titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Spitfire Mk.VIII―1

091126 01
今年も残すところ一月余りとなってきたワケですが、
ご覧の皆様におかれましては、悔いのない一年だったでしょうか?
不肖私めは普段の行いが悪いせいか、悔いばかりでございました。
今年こそは、これを作ろうとか、あれを完成させようとか……(笑)
で、前回のPMスピットで今年は打ち止めとし、
あとは反省と懺悔の日々を安らかに送ろうと目論んでおりましたが、
「すぴっと祭り」のお陰で、軽い病に冒されたみたいでして……(爆)

091126 02  で、造り出しちゃいますた。
  ハセガワでございます。
  今回はディティールアップも
  ヘッタクレもなにもせずに
  超ストレートで
  素材の味を生かしつつ
  軽く塩胡椒のみで味付けをしよーかと(笑)

091126 03091126 04
中身は簡単なハセガワスタンダードのパーツ構成で、見るからに造りやすそう!

091126 05091126 06
インストも判りやすく丁寧で……どこぞの○ソキットとさすがに違うわ(笑)……マーキングは2種。
デカールも版ズレなどなく、とて~もビューティッフル!でございます。

091126 07091126 08  
091126 09  セオリーどおりにコクピットから。
  少ないパーツで簡単に表現できまする。
  機内色は364のビン生でがす。
  エナメルでスミイレして、
  ジャンクシートベルトの追加のみ。
  計器盤デカールは1色なので、
  黄色や赤でポイントを入れてやると
  もっとええですな。
091126 10091126 11
特徴的な長い主翼のパーツをくっつけて、あっというまの士の字でごぜぇます。
ううう…アノPMじゃここまでくるのに2ヶ月以上…(笑)

091126 12091126 13
091126 14091126 15
小物類もパーティングラインを消して塗装しただけざんす!

091126 16091126 17
091126 18091126 19
ペラの黄色(329)も今回はちゃんと吹いてみますた。
いつもは、ハンブロールを筆でチャチャッとやっちゃうんですが……。
胴体・風防以外のパーツはこれだけ~~   嗚呼、楽だなー(笑)

091126 20091126 21
つなぎ目は毎度の瞬着パテで。

091126 22091126 23
これもすぐ乾燥するので、塊りをデザインナイフでカットしザザザッとペーパーがけ。
400→600→800でございます。
モデラーズのマスキングテープを定規代わりに、消えた彫りをけがいて復活させまする。
で、ペーパーがけ。1000→1500→2000でございます。

091126 29  ちょっとコーヒーブレイク(笑)
  自家製バナナパウンドと
  エスプレッソでございます。





091126 24  裏面をバババッ~っと
  エイザーブルーで塗装。
  370のビン生でございます。





091126 30  風防を接着後、パテ処理をしてマスキング。
  マスキングは普通のセロテープです。
  緩やかなアールにも対応でき、
  カット後もエッジがシャープ。
  機内色を一応先に吹いときます。



091126 31  お次はミドルストーンを全体に。
  コイツも21のビン生。
  最近では調色すらメンドクサイ(笑)
  退色表現は出来たあとにしますデス。




091126 32091126 33
ダークアース・369の塗装は全てフリーハンドにしますた。
紙にテストして、その勢いで塗装(笑)
迷彩を細吹きでカタチどり、中を塗りつぶしていくという。

091126 34091126 35
レタッチもミドルストーンの細吹きで整えて、さらにダークアースで直していきまする~
フリーハンドなので、ボケ足がちと長いですが、ご愛嬌ということで……

091126 36091126 37
どーにかこーにか、ベースの塗装が仕上がりあんした!
さてさて、こっから汚しまくりまする~~(笑)

年内完成を目指しているのですが、
どうなることやらでございます。
本日も長いお付き合い、ありがとうございました。




スポンサーサイト

無題

え~、本日明け方の東上空にぽっかりと浮かんだ、クレッセントでございます。
実際の色はもーちっと鮮烈で、「ヒロシゲブルー」と言われた、
安藤広重の浮世絵を思い浮かべることができまする~
沼津駅近くで、右側は東海道線。朝焼けバックの電車も絶好の被写体かと……
あの方やあの方が喜びそーですな(^^)
091113 21
091113 22  で、約10分後……
  6時10分の富士でございます。
  曇りぎみでしたが、微妙に右側の光反射が明るいです。
  朝の空気は刻々と表情を変えて、目を楽しませてくれます。
  文字通り、
  ♪頭~を雲~の 上に出し~~♪ですな(笑)




