titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Ⅰ号戦車 A型 05

リビングのテレビがとうとう壊れやがりました。
10年も使ってないのに壊れるもんですかねぇ~
仕方がないので、我製作部屋から14型のちっちゃいテレビをリビングに移したのですが
なんか、下町の食堂みたいでごんす(笑)
……新規購入か、修理して継続か悩んでおりまする~

こんにちは。
Ⅰ号戦車ができました。
085.gif
例によってモノクロ仕様でございます。

087.jpg  さて、ベース作りです。
  ダイソーの写真立てでございます。
  もちろん100円。





088.jpg  裏面のネジ類を取っ払い
  脚をバキッと折っちゃいます。
  表に向けて瞬着で固定。
  間のガラスは破棄!
  フレームの木目はマスキングします。



089.jpg  地面はコイツを使用。
  モーリン社製のシーナリーサンドです。  
  





090.jpg  水で固めに溶いて油彩用のヘラで
  ベタベタと盛っていきます。
  ちと扱い辛いので、定番の
  ドフィックス壁補修材のほうがよかったかも。




091.jpg  バラストでございます。
  鉄道模型のKATOで販売してますが
  中身は米ウッドランド社製です。
  ここの製品は結構リアルだす。
  2色を混ぜてみました。



092.jpg  ドールハウス用の植木鉢。
  ちゃんとした焼き物ですよ~。280円。
  沼津駅に近いKIMURAさんで購入。
  ディオラマで使えるものが沢山販売されてます。
  



093.jpg  それを、もったいないですがクラッシュ~
  バラストも地面が乾燥しないうちに
  パラパラと撒いちゃいます。
  コルクも置きました。




094.jpg  戦車も地面がブヨブヨしているうちに
  ムギューッと押し付けます。






095.jpg  完全に乾燥するまでほっぽっときまする。
  左上の絵画フレームも
  ドールハウス用です。





096.jpg  乾燥したら、軽くラッカー系で塗装。
  ダークイエロー、ウッドブラウン、マットホワイトの
  三色にフラットベースを多めで混色。





097.jpg  マスキングテープを剥がして
  白い部分をレタッチでございます。






地面上の小物でございます。
098.jpg  壊れた植木鉢。







099.jpg  木製の水差し。
  ヒストレックスでございます。






100.jpg  チロです(笑)
  もうひとつの重要なアクターですな(^^)






101.jpg  俺です(爆)







102.jpg  

  で、戦車を固定して
  ちょいとウェザリングを施して
  完成でございます。
  あ゛~~、ケッテンクラート忘れた!


103.jpg104.jpg







105.jpg106.jpg







086.jpg


今月に入り、唐突に作り始めたAFVでしたが
約一ヶ月間楽しめましたでございます(^^)
さて、飛行機作ろうっと♪

あ~ぁ、テレビ、どうしようかな~~

今回も長いお付き合い、ありがとうございました。

スポンサーサイト

Ⅰ号戦車 A型 04

刻々と夏の足音が聞こえ始めましたね。
ムシムシとした日があるかと思えば、涼しい日も訪れてくれまする~

こんにちは。
Ⅰ号戦車に乗っけるフィギアもコツコツとですがやってまする。

056.gif  トライスターのこのトロピカルパンツァークルー
  とかいうフィギアのセットだす。
  丁度Ⅰ号戦車に乗せるような仕様なので
  迷わずチョイス
  ……って、DAKはストックの中にはこれしかない(笑)


057.jpg  前回の続きでございます。
  全体にブァ~っとベースホワイトを吹き






058.jpg  ハンブロールの61・フレッシュで肌を塗装。
  パテ代わりに腕の付け根の隙間にも
  ベトベトと塗りました(笑)





059.jpg  ユニフォームのベースもハンブロールだす。
  83番のマットオークルだすな。
  以下は全てタミヤカラーでございます。





060.jpg  で、顔面でございます。
  とりあえず、白目をドンと入れます。
  はみ出してもよござんす。





061.jpg  単純に外人だから、ブルーアイにしちゃいました(笑)
  ドドンと入れちゃいます。
  これもはみ出してもよござんす(^^)
  唇もちょいと赤くして……




