titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Spitfire Mk.Ⅴb Floatplane-1

090826 01
残暑厳しい折なれど、朝晩は幾分涼しく過ごせる今日この頃
いかがお過ごしですか。
こんにちは。

やっと「すぴっと」でございます。
090826 02090826 03
090826 04  またまた、このヘナチョコキット(笑)
  そーでもないと思ったらあなた、
  ひでーのなんのって(爆)
  見事な素材で
  スクラッチより大分マシ
  てなもんだす。
  そこがまた楽しいんですが……


090826 05090826 06
主翼。なんかあやふやなモールドなので全部削ぎ落とし、ツルツルテンに。
いくら、スピットを知らない私でもちと気になる(笑)
090826 07090826 08
で両端のトンガリ具合もなんとなくイヤになったので(笑)、迷わずカット~~!
エバーグリーンのプラストライプで擂り合わせて整形。
090826 19  あとはモールドを付け足して
  スジ彫りでございます。
  タミヤのキットを参考にしますた。
  「ここがちがうじゃねーか!」などと
  あら捜しをしないよーに(笑)
  私の場合、雰囲気重視でございます。
  本物も見たことないし、こんな感じでいーっしょ!
  てなもんでございます。

尾翼は全部作り直して、コクピットもガランドウなのでつじつま合わせして、
しかも、合いはどこもスゴイし、デカールは仮死状態だし……
……た、楽しいな~~ うぁははは!
本当に出来るのかな?複葉機のほうがずっとマトモだ。


で、スィーツショップ「LIT ROSE」へようこそ(笑)
090826 12090826 13
090826 14  ●チーズケーキ
  老若男女に人気のチーズケーキ、
  ベイクドタイプでございます。
  まずは台作り。
  マクビティビスケット(7~8枚)を
  ジップロックかなんかに入れて
  棍棒でぶっ叩いて粉々に。
  溶かしバター(無塩・40g)とよくマゼマゼして、
型の底に敷きつめて冷蔵庫へ入れときます。
常温に戻したクリームチーズ(200g)にグラニュー糖(70g)を3回ぐらいに分け入れ
ひたすら混ぜ込みまする。
次に溶き玉子(2個)も何度かに分けて投入し、ひたすらかき混ぜまする。
このときにちゃんと混ざるので玉子は適当に溶いておいてオッケーざんす。
次に生クリーム(200㏄)を投入、続いてレモン汁(大2)を投入!
で、薄力粉(大3)も投下!……あ、小麦粉はふるっておいてね。
全部混ぜて、トロットロになったら台を敷きつめた型に流し入れ、
170度のオーブン(余熱あり)で45分焼けば出来上がり。
流しいれる型の内側はバター(分量外)を塗っときましょうねー!
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして食らいませう。
以外にさっぱりとしてる割りにゃチーズが濃厚!
生クリームやブルーベりーソースなんざぁ添えりゃ、どこそこの有名店にも負けまへんで~(笑)
翌日の方が、もっとしっとりとして美味いざんす!シェーッ!

090826 15  ●ガトーショコラ
  チョコがたっぷり入った
  大人のチョコレートケーキだす。
  薄力粉(10g)とココアパウダー(無糖・10g)を
  混ぜて2~3回ふるっておきまする。
  カットした板チョコ(100g)を湯煎し
  バター(無塩・35g)、生クリーム(70㏄)、リキュール(小2)
  をいれ、なめらかになるまでマゼコゼしますデス。
090826 16  そのまま放置。
  次に玉子!
  予め、作業の前に
  玉子(2個)は白身と黄身に分けときます。
  白身は冷蔵庫へ。
  黄身を泡立て器でガシャガシャやり
  グラニュー糖(25g)を投入し
  もったりとするまで混ぜます。
090826 17  で、メレンゲ!
  このメレンゲが重要な要素なので
  しっかりと白身を泡立ててちょ!
  クリーム状になるまでざんす。
  何回かに分けてグラニュー糖(25g)
  を入れてくだされ~
  さて、まずは卵黄生地とチョコ生地を
  合わせます。 
090826 18  そこにメレンゲを1/3入れて、ココアと薄力粉の
  ミックスをふるいながら投入し
  良く混ぜこみます。 
  最後に残ったメレンゲを投入、
  ざっくりと混ぜ合わせまする。
  型には側面に紙(コピー用紙で可)を
  貼りつけときましょう。
  そこに、生地を流し入れ、トントンして空気抜き。
あとは、160度のオーブンで(余熱あり)35分焼けば出来上がりざんす!シェーッ!
オーブンから取り出したあともトントンやりませう!(写真はやらなかったので空気が……)
コイツも冷蔵庫で冷やし、翌日のほうが格段に美味いのですた。
リキュールも分量より余分に入れたほうがいいかも。
ちなみに板チョコは明治製菓のブラックでおま。西友で1枚78円(爆)
クーベルチュールとかいう気取った高価なチョコなんぞ使用しなくても、
ご家庭で食らうには充分美味でございます。
はっきり言って、銀座のあの店よりゃ数段美味いかと♪……(笑)

