感じで白人らしいインタープレイ。容姿同様(笑)複雑なコードを多用し、
優雅なクラシカルな表現を得意としますです。
それまでの黒人っぽいソウルフルな土臭さとは無縁で、
独自の洗練されたクール路線を突っ走りますた。
M・ディピスのリーダーアルバムにも多く参加し、
後のH・ハンコック、C・コリアなどの名プレイヤーに
多大な影響を与えた方でございます。

とゆーことで、Albatros W.4でございます。
101008 02  ペラ。
  同じカラーで
  模様を変えてみますた。
  エナメルのクリアを
  塗ったくっておりまする~



で、アイボルトを翼に埋め込み、デカールを貼って……ちゅーても各2箇所づつですが……
101008 03101008 04
101008 05101008 06
棟上作業まで終了でございます。
ストラッツは金属パーツを使用……と思っておりましたが、長さを間違え足りなくなるというていたらく(笑)
あとはフロートをくっつけて、楽しい楽しい張り線地獄でございます。
うまく行けば今月中にも完成……かな?

さて「何を作ってるんでしょーか!?」です。
101008 07101008 08101008 09
上下翼ともペラペラなので、裏側に0.4と0.25のプラを貼り付けました。
で、無事、エンジンを積んで左右胴体を接着でございます。
ううう~、今回もモロ出しだなぁ~~

なにを作ってるんでしょーか!?
●只今、Albatros W.4を作ってる最中ですが、
  同時進行でバキュームフォームキットも手がけています。
  で、仮りに「バQ・X」として、途中経過がチラリズムで登場しますので、
  機種名を当ててくんなまし!
  正解された方、日頃、拙ブログご愛顧に感謝を込めて先着5名様に
  「プラモデル福袋」を差し上げまする~! 名称を当てるだけの簡単クイズ!
  但し、ヒントなしでおま。で、コメント欄につぶやいていただくか、左記メールフォームより
  ご応募いただければよござんす。 締め切りまでに何度訂正もオッケー♪
  賞品内容はスケールモデルキット。エアもの72スケールかAFV35スケールで、 
  キットが20アイテム前後入りの大盤振る舞い!(笑)…さらに、さらにもちろんオマケあり! 
  締め切りなんぞはまだ考えておりませぬ。たぶん「X」が完成するころ(笑)
  もちろんブログ・モデラーズに登録されてない方も大歓迎でございますよ。
  老若男女紳士淑女のどちら様もふるってご参加してくだされ~
  参加してくださった方全員に参加賞もありまする~

※大変申し訳ありませんが、初めての拙ブログコメント欄ご利用の方で、常識的範囲内でたったひとことのご挨拶がない方、
 またはできない方は、クイズご参加はご遠慮くださいませ。私めは古い性質でございます。重ね重ね申し訳ありません。


只今のエントリーでございます。もちろんドンドン変更可でございますよん♪
岡戸智凱様―ロイド C.Ⅴ
あきみず様―ロイド C.Ⅴ
upro様―ロイド C.Ⅴ
マルボロマン様―ロイド C.Ⅴ
躍人様―フォッカーD.Ⅶではないなぁ!
COLT-T様―ロイド C.Ⅴ
シロイルカ様―ロイド C.Ⅴ
だむだむ様―絶対に複葉機
JW様―う、生まれそう!(「今回の一言」に変わっとります)
ヒロシ様―ロイド C.Ⅴ
sato様―ボウダとか?
ドカ山様―ブラックバーン・ブラックバーン
mikami様―恐らくプロペラ機
すあま様―○○○ ○.○
toy様―ロイド C.Ⅴ
taki様―まったくわかりません。
キャノピー様―全くもってわかりません。次に期待。
yaszo様―おそらくプラペラひこーきでふくよーきだろうなぁ。
※順不同でございます。また、勝手にリンクさせていただきましたが、問題があればご一報を。


