titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Focke Wulf FW190D-9―9

100617 01
♪Ring a Ding Dong Ring a Ding Ding Dong♪ D-9ができますた~
こんにちは。
いや~、暑いですなぁ。静岡 本日は軒並み30℃超えだということで……ううう
明け方3時の涼しい頃からの作業で
本日目出度く成就ということでおます。

100617 02100617 03

100617 04100617 05

100617 06100617 07

100617 08  翼端灯は一応透明パーツを
  利用し、裏から開口
  クロームシルバーを流し込み
  フラットブラックで蓋をして
  クリアのカラーで塗装しますた。
  ううう、やっぱ分からん!(笑)



100617 09100617 10

100617 11  紆余曲折の末の
  完成でなんとなく満足してまする。
  
  しかし、いつも思うことですが、
  完成したアトで
  あーすりゃ良かった
  こーすりゃ良かったと
  反省点もまた多々ありまする。

あの日より丁度ひと月遅れの完成とあいなりました。

さて、部屋の掃除でもして
張り線に戻ろうかなっと♪

本日もお付き合い、ありがとうございました。



スポンサーサイト

Focke Wulf FW190D-9―8

100609 01
先日、イングロリアス・バスターを観ました。
クェンティン・タランティーノのぶっ飛び映画だす。
妙にリアル感のあるハチャメチャ映画で、面白うございました。
インディアンの血を受け継ぐブラッド・ピットの特殊任務隊長のもと、
一癖も二癖もある隊員たちがナチの連中を片っ端から捕まえて頭の皮を剥ぐという…(笑)
……本当に剥いでるから恐い!
で、ドイツ占領下のフランスのとある映画館で、ゲッペルズの製作した映画のプレミア上映会を開き、
そこに集まった高官達を一網打尽に爆破しちゃえ!という
なんともはや、タランティーノらしいっちゅーか(笑)
しかも、そのプレミア上映会には、ゲッペルズはもちろん、ゲーリング、ボルマン、ヒトラーも主席し
なんと全員死んじゃうし……歴史的事実なんかクソクラエという強引かつとんでもないストーリーで(爆)
こういうの、好きだなぁ。

こんにちは。
相も変わらずドーラでございますよ。
100609 02100609 03
各ユニット及びパーツを粗方組み込んで接着、
100609 04100609 05
適当かつ雰囲気で塗装し、完成間近となってまいりますた~
もっとも、インストの塗装指示も想像の域を出てないのでこんなもんかと(笑)
あとはアンテナなどの細かいパーツをくっつけて、デカールとウェザリングだなっと♪


ちゅーわけで本日のパスタでございます。
スパゲティーニ(1.5㎜~1.7㎜)の三本立てで、どれも簡単・早い・美味いのの三本立てでございます。
100609 06  ●椎茸のペペロンチーノ
  パスタ(食う分)を茹でてる間に
  ニンニク(ひとかけ)を
  包丁の腹で潰し、
  たっぷりとオリーブオイルを敷いた
  フライパンにポトリと。
  炒めて香りだってきたら、 
  スライスした椎茸(適量)と
種を抜いた鷹の爪(1本)を入れ、火が通ったところでパスタの茹で汁をお玉一杯分ぐらい投入し、
素早くかき混ぜます。オイルと水分が混ざり合いほどよいとろみが。ペペロンチーノのソースですな。
これを乳化現象といいます……って、エラソーに(笑)
んなことやってるうちに、パスタが茹で上がります。
素早く湯を切り、素早くフライパンに入れ、素早くソースと合わせます。
で、パセリをパラパラと塩をひとつまみで完成。
椎茸を入れると旨味が広がり、食べやすくなりまする~