で、先日はJW氏が拙宅にいらっしゃいまして、模型談議に華を咲かせますた。
JMCは終わったし、さてSHSどーする?などと……(笑)
JWさん、楽しいひとときをありがとうございました。

自分でもどーしよっかな と脳内モデリングを楽しんでいたのですが、
正直JMCが終わったばかりで爺はお疲れモード。
この一週間は製作部屋にも入ってましぇんでした(笑)
……で、我妄想でございまする~~
091113 01  すぴっと祭りもシーズン2に突入だし
  ヒロシさんから頂いた
  このドデカイスピットを
  弄りこましたろかい!
  吊るせば
  看板代わりにもなりそーだし(笑)

  とか……

091113 02  久し振りの35AFVで、
  敗戦濃いドイツの
  頽廃的ディオラマでも。
  錆びた機関車の陰で
  必死の応戦シーンか?


  とか……

091113 03  yaszoさんに頂いたキットを使用し
  オサレなヨーロッパのカフェで
  見詰め合う男と女のヴィネットか?




  とか……

091113 04  いつものように
  張り線飛行機の簡単ヴィネットを
  2つ3つ作って
  お茶を濁してチャンチャンか?





  とか……

091113 23  今回はウォーターラインはどうよ。
  幻の大和型戦艦三番艦。
  悲劇の空母「信濃」
  迷彩模様もシブイよな~
  手摺なんかもあるしー
  みたいなー!

  とか

091113 05  そういえば、コイツはコイツで
  ソコソコ進んでるんだよな~
  来年こそは……てか?




  とか……

091113 06  タミヤもんもいいかも
  72だったらコイツが途中だし






091113 24  あまり作らない
  48も面白そーだし





  とか……

091113 07  ポルコの秘密基地の
  ディオラマもいいな~
  キレイな水に浮かぶ
  真っ赤なサボイヤ……
  いっそのこと、
  マンマ・ユート団の飛行艇を
  スクラッチしたろかい!


  とか……

091113 08  ヤケクソで
  柳生十兵衛の名刀を
  超リアルに……




  とか……

091113 09091113 10
クリーチャー系のフィギア……ジェイソンもあったな~~  とか……

091113 11  ううう……



  




091113 12  …………








091113 13  とりあえず、
  年内までに(笑)
  机上と部屋を片付けて
  改めてよく考えまする~~(笑)





くだらぬ、妄想・空想にお付き合い、すみませぬ~~


で、本日の肴をば……(^^)
091113 17  ●ボスカイオーラ(2人前)
  秋らしくキノコのスパゲティでございます。
  まずは乾燥ポルチーニを戻します。 
  湯に適量(あまり多くないほうがいええです)
  を入れて1時間以上ほっぽっときまする。
  戻し汁は香りづけに使用するので
  捨てないよーに。
  戻したら、コーヒーフィルターかなんかで
漉しておきませう。
玉葱(約半個)とニンニク(2片)を微塵切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒めます。
焦げないように。玉葱が半透明になり、香りだってきたら
シメジ(1/3束)、えのき(40g)、椎茸(中2個・厚めスライス)、ポルチーニを加えて炒めます。
そこに白ワイン(40㏄)を投入。アルコールを飛ばして、ポルチーニの戻し汁(適量)を入れまする。
091113 18  と、同時にパスタも茹でておきませう!
  で、フライパンにはトマトソース(150㏄)を加えます。
  先日、プチトマトの簡単使いきりトマトソースの作り方を
  書きましたが、今回はもっと簡単(笑)
  スピガドーロ社の粗ごしトマトが出てるので
  ソイツを使用しちゃいますた。
  このタレをソースパンに150㏄入れ、
  乾燥バジルを少々、コンソメ(キューブ半個)、
ケチャップ(小1)、塩胡椒、バター(ヒトカケ)を投入、チョイ煮込めばトマトソース完成!
水気がなくなってきたらパスタの茹汁でも加えれば完璧ざんす!シェー!
んでもって、コイツをさきほどのキノコソースに加えて一煮立ち~
茹で立てのパスタをからめて、器に盛り、粉チーズ……あればパルメジャーノをパラパラ、
パセリ……あればイタリアンパセリをパラパラ
で、完成でおま。
シンプルでキノコの旨味全開のパスタでございます。

