titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Sopwith 7F1 Snipe-4

081231 01
今年も終りですな~
こんにちは。
昨日は緒形拳氏の「復讐するは我にあり」を観ました。
先日亡くなった、緒形氏の犯人役の演技に圧倒的なインパクトを与えられます。
また、倍償美津子さん、小川真由美さんの妖艶な演技も身物だす。
清川虹子さんも不気味なばぁさんを怪演してました。
ちなみに、緒形氏の奥さんは私の母の親友だそーです(笑)
すんません、内輪ネタですた。

で、やっぱり年内には完成しませなんだ。……って、当たり前だっちゅーの!
スナイプだす。
081231 02081231 03081231 04
粗方塗装が終わったら、デカールを貼りまする。今回は実にスムーズに貼れますた。
このデカールの当りはずれがちとドキドキします。さすがTOKO(RODEN)、楽しませてくれます(笑)
その後、バババーッ!とウェザリングします。  裏も。

081231 05081231 06
尾翼周りでございます。
ストラットは0.2㎜の真鍮線、糸は先日JW氏に頂いたミシン糸と伸ばしランナーを組み合わせました。
……裏も。  もちろん、後ほど塗装します。

081231 07  あとは上の翼を、よっこらせと乗せまする。
  外側の支柱4本を先に接着してから
  胴体側、センターの順に組みました。
  
  ちゅーワケで、ここまでで作り納めとします(笑)
  来年早々は、糸張りからという嬉しい展開!
  ……最後まで笑むですた♪


で、肴でございます。
081231 08081231 09081231 10
猪肉と里芋の煮物。
里芋(大3個ぐらい)を皮を剥いて塩をもみこみ流水でよく洗ってから下茹で(とぎ汁で)します。
猪肉は細切れにして胡麻油で炒めます。
下茹でを終えた里芋を再び流水でよく洗い、ヒタヒタ水に顆粒だしの素(適量)を入れ
コトコトと煮込んでいきます。
途中で炒めた猪肉を投入!で、醤油・酒・味醂・砂糖(全て適量ダス)を投入し煮込みを続行。
一旦冷まして、完成でございます。

塩鮭のあんかけ。
冷凍庫の奥に塩鮭が固まってますた(笑)
まずは解凍し、塩抜きをします。ただの水でもいいのですが、なるべく塩水にしたほうが……
薄い塩水で2~3時間ほど漬けておきます。
で、水気をよくとり小麦粉をつけてフライパンでソテー。ノンオイルでございます。
焼いてる間にあん作り。人参(1/3本)・椎茸(1個)を細かく微塵切り、
500㏄ぐらいの水で人参椎茸を茹でて、醤油(大3)・酒(大2)・砂糖(大1)ぐらい入れて
水溶き片栗粉でとろみをつけまする。椎茸から旨味がたっぷり出るのでダシはナシ(^^)
焼きあがったアツアツの塩鮭にあんをかけ、葱の輪切りをトッピングして完成です。
ただ焼くだけの塩鮭に飽きたら、是非お試しあれ!

ポークソテー ホワイトソースがけ。
豚肉のロースに粉をつけて焼いただけですな(笑)
ソースは、バター(30g)をソースパンでこがさないように溶かします。
そこへ小麦粉(約30g)をバッ!と入れ、素早くかき混ぜます。
ねっとりとした団子状になってきたら冷たいままの牛乳を
何度かにわけて入れていきます。その度に素早く混ぜませう!
牛乳の量は適当で……好みのトロトロ加減でやめまする。
ダマができちゃったら、茶漉しでこすなり、ザルでこすなりすればオッケーだす。
ま、多少のダマがあっても家で食うんだから、いいんじゃないかと(笑)
で、コンソメ(顆粒・小1.5ぐらい)を入れ、よくマゼマゼして置いときます。
これがベシャメル(ホワイト)ソースですな。
具は玉葱(1/2個)の荒い微塵切りと椎茸(1個)のスライス。
それをオリーブオイルでじっくり(弱火)と炒めます。玉葱の甘さを引き出すように。
そいつらをホワイトソースに入れてちょいと煮込み、塩胡椒(ホワイト)で整えて
ソースが完了♪あとは焼き上がったニクにかけるだけでございます。
ニクは焼く前に塩胡椒(どっちゃでも)して、常温にしばらく置いておくのがよろしいかと。
付け合せはチンした塩バターポテトと、人参のグラッセでございます。

お節に飽きたらお試しくださいませ。

さてさて、あと数時間で今年も終りまする~
たくさんの方々がお越しくださり、まことにありがとうございました。
また楽しいコメントの数々、感謝感謝でございます。
皆様におかれましては、良いお年を迎えるよう祈ってまする。

なお、当ブログ・居酒屋作左は新年4日からの営業でございます。

今年もお付き合い、ありがとうございました。
スポンサーサイト

Sopwith 7F1 Snipe-3

081229 01
昨日は映画「山桜」を観ました。原作は藤沢周平氏の新潮文庫「時雨みち」の中の短編です。
ほんわかと日本人の持つ優しさを表現した心温まる物語です。
短編は21ページほどですが、珠玉の一作品です。
映画も良かったですがもうちっと、原作に忠実であってほしかったと思いました。
やっぱり、映像は文字に勝ることができないと痛感しました。
こんばんは。

年の瀬だというのに、プラモデルを作ってます(笑)
あ、年賀状も終わったし、忘年会もそれなりに終わったし、「俺の部屋」以外の大掃除も終わったし、
あとは新年を迎えるばかりですよん♪
ちゅうわけで、スナイプ!
081229 02081229 03
小粒かなと思ってたら以外にデカイんですよ(笑)。
裏面をマットリネンで塗っちゃいます。ハンブロール缶生より調色しますた。
ウッドのパーツもそれなりに塗りまする~

081229 04081229 05081229 06
5本もある胴体ラインがめんどくさい(笑) とりあえず、白いのをブァーっと。
テープでマスキング。 で、ダークグリーンでブァーっと!
081229 07  あとはスティールグレイを吹いて
  カウルのシルバーを筆塗り。
  これで、全体のベース塗装完了でございます。
  あとは、適度なウェザリングを施し
  上の翼を乗っけて、
  楽しい、楽しい張り線でございます♪
  やっぱ、おりゃMか?(爆)
  ……この休み中、やるんだろーな~(プ)

さてさて、肴は?っと~。
081229 08081229 09081229 10
薩摩芋汁。
薩摩芋って、三島でもよく作ってるみたいっす。……知らなんだ。
頂き物ですた。
普通の味噌汁の具だす。 単品じゃちと寂しいので、
大根と人参を銀杏切りにして加えました。
薩摩芋の甘みと味噌の塩味がまろやかに合っていて、
煮物感覚で肴になりまする。

豚肉とほうれん草の炒め物。
シチリア島の田舎料理です……って、ウソです(笑)
オリーブオイルでニンニクを炒めて豚バラ肉(ブロックをスライスしたもの約180g)を投入。
良く洗ったほうれん草(3株ぐらい)を一口大、玉葱(1/2個)もスライスしたものを投入。
ジャージャー炒めて、塩胡椒と乾燥バジル、ケチャップ少々入れて、
皿に盛りパルメザンチーズを振りかけて完成。
簡単でイタリアンっぽいという(笑)
家内は今だにイタリア田舎料理だと思っています♪

湯豆腐。
出汁は昆布のみ!
で煮て、タレに凝ってみますた。
ちゅーても簡単です。ダシ汁に塩醤油、酢と酒(各適量)を入れ
葱の微塵切りを多めに入れただけだす。
個人的に豆腐は絹ごしが好きでございます(笑)
アツアツの豆腐をちょいと濃い目のタレにつけ、
口中にあるうちに冷たい酒で流し込むという……
ううう、たまりまへんな~~

