titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

飛ばねぇ豚は ただの豚だ―5

100427 01
とりあえず、蓮舫がメチャクチャ嫌な女に見えるのは私だけでしょうか? 
……あの上から目線の冷たい物言い……
党の支持率をさらに下げてるとしか思えないのですが……ま、どうでもいっか。
TVに映る度にチャンネルを変えちゃう今日この頃ですが、お元気ですか?(笑)

こんにちは。
上の写真はSAVOIA S22でございますよ。
他、サボイヤ社はいろいろとゴチャゴチャ作ってるんですな、これが…。
単発もあれば量産されてる機体もありまする。左から S23 S51 S55
100427 04100427 05100427 07
同じくS62 そして右はあのカーチスの実機でございます。
100427 06100427 02
いずれも古き良き時代の飛行艇の姿ですな。

で、やっとSAVOIA S21「紅の豚バージョン」の最終回でございます。
100427 03  まずは入れ物。
  いろいろと物色したのですが、
  そのまま使えそうなものは見つかりませなんだ。
  木製のお盆とか、でっかいカレー皿とか…(笑)
  結局、指物師よろしく作るハメに。
  板っきれと棒っきれをジャンボエンチョー(DYSショップ)
  で購入し、作っちゃいますた。
  ちょっとメンドクサかったけど、1500円のみの出費(笑)
100427 08100427 09
砂浜部分を頂き物の発泡スチロールの箱の蓋を利用。カッターで粗く形を整えます。
上から、タイルの目地材をコーティングしてよく乾燥させまする~。
100427 10  枠も木生地そのまんまじゃあまりにも
  なんなんで、水性のカラーニスを塗装。
  塗りと乾燥を3回ほど繰り返します。





100427 11100427 12
周りをマスキングして砂浜造り。鉄道模型のトミックス・シーナリープラスターを全面に塗布。
安価で扱いやすく非常に便利です。定着を良くするために木工ボンドを混ぜました。
岩や石を配します。両脇の大きめの岩は大島の火山岩(笑)。
20年ぐらい前に大島へ観光に行ったときに、この日が来ると思い採取(笑)
石は家庭菜園の砂利でございます。全面にはシーナリーサンドを撒きます。
100円ショップの調味料入れに入れてパラパラやると、密度具合が丁度良く便利。
100427 13  
  思いつきでお魚も登場させることに。
  いろいろと考えたんですが、
  メジャーになったカクレクマノミが
  いいんじゃないかと……
  って、カサゴのよーですな(笑)


100427 14  やっと、海水の表現です。
  クリスタルレジンを利用。
  主剤と硬化剤、一番ちっちゃいのは着色剤。
  単純にマリンブルーでございます(笑)
  一度に大量(150g以上)使用すると、
  熱が発生する場合もあるので、150g厳守で。
  主剤100gに対して硬化剤50g、2:1ですな。
  着色剤は、予め主剤に10滴ほど混ぜて
100427 15  よく攪拌しときます。
  硬化するまでの作業時間は90分ぐらいあるので
  レジンはストーブの前で温めておきます。
  温度が上がるとサラサラになり、空気の泡抜けが
  よくなります。
  その間に、飛行艇とネームプレート、
  カクレクマノミを固定。
  飛行艇の固定は、襖絵師の要領で
100427 16  木材(プラ材だとたわみます)の橋を
  ベースの枠に渡し、両面テープで固定。
  高さの微調整は、木材を削ることで解消。
  ドラム缶の桟橋は糸で吊り上げます。
  後ほど、レジンを流し込んだあとは
  浮き上がらないようにツマヨウジで固定。
  カクレクマノミは瞬着で石に接着。
  で、レジンを三回に分けて流し込みます。
100427 17  1回めを流しこんでから  
  完全に硬化するまでは24時間から35時間ほど
  かかります。
  翌日のおんなじ頃まで埃等に注意して
  静~~かに、そっとしておきまする~
  これがなかなか辛い(笑)
  2回目のレジンは着色剤を減らし(4滴)、
  3回目は着色せずに流し込み、
100427 18  3段階のグラデーションにしますた。
  レジンの量が増えてるのはプレートの
  沈み具合で判ると思いますが、
  完全硬化すれば上に流し込んでも
  光りの屈折率はまるっきりなく
  層の境目は目立ちませんでした。
  ここがもっとも心配だったのですが、一安心♪
  層に対して真横から見ると、
100427 19  結構目立つようです。
  
