titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Aviatik Berg D1-1

090524 01
まだ、静岡の余韻をひきずっておりまする~(笑)

こんにちは。
ちゅーことで、相変わらず手だけは動かしてます。
アビアティックべルグ DⅠ、機名も面構えも色合いも王宮貴族チックで人品いやしからぬ
名機でございます……って、なんのこっちゃですな。
090524 02090524 03
パーツはランナー2枚という少ない構成で、TOKOブランドでございます。
RODENからは出てないようなのでたぶん絶版くさいでおま。
ま、作りたいという物好きの方がいらっしゃったら、見かけたらゲットしちゃいませう(笑)

090524 06090524 07
090524 08  各ガイドの穴やでっぱりは
  かなーり、アヤフヤなので
  下ごしらえでございます。
  調理と同じですな(笑)

  って、翼の穴は間違えますた。



090524 09090524 10
計器盤は、一応モールドがあるのですが間違ってるようだし……
透明のプラ板に資料(48フラッシュバックの作例)をもとに、開口してパーツの裏に貼りつけます。

090524 11090524 12
左右胴体の骨組みを追加して、レバー(なんのか知らん)やら、雑具入れを追加。
また、水平尾翼まで伸びている線も追加だす。真鍮パイプにハリスを通しました。

090524 13  コクピット内は
  シート以外は自作しました。
  操縦桿から方向舵に伸びる糸も追加。
  ヒロシさんから頂いたドールの毛髪です。
  ヒロシさんありがとうございました。
  微妙に伸びる感じでいい按配でございます。
  しかし、ココでも張り線をやるとは……(笑)


090524 14090524 15
090524 16090524 17
エンジンの塗装は前回(ハンザブランデンブルグ)と同じでございます。
錆色(っぽい)のを吹いて、フラットブラックを吹いて、メタル系を塗装後ミグ粉でウェザリング。
粉の定着はタミヤアクリルでございます。

090524 18090524 19
090524 20  あとは木目調に塗装して組み入れ
  左右胴体を接着!
  
  ううう……で、中身は殆どメーナイという
  自虐的コントですた(爆)




090524 04090524 05
タイヤだす。
どーも、箱絵もカバーなしのスポーク姿だし、ネットで資料とした48の作例もスポークのタイヤ。
で、俺も! とゆーことでくり抜いてしまいますた。
0.2の真鍮線で組み込もうかと……って、あたしゃ別に変態じゃないっすよ~~(笑)

ハテサテ、どーなることやら……


で、昨日(5/23)はJW氏が遊びに来てくれました。
SHSの話しや複葉機トークで楽しい時間が瞬く間に過ぎました。
JWさんありがとうございますデス。
090524 21090524 22
JWさんがお帰りになった後、久し振りに沼津港散策へ。
近いとかえってなかなか足を運ばないもんですな(笑)
怪人……いや、海人祭という有名な催しの日だったのですが、生憎PM3:00まで。
で、のんびりと港と狩野川沿いの散歩となりました。

というワケで、お待たせしますた、本日の肴でございます。……って、別に待ってねーよって?(笑)
090524 23090524 24
●鯵ちくわ
沼津港に新しく「みなと新鮮館」というフードコートみたいなものが出来たので早速散策し、
美味そうな竹輪を発見。やいづ屋さんの鯵ちくわでございます。
葱が練りこんであり、風味もよく酒のつまみにぴったり。
鯵の味はあまりしませんが(笑)、旨味があるので醤油などにつけなくて
そのままパクパク頂けまする~
「沼津の癒し」というコピーもバタ臭くていーじゃん!でございます(笑)

090524 25  ●鮪の刺身
  そして、鮪専門店の魚栄さんにて本鮪の赤身を購入。
  赤味となってましたが、中トロがかっていてメチャクチャ美味!
  沼津港は全体が干物屋と魚屋と鮨屋の塊りと言っても
  過言ではありませぬ~~
  魚栄さんは他に鮪の尾、カブト、頬肉など常に常備。
  我家では、鮪といえばこの店だす!
  鮪の他、海老や海栗なども美味いでっせ~