で、苺ですがぁ~~
081229 11  実は、このように
  牛乳シャビシャビ
  苺を潰して、砂糖をかけて
  ズルズル食うのが好きでございます(爆)
  私にとっては、この食い方が
  苺を食べる王道のような気が……
  ……ピンク色で甘い牛乳がまた……(笑)

さてさて、スナイプ……あと2日で出来るかな~~

本日もお付き合い、ありがとうございました。


Sopwith 7F1 Snipe-2

081227 03
本年度の仕事納めが昨日の方、お疲れさまでございました。
また、年内一杯働かなきゃならん!という方、ご苦労さまです。あと少しでございます。
で、働きたくともお仕事のない方、大丈夫!来年から元気に働けますよ!無理せず頑張りませう!
こんにちは。

で、私めも、元の晴耕雨読の毎日になったので、昨日で仕事納めということにしちゃいますた(笑)
081227 04  さてさて、スナイプでございます。
  とりあえず、パイロットを乗せてみますた。
  どっかにあった、ジャンクパーツでございます。
  なんか、東洋人みたいになってしまいました(笑)




081227 05081227 06081227 07
ヒートン、60個でございます。二つ折りにした銅線をクルクルっと巻いて
0.5㎜ぐらいにカット。で、0.3㎜の穴を開けて翼に埋め込んでいきまする。
案の定、4つぐらいはプチッと四次元へと飛んで行きますた(笑)

081227 08081227 09
尾翼を動かす線の穴も開けますた。で、やっと今度こそ「士」の字でごぜぇやす。
胴体側からのラインはすでに通しておきまする~
あっちゃこっちゃ好き勝手に線が伸びて、うざってぇな~~っ!でございます(笑)

081227 10081227 11
飛んでる状態にしたいので、ペラは回転するようにしますです。
ジーメンスのときはそのままプラのみでしたが、今回は真鍮パイプを利用します。
簡単に超微風で勢いよく回ってくれますた♪ グリスを塗ればもっと回るかと……(^^)
やっぱり、パイロットは坂井三郎風だすな(笑)

081227 02081227 01
ジーメンスをちょっと飛ばしてみますた(爆) 試験飛行でございます。
まだまだ、修整が甘いですが飛んでるように見えるでせうか?
お遊びでございますよってばさ!(^^)

081227 12  で、こんなんを開けてしまいますた。
  久し振りに購入したものでございます。
  シュターケン一本槍だと、飽きちゃうので
  コイツも平行してやってみようかと……
  嗚呼~、複葉機病は重症のようでございマス。
  ……複葉機以外の在庫は全部処分しちゃいそう(爆)
  家内、喜ぶだろーなぁ(笑)

で、肴は……
081227 13
鶏肉とジャガイモ炒めでございます。
青椒土豆絲 (チンジャオトゥードゥスー)という料理がありまして、
そいつはジャガイモとピーマンだけなのですが、鶏肉を加えて肴感を増してみたという(笑)
ジャガイモ(中3個)は千切りにして、水に漬けときます。少なくとも30分以上。
ピーマン(2個)は中の種を取って千切りに。
内側を表に向けて切りませう。そうすれば、裂けませぬ~(^^)
鶏ムネ肉(約170g)は一口大に切り、塩胡椒・酒大1・醤油小1・ガーリックパウダーをかけ
揉み込んどきます。
合わせ調味料は塩小1/2・胡椒少々・トリガラスープ大2・酒大1・オイスターソース大1
醤油小1・山椒小1・中華の素少々でございます。全部混ぜときましょう。
で、フライパンにサラダオイル(適量)を敷き、超弱火で鷹の爪の微塵を炒めます。
1本でいいだすよ。それ以上だと辛過ぎまする。
レッドペッパーオイルになったら、ニンニク(二カケ)の微塵切りを投入!
気絶するぐらいいい香りになったらムネ肉を入れ、よ~く炒めます。
肉に火が通ったらちょいと煽りジャガイモとピーマンを投入!
合わせ調味料も入れて何回か煽りまする~!
いい香りとともにジャーッという美味そうな音がしますね(笑)
で、仕上げに胡麻油を数滴タラリとし、水溶き片栗を回し入れて2回煽って完成です!
ピーマンとジャガイモのシャキシャキ感を楽しむ一皿でもありますので
熱が通ってりゃ、多少固めでも美味しゅうございます。

ちゅーわけで、やっぱりミキティは可愛いな~と思うのでありました(笑)

本日も、お付き合いありがとうございました。



Sopwith 7F1 Snipe-1

081225 01
世の中、いろいろと大変ですな~
不景気に伴う雇用問題、シッチャカメッチャカな政治、親子で殺め合う悲惨過ぎる事件、
誰もがお世話になった彼女の死、まったくもって反省の色がない食料品業界の偽装問題など等
この年の瀬になって、暗くなるばかりでございます。
ううう…こんにちは。

……でも、我工廠においては相変わらず
楽しく製作が続けられておりまする~
せめて趣味である模型製作は、楽しく無心に夢を持ってをモットーに作りたいものですな。
081225 02  で、この方の音頭で始まった「キャメル祭り」♪
  キャメルではありませんがこのスナイプで
  参戦させていただきまする。
  まさに上の写真の機体でございます。
  イギリスのトップクラスの撃墜王(50機)
  ウィリアム・ジョージ・バーカー大尉乗機です。
  ※53機ではありませんでした。すいません。

081225 03081225 04081225 05
パーツ数はそんなに多くはありませぬ。この2枚でございます。
いつものようにカットして主翼以外は名刺ケースに入れちゃいます。場所もとらなくて便利。

081225 06081225 07
ただ作るだけじゃつまらんので、フラップを動かした状態にしようかと……
可動部分をバラしちゃいます。

081225 08081225 09
計器盤はのっぺりとしていたので……デカールもナシ!……なので
プラペーパーに径の違う穴を開けカットしてパーツに接着、それらしくの塗装でございます。

081225 10081225 11081225 17
で、胴体を接着~。あっという間に士の字でございます。
上昇左旋回ということで……(笑)

081225 12  左は、当時のBentley B.R.2空冷エンジン。
  下左は、結構鮮明な写真で張り線の参考になりまする。
  小型のわりにゃ、線が多杉!(笑)
  もう一枚はソッピースの工場でせうか。
  ストラッターが2機、真ん中にスナイプが
  鎮座ましましてございます。
  こういう写真を見ると
  このシチュエーションのディオラマが作りたくなりますな(笑)
081225 18081225 14
※ストラッターと表記しましたが、アブロ504Kです。すいません。


というわけで、ヒートン作りでもしましょうかね……ヒィ フゥ ミー……ゲッ!58個だ!(爆)
……あっ、パイロット乗せるのも忘れた! ガィ~~ン!