  ちなみに、クリスタルレジンと着色剤は
  グラスロードカンパニーさんで購入
  300gセットを2セットでございます。
  多少高価ですが、水の表現は
  一番キレイにできるのではと……
  

100427 20  波打ち際の表現は
  リキテックスのブレンデットファイバーを利用。
  適度に盛って、乾燥させると
  半透明の繊維状になります。
  乾燥後エナメルのホワイトで
  チョコチョコと塗ってグラデーションを。
  岩や飛行艇の水際もポイントでチラチラと。

100427 21100427 22
んで、どーにか全体像が完成でございます。
あとは、ポルコと小道具を所定の位置にくっつけてと……
100427 23100427 24
100427 25100427 26
ポルコの顔の上に乗ってる雑誌は、グラフィックソフトで作りますた。
シネマ雑誌ということで、一応表紙はリズ・テイラーでございます。
晩年はブチャブチャしちゃいましたが、その昔はメチャクチャえーオンナ(笑)
ちなみに裏表紙はイタリアのタバコの広告です。
雑誌を顔に乗せる前に、今一度パチリと(笑)

100427 27100427 28
右が今回作った「紅の豚」冒頭のシーンでございます。
簡単に合成してみますた。どーにかそれらしくなりましたでせうか?
限られたスペースなので、各ブツの距離感は若干縮めてまする。

この映画をDVDで初めて観たときから、
この冒頭シーンをディオラマ風に出来たらいいなと思っていたのですが、
今回、思い切って作ってみて、積年の恨みを晴らした思いでございます(笑)

とりあえず、完成してホッとしてまする~
今回も長いお付き合い、ありがとうございました。







スポンサーサイト
2010/04/27(火)
Savoia S.21 コメント(28)

Focke Wulf FW190D-9―4

100421 01
不安定なお天気が続いてますね~
暑くなったり、寒くなったり……雪が降ったりと……
天変地異とイヤな事件が続いてる昨今ですが、
良い子の皆さんは、大人しく家で模型作りを楽しみながら、頑張ってることと思います。
こんにちは。

で、ドーラでございます。
進んでるんだか、なんだかちっとも分からないという……(笑)
100421 02  尾翼です。
  尾輪の昇降システムの再現でございます。
  そこらじゅうに薄々攻撃をかませまして、
  引き込み口を広げまする。




100421 03  資料に基づき、それなりのパーツを
  エバグリ工作で…。
  





100421 04  で、左右を合わせても
  こんだけっきゃ見えないという……
  下方に引っ張るのは
  本当はスプリングなのですが、
  当然、このサイズじゃ作れない(笑)
  真鍮線でオッケーとしますた。


100421 05  んで、またまたちょっぴりっきゃ
  見えない胴体内部を……
  燃料タンク、アンテナ引き込み線、
  マスターコンパスなんぞを
  チマチマ作ってそれなりの位置へ。
  無線部分も送受信器はレジンパーツで
  あるのですが、その他の変圧器等は
  作ってそのへんに接着。
100421 06  
  左右胴体を合わせると
  やっぱ、こんだけっきゃメーナイという…(笑)





100421 07  まぁ、このチラリズムが
  心をくすぐるという……(笑)
  
  ハァハァハァ……失礼。





で、豚はどうなったかというと……
100421 11  どうにかここまで~
  襖絵を描く狩野永徳ような塩梅で(笑)
  海に見えるでせうか?
  ネームプレートの脇には
  カクレクマノミを配してみますた(笑) 
  次回、詳しくアップップ~でございます。  
  ま、こっちはなんとか完成に
  導けそーな感じですが、
ドーラは無理っぽいかもな~(笑)
なんとか頑張りたいと思ってまする~
  