090524 26  ●ほうれん草のスープ
  ニンニク(2かけ)をスライス、
  ほうれん草(4束ぐらい)をブツ切りにし、
  バター(約10g)でベーコン(3枚)と一緒に
  炒めまする。ベーコンも適当にカット。
  600㏄の湯にコンソメ(顆粒小4)を入れ
  炒めたニンニク・ほうれん草・ベーコンを投入。
  暫く煮込み、粉チーズをたっぷり入れた
溶き玉子を回し入れます。塩胡椒で味を整えて完成だす。
ガーリックの香りが食欲をそそるスープですよん。
ブラックペッパーを気持ち多めに入れると大人のお味かと(笑)

090524 27  ●ポークソテー
  豚ロースに塩胡椒、粉を付けて
  焼いただけ(笑)
  で、ソースをトマトソースにしますた。
  トマトソースもいろいろと作り方がありますが
  この作り方が一番簡単かも~
  玉葱(半個)とニンニク(ひとかけ)の微塵を
  オリーブオイルでじっくりと炒めて
ホール缶の半分を入れます。あ、鍋でね。かきまぜながら、トマトはつぶしまする~。
そこに水(ホール缶2杯分)とトマトピューレ(100g)を投入。
コンソメ(顆粒小3)をパラパラし、ローリエを一枚入れて煮込みます。
途中でアクは必ず取りませう。水気がなくなってきたら、水も足しませう。
塩味はアンチョビペースト(小1)を投入。
で、胡椒(少々)を入れて20分ほど煮込めば完成でごんす。
焼いた肉に添えて出来上がり。
横はスパゲティサラダざんす。茹でたスパゲティとツナ、胡瓜をマヨネーズで
和えるだけでございます。
このトマトソースは簡単便利で、鶏牛豚鴨猪兎鹿鯨白身魚とどんな肉でも合いますよん(笑)
また、玉葱の量を加減したり、ピーマンの微塵やベーコンを入れてみたりと
バリエーションも豊富。
ピザソースにもなるし、コンソメでのばして肉団子でも入れりゃりっぱなスープになりまする。
浅蜊の剥き身を入れてスパゲティに乗せればボンゴレ・ロッソだす。
出来合いのトマトソースよりは断然美味いでっせ~、奥さん!(笑)

というわけで、本日もお付き合いありがとうございました。



スポンサーサイト

SHSが終了しました!

090517 01
静岡出立前、朝6時半ごろ、時雨模様の狩野川でございます。

こんにちは。
二日間に渡る盛大なお祭り騒ぎが終了いたしました。
楽しくもあり、我老体にはちと疲れた3日間でもありました(笑)

090517 02090517 03
熱気溢れる会場でございます。
これで、まだ一般客入場前でございます(笑)
コアな現場ですね~ 当然一人一人が模型の製作者であり、
その道に関してはある意味マニアな方々です。
って、俺もそーか?(笑)

各テーブルを丹念に覗かしていただきました。
車あり飛行機あり戦車あり艦艇ありアニメありの、
素晴らしい作品の数々に圧倒かつ感動した次第でございました。
ただ、複葉機の展示が少なかったのがちと残念。


我BMのテーブルも出典アイテムはバラエティに富んでいて、見応えも充分!
直置きが多い他クラブのなか、各作品にベースを付けたのは好印象だと思いました。
展示スペースに多少無理がかかりますが、模型に対する情熱と愛情がよく伝わり、
ワンランク上の展示になったかと。
各作品の写真はたぶん誰かが丁寧かつウィットあるコメントとともにご紹介すると思われますので、
そちらをご覧ください。    ね~、のろかめクン……(笑)
※氏がアップしたらリンクさせていただきまする~
追記:のろかめ氏はアップしないということなので、誰かみつけたらリンクしちゃいます!

……と思ってたら、のろかめ氏が詳細にアップしてくれました。こちらでございます。(5/19追記)

で、私もいろいろと写真を撮らせていただきました。
その中でも印象深かったのがこちらでございます。
090517 04090517 05
090517 06090517 07
090517 08090517 10
JWさんが所属されているクラブの方で、複葉機専門にお作りになる方です。
も~~凄いの一言で、拝見していて血管が切れそーになりました。

090517 11  2日目が終了。
  4時の時報とともに
  素早く撤収作業でございます。






090517 12  で、このフィギアに敬意を表しつつ
  無事静岡ホビーショーが終了したのでした。
  って、これ、マックのコーヒーに付いてくる
  プラのスプーンを熱で溶かして作った
  スクラッチでございます。
  72ですよ、奥さん!  変態ですな~~(笑)
  岡戸智凱氏作でございます。