で、クリスマスなのに芋煮と酢豚ですた(笑)……イヴはローストチキンをいただきましたよん。
081225 15081225 16081225 19
里芋と黒ハンペンの煮物。
里芋(皮付きの状態で350g。中3個~5個)の皮を剥いて一口大に切り、塩で揉み流水で洗います。
で、一旦下茹でして再び流水で洗いまする。これで、ぬめりはだいたいとれちゃいます。
里芋を鍋に戻して、水約300㏄(ヒタヒタになるぐらい)を入れ、顆粒だしを適量。
一煮立ちしたら、醤油大2・味醂大2・酒大2・砂糖大2を投入し弱火で煮込んでいきます。
里芋が柔らかくなったら、黒ハンペンと千切り生姜を入れ、さらにグツグツ。
落し蓋じゃなくても大丈夫ですよん。あとは適当に煮込んで完成です。
これも、一旦冷まして再加熱がよろしいようで(^^)
黒はんぺんは焼津の名物であの白いはんぺんとはまったく別の食感でございます。
殆ど練り物感覚ですな。
パン粉で揚げると完璧な魚フライの味になり、タルタルソースで食べると絶品!(笑)

古老肉(クーラオロー)……酢豚。
豚ロースでいいのですが、今回は猪肉がたっぷりあるのでそれを使用。
肉(約180g)を一口大にカットし、塩胡椒、酒大1で揉み込んでおきます。
野菜、玉葱(1/2個)人参(1/2本)ピーマン(2個)を乱切りにして一旦湯通しします。
中華鍋に湯を沸かし塩ひとつまみとサラダオイル大1を投入。沸騰したら人参から。
約1分後にピーマンと玉葱を…40秒~45秒経ったらザルにあけまする。
合わせ調味料も作っておきませう!甘酢あんの素ですな。
酢・砂糖各大4、ケチャップ大3、酒大1、醤油小1、塩ひとつまみ、中華の素小1です。
次に肉に片栗粉をたっぷりとつけ、油で揚げまする。高温で揚げ、一旦取り出して
余熱で中まで加熱するように。それを3回ほど続けると、
外はカラッ中はジューシーになりまする。(鶏唐揚も同じだす)
で、再度中華鍋にサラダオイル大1を敷き、揚げた肉と野菜を投入し、二振りしたら
作っておいた合わせ調味料を投入。
グツグツいいだしたら、トリガラスープ1カップ(200㏄、顆粒を溶かしたものでオッケー)
を入れて再びグツグツで、水溶き片栗粉を投入して完成でございます。
酢と砂糖の量は好き嫌いに合わせたほうがよろしいかと……
家内はご飯にかけ、酢豚丼にして2杯食いやがりますた(笑)
猪の肉は、豚肉レシピでなんでも応用可でございます。
しかも、豚より濃厚で柔らかいという。ますます猪肉のファンになりますた。
で、デザートは頂き物の「紅ほっぺを、このままなにもつけずにいただきました。
メッチャ、美味いです。……身体がビタミンCを欲してるからですな(爆)

ちゅーわけで、スナイプに戻りませうかね。
ヒートンは途中でプチッ!と4次元に移動しちゃうから60個以上はつくらないと……
完成後は飛ばしてみたいし……(^^)

今回もお付き合い、ありがとうございました。


Zeppelin Staaken R.Ⅵ-1

081223 01
昨日、「最高の人生の見つけ方」という映画をみました。
J・ニコルソンとM・フリーマン、二人の演技がピリリと光る、楽しい映画でした。
特に、ニコルソンの演技はいつもながらの怪演で大笑いでございます。
とにかく、すげぇジジィですなー

こんにちは。
世間では、イヴだ、クリスマスだと大騒ぎしておりますが、
私にとっては、なんともない平々凡々なただの水曜日で、
普段どおり、ローストチキンを食らってケーキを食べまする~(笑)

081223 02  さて、このシュターケンの箱を
  何年も前から、開けたり閉めたり
  してるわけですが、
  先日から開けっぱなしの状態でして……
  牛歩でございますが、
  少しづつ、少~~しづつ進行してまする。


081223 03081223 04081223 05
エンジン四基を素組みして、バババッ!と塗装。
で、ゴンドラのようなものに組み入れまする。
……と、ここまでは大分以前に出来ておりますた。

081223 06081223 07081223 08
で、先日はコクピット及び、胴体内部でございます。筒状の燃料タンク(たぶん)を10個ばかり。
床は艦底色29で吹きます。細かいパーツも切り出し、組めるとこは組んじゃいます。

081223 09
  裏面は爆弾を格納するのですが、
  吊るすかどーかは未定です。
  ……見えないし、めんどくさいし(笑)
 
  気持ち、塗り分けてみますた。
  ピンボケですんまへん。

081223 10081223 11081223 12
順番に床板に接着していきます。
操縦桿のシャフト上に計器盤(のようなモノ)が重なったりするので
仮組みをしながら慎重に……です。
スティールグレイはハンブロールの缶生を見ながら調色したのですが、
ちょっと明るい感じがしますです。
ま、内部だから、いっかー……です(笑)
なんとなく、プラントチックでガジェット感もあり
複雑怪奇を少ないパーツで表現できまする。
もちろんディティールアップは、ま~~ったくしてませんが、なにか?
……ちゅーか、できない(笑)

081223 14  で、胴体を組んで屋根を載せると
  内部は殆ど見えないという
  非常に楽しい結果で……(爆)

  見えないところを1日かけて
  はい、作ってました!
  ……やはり、この手は絵夢っ気がないと……(笑)


で、肴というか、晩飯というか……
081223 21081223 16
牛肉と玉葱の甘辛炒め。
超簡単で、私にとっては懐かしい味でございます。
牛肉はちょいと奢っていいものを。今回はすき焼き用の和牛でございます。
約300gぐらいを適当にブチブチ切って、酒(大2ぐらい)で
揉みこんで置いときます。
あとは玉葱1個をブットイ千切りに。
肉に付いてくる脂身を弱火でじっくりと溶かし、先に玉葱を炒めます。
玉葱がしんなりしてきたら、牛肉を投入!
まだ、赤いところが残ってるうちに、作っておいた醤油大2、酒大1、味醂大2、砂糖大1
出汁の素小1をジャーっと入れて、仕上げに七味をパラパラと。
ちょいと煽って完成でございます。
私が満足に食えない頃、そうとは知らないお袋がよく高級和牛を送ってくれますた。
しかし、当時は小さな冷蔵庫を開けると玉葱ぐらいしか入ってないという(TqT)
で、調味料の力を借りてそれなりの味にしてよく食べたもんでした~
超貧乏なのに、すき焼き用の高級和牛が食えたという不思議な体験でございます(笑)

081223 19081223 20
ポテトツナサラダ。
ジャガイモ3個を1cmぐらいの角切りにし、一旦水に漬けてからレンジでチンします。約6分。
ここで、マッシャーで潰して胡瓜や人参・ハムを入れマヨネーズで和えれば普通のポテトサラダですが
潰さずに、ツナ1缶(小)をオイルごと入れちゃいます。で、マゼマゼしながら塩胡椒(ホワイト)し、
乾燥バジル(お好み)とセージを少々、マヨネーズで和えて完了。
これも簡単で、わずか10分ぐらいで出来まする~
チキンカレー。
コイツは時間をかけまっせ~、奥さん!
っていっても、市販のルゥで充分でございます。
ニンニク(2カケ)と生姜(1カケ)を微塵切りにしてオリーブオイルで炒めます。
こげちゃうので、オリーブオイルが冷たいうちに投入ですな。
香りたってきたら、玉葱(中1個)と人参(中1本)を微塵切りしたものを投入。
じ~~~っくりと弱火で炒めまする。その間に鶏モモ肉(1枚)を一口大に切って
コイツも別のフライパンを使用しオリーブオイルで炒めます。じっくりね。
玉葱と人参が炒まったら鍋に移し……もちろん最初から鍋で炒めてもオッケーざんす。
水を約600㏄、野菜ジュース(赤いの)を100㏄を投入し、
さらに塩胡椒してローリエを一枚、顆粒コンソメ(適量)を入れてグツグツさせます。
アクはこまめに取り除きませう。そして、焼きあがった鶏肉を投入します。
暫く煮込んでから、やおらトリガラスープの素を大1入れまする。
あとは、市販カレールゥ(今回はゴールデンカレー辛口)を入れてトロトロにさせ
一旦火を落とします。完全に冷めきったら、再度煮たたせ、牛乳(適量)を入れて
まろやかさを出し、ケチャップとウスターソースで味を整えます。
…………で、翌日に食べまする~~(笑)