062.jpg  タミヤカラーのフレッシュで慎重にレタッチでございます。
  上のまつげ部分はフレッシュにブラックを混色して
  描くようにしてまする。
  いくぶんオメメらしくなりまする~
  頬にも赤味を若干入れてブレンディング。



063.jpg  ホワイト多めのフレッシュで
  上瞼、鼻などにハイライトを入れ
  無精ひげでうすら汚くして(笑)
  終~了~




064.jpg  




   こいつらも同様でごんす。


065.jpg066.jpg








お次はユニフォームでございます。
067.jpg  タミヤカラーのデザートイエロー、
  ダークイエロー、デッキタンでございます。
  フラットベースをちょいと足して……





068.jpg069.jpg







服のシワの盛り上がった部分にメリハリをつけます。
070.jpg071.jpg







072.jpg  


全員に施しまする~(^^)




073.jpg  で、スミイレです。
  襟部分やフロントの合わせ部分です。
  スミもダークイエロー系をちょいと混ぜ
  地になじみやすくしますです。 
  肩章はショーモデリングに替えますた。



074.jpg


  全員に施しま~す。




075.jpg  で、襟章、ボタンなど
  ゴチャゴチャしたもんを塗装(笑)
  めんどくさいですけど
  結構、この段階が好きだったりします。




4体のフィギアはこれにて完成です。
あとは、戦車に乗せたら再度ウェザリングですな。
076.jpg077.jpg







078.jpg079.jpg







ちょいとした小道具なんかも作っちゃいます。
080.jpg 

  ドラゴンのフィギアセットに入ってる
  喉マイクとヘッドフォンセット。
  眼鏡はショーモデリングだす。



081.jpg  

  ハッチの蓋が広いので
  ここに接着しちゃいます。




082.jpg  

  こういう便利なものがありまする~
  煙草でございます。
  私も吸うので是非登場させたいと……(笑)
  


083.jpg

  プラ板を芯にして
  切り抜いたパッケージを
  貼り付けます。
  0.3のプラロッドをちょいと付けたりしちゃいます。


084.jpg


  で、目出度く全員乗車でございます(笑)




いや~、久し振りの35フィギアを楽しみました。
出来はどうあれ、やっぱり愛着が沸きますな。
さて、あとはベース作りだなっと~♪

今回も長~いお付き合い、ありがとうございました。

ヘイ!麻婆豆腐おまち!

やっぱりの梅雨っぽいベタベタとした鬱陶しい日が続いておりまする~
こんにちは
こんなときは、一本ビシー!っと筋の通った、麻婆豆腐は如何でせう?
こういうのを食って、ビシバシと汗をかいて
キンキンに冷えたビールでも豪快に煽りましょう!

で、まずは豆腐。
080620 01麻婆豆腐
一丁をパックから出し、賽の目に切って一旦茹でましょう。
そして、湯切りしておきます。
これは、煮崩れを防ぐためや、くさみ・しぶみをとるためや、味を染み込ませやすくするためとか
いろいろあるようです。
木綿でもいいっすが、私はあのチュルンという食感が好きなので絹を使用しますです。

080620 02麻婆豆腐
長葱、生姜を微塵切りに。量は適当でございます。
葱の好きな方はた~っぷりと、生姜の嫌いな方は(いないと思うけど)ちょびっとで結構です。

080620 03麻婆豆腐
出たな!クックドゥ三兄弟!(^^)
豆板醤・甜面醤・コチュジャンでございます。
豆板醤大1、甜面醤大1、コチュジャン小1を合わせておきまする~

080620 04麻婆豆腐
合わせ調味料も作っておきませう。
醤油大2・酒大1・砂糖小1・胡麻油大1・味の素とラー油少々に塩胡椒を少々。
スープはだいたい1カップ(顆粒中華ダシを溶いたもので可)でございます。

080620 05麻婆豆腐
まずは、フライパンで生姜の微塵と豚挽き肉(140gぐらいかな~)を炒めます。
よ~っく炒めましょう。そして、一旦外へ~

080620 06麻婆豆腐
ちとこげるぐらいでもいいっす。
豚挽き肉は炒めれば炒めるほど、濃厚な味わいになりまする。
……ちゅーても、限度はありまするゾ!