090517 23090517 14
1日目が終了し、宴会にて楽しく盛り上がったビンゴで当たった景品でございます。
エアフィックスのトラックはsatoさんより、上のトラックは……すいません、どなたでせう?
ご一報くだされば幸いでございます。
この2点はミニスケールで飛行機のディオラマにピッタリですね。
もう1点はバルサ材やプラの複合素材キットです。
べすぱさんご提供でした。
このキットをベースにリアルなスケールモデルに仕上げるのがなかなかオツなものかと(笑)

今回の釣果は……
090517 15090517 16
ブリストル・スカウト。ちょい出来の悪いインジェクションで、他から見りゃマトモ(笑)
ユンカース・D1。インジェクションで出回ってるのにわざわざバQで買うなんざ変態だぜー
と皆様に馬鹿にされますた(爆) ……しょーがねーじゃん!病気なんだから!

090517 17090517 18
フェニックス・C1。なんでもフルスクラッチしちゃう変態の…いや、職人のドカ山師匠から
「あ、D・1があるんなら、C・1もアリでしょう」と頂きました(笑) ううう、ありがとさんでごんす。
フェニックス・D・1。このシリーズはペラとエンジンのパーツ一部がインジェクションで、
モールドもよく誠意(?)を感じさせてくれるバQでございます(笑)

090517 20
オマケにくれた、なんか訳わからん飛行艇。
ネットで調べるのも最近はメンドクサイ(笑)

090517 21090517 22
72の車両3点。複葉機のディオラマに合いそうなオールドタイプの車両だす。
トラックと蒸気トラック、路上電車みたいなー。
ドールの毛髪。張り線用にヒロシさんから頂きました。
ティッシュの上だと、なんか生々しいですな(笑)

ということで、楽しくも短いホビーの祭典に幕が下りたのでした。
参加されたBMの皆様、YDCCの皆様、
初参加ながら常に黒山の人だかりとなったmixiみんなの模型制作日記の皆様、
沢山の刺激を頂いたMniature World(みにすけ屋さん)の皆様
ありがとうございました。



ちゅーワケで、次回2010年SHSに向けて早速始動です(爆)
090517 24090517 25
アビアティックベルグ D1でございます。この飛行機定番のフランク・リンケ乗機。
ローゼンジパターンはもちろん手描きで責めてやろーかと。ハァハァ……失礼。
シュターケンも是非来年は出品したいので、平行しての製作でございます。

ううう~、このモチベーション 来年まで続くか我ながら見ものでございます(笑)

本日もお付き合い、ありがとうございました。



Hansa Brandenburg W29の巻

いや~、五月の爽やかで心地いい風が気持ちいいですな~
こんな日はベランダで、BLTサンドとビールでブランチをパクつきながら
のんびりと仕事でも……

って、んなこと言えるワケもなく慌しい日々は過ぎていくのでした(笑)
こんにちは。
最後のヴィネット、ハンザ・ブランデンブルグW29でございます。
090513 01
  コイツもフォトフレームにドフィックスと
  その他を流し入れます。





ゲタ履機なので、やっぱ水上がいいんじゃないかと、またまた無謀な事を……(笑)
090513 02090513 03
まずはフロートをアルミ箔で包んで、硬化前のドフィックスにムギュー!っと押し付けます。

090513 04090513 05
硬化したらアルミを開いて、ズボッと。

090513 06090513 07
で、表面をリキテックスで塗装。
フタロシアニン ブルーとマースブラックを適当に混色しベタベタと。
まだらになっても、なんのその!(笑)

090513 08090513 09
ブルー系とブラック系の塗装は、最終的にどうにか落ち着いてくれるもんだす。
で、W29をちょいと置いてみます。


090513 10
  で、あたしの水の素がコレ
  以前「水祭り」で使用したものと同じです。
  リキテックスのグロスポリマーメディウムと
  ジェルメディウム、ブレンデッドファイバー。

  やっぱり、ベリエフはアノ作例に似てるなぁ…(笑)


090513 11090513 12
グロスポリマーメディウムをごってりと塗ったくってツヤをだし、
ジェルメディウムで小波を表現。

090513 13090513 14
両方とも乾燥するとツヤツヤになるので、ブレンデッドファイバーで飛沫を表現。
コイツは半透明で乾燥してくれる優れモノだす。
で、ベース完了。

090513 15090513 16
フィギアだす。海上という設定だから二人だけ(笑)
後部座席では立たせたいのでフィット感を考慮して、腕の骨組みを針金で作り
エポキシパテで肉付けです。