081223 15  ちゅーワケで、
  この方がなにやら楽しそうな催しを……
  生憎在庫にはキャメルがないので
  あたしゃ、スナイプで参戦させていただきまする。
  カナダ出身で53機の撃墜王、
  ウィリアム・ジョージ・バーカー乗機ということで……



皆々様、連れ合いが居る方はベチャベチャと、そうじゃない方もそれなりに(笑)
楽しい聖夜をお過ごしくだされませマセ。

本日もお付き合い、ありがとうございました。


自己流における木目塗装の考察

        ……ったって、そんなえらそーなもんじゃありまへん(笑)
081219 37
こんにちは。
ご覧の皆様も、いろいろと木目塗装を楽しんで(?)おられることと思いまする。
昔はただ「木」の部分はクレオスのウッドブラウンを塗ったくるだけだったのですが、
複葉機の製作が増えてくると、それだけじゃーなんとなく味気ないんじゃないかと……

いろいろと試行錯誤し、以下のやり方で最近はお茶を濁しておりまする~(笑)


081219 01081219 02081219 03
●ウッドブラウンを塗装。 ●オレンジ(赤+黄)のヨレヨレラインを入れます。
●オレンジの両脇にレッドブラウンを入れます。
081219 04081219 05081219 06
●ラインの隙間にもレッドブラウンの線を入れちゃいます。 ●フラットブラックをチョイチョイと入れて
メりハリを。 ●で、エナメルのクリアを塗ったり……
081219 07  ●木色を軽く吹きつけたりします。
  
  木色…タン・ウッドブラウン・黄色を
  適当に混色し、フラットベースを入れ
  艶消し感を強調したもんでがす(笑)






081219 08081219 09081219 10

081219 11  ●ウッドブラウンを塗ります。
  ●レッドブラウンで斜めにシャカシャカと。
  ●タンに少量のレッドブラウンを入れたもので
    さらにシャカシャカと。
  ●フラットブラックと再びレッドブラウンで
    シャカシャカし、エナメルクリアでございます。

  ペラなんかはこの方法が多いです。


081219 12081219 13081219 14
●ウッドブラウンを塗りーの、嫁ぎーの(笑)  あ、ゴミが付いてて どーもすいやせん
●タン+レッドブラウンで太めのラインを。●それに沿ってレッドブラウンを。
081219 15081219 16081219 17
●レッドブラウンの反対側にただのブラウンのラインを入れます。
●あとは同じくレッドブラウンやフラットブラックで同方向にシャカシャカと。
●で、木色を吹いてみたり……
081219 18
  ●その上からエナメルクリアを塗ってみたり

  シャカシャカの太さはムラがあっても
  モーマンタイでございまする。





081219 19081219 20081219 21
●シャカシャカなしバージョン。ウッドブラウンをベースにオレンジの細いラインを入れます。
●次にレッドブラウンで。  ●で、隙間という隙間をフラットブラックで(笑)
081219 22
  ●その上にエナメルクリアだぜぃ!

  上記までは、クリア以外は全部
  Mrカラーでございます。
  以下はウッドブラウン以外は全て
  タミヤカラーでございまする。


081219 23081219 24081219 25
●これはもー、ウッドブラウンを塗る前にカッターで木目を付けちゃいます(笑)
●薄めたフラットブラックとレッドブラウンをジワーンとさせて、拭いちゃいます。
●で、パステルで汚してみますた。 トラックの荷台なんかはこの方法で
  やっつけちゃいます(笑)



081219 26081219 27081219 28
●ウッドブラウンでございます。●バフでボヨヨーンと……●で、レッドブラウンでチョコマカと。

081219 29081219 30081219 31
●フラットブラックでメリハリをつけちゃいます。●で、ナットを付けてみますた。
●月日が経ちますた(笑)
081219 32081219 33
●で、さらに月日が経ちました~~ パステルはこの2色を混ぜたもんだす。

共通するポイントは、ラインは必ず同じ方向にしませう。
それで重ねていけば、どーにか木に見えるってなもんです(笑)

今回は数色しか使用してませんが、似たような色の組み合わせ、模様のつけ方で
無数のバリエーションができまする。
よく知られた方法で、とんがらかった色鉛筆で模様を描いてクリアコートという方法もありますね。
是非、木目塗装を楽しみませう!(笑)

僭越ながら、ご覧頂いている皆様方の塗装ライフの参考になれば
幸いでございまする~~               頓首 <(_ _)>


で、肴です(笑)  デカイ白菜を1個頂いたのですが、家内と二人じゃ食べきれませぬ!(^^)
081219 34081219 35081219 36
白菜と柿のサラダ。
白菜の葉1枚を厚めの千切りにカットし、白いとこと緑のとこを時間差で軽く茹でます。
ですぐザルにあけて冷水で〆。
柿(小2個)は皮を剥き種があれば取り除いて、白菜と同じぐらいの太さにカット。
あとは、白菜と一緒にボールに入れマヨネーズと塩胡椒(ホワイト)だけ。
季節感あるサラダで、柿の甘みとマヨネーズが絶妙に合いまする~

ニラの玉子とじの吸い物。
こいつも簡単ですな(笑)
出汁でニラをちょいと煮込み醤油をたらし、溶き玉子を入れりゃーオッケー……ですがぁ
コイツもちょいとポイントがありまする。
ニラが煮え、醤油をたらしたら一旦冷ましませう。
で、その間に玉子を良く攪拌します。これでいいかなぁ?と思ったらあと30秒ぐらい(笑)
そうすると空気がよく入り込みフワフワになって量が増えまする。
再び、お鍋に火をつけて沸点直前のボコボコっという泡めがけて、
溶き玉子を菜箸に伝わせ、3回ほどに分けて投入しませう!
で、混ぜちゃダメですぞ、奥さん(^^)。フワフワ感がバラバラになりまする。
そして最後に片栗粉をちょいと入れ、ちょっぴりとろみ感を出して完成!

鶏肉と白菜のオイスター炒め。
鶏ムネ肉(170gぐらい)を一口大にカットし、塩胡椒・酒各適量でもみ込んどきます。
白菜(2枚)とピーマン(1個)、玉葱(1/2)も適当にカットし硬い順に湯通し。
で、サラダオイルで鶏肉を炒め、火が通ったら野菜を投入!
予め合わせ調味料は作っておきませう。
醤油大2・オイスターソース大1・砂糖小1.5・酒大1・トリガラスープ大4デス。
そいつを投入し、しばし煮込みまする。
味見をして塩で味を整え、鍋肌から胡麻油をトロ~リと。
最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成でございます。


さてさて、本日の白菜はカットしたので、
シュターケンのパーツでもカットしましょうかね(笑)

本日も長いお付き合い、ありがとうございました。


Siemens Shuckert DⅢ-6 できたった!