100609 07  ●鶏肉のクリームパスタ
  鶏肉(モモでもムネでも)を
  一口大に切り、パスタを茹でる前に
  炒めて別皿へ。
  で、パスタを茹で始めまする。
  その間に玉葱(適量)のスライスを
  オリーブオイルで炒めて
  透明がかってきたら別皿の鶏肉を
そのフライパンへ。で生クリーム(少なめ)も入れちゃいませう。
ふつふつしてきたら牛乳をちょびっと入れまする。
さらにチーズ(粉チーズで可)を大目に入れまする。
んなことやってるうちにパスタが茹で上がります。
素早く湯を切り、フライパンへ。素早く和えて皿に盛り、ブラックペパーをパラパラとで完成。
ちょいと塩もパラパラとやったほうがいいかも。
鶏肉の旨味と玉葱の甘味がなんともいい感じでございます。

100609 08  ●タラコのスパゲティ
  まずはパスタを茹でませう。
  その間にオリーブオイルを敷いたフライパンに
  スライスした玉葱を入れて炒めます。
  次にタラコ……大目がいいな…を投入。
  白くなりかけたら
  火は止めちゃいましょう。
  半生でよござんす。
んなことやってるうちにパスタが茹で上がります。
素早く湯を切り、フライパンへ。ここで、バターと醤油をちょいと入れ和えまする~
で、皿に盛り海苔かなんかをトッピングして完成!
バターと醤油、それにたらこ……ゴールデントライアングルだすな(笑)

いずれも調理時間10分ぐらいの簡単パスタでありんす。
簡単でシンプルですが、飽きない美味さでもありんす~

ちゅーことで、本日もお付き合いありがとうございますた!





Focke Wulf FW190D-9―7

100601 01
6月に入ってしまいましたなぁ。早いもんす。
写真は自分の造った機に乗ってご満悦のクルト・タンク氏でございます。
こんにちは。

そろそろフィギアでもと……
機が完成した後だと腑抜け状態で、真剣になれない恐れがあるので、
7割ぐらいの出来になってきたら、強引にフィギアをやりだすという(笑)
自分へのはかない叱咤でございまする~
ブツはファインモールドのBf109のどれかに付いていたレジンのフィギアどぇす。
100601 02
  なんとなくヌルヌルっぽいので
  洗剤風呂に入れてやり
  ハブラシで洗ってやりまする。




100601 03
  ベースホワイトをブァーッとー






100601 04
  フラットフレッシュを
  ベタベタと……





100601 05
  白目を入れます。
  はみ出てもなんのその!(笑)





100601 06
  黒目を入れまする。
  はみ出てもなんのその!

  って、こりゃあんまりでねぇーの?(笑)
  なんか恐い。


100601 07
  肌色でレタッチざんす。
  小さいモンは
  とりあえず色を置いて
  周りから責める…いや
  攻めるとやりやすいです。
  フラットフレッシュに赤を混色したもんで
  魅惑のクチビルも(笑)
100601 08
  フィールドブルーを塗ったくり
  顔全体の色味を確認。
  で、眉を入れてから
  顔の凹凸の影と
  ハイライトを入れまする。 


100601 09
  そのままジャケットを。
  バックスキン調で。
  ダークアースに
  フラットベース大目。



100601 10
  ブーツはレッドブラウンを
  塗ってからフラットブラックで
  ブレンディング。
  略章、胸章などを塗装。



100601 11
  髪はダークイエローに
  赤と黄を混ぜて
  金髪風にしますた。

  胸章がなんかデカめだなぁ(笑)


100601 12
  持ってる書類の文字は
  書けませんですた~(笑)





100601 13
  で、大きさはこんぐらい。
  ベースホワイト以外は
  全てタミヤカラー使用でございます。






はぁ~、目がしょぼつきまするぅ~~(爆)

さて、段々と完成の二文字が見えてきたゾッとー
D-9もあとアレとコレとソレをやれば成就じゃわい!
ちゅーことで、今回は「肴シリーズ」はお休みどぇす!
って、時間的制約のお陰で最近あんまし作ってないんす。
お惣菜でチャッチャというパターンが多くて(笑)

本日もお付き合い、どもアリガトでございました。


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。