090513 17090513 18
コート、ブーツ、ヘッドカバー(?)はエポキシバテ、ベルト類、ベルトループはプラペーパー
ゴーグルはプラロッドの輪切りでございます。

090513 19
  で、飛行機を接着。
  フィギアを乗っけて と。
  
  こんな感じっす。




090513 20090513 21
090513 22090513 23
090513 24090513 25
「あ、どーも。ご覧の皆様初めまして、ウィルヘルムⅡ世です。只今無事戻りました。
お陰さまでスコアを伸ばすことができました。これも偏に……」
「おい、そのどーでもいい挨拶はいーから、
早く帰って、兵隊やくざでも見よーぜ……ったく!」
てな図でございます(笑)

090513 26  ちゅーわけで、
  SHSに持ち込むのはこの3点でございます。
  ギリギリでどーにか
  見れるようになりますた(笑)
  ヤレヤレですな~
  ひょっとしたら、あと1点
  ちっちゃいのも持ってくかもです。
  ううう、W29のネーム忘れてるし……

あ、本日の「肴」シリーズは、諸般の事情により(笑)カットさせていただきました~

SHSご参加の皆様、静岡でお会いいたしましょう!
本日も、お付き合いありがとうございました。

Bristol F2Bの巻

え~、この季節になるってぇと、こんな句がよく読まれますな。
「目には青葉 山ほとぎす 初鰹」…というわけで、初鰹の季節の到来。
江戸の当時は「初物を食べると七十五日長生きができる」と言われ
特に初鰹は、江戸庶民に圧倒的な支持を受けてたそうですな。
で、この句は芭蕉とも交友のあった山口素堂の有名な句でございます。
俳句は季語を使います。本来一つの句に二つの季語はタブーなんですが、
この句はその季語が青葉、ほととぎす、初鰹と三つも入ってます。
あまりにも有名な句なので代表作のように扱われますが
実は、あえてタブーを犯した玄人の遊びの句っちゅうわけで、素堂本人は
真剣にこの句を作ったワケじゃーありません。
季語を三つも入れた、この季節ならではの贅沢感を出そうとしたのですな~(笑)
ちなみに、語感の良さから「目に青葉」との記述が多くみられますが、
「は」が入り、「目には青葉」となるそーでございます。
お江戸の当時からこの句は有名で、受けの川柳も沢山あったようですな。
―聞いたか と問えば 食ったか と答へる
―目と耳は ただだが 口は銭がいり

というワケで、マクラが大分長くなりましたが、こんにちは(笑)

さて、SHSでございます。
過去の駄作に地面を付け足してなんとか見れるよーにしようという
姑息な手段に日夜奮闘してるワケでございます(笑)
090509 01090509 02
前回と同じように、ドフィックスを流し込んで……ううう、途中でドフィックスが足りなくなり、
こちら(沼津)では有名な「ジャンボ エンチョー」というDIYショップを徘徊したのですが、
ドフィックスは販売されてなく、ままよ!という気分で「水だけでOK!タイルの目地材」という
商品名もへったくれもないようなものを購入。使用してみたらドフィックスと大して変わらないという
幸運に見舞われ、しかも量がだいたい同じでドフィックスの半値以下。間違いなくめっけもんでした。
……で、流し込んで鉄道模型用シーナリーサンド(?)をパラパラと。
ミドルストーンとダークアースを混色した「土色」をブァーと吹きつけます。

090509 03090509 04
雑草も付け足してみますた。鉄道模型用のフィールドグラスを束ねて真ん中辺を糸で縛り、
瞬着をたらします。硬化したらカッターでカット。
地べたに1㎜ぐらいの穴を開け、植えてから剪定します(笑)

090509 05090509 06
あとは、植えた雑草の周りにチョボチョボと緑を置いて、再度「土色」を軽く吹いてベース完了!