081218 01
紆余曲折の末、どうにか出来ちゃいました。
こんにちは。

塗装が粗方終了したら、上の翼を乗せまする。
081218 02081218 03
よっこらせ! てなもんですな。
内側の支柱を翼に接着し、乾燥がゆるいうちに胴体にくっつけます。
左右翼間のアキを注意しつつ、ある程度乾燥したら外側の支柱を挟み込み、
流し込みタイプのセメントで接~着!で、細切りマスキングで留めて固定させまする。

081218 04  乾燥させてる間に……
  水平尾翼可動ラインをば……
  翼の張り線の径に似た伸ばしランナーを
  瞬着で固定だす。




081218 05081218 06
張り線はジックリと……(笑)
二重線の幅がちと開きすぎだすな~……
所々、緩みもできてしまいますた……でも、ま イッカーで乗り切りますデス(笑)
主脚部分はスムーズな作業で、なんとなく得した気分(爆)
脚の張り線は強度補強も兼ね、0.2㎜の真鍮線でございます。
081218 07081218 08
081218 09081218 10081218 11
で、どうにかこうにかの完成でございます。
メデタシ メデタシと♪

ちゅーわけで、寒かったので坦坦麺と一口餃子を食べますた(^^)
081218 12081218 13
坦坦麺。
簡単スープでございます。
トリガラスープ600㏄(湯に顆粒でオッケー)と牛乳を150㏄を合わせ温めておきまする。
で、トッピング材を……豚挽(120g)を炒め、白くなったら酒小2・醤油小1・甜麺醤大1を入れ
よ~く炒めます。で、別の器へ。
今回は家にあった白菜を使用しましたが小松菜でもほうれん草でも青梗菜でも
葉っぱ系ならなんでもよろしいかと……
そいつをざっと湯がきます。モヤシは50本ぐらいヒゲ根をカットして熱湯をかけときます。
タレは醤油大3・胡麻ドレッシング大3・ラー油大1.5をマゼマゼして、
丼に直接入れておきまする。
次に麺(お好み。今回はグリコの太麺)をちょいと固めに茹で、丼に熱々のスープを入れ
良くお湯を切った麺を入れてさきほどのトッピング材を乗せて刻み葱をパラパラでございます。
マイルドな辛さで、ホカホカになりまする~(笑)  上記は二人分でやす。
胡麻ドレッシングがポイントですけど、できれば「ノンオイル」がいいのではないかと……(^^)
餃子。
豚挽き(180g)……今回、豚挽き肉をキリのいいとこで坦坦麺用と兼ね300g購入しますた。
キャベツ(2枚ぐらい)・ニラ(三株ぐらい)・生姜(ヒトカケ)・ニンニク(二カケ)・葱(白いとこ半本)を
全て微塵にし、豚挽きとあわせてコネコネします。
味付けは顆粒トリガラスープの素小2・酒小2・醤油小2・胡麻油小1・塩胡椒少々を投入
さらにコネコネして、片栗粉(大1)をまぶして最後のヒトコネ(笑)
で、一旦冷蔵庫へ入れて落ち着かせましょう。30分以上でヨカとです。
あとは、モランボンの「餃子の皮」に包んで焼くだけで~す。 一袋分 25個出来まする。
これをベースに蟹を入れたり帆立を入れたりとバリエーションが楽しめます。

そろそろ、本格的にコヤツを弄ろうかと……
081218 14  
  複葉機の一番ちっちゃいの(多分)が終了し
  一番でっかいの(多分)でございます(笑)
  
  ……これで、片翼(爆)
  
  本日も、お付き合いありがとうございました。


Siemens Shuckert DⅢ-5

081216 12
先日、三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー」を観ました。
ま、確かに面白いんですけど……う~ん。洒落の好きでない方にはつまらない映画です。
また、楽屋オチ的ユーモアもちょいと鼻につく感じで、も~いいじゃん!と言いたくなりまする。
西田敏行は面白いけど、やっぱりハマちゃんだし、寺島進もやっぱりファブリーズだし、
伊吹吾郎はやっぱりの格さんですた(笑)
深津絵理、綾瀬はるかの演技に関しては、なにをか言わん……以下略(爆)
映画館で観なくて良かったと思う今日この頃、いかがお過ごしですか?
こんにちは。

さて、「ジーメンス」でございます。ヒートンをあっちゃこっちゃに埋め込みました。
081216 01081216 02081216 03
翼付け根は二重線なので、2個埋め込み幅を稼ぎまする。
また、もろ支柱に繋がるラインがあったり、カウルに追加パーツをくっつけて
その先に埋め込んだり……(笑)

081216 04081216 05
胴体に繋がるラインは、穴(0.3㎜)を開け、糸を通して内側で結び瞬着で固定しちゃいます。
糸は先日この方から頂いたものを使用しますた。

081216 06081216 07
で、複葉機では珍しい四翔プロペラの塗装を済ませて、
エンジンもちょびっとパイピングして塗装(笑)
081216 08  胴体の塗装はほぼ単色なので
  楽っちゃ~楽でございます。
  羽(下段)をマスキングして、全体に白(62)をブァーっと。
  で、垂直尾翼をマスキングして、赤(3)をブァーっと~
  あとはデカールを貼って、チャンチャン♪(笑)
  LO!のくりぬきがネックですた。
  ……デカールは結構しっかりしてて、
  ローゼンジの塗装はしなくてよかったかも……(爆)
……って、この時点で分かってもね~~

ちゅーことで、肴は……
家内の実家から野菜と共に猪肉もたっぷり頂いたので、今回は猪デーでございます(笑)
081216 10081216 09081216 11
猪汁。
要は豚汁の豚の代わりに猪を入れまする。
人参・里芋・牛蒡・蒟蒻を煮た鍋に
炒めた猪肉を投入しグツグツ~
豚とやっぱりちょいと違います。野趣溢れる味だすな~
脂身は豚よりも濃厚でございます。

生シラス。
箸休めでございます。この近辺の定番で、一年中売ってまする。
以外とこれも濃厚なお味(笑) 生姜を乗せ醤油をぶっかけて口中へ~♪

ロースト猪蜜柑ソースがけ。
肉に塩胡椒(黒)して暫く放置プレイ(笑)……20分ぐらい。
で、ビローンとならないように凧糸で縛りプレイ(爆)
オリーブオイルを敷き、最初は強火でこげめをつけて
あとは弱火でじっくりと焼きまする。
10分ぐらいのところで、乱切りのジャガイモと人参を投入。
でさらに15分ぐらい焼きまする。……あ、弱火にしたら蓋をしますデス。
焼いてる間にソースをば……
オレンジの代わりに蜜柑だす。
オリーブオイルで微塵にした玉葱(1/2個)とニンニク(2かけ)を炒めて
香り立ってきたら、絞った蜜柑ジュース(3個分)を果肉ごと投入。
蜂蜜小1.5・ワインビネガー(白)小0.5・セージ、塩、胡椒(白)を各適量
で仕上げに再度オリーブオイルを大1ぐらい入れてとろみがつくまで
弱火で煮込みまする。
焼きあがったロースト猪にかけて食べると、これが奥さん!
酸味のあるソースが濃厚な猪肉に絶妙にマッチングでございます。
猪は焼きすぎても、冷めても硬くなることがありませぬ~。
山で筍を食って走り回ってる野生の猪は美味いでっせ~
……ちと、剛毛ですケド(笑)

さて、上の翼をのっけて糸でも張りましょーかね♪

本日もお付き合い、ありがとうございました。

Siemens Shuckert DⅢ-4

081213 01

081213 13
  松と富士でございます。
  先日晴れた日に、千本松原というところに行ってきました。
  こんにちは。

  ここで振り向けば、広大な駿河湾が一望できまする。
  

081213 02081213 03081213 04
……という、雄大な景色を頭に描きつつ、手先は細かい作業が続きます(笑)
0.5㎜幅のマスキングテープを作り、一旦主翼に貼りつけます。
空いてるところに違う色のマスキングテープを……
こうしないと、どれがどれだか判らなくなるという(笑) …目が耄碌してるもんで

081213 05081213 06081213 07
黄色のマスキングテープをはがして、
ピンク(パープルにピンクを混色)系をブァーーっと~。
で、全部はがします。  で、あまり目立たないという(爆)
前回はクレオスの「細切りマスキングシート 1㎜」というヤツを使用しましたが、
やっぱり太く感じたので、細くしてみますた。 多少の幅の乱れはご愛嬌ということで。
これで、やっと、ローゼンジ塗装の修整ができますが………ううう~、やめた!