090826 22  ●シュークリーム
  これも定番ですな。
  カスタードクリームを作りませう。
  黄身(1個)とグラニュー糖(60g)を
  よく混ぜます。さらに薄力粉(10g)を入れて
  よく混ぜます。
  さらに、さらに牛乳(100㏄)を少~しづつ
  入れながら良く混ぜます。
ねっとりとしてきたらバニラエッセンス(適量)を投入!
で、こしながら手鍋に移し変え、弱火にかけてひたすらマゼコゼ。
トロミが出てきたら一旦火を止めて練り上げるようにして表面にテカリが出てダマがなくなったら
再度火にかけまする~。沸々してきたら火を止めてなんかの器に入れて冷やしませう。
このときに2つに分けて、片方に砕いた板チョコ(60g)を入れればチョコカスタードが出来まする。
090826 20090826 21
次はシュー皮(8個分)でおま。 薄力粉(40g)はふるっておきまする。
玉子(2個)は箸で軽く溶いておきまする。
次に鍋にバター(無塩・40g)と水(60㏄)を入れて沸騰させます。
そこに薄力粉を投入して弾力が出るまでマゼコゼし、火をとめてボウルに移し変えませう。
今度は玉子を少しずつ流し入れてそのたびごとによく合わせます。
ねっりとして、ゴムベラですくったあとゆっくりと落ちるぐらいの状態がベストざんす!シェーッ!
で、オーブンの天板に適当に置いて水をパッパッと(笑) ……本当は霧吹きでシュッシュッと。
200度(余熱あり)のオーブンで20分、温度を下げ180度で10分、焼きあがったらそのまま15分。
あとは冷ましてナイフを入れてクリームをたっぷり挟めば出来上がりでございます。
この生地を細長く焼けばエクレアざんす。

どれも、粉だのバターだのをマゼコゼして焼くだけだす。とて~も簡単ですぜ そこの奥さん!
愛情が入った手作りに勝るもんはありゃしませんぜ(笑)

ちゅーワケで、無精ひげのむさいオッサンがくわえ煙草でロックを飲りながら
パンツ一丁でケーキを作ってみますた~(笑)
本日もお付き合い、ありがとうございやした。


スポンサーサイト

Aviatik Berg D1-8

                駿河湾沖地震にて 被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます


090813-01.gif
地震はやっぱり恐いですな~
作りかけのこのアビアティックをすぐさま手にとり、右往左往するだけでした。
こんにちは。

しつこくもアビアティックベルグでございます。 で、どーにか完成(笑)
SHSが終了してからすぐに手をつけたのでございますが、
時間がかかり過ぎてしまいますた。
090813 18  ←なにせ、こんなことがあったり
  机上より墜落して線を張り直したり
  エナメル塗料が乾燥してくれず
  ハゲチョロになり何度も塗り直したり
  イヤハヤ、めげそーになるのを
  堪えに堪えての完成でございます(笑)
  途中、何度グチャってやろうと思ったことか(爆)

090813 02090813 03
090813 04090813 05
こうしてみると、風防の厚さが気になりますな~  ……ちゃんとフィットしてねーし!
ま、いっかー でございます。
今回もベースを簡単に作って、端折った飛行機の裏っかわが見れないよーにします ウァハハハ!