090509 07090509 08
登場人物はこのよったりざんす。左3人の整備士親父はそのまんま。真ん中の右手だけ交換です。
右のパイロットはヘッドを交換し、ズボンを太めにしてブーツを穿かせてコートを着せました(笑)
ズボン、ブーツ、コートはエポキシパテでそれらしく……でございます。
ベルトは極薄のプラペーパーを切り出しです。

090509 09
  で、そやつらを配置してこんな感じっす。

  なんか、枠がちっちぇ~なー
  急拵えなんで、ま、いっかぁぁぁぁ
  でございますよ(笑)



090509 10090509 11
090509 12090509 13
090509 14  「だからー、その辺、その辺が
  へんな音してるちゅーの!」
  「んなこと言っても、その辺だけじゃ分かんねーよ!」
  「そこより下だよ、タコ!」
  「ん、どーした、なんだなんだ?」
  「あ、なんでも口出したがるセクハラ部長が来た」
  の図でございます(笑)



と、いうことで本日の肴は……
090509 15  ●里芋と挽肉の煮物
  里芋(中6個ぐらい)の皮を剥き
  塩で揉み洗いしてぬめりを取りまする。
  鍋で挽肉(合挽き100g)を炒め、里芋を投入。
  で、醤油・味醂・酒・砂糖(各大2)と
  出汁を2.5カップ(水に顆粒でOK)を入れて
  弱火で15分ほど煮込み、
  水溶き片栗粉を投入し完成です。
里芋は鍋に投入する前に、米のとぎ汁で下茹でしときませう。
え?なんでとぎ汁で下茹でかって? まずは下茹でしといたほうが早く煮える(笑)
とぎ汁利用は野菜のえぐみとかアクを取り除く作用があり、米の糖分が入り込んで
旨味や甘味を引き出すそーですぜ、奥さん(笑)
地中に生る野菜、大根・牛蒡・里芋などに使えますぜ、奥さん(笑)

コイツは冷めても、味が濃いのでちょいとした箸休めにも弁当のおかずにもええですよん。
そう言えばこの不景気の折、自前弁当の方が増えたそうですな。ええことだす。

090509 16  ●鰻の蒲焼
  うちの年老いた母が送ってくれますた。
  蒸して、タレつけて焼いただけ~

  幾つになっても、母から見たら
  私は子供でごぜぇます。
  母の想いがプラスされたお味は
  大変、美味しゅーございました。

090509 17  ●洋葱牛肉絲(ヤンツォンニュウロウスー)
  まずは牛肉(150g)の下処理ざんす。
  牛肉はなんでもいいっす、適当に細切りにして
  水(大2.5)、重曹ひとつまみ、片栗粉(大1/2)を
  入れて揉みこんどきます。30分ぐらいたったら
  サラダオイル(1/2)を投入しそのままま 
  1.5時間ぐらい放置プレイ(笑)
  その間に、玉葱(半個)をスライスして、合せ調味料を。
合せ調味料は、醤油(大1)、砂糖(小1)、酒・オイスターソース(各小1/2)、塩胡椒・胡麻油を少々
でございます。で、放置し終わった肉にこの調味料を入れて再びちょいと揉んどきます。
あとは簡単、ニンニク(ひとかけ)を炒めて香りたってきたら玉葱を投入し半透明で別皿へ。
フライパンをよく洗ってから牛肉を炒め、白くなってきたら炒めた玉葱を投入して完成でごんす。
皿に盛り、黒胡麻と葉葱をトッピングしてみますた。
なんちゅーことない、牛肉と玉葱の炒めもんすけど、玉葱の甘味と牛肉が合うんだコレがまた!(笑)
ちょいと下処理に時間を食いますけど、完成すれば美味いでっせぇ~!
コイツもまた、弁当のおかずにもなりまする~(^^)

で、もう1週間切りましたね(笑)
SHS関係書類も送っていただき、対戦モードに否応なくなってきますた(笑)
さて、ブランデンブルグにとりかかりませう!

本日もお付き合い、ありがとうございました。

Albatros C.Ⅲの巻

久々の更新でございます。
SHS参加の方々におかれましては、
日夜の奮闘阿鼻叫喚酒池肉林地獄絵図強行突破……以下略  ご苦労さまでございます(笑)
というわけで、こんにちは。
私もシュターケンでの参加を目論んでいたのでしたが、相変わらず公私ともにナカナカ忙しく
スッパリと諦めて、過去の駄作に味付けをして出品するという、体たらくをお許しくださいませ。

090504 01  で、まずは
  ペガサスのアルバトロスCⅢでございます。
  いつものように、簡単なヴィネット仕立てと
  いうことに……





090504 02090504 03
ダイソーのフォトフレームにドフィックスを流し込んで、ダークブラウン系で着色。

090504 04090504 05
色の違うシーナリーグラス(?)をビシャビシャにした水性ボンドで固定し、
再びダークブラウン系でちょいと吹いて統一感を出してベース完了。