081213 08  垂直尾翼を接着。
  なんとなく、飛行機っぽくなってきた笑)
  
  そろそろと佳境に入りそうな予感が
  私の身体の芯を貫いておりまする~~




ちゅーわけで、本日の肴だす(^^)
081213 09081213 10081213 11
真鯵の干物。
私が開いたものでございます(笑) 新鮮な真鯵を手開き、塩水でチアイなどを綺麗に洗い、
――海の魚の場合は出来るだけ塩水を使用しませう!
沖縄の塩を使用した漬け汁に20分、冷風で約20分乾燥させます。
そして急速冷凍。そのまま、凍ったままで焼き上げまする~。
シンプルな味覚でムチムチしてて美味いでっせ~~♪
解凍すると旨味も逃げてしまうので、凍った干物の場合はそのままじっくりと焼きませう!
小松菜のおひたし。
よく洗ってだし汁で茹でます。鍋に入れるときは茎のほうをしばらく鍋の湯につけて
投入すると均一に茹でることができまする。で、ザルにあけ冷水でしめます。
あとは、だし汁・醤油・酒・塩(各適量)に漬けときます。食す前に切り分けて皿へ。
これもシンプルで美味いでっせ~~♪
豚肉と大根のオイスターソース焼き。
大根(500g)は適当にカットして米のとぎ汁で下茹で、豚肉(140g部位はなんでもいい)は
酒大1醤油大1を入れ揉み込んでおきます。
20分ぐらい置いた豚肉を、生姜・ニンニク(各ヒトカケ)の微塵を炒めたフライパンに投入。
豚肉が白くなったら、冷水でよく洗った大根を投入。
で、合わせ調味料 醤油大1.5・オイスターソース大2砂糖小2を入れて炒めます。
火が通ったら、鶏がらスープ(100cc湯に粉末でOK)を入れてチョイ煮込み、
仕上げに胡麻油をたら~り(^^)
大根の甘さと豚肉の旨味が見事にマイッチング先生でございます(爆)

081213 12  で、サツマイモを頂いたので
  スィートポテトも作ってみますた(笑)
  サツマイモ(60g)をしっかりと茹で、
  ポテトマッシャーで潰します。
  バター(30g)・砂糖(30g)を入れゴムベラでコネコネ。
  玉子1個と牛乳(60㏄)ををよく攪拌し少しづつ入れまする。
  ちょっぴり残してね。
  
で、お弁当用の銀紙に流し入れ、残した玉子牛乳を表面に塗り
オーブンで30分ほど焼いて出来上がり♪
生クリームを入れたり、バニラ粒を入れればもっと美味くなりまするよん(^^)

ちゅーワケで、今度こそヒートンを埋め込む決意を新たにしたのだったのだ!(笑)

本日もお付き合い、ありがとうございました。

Siemens Shuckert DⅢ-3

081211 01
暖かい日が続いている沼津でございます。
まだまだ、暖房要らずです。……つーか、気持ち悪いです。
こんにちは。

で、「ジーメンス」でございます。
塗装用の型紙の穴あけ作業も、残りの2色分が終りますた。
081211 02081211 03
とりあえず、パターンを合わせながら固定して、パープル(混色)をブァ~~っとー!
段々と、幅をきかせていた黄色の面積が少なくなってきます(笑)
乾燥したら……

081211 04081211 05
パターンを合わせながら固定して、グリーン(Mrカラー340)をブァ~~っとー!(笑)
すると…あ~ら不思議、黄色も模様の一部と化してまする~~(^^)
ま、ちとズレてるのですがパープルでレタッチできる範囲だす。
良かった、良かった~♪ 
これで4色ローゼンジの吹きは終~了~ ダス♪
あとは、ピンクでリブテープの塗装だな……ううう~

081211 06081211 07
で、塗装で吹いたり、乾燥させたりしている間に地味~~な作業も……
どっちゃりとくっつけたパテをガシガシ削ります(笑)
もちろん、ウラオモテ……

081211 08  ううう~、やっぱちっちゃいですぜ~!
  士の字はまだまだ遥か先ですな~






081211 09  あ、主翼裏面も一応吹いてますデス。
  ズレが激しい(爆)ので、
  直すのが大変そうでございます……(TqT)
  ま、裏面だしベースに固定しちゃえば
  首をひん曲げても見えないとこなので
  テキトーでいっかー……と
  思ってる今日この頃の次第でございます(笑)



で、好評の……ナニが?(笑)………肴シリーズでございます。
081211 10081211 11
里芋の塩茹 あんかけ。
里芋は米のとぎ汁で下茹でいたしまする。米のでんぷん質が入り込み、なんたらどーたらで
煮崩れしにくくなり、甘みも増すそうでございますよ、そこの奥さん。
で、よく水洗いをして、塩のみで茹でます。
あんは、酒大1醤油大2味醂大1砂糖少々をだし汁(テキトー)に入れ、水溶き片栗粉です。
それに、酒をふりかけレンジでチンした鶏のムネ肉を微塵にして入れますた。
豚肉と蒟蒻のピリカラ味噌炒め。
酒と醤油に漬けておいた豚バラ(150g)を、生姜とニンニクの微塵を炒めたフライパンに投入。
豚が白くなったら、下茹した蒟蒻(適量)と白菜(2枚)を投入。
あ、蒟蒻も白菜も一口大に切るんよ。そして水がちょいと出るぐらい炒めます。
で、味噌30g・酒大2・醤油大1・水大1・砂糖小2・だしの素小1を合わせてフライパンにぶち込み
チャチャチャーっと煽って完成!
いずれも、ご飯でも酒でも合いますよん(^^)

さてさて、ヒートンでも埋めまする~~(笑)

本日もお付き合い、ありがとうございました。

Siemens Shuckert DⅢ-2

081210 02
40年前の12月10日にあの三億円事件があったのですね~
当時、私は事件現場のあった府中市のお隣、調布市に住んでいたので、
私の家にも二人組みの刑事さんが聞き込みに来たのを覚えてます。

こんにちは。

今の金額に換算すると30億とか80億とか……ううう、私だったら2/3は模型を買っちゃいまする!(笑)
絶対にだぶって買っちゃうだろーなぁ……
って、どうでもいい話しはさておき
ジーメンスでございます。

081210 01081210 03
水平尾翼を差し入れ、機首に蓋をしちゃいます。
そして、瞬着パテで隙間という隙間を……あちゃ~!くっつけすぎだつ~の!

081210 04  今回は主翼を先に塗装してから
  ヒートンの埋め込みをば……
  まずは、あまり隠ぺい力のない
  黄色(RLM04)をブァーっと。




081210 05081210 06081210 07
主翼を乾燥させてるうちに、PCでデカールをスキャンしてトレース。
カラーナンバーをつけちゃいます。


081210 08081210 09081210 10
一定のパターンを作ったらグループ化してコピー。
周りにトンボを付けて罫線を黒に変え……


081210 11081210 12
そいつを三つに増やして、吹く順番を……(笑)
で、プリントアウト。

081210 13081210 14081210 15
まずは、ブルーの型紙です。
4の部分をくりぬいて、主翼と平行になるように固定し……
こういうときに四隅に「トンボ」があると便利(^^)
ブルー(RLM65と自家製青の混色)をブァーッと!(笑)

081210 16  で、とりあえず黄色と青が終了
  なんかヘンですな~
  
  さてさて、どうなることやら……(笑)