ということで、本日の肴でございます。
100421 08  ●木須炒蛋(ムーシュイチャオタン)
  こいつも街角中華屋さんの定番ですな。
  木耳と卵の炒めもの。
  美味くて簡単に出来、
  ご飯のオカズにぴったりでございます。
  乾燥木耳(適量)をぬるま湯で戻しまする。
  約10倍に増えるので、多すぎないように
  注意してちょ。
次、豚肉(約150g・部位はどこでも可)を食べやすい大きさに切り、塩胡椒をチョイ振って、
酒(大1ぐらい)・サラダオイル(ちょびっと)に漬けときます。
サラダオイルは中華鍋(フライパン)にくっつかないようにするため入れまする。
次、卵(2個)をよく攪拌し、熱々のサラダオイル(大2)でジャーッ!と炒めます。ふっくらとですぞ。
で、別皿へ。
豚肉を炒めます。カットしたピーマン(1個)、椎茸(2枚)を入れて炒めます。
戻した木耳も適当にカットしてぶち込み、炒めます。
あ、木耳はものによって石突きが付いてるものがあるので、取り除いてくだされ。
合わせ調味料…んな偉そうなもんじゃないっすけど、醤油、オイスターソース、酒、塩胡椒を各適量だす。
んで、別皿の卵炒めを合わせ、中華鍋を五振りぐらいしたら鍋肌から胡麻油をちょぴっとたらして完成。

新宿にある、行きつけだった中華屋さんのこの料理が大好きで、ランチでよく食べますた。
これ一皿と搾菜の小皿があれば丼飯2杯はいけたな~(笑)

そーそー、椎茸も石突きは取ってね。ちなみに石突きって、キノコの軸と間違いやすいけど
土に埋まってる部分のみだすよ。ヨイコは軸もちゃんとスライスして食べませう!(笑)


100421 09  ●鰹のたたき(土佐づくり)
  うっひひ、鰹の季節ですな~
  秋の戻り鰹もよろしいですが、
  やっぱり、初夏の鰹は外せませぬ~
  鰹の刺身に塩と酒(各適量)を振りかけ
  暫く置き水分を出しまする。
  キッチンペーパーで水気をよく拭き取り
  2箇所に金串を打ち、火に炙ります。
藁で炙れば、本格的ですが 一般家庭にはそーそーないので(笑)ガスレンジでヨシとします。
皮面から5秒、内側を5秒、再度皮面を3.5秒(笑)炙って、即!氷水に浸けます。
すごく冷えたら、水気を切って厚めにスライス。
薬味は、茗荷、大葉、大蒜、葉葱、生姜でございます。各細かく切って鰹にトッピング~~
100421 10  で、タレをドボドボとかけまわして完成。
  タレはポン酢でオッケーですが、
  簡単なので作っちゃいましょう!
  レモン汁(50ml)・醤油(50ml)・酢(50ml)
  塩ひとつまみでメチャクチャ美味い
  タレができまする~ 1:1:1ですよん。
  で、この大蒜スライスと一緒に
  口に放り込むと……ううう、なんとも はや
酒が進む 進む てなもんでございまする~~
なんでも、好きな方は大蒜を齧りながら、鰹を食らうらしいですな~
そこまでのパワーはない!(笑)

ちゅうことで、祭典までヒト月を切りましたな。
ケツに火が付いてる方も多数いらっしゃるかと思います(笑)
健康に留意しながら、頑張りましょう!
本日もお付き合い、ありがとうございました。





Focke Wulf FW190D-9―3

100406 04
こんにちは。
春爛漫ですな~
港の陽差しもポカポカと暑いくらいでございます。
ちなみに本日4月7日は「機動戦士ガンダム」がTV放送された日でございます。1979年のことですた。
もっともあたしゃ、このころはすでに「おっさん」だったので歌舞伎町あたりで管を巻いてた頃ですな(笑)
レオって店があったけどどうしたかな~……ミキちゃんは元気かなぁ……
す、すいません!私事ですた。
……ポカポカ陽気でこっちの頭ん中も花が咲き乱れておりまする~~(笑)

で、D-9のコクピット。
100406 01  両サイドのコンソールの中を
  くり抜いちゃったりしちゃいます。







100406 02100406 03
全体をRLM66で塗りつぶし、パーツにはモールドがなかったので、
左側には燃料ポンプ操作ハンドルや無線受信音量調節スイッチ、
プロペラピッチ用スロットルレバーなんかを追加しました。
RLM66はそのままだとちと暗すぎるので、フラットホワイトを多少混色。
で、コンソールのくり抜いた中をパイピングします。
資料は殆どAタイプのものを利用。コクピット関連はAタイプとそんなに変わらず…
ちゅーより、機首の違い、Aタイプで積んでいたBMW801エンジンがJumo213Aエンジンになったことと
胴体中央部よりやや後方が足されて長くなったことぐらいが表現されてれば御の字かと(笑)
100406 15  資料っていってもこんなもんす。
  本が3冊とネットで拾った写真ぐらい。
  洋書で圧倒的な内容の資料本があるのですが、
  2冊対になってて1冊2万円以上だという
  ……購入は断念……アホらしゅーて(笑)
  
  おねいちゃんと遊んで
  美味いもんでも食ったほうが……以下自主規制!