090504 06090504 07
登場フィギアはこの3人。女性はパンツスタイルをタイトスカートに改造しヘッドを交換。
真ん中のパイロットもスラックスにボリュームをもたせて、ブーツを履かせますた。
ジジイはそのまんまストレート。全てプライザーでございます。
女性のスカートはタータンチェック風にしちゃいました(笑)
……なぜか昔から、タータンチェックのスカートには異常に……以下略(笑)

090504 08  で、こんな感じっす。
  






090504 09090504 10
090504 11090504 12
飛行前にイチャついてる二人を見て、ジジイ怒るの図でございます。

……次はブリストルF2Bだな(笑)


ちゅーことで、本日の肴でございます。
090504 13
●鶏肉と胡瓜の胡麻和え
鶏肉(テキトー)はムネでもモモでもどちらでもよござんす。
まず火を通します。フライパンで軽くあぶったあと
酒(適量)を振りレンジでチン。
胡瓜(1本)を縦3cm~4cmでスライス。ワカメ(も適量)を戻して流水で洗っておきまする。
で、調味料は、酢(大2)、醤油(大1/2)、砂糖(小1)、胡麻ドレッシング(大1)を合わせ、
擂り胡麻(大量)も用意しときますデス。
肉が冷めたら一口大にカットして胡瓜、ワカメ、調味料をマゼマゼし、
擂り胡麻をブッかけて完成でございます。
さっぱりして美味いですよん。
ちなみに、モモ肉使用はそのままでも軟らかいですが、ムネ肉のパサパサ感がど~も……
という方は、レンジではなく、ちょいと炙ってから煮ると軟らかくなりまする。

ほんでもって、絶~対に美味い胡麻ドレッシングがありまする~
騙されたと思って是非作っていただきた~いッと!
白胡麻(30g)・玉葱(半個)・人参(半本)・ニンニク(ヒトカケ)・サラダオイル(300㏄)胡麻油(小1)
酢(70㏄)・レモン果汁(小2)・醤油(100㏄)・砂糖(50g~80g)・マヨネーズ(大3)・めんつゆ(大4)を
ジューサーであわせるだけざんす。玉葱、人参、にんにくは粗微塵にしてちょ。
結構多く出来ちゃうので、空き瓶にいれて保存しときませう。1ヶ月以上はもちますデス。
野菜はもちろん、冷やし中華や揚げ物にも合いまする~
市販のドレッシングなんざぁ目じゃありませんぜ、奥さん!

090504 14
●豚肉と青梗菜のオイスター炒め
豚肉はちょい厚めの生姜焼き用を適当にスライスして酒(適量)を振り塩胡椒しときます。
あ、肉と青梗菜の量は適当ざんす(笑)
青梗菜は根の部分を十文字に切れ目を入れて軽く下茹でしときます。
茹でるときは鍋に塩を大目に入れてくらはい。
あとは、いつものように中華鍋でジャージャー炒めるだけざんす。
にんにく(ひとかけ)の微塵を炒めて香り立ってきたら豚肉を投入。
ビービー炒めて白くなってきたら、醤油、酒、オイスターソース、トリガラスープ、塩、砂糖
……すいません、全て適量でごぜぇますスミダ。
グツグツいってきたら、青梗菜を手でちぎって投入し、胡麻油をたらり、
水溶き片栗粉でトロミをちょいとつけて完成でございます。
勘で作ってみたら、たまたま美味かったという……(笑)
ま、野菜や肉に上記の調味料を適当に入れて炒めりゃ、なんとなく中華になりまする(笑)


090504 15
●カワハギの刺身
コイツも美味い!淡白な味のようでいて、キモと一緒に山葵醤油で口中に放り込むと
とたんに甘さを含んだ旨味を主張するという(笑)
シコシコとした歯ざわりがまた……
昔、伊豆でカワハギは面白いほど釣れたことがありますた。
針に食らいついて来るので、餌などつけずそのまま引っかけるようにして何十尾という
釣果でしたがそのまま地元の方に差し上げちゃいました。
当時は下魚という雰囲気だったのが、昨今ではりっぱな高級魚として幅を効かせてますな。
で、改めて食べるとやっぱり美味いのでした(笑)……って、なんのこっちゃでございます。
とりあえず、酒が進んだ日なのですた!

というわけで、本日もお付き合いありがとうございました。
もう来週末はシゾーカですな……お互いに頑張りましょーねー(笑)









| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。