そいでもって、肴は……
081210 17081210 18081210 19
たっぷりのオリーブオイルで炒めた、オニオンジャガベーコンでございます(笑)
3種を殆ど同時に投入し、じっくりと炒めてクレージーソルトをチョイチョイと
バジルとケチャップを入れて完成!
大根の葉。
これは栄養もあって歯応えもよく美味い!
微塵切りにした大根葉を胡麻油で炒めます。弱火で…じゃないとすぐこげる!
香りたってきたら、粉末のだしの素と塩、醤油・酒を適量。
冷やして、冷蔵庫へ。 で、食べるときにもみ海苔を上に……
温かいご飯にメッチャ合う!(爆)
白菜と鶏モモのトロトロ煮。
鶏もも一枚をぶつ切りにして皮からじっくりとノンオイルで炒めます。これも弱火でね。
カリカリ感が出てきたら、ぶつ切りにした白菜(3枚ぐらい)を煮ていた鍋(だし汁)に投入。
醤油・酒・味醂各大2、砂糖小2を加え、さらに煮ちゃいます。時間はテキトー(笑)
塩で味を整えて、水溶き片栗粉でとろみを出して完成!
簡単で美味しく、身体も温まりまする~

……さて、パープルでも吹くかな…(笑)

本日も、お付き合いありがとうございました。





Siemens Shuckert DⅢ-1

081209 01またまた「フライボーイズ」を見て、興奮してしまいますた(笑)
おはようございます。

さて、勢いのあるうちに次に邁進いたしまする~(笑)
081209 02  お題はこのジーメンス・シュッケルトDⅢ。
  まさに上の写真の
  エルンスト・ウーデット機でございます。
  シュッケルト、シュットルケーのケッ♪
  てなもんでございます(笑)
  ジーメンス社は何かと日本とも縁が深く
  後にフォッケウルフ社に吸収されちゃいました。
  ずんぐりむっくりの可愛い飛行機でございます。
081209 05081209 06
作る前に、塗装表示してあるハンブロールの色を確認して、
Mrカラーに変換!
で、メモって塗装図と一緒に机の前にぶら下げまする(笑)

081209 03081209 04
先日の記事にもアップしましたが、
先に必用パーツを全てランナーから切り離し、名刺ケースに収納(笑)
パーツ数が少なく見えて、精神衛生上実にヨイです。
D-Ⅳのパーツと微妙に違うので、良く見てチョイスします。
インストのパーツ№もミスプリだし~(笑) で、簡単にコクピットの組み立て。
もちろん、ディティールアップップはしませなんだ。
081209 07  チャチャッとウッドブラウンで内部を塗装。
  こげ茶でシャカシャカやって、
  骨もこげ茶で塗りまする。
  どーせ、見えないから
  簡単に済ませちゃいます(笑)




081209 08  胴体張り合わせでございます。
  ガイドもへったくれもないので慎重に……
  若干そっくり返ってるので機首から接着し
  プラ棒で補強。




081209 09081209 10081209 11
いっぺんに左右を接着させようとせず、
機首がちゃんとくっついたら、後部を接着。
こうすれば、楽に綺麗に胴体接着できまする。
セロテープかなんかを貼っておけばグッ!(笑)
あとはコクピット床面を前からスポッと……

……そして、良い子は完全にくっつくまで待ちましょう(笑)


で、本日(昨夜)の肴でございます。
081209 12081209 13
鶏砂肝と頂いた自家製蒟蒻の煮物。
圧力鍋での調理なので、メッチャ柔らかでございます。
明日葉のおひたし。
程よい苦味があって、大人の味ですな。
081209 14081209 15
野菜の天麩羅。
明日葉、薩摩芋、茄子でございます。
特に茄子の天麩羅はケンタッキーと同じように
突然どーしても今すぐ、食いたくなるという(笑)
明日葉の天麩羅は山葵塩で食べました。
香ばしさとシャキシャキ感が口いっぱいに広がりまする。

今回は全て家内の調理でございます。
レシピは?と聞いたら、
「んなもん、ねぇーよ」と、冷たく答えやがりました(笑)

………さて、プラモでも作ろうっと♪

本日もお付き合い、ありがとうございました。

Albatros D,Ⅴ-17  …でけた!

08120601.gif今朝は結構冷え込みました。
こんにちは。

やっとこさ、完成でございます。

08120601.jpg  以前にも登場してもらった
  ヴァルター・ヘーンドルフ少尉にも
  駆けつけてもらいますた(笑)





08120602.jpg08120603.jpg  
リヒトフォーヘン機と……

08120604.jpg08120605.jpg
ゲーリング機でございます。
ゲーリングがカメラを持ってる設定なので
彼はゲーリングではありませぬ。
あ・く・ま・で・も、ヴァルター・ヘーンドルフ少尉でございます(爆)

あ……ペラにスミ入れんときのが……(TqT)

最後の最後で、スピナー部分がちゃんと合ってくれず、浮いた感じになってしまうので
内側をガリガリと削りました。

ちゅーわけで、どうにかこうにかの完成でございます。
問題点は多々あるかと思われますが……
やっぱ自己満足の世界なんだから、いーじゃん!でございまする(笑)

ウェザリングはまだ施してません。
後々合体させるときにでもする予定でございます。

さて、「フライボーイズ」でも見ませう!
本日もお付き合い、ありがとうございました。

Albatros D,Ⅴ-16

08120501.jpg  あ……写真、間違えますた。

08120502.jpg  本当はこちらでございました(笑)
  キャメルを追っかけてるの図。
  昨夜のうちに記事をエントリーしようと思ったのですが
  見事に酔っ払い、爆睡でございました。
  
  おはようございます。


で、「あるばとろす」でございます。
08120503.jpg  やっとこさ、2機の翼間張り線を終え
  あとは塗装レタッチ、ウェザリングと車輪、スピナーだけ
  というところまで……





08120504.jpg08120505.jpg
リヒトフォーヘン機と
08120506.jpg08120507.jpg
ゲーリング機でございます。
完成を身を持って実感するために、
機首から張る線は最後の最後までためてあるという(笑)
……カメラがまだ使い慣れてないので、ピンボケ気味は平にご容赦のほどを。
本日・明日で完成を目指しまする!……できれば(笑)

08120508.jpg  で、製作中の先が見えて来ると
  次のキットを開けちゃうというのも悲しい佐賀(爆)
  ジーメンス シュッケルトDⅢでウーデット機でございます。
  マッキャキャのハデハデ機(笑) 
  なんつったって、主翼のローゼンジが魅力的(ゾク!)
  それに、どえりゃーちっちぇーし!


08120509.jpg08120510.jpg
まずはパーツを全部切り離しちゃいます。
で、コクピット……手前の大木は爪楊枝ですな。
もちろん、ディティールアップなしでキットのまんま進行でございます。

08120511.jpg08120512.jpg
ウーデット君……のつもり(笑)
プライザーのキットです。シートに座ってるポーズでしたが
胴体をカットして他のパーツを流用。左腕のモールドを削り「よう!」と
挙げてみますた。ヘッドもちょいと左に向けまする。
で、コクピットで立ち上がってるという図。
ちとぎこちないので、修整が必要ですな~
って、こんなことをやってるときが一番楽しいという(笑)

08120515.jpg  で、あたしゃいつもこの本を見てまする。
  この方も毎日眺めてるとか……(笑)
  第一次大戦機のドイツ機は殆ど網羅してるし
  眺めてるだけでも、結構楽しいのでございます♪
  歴史・パーツの資料・塗装・作り方と
  掲載守備範囲も広く手元に置くには
  うってつけでございます。