090813 06090813 07
090813 08  ダイソーのフォトフレームに
  壁補修材を流し入れます。
  乾燥しないうちに、幹っぷりのいい小枝と
  石に見立てるコルクを
  押し込むように置きました。
  自家製泥色をバババっと塗って吹き
  鉄道模型用のフィールドグラスをパラパラ。
  機体自体が結構派手なので、
地はこのグリーン1色にしました。……混色はメンドクサイし(笑)
再度、泥色をブァーっと吹いて落ち着かせ、ベースは完了。
で、飛行機を接着し、フィギアを配置して完成!……とします。
090813 09090813 10
090813 11090813 12
どーにかこーにか……本当に(笑)、完成してホッとしてまする。

さて、これで心置きなく「すぴっと」に手を付けられるゾ!っと~

あ、その前にグチャグチャになった製作部屋の掃除だな(笑)


ちゅーことで、いつもの肴でございます。
090813 13  ●ビシソワーズ
  ジャガイモの冷たいスープです。
  玉葱(半個)とジャガイモ(中3個ぐらい)を
  粗微塵にしてバターで炒めます。
  玉葱が透明になってきたら
  ヒタヒタに水を投入しローリエを一枚入れ
  ジャガイモが柔らかくなるまで煮ちゃいます。
  火を止めて粗熱がとれたら、ローリエを取っ払い
牛乳(約500㏄・量は好みで)と一緒にミキサーへ。トロトロになるまで~~(笑)
次に鍋に入れ替えて、コンソメ(顆粒小1)・塩胡椒(適量)をパラパラしちょいと熱を加えます。
で、器に盛り、これまた粗熱がとれたらそのまま冷蔵庫へ。冷た~~くなるまで冷やします。
食す前に生クリームをたらし、パセリをパラパラで完成。
もちろん、温かいままでもいけまっせ~~!

090813 14  ●チキンソテー ツナソースがけ
  鶏モモ(一枚)の皮じゃないほうに
  塩胡椒、ローズマリー、タイム、セージを
  パラパラして、オリーブオイルで皮側から
  じっくりと焼きあげます。
  ソースはツナ(一缶)の脂を切り擂鉢へ。
  そこにオリーブオイル(大4)・水(大4)
  マヨネーズ(大2)・コンソメ(顆粒小2)
パセリの微塵をたっぷり入れて、ゴリゴリと擂りまする~。
ねっとりとなったらレモン果汁(適量)を入れて完成!
焼きたてのチキンにたっぷりかけてガツガツ食らいます(笑)
これはイタリアの定番ソースでございます。ケッパーやピクルスの微塵切りを加えても美味しい!
また、チキンだけでなく豚牛でもいいし、パンやパスタでもイケまっせ~~。
簡単ななんでもソースだす(笑)

090813 15090813 16
●ティラミス
まずはマスカルポーネ(100g)を常温に戻し、淹れたエスプレッソ(100㏄)を冷やしておきまする。
エスプレッソにはリキュールをちょいと入れると大人の味に(笑) 今回はチョコレートリキュールでおま。
玉子も黄身と白身を分けておきませう。白身は冷蔵庫で冷やしときます。
バットにフィンガービスケット(15~17枚)を並べてコーヒーを刷毛で塗って染み込ませときます。
で、生クリーム(100㏄)をトロトロに軽く泡立て、マスカルポーネ、玉子の黄身、砂糖(大1.5)、
バニラエッセンス(2~3滴)を投入しよく攪拌。
冷蔵庫の白身でメレンゲを作り、これも投入。よくマゼマゼします。
で、ケーキ型の底にコーヒーの染み込んだのビスケットを並べ、上記のクリームを入れて
再度ビスケットを並べ、またクリームを流しいれまする~
そのまま冷蔵庫で2時間から5時間冷やし、食べる前にココアパウダーを茶漉しでパラパラと。
なかなか本格的なお味でございますよん(笑)
フィンガービスケット、なけりゃマリービスケットやラングドシヤ系であればオッケーかと。
また、エスプレッソじゃなくても濃い目のインスタントコーヒーでもアリでございますよ、奥さん(^^)

090813 17  ●パウンドケーキ
  義姉に自家製のマーマレード(ピール風)
  を頂いたのでついでに作ってみますた。
  溶かしバター(35g)を作っときます。
  ボウルで玉子(1個)をよく攪拌し
  砂糖(15g)・牛乳(大3)・溶かしバター
  ホットケーキミックス(100g)を入れ
  ざっくりとマゼマゼ。粉っぽさがなくなる程度。
そこにマーマレード(好きなだけ)も入れて再度マゼマゼし
内側にバター塗った型に流し入れまする。
上にもマーマレードをトッピングしちゃいます。
で、180度(予熱あり)のオーブンで45分焼くだけでございます。
簡単でっしゃろ?奥さん!
冷蔵庫で冷やすとしっとり感が出てきて美味しいでっせ~~
胡桃やレーズン、バナナなんぞ入れてゴージャスに作ってもいいですな~(笑)

ちゅーわけで、本日もお付き合いありあとあんした~~




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。