091113 19  ●アップルパイ
  秋になるとリンゴ。
  リンゴ=アップルパイとなるワケだ。
  パイ生地でございます。
  バター(100g)を適当に細かくカットし
  冷やしきます。
  粉(薄力粉・強力粉各100g)をふるっときまする。
  で、粉とバターをまずは合わせます。
よくなじませましょう。なじんできたら、水(100ml)を少~しづつ加えながら、手で混ぜまする。
粉っぽくなくなってきたら……ここまで相当煉りますが(笑)、4角にかたどって半分に切り
重ねておっぺしラップで包んで冷蔵庫で1時間以上寝かせます。
その間にリンゴ(紅玉2個)をくし型にカットし、手鍋でバター(分量外)でチョイ炒めて
グラニュー糖(30g)とレモン汁(大1)を加えて煮込みます。
水分は出てくるので水なんか入れないよーに(笑)
で、シナモンパウダー(お好みの量)を投入後、冷ましておきませう。
091113 20  さて生地を冷蔵庫から取り出しまして
  打ち粉をしてのばし、三つ折にして
  90度回転、のばして三つ折りにして
  90度回転……を2回繰り返しまする。
  これがパイの層になるわけですな。
  ソイツをラップして冷蔵庫で
  またまた1時間ほど寝かしましょう(ふぅ~)
  この間にカスタードクリームを作ります。
一服してカスタードクリームが出来る頃、冷蔵庫からパイ生地を取り出して薄くのばします。
パイ皿に、貼り付けてフォークでピケ(空気抜け用穴)を開け、カスタードクリームを盛り
冷めた煮リンゴをこれでもかと乗っけて、生地の網目状の蓋を載せ、黄卵(適量)を
生地の表面にぬったくります。で、200度(予熱あり)のオーブンで35分焼いて
完成でございます。
パイ皿に貼り付けたときは、余分な生地は落としてちょーよ。

で、カスタードクリームの作り方は前回の記事をペーストしちゃいますよん。
「黄身(1個)とグラニュー糖(60g)をよく混ぜます。さらに薄力粉(10g)を入れてよく混ぜます。
さらに、さらに牛乳(100㏄)を少~しづつ入れながら良く混ぜます。
ねっとりとしてきたらバニラエッセンス(適量)を投入!
で、こしながら手鍋に移し変え、弱火にかけてひたすらマゼコゼ。
トロミが出てきたら一旦火を止めて練り上げるようにして表面にテカリが出てダマがなくなったら
再度火にかけまする~。沸々してきたら火を止めてなんかの器に入れて冷やしませう。」
です。

う~ん、メッチャ美味い!  デス!
あまり甘くなく、リンゴ本来の香りと味が濃厚かつストレートに
伝わってきまする~。
生地もサクサクっとして歯ざわり抜群でこぜぇますよ、旦那ぁ~、うううう。

さてさて、「サザエさん」も始まりますた。
というわけで、本日もお付き合い、ありがとうございました。


2009/11/15(日)
日記 コメント(18)

JMC

091109 01
小春日和のなか、JMCが無事終了いたしました。
今年も充実した中身の濃い2日間で、心地いい刺激をうけました。

気になった作品群です。
091109 02091109 03091109 04
091109 05091109 06091109 07
091109 08091109 09091109 10
091109 11091109 12
王道あり、オチャメあり、見せ方のヒネリありでなるほどと唸る作品ばかりでした。
展示会で刺激を受けてモチベーションがアップするのも魅力のひとつですな~
で……受付におねえちゃんの姿が見えなかったのが残念ですた(笑)

091109 13091109 14091109 15
091109 16091109 17
今年もこのジャンボシリーズ健在!楽しみの一つとなってまする~(笑)
一段と凄いことになってるし……じ、次回はなにが飛び出すのか……

やはり複葉機の展示は殆どなく、ちと寂しい気はしましたが、
逆にレシプロ機製作に再び火が点いた予感もしました(笑)

で、釣果でございます。
091109 24091109 25
エマーのアナトラ アナサルでございます。
ロシア国産のWW1機。珍しいので見た瞬間にゲット。
実機は、フランスやイギリスに発注の多かったロシアでは珍しい純ロシア国産の複葉機で、
可も不可もなく(笑)、ロシアらしく質実剛健・頑丈さが取り得で長く重宝されたようです。
キットは……ま、あのエマーですから(笑)。作り始めたら楽しくなる予感が……
ボックスサイドにはメードインチャイナが……エマーは中国産になったのか?