100406 05  さてさて、計器盤でありんす~
  よくあるフィルムの裏側を
  ホワイトで塗装し、薄いプラ板を貼っつけます。
  パネルのパーツに接着してから
  プラロッドで計器の出っ張りを造り、
  0.3で穴を開けて銅線(AVコードほぐし)を接着。
  なんかボーボーっちゅー感じですな(笑)
  後ほど剪定しますデス。

100406 06
  ついでに操縦桿にも
  主翼機関砲発射スイッチと爆弾投下スイッチの
  コードの銅線を接着。




で、赤だの黄色だのに塗り分けたり、シートベルトやフットペダルをくっつけたりで……
100406 07100406 08
100406 09100406 10
コクピット内は概ね終了という事に……
計器パネルのコンパスや酸素流量計、過給器圧力計などのコードは胴体に組み込むときに
後方に流しまする。

100406 11  ちなみに大きさはこんなもんですた。
  お粗末さまでございまする~


  皐月に間に合うかどうかは
  いまだに不透明極まりないという(笑)



え~、本日の肴でございます。
100406 14  ●筍の煮物
  旬の筍でございます。
  シンプルに出汁と醤油、味醂で煮ただけ。
  筍の灰汁とりがちとやっかいですが
  季節を食らうっちゅー感じで
  非常に美味いっす~。
  家内作なので、レシピ詳細は秘密だそーで(笑)
  っていっても、灰汁とってじっくり煮れば
そこそこに美味しくできそうな……(笑)
やっぱり翌日のほうが、味が染みて美味いっすね~♪

100406 12  ●ロールキャベツ
  新宿アカシア風でございます。
  キャベツの葉を適量切り出して
  芯の山になってるところを削ぎ落として
  平らにします。
  キャベツの葉は一包み2枚~3枚(大きさによる)。
  で、葉を最初にコンソメで煮込んで柔らかくします。
  26分煮込んで(笑)、冷ましませう。
具は合挽き(100g)に玉葱(半個)の微塵、椎茸(二枚)の微塵を入れて塩胡椒(適量)し
粘り気が充分出るまでグッチャグッチャと手で煉りまする~
ソイツを柔らかくなったキャベツの葉で包み込み、爪楊枝で留めて再びコンソメで煮込みまする。
葉を煮たヤツにちょいコンソメを足して、塩・胡椒でちと味を締めてくらはい。
今度はちと長くて52分ぐらい煮込みます(笑)
で、一旦冷たくなるまで冷まします。この工程が一番重要ですぞ!そこの奥さん!
味がじっくりと染み込んでいきまする。
あとは、食べるときに温め直して皿に盛りホワイトソースをたっぷり注ぎ込んで完成どぇーす!
ホワイトソースはバター(10g)、薄力粉(10g)、牛乳(100ml)です。1:1:10ですな。
バターをソースパンで溶かしてそこに粉をドバッと、手早く木べら(のようなもの)で混ぜ合わせます。
団子状になったら、牛乳(冷たいまんま)を少しづつ加えて煉っていきます。
最初は団子状態ですけどそのうちトロトロになりまする~ 根気良くやってね(笑)
途中でコンソメ(小1.5ぐらい)と塩胡椒(ホワイト)を投入。
あとは牛乳で延ばして好みの濃さにしてちょ!
あ、ロールキャベツを煮込んでるときに、一緒に人参などの好みの野菜も煮込んじゃいましょう。

「新宿 アカシア」はアルタの裏にある、ロールキャベツを看板にした洋食屋さんの老舗です。
ボリュームのわりにはリーズナブルでそれなりに食えますた。
っていうのは、初めて食ったときゃロールキャベツ&ホワイトソースの違和感と味が濃いめで
そんなに美味いかなーと思ってましたが、いつしか病み付きの味に(笑)
白いご飯に合うんですな~これが。
階上にジャズ喫茶もあって、その道の人には憩いの場でもありやした~


温かくなったといっても、まだまだ不安定な季節でございます。
どちら様も御自愛くだされ~

本日もお付き合い、ありがとうございました。








| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。