本日の肴でございます。
100922 09  ●ブロッコリーとベーコンのアンチョビ炒め
  簡単なアンティパストでございます。
  たっぷりめのオリーブオイルに
  スライスしたニンニクと鷹の爪を一本入れ
  弱火でソテーし、アンチョビ(ペースト)を
  適量入れてソースとします。 
  そこにベーコン適量を投入。
  火が通ったら、
ひと茹でしたブロッコリーを適量投入。……すんません、適量ばっかで(笑)
味見して、塩胡椒で整えて完成でございます。
ピッツァが焼けるまでの、ワインのお供に丁度いいでっせ~
う~ん、やっぱ冷えた白だすな。

100922 10  ●ピッツァ・マルゲリータ
  簡単でシンプル、
  一番美味いピッツァなんですぐぁ~
  バジルの葉が覗いてしまったので
  見事にこげてしまいますた~(泣)
  ちゅーことで生地だす。
  強力粉(125g)、ドライイースト(2.5g)
  砂糖(小2)、塩一つまみを全部混ぜて
篩いにかけちゃいましょう。
ボウルにその粉類を入れ、オリーブオイル(大1)を投入。
45℃ぐらいのぬるま湯(80~90ml)を少しづつ入れ、よ~くこねまする!
この生地は寝かせなくとも大丈夫でおます。
弾力よくこねたら、粉(強力粉)を打ち適当な棒かなんかでのばして丸く整え
縁は層をちょいと厚くして、クッキングシートの上に置きトッピングだす。
トッピングは簡単! トマトソース……これはホール缶(半分)のトマトを潰して、
オリーブオイルでニンニクと玉葱(半個)の粗微塵を炒め、そこに投入。
トマトピューレ(大2ぐらい)を入れて、コンソメ(小1/2)、塩胡椒でちょいと煮込むだけ……
トマトソースの上にバジルの葉を適当に散らし、ピッツァ用のチーズをたっぷりと。
バジルの葉はチーズにちゃんと隠れないと写真のようにこげちゃいますぞ!
後乗せでもいいんすけどね(笑)
で、220度のオーブン(予熱あり)で15~20分焼いて完成でございます。
ピッツァはいつも家内が焼いてくれるんすけど、今回初めて焼いてみますた。
ちょいと、トマトソースが多すぎて、チーズが柔らかくなると
下からフツフツと表に出てきてしまいました~。
でも、まぁそれなりにピッツァでしたよん(笑) 以外に簡単だし。
ううう、次回こそは! ですな。

100922 11  ●白身魚のアンコーナ風
  アンコーナっちゅーのは地方の名称で
  ボローニャ風とかナポリ風とかの
  ニュアンスでございます。
  今回はメダイを使ってみますた。
  魚(切り身二切れ)を一口大にカットして
  塩胡椒しときます。
  オリーブオイルでニンニク(1片)の微塵を炒め、
玉葱(半個)の薄切りを投入し、透きとおってきたらアンチョビ(適量)と
ジャガイモ(1個)のスライスを入れまする。
ジャガイモは予め3cmぐらいの幅にスライスして水に晒しておきませう。
適当に炒めたら白ワイン(30mlぐらい)を入れアルコール分を飛ばし
牛乳(300ml)とローズマリーを投入。
そのまま7分~10分ほど煮込んだらカットしといた魚を入れてさらに15分ほど煮ます。
で、魚とジャガイモを皿に盛り、ソースを漉してから回しかけ
パセリをパッパで完成でおじゃりまする~
こりゃ、正真正銘の酒の肴だすな。ご飯にゃ合いませぬ~(笑)
ワインやピッツァ、シンプルなパスタにゃ合いますな、確かに。
ミルクソースが濃厚で、ハーブの香りとメダイの旨味が見事に合体!
ジャガイモが丁度いいアクセントでおます。
ちょいとお洒落な一品ちゅーことで(笑)
パルミジャーノレッジャーノもパラパラやりケパーかなんか加えると
もっといいかも でございますよ! そこの奥さん!


と、いうことで、本日もお付き合い ありがとうございました。



2010/10/08(金)
Albatros W.4 コメント(20)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。