091109 22091109 23
LEGATO…レガトでいいのかな?
ハンザブランデンブルグB1。これも見た瞬間にゲット。
レジンパーツ、エッチングパーツ付きで破格の価格!
定価で購入された方に超悪いので、価格は表記できませぬ~~(笑)

091109 21091109 20
おなじく、ハンザブランデングブルグのデカールバージョン違い。
なかなか楽しめそうな機体でございます。

091109 18091109 19
AZモデルのブレゲーです。
ポルトガルやチェコ、トルコなどのデカール付。マーキングが楽しめるキットでございます。

参加された皆様、会場に足を運んでくださった皆様、
お疲れさまでございました。
濃密で楽しい時間を共有できたことに感謝でございます。
自分の手で作り上げる模型の世界が、もっともっと広がってくれることを願って止みません。

……で、のろかめさん、おせんべありがと♪次回は私が持ってくね。
……えびす先生、ラグタイム演奏頑張ってちょ!

本日もお付き合い、ありがとうございました。





Spitfire Mk.Ⅴb Floatplane-7

091104 01
とうとう11月になっちゃいましたね~
寒さがヒシヒシと感じる今日この頃ですが、お元気ですか?
こんにちは。

で、「すぴっと祭り」でございます。
091104 02091104 03
エスケープハッチ(?)は24のパーツを参考にプラ板等で作っちゃいました。
ヒロシさん、改めましてありがとうございます(笑)

091104 04  排気管。
  タミヤのパーツをバラして開口。
  塗装して組み込みますた。






091104 05091104 06
機体の塗装は上面ミドルストーン(№21)、下面エイザーブルー(№370)でバババァーっと吹き、
マスキングテープを適当に貼ってエッジを煉りゴムで……
091104 07091104 08
なんか異様な絵ですな(笑)
で、ダークアース(№369)をヘロヘロと吹きますた。塗料は全てビン生でございます。

091104 09091104 10
簡単なディティールアップもそれなりに。

091104 11  どーにかの士の字でございます。
  マーキングは時間的制約もあり
  止む無くデカールに。
  いや、本当は塗装にしたいんですけどね。
  ……本当に(笑)
  ……塗装にしたかったなー(爆)


091104 12091104 13

091104 14091104 15

単体だと見れたモンじゃないので、若干汚して簡単なヴィネットに。
091104 16091104 17
シーナリーストーンは粒がデカイので、ビニール袋に入れすりこ木棒で
ぶっ叩いて細かくしました。
ダイソーのフォトフレームに木工ボンドで定着。

091104 18  機体とフィギアを接着して、
  透明レジンを全体に流し込んで
  終了しちゃいました(笑)
  




091104 19  「なーんで、手紙の返事をくんないのよ!」
  「だからって、地中海まで来るこたぁねーだろ!」
  「心配してるこっちの気持ちはどうなんのよ!」
  「わーった!このドンパチが終わったらバースに帰って、
  一緒に温泉入ってポンプルームで食事しよう……
  ほら、満ちてきたじぁねーか!」



091104 20  「お、俺には関係ないんだな。
  そ、それよりも
  お、おにぎりでも食えたら、う、嬉しいんだな」

  みたいなシチュエーションなんだな(笑)




091104 21  ちゅーわけでどーにかの完成でございました(笑)







さてと、JMCですな。
091104 22  ちっちゃいヴィネットを二つと、
  過去の駄作、一発を持ってくことにしました。

  皆様とお会いできることを
  楽しみにしてまする~







忙しいので「本日の肴」はオミットでございます(笑)
本日もお付き合い、ありがとうございました。




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。