ちゅーワケで、昨夜はコイツラを食らって酔っ払ったわけでございます。
08120513.jpg08120514.jpg
ポークピカタ。
トンカツ用ロース肉を包丁の背でよく叩き、塩胡椒しますです。
溶き玉子にパルメザンチーズをたっぷりと入れ、生クリームと微塵切りにしたパセリも投入。
小麦粉をつけた肉をこの溶き玉子につけてオリーブオイルでじっくりと焼きあげます。
焼いてる途中で再度溶き玉子をまぶしまする。
千切りキャベツ・大根と胡瓜のサラダ添えですな。
ソースはバターに100㏄ほどのコンソメ、ウスターソースにケチャップを混ぜたもの。
チョー簡単で、こういうテキトー肉料理には美味い!(笑)
それと―、イカ大根!
家内の実家から採れたて野菜が送られてきたので、そのうちの大根1/2本を早速使用。
まず皮を剥いて、輪切りをさらに半分にカットし、面取りをして米のとぎ汁で15分ほど下茹。
で、よく水洗い。
烏賊は皮は剥かず、ワタ、骨だけとってぶつ切りに。
で、最初に烏賊をダシ汁で煮ちゃいます。調味料は醤油大2.5・酒大2・味醂大2
砂糖大1・塩少々。
烏賊の色が変わり、ぷっくりしてきたら鍋から取り出し、今度は大根を投入。
外っかわが透明っぽくなってきたら、煮上がった烏賊と竹輪を入れまする。
コクを出すために、烏賊のワタを隠し味的にちょっぴり投入。入れ過ぎると×!
あとは落し蓋をしてコトコトと……時間はテキトーでございます。
一旦冷まして、食らう前に再加熱すると、これがまた……(笑)


……ううう さて、「あるばとろす」の仕上げにでも入りませう。

本日もお付き合い、ありがとうございました。

小説も読みますがコミックも好きです!

0系新幹線が退役し、各局のレポート番組を見てウルウルしてる私は
潜在的な鉄っちゃんなのか?と思う今日この頃でございます。

こんばんは。

08120101.jpg鈴木英治氏の徒目付 久岡勘兵衛シリーズでございます。

氏は沼津出身で、口入屋用心棒シリーズでは、沼津の風景を情緒ある文体で
実によく表現されておりまする。
この、久岡勘兵衛シリーズ 早くも11冊になり申した(笑)
江戸の町での治安は、坊主・神主などを取り締まる寺社奉行の配下、
市井・町屋の連中を取り締まる町奉行の配下……いわゆる、与力・同心ですな……
のほかに徳川家直属の旗本・御家人を取り締まる目付という役職がありやした。
江戸朱引き・黒引き内(広義で江戸と言われるところ)をこの三役が
主に取り締まってたワケです。……火盗改役というのもありましたが常置職ではありませぬ~。
ちなみに、例の有名な鬼平(長谷川平蔵)は実在の人物でしたが、
当然、毎週木曜日に捕り物なんざぁありません(爆)
実際にした仕事らしい仕事っちゃー人足寄せ場を作ったくらい(笑)
作るにあたり予算が足りないってんで、博打で増やした話しは有名でやす。
そこらへんはさすがに「本所の銕」と呼ばれた平蔵の面目躍如たるもんす(^^)
んで、この久岡勘兵衛シリーズは町奉行所配下と協力しながら
旗本、御家人の悪い連中をやっっつけるという、黒白がはっきりとした物語です。
異常に頭がでっかい主人公の勘兵衛、メッチャ可愛い奥方の美音、
剣はダメだが友情に厚い同僚の修馬、協力者の町廻り同心七十郎
上役で切れ者の麟蔵 などなど、個性豊かなキャラクターが江戸の街々を
飛びまわります。最近では各登場人物が著者の手を離れて勝手に動き出したような錯覚も……
それだけ、著者の文体がリアリティ溢れて活き活きとしてきた証拠ですな。
やっと「遺恨」まで読みますた。
ううう……先が楽しみ、楽しみでございます。

で、これまたワタャ漫画も好きだったんですな(笑)
週刊・隔週刊の雑誌は殆ど読んでおりましたが、さらに単行本で買っていたという……
サンデー・マガジンは50円の頃からの自称筋金入りでございます(笑)
なにせ、「おそ松くん」「あしたのジョー」「ハリスの風」「おばけのQ太郎」「アシュラ」を
リアムタイムで読んでいたという(笑)……
単行本が約1500冊ぐらいになったときに今の家内と結婚し、コミックは引退いたしますた。
しかし、どーしても捨てられない単行本もありまする(笑)
そりは、大友克洋氏の単行本だす。
08120102.jpg  言わずと知られた、「AKIRA」
  氏はある意味、これで頂点を極めましたね。
  キャラクターデザイン、きめ細かい描写
  各コマの雰囲気&アングルなど等
  あのカップヌードルのCMの原点にもなってますね。
  この後、雨後の筍のように
  亜流・マネっ子作家が登場したっけ(笑)

08120103.jpg  その他の氏の単行本だす。
  「ショートピース」は初期の短編集です。
  その中の1話「NOTHING WILL BE AS IT WAS」は
  1977年の衝撃の作品です。
  アパートの一室で殺人を犯した主人公が
  死体の処理に困り、少しずつ食ってしまうという……
  最後の台詞が「玉子でとじて、終りだなッ」です!
  ううう~、恐い……というか
現代を暗示させるような、安穏とした生活の常識と狂気との挟間を見事に描いているというか……
「気分はもう戦争」はハードボイルド作家の矢作俊彦が原作。アクション連載だったかな~?
この一冊も映画を見てるようで面白いです。学生の日本人二人とアメリカ人一人の三人組が
傭兵として戦争を求めて、広大な中央アジアをさ迷い歩くという物語。
故ポール・ニューマンやエリオット・グールド(マッシュでドナルド・サザーランドと共演)などが
洒落で登場します。このまま、映画の絵コンテにもなるし、
是非スクリーンに置き換えてほしいものだと!
「童夢」。これはヤングマガジンの連載だったかな?巨大な団地での殺人事件が発生。
その犯人は超能力を操る好々爺。で、それに立ち向かう子供達。
事件は段々と複雑怪奇となり……みたいな、これまた邦画になりそうな題材(笑)
登場するベテラン刑事は明らかに故今東光氏ですな(^^)
そんなこんなで、大友氏の作品を全てご紹介するには紙面がいくらあっても足りませぬ~
……ぐらい、氏の作品は魅力的で好きございます(笑)
他に捨てられないコミック単行本は、関川夏央&谷口ジローの「事件屋家業」や
ちばてつやの「男たち」、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」などでありんす。
いや~~、懐かしいっす~(笑)

で、本日の「アルバトロス」は……
08120104.jpg  最近、秋眠 暁を覚えずというか、
  ちと、寝坊気味で5時ごろに
  起きてます。
  だもんだから、一筆書きのように
  糸を通したところで終了~
  こうすると、アルバトロスの
  張り線の結ぶ箇所は4箇所でヨシ!でございます(笑)

秋の夜長、美味い肴とともにウイスキーを舐めつつ、お気に入りの本に没頭しませう(笑)
08120105.jpg08120106.jpg
万世橋にある「肉の万世」の鉄板焼を再現しようと
牛肉、玉葱、人参、キャベツ、椎茸、ピーマンを炒めます。
で、仕上げのタレが重要!
醤油、酒、ダシの素、酒、味醂、辛子を試行錯誤のうえ配合!
……う~む、いまいち!
ううう~、モヤシとニラを勝手に追加したのがネックか?
でも、不味くはありまへん(笑)  飯のおかずには最適かと……
トン汁…こりは、豚肉を胡麻油で炒めるのがポイントだす。
あとは、牛蒡、人参、大根、玉葱をグヅグツ煮たなかに投入します。
もう一つのポイントは味噌にご飯を入れて、すり鉢でスリスリ。
そいつを投入!
すると、仕上がりに甘みが出て、全体にほんのりとした胡麻の風味に
しょっぱさに深みが出ま~す。
とろみも追加され、保温もバッチリ(笑)

ちゅーワケで、なんのブログかますます分からなくなってまいりますた次第でやす(笑)
段々と寒くなってまいりました。どちら様もお身体をご自愛くだされませ。
本日も、お付き合いありがとうございました。


2008/12/02(火)
コメント(10)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。