080620 07麻婆豆腐
お次は、長葱の微塵をジャン兄弟で炒めまする。
こっからが、スピード アップップ~でございますよ。

080620 08麻婆豆腐
香ばしい香りが立ち昇ったら、炒めた豚挽を投入!

080620 09麻婆豆腐
スープ、合わせ調味料を投入!

080620 10麻婆豆腐
で、湯切りしておいた豆腐を投入!
で、ちょいと煮込み、水溶き片栗粉でトロミをつけて……

080620 11麻婆豆腐
完成でごんす\(^^)/
山椒をたっぷりかけてめしあがってくださりませ~

このまんま熱いうちに肴で食うのもいいですが
ご飯にかけ、麻婆豆腐丼にしてハフハフ食うのもまた一興でございます。

……作るのも、食うのも汗ダラダラでございます(笑)
いい汗、かいてるっか~~い? ですな。

本日も長いお付き合い、ありがとうございました。

2008/06/20(金)
コメント(8)

Ⅰ号戦車 A型 03

岩手・宮城内陸地震で被災された方々には
謹んでお見舞い申し上げます。

こんにちは。
さて、この方も戦車を作り始めて嬉しい限りの作左めでございます。
ドラゴンのキットのほうがやっぱり凄いですな~
具もちゃんと詰まってるし(笑)
今度はあっちを弄ってみたいと思いまする~

で、ウェザリングの続きだす。
038.jpg  このダークイエローの柔肌に
  目を血走らせてヨダレをたらし
  くぬヤロー!と呟きながら、
  疵を付けていきます。
  ハァハァハァ……失礼。  




039.jpg  タミヤカラーのジャーマングレイで
  主にパネルのエッジを攻撃。
  目印程度に塗料を置きまする。
  




040.jpg  細い面相筆でレタッチ。
  目印を発展させて、
  疵なども付けちゃいます。





041.jpg  それを全体に施しますた。








042.jpg  お次は錆でございます。
  これは錆の素(笑)
  タミヤカラーで、レッドブラウン
  フラットレッド、フラットイエローを
  適当に混色し、フラットベースを
  たっぷりと……


043.jpg  そいつをシャビシャビにして
  ボルト部分に流し込みまする。
  また、パステル粉の目印も
  付けまする。




044.jpg
  それを全体に施しますた~(^^)






045.jpg  で、砂埃はこの粉末の2色を混色しました。
  黒いのと、フラットアースっぽいヤツでございます。
  しっとり感もあり多少は定着してくれます。





046.jpg  そいつを全体的に
  なすりこみまする~(笑)
  ダークイエローとジャーマングレイの
  コントラストが緩和されて
  少しは自然に見えるかと……



047.jpg  で再び錆でございます。
  今度はパステル粉での作業です。
  





048.jpg  アクリルの溶剤でパステル粉を
  溶いて、目印の部分に置きまする。
  で、細い綿棒でぼかします。







あとは、砂埃用粉末をアクリル溶剤で溶いたものを
履帯、排気管近辺、その他にベトベトくっつけたり、
傷や錆を追加したり、消したりでヨシ!としちゃいます。
そんなこんなで、戦車は一応の完成ということで……(笑)
もちろん、模型としての美しさなんぞまるっきり考えてませんけど、何か?

049.jpg050.jpg








051.jpg052.jpg







さてと、いよいよフィギアでございます(^^)
053.jpg  
  パーティングラインを処理したら
  クレオスのベースホワイトを全面に吹きました。
  たぶん、戦車より時間がかかりそうな
  予感でございます(笑)





はてさて、なーんだかキッタネーナーの出来ですみませぬ(笑)
なんせ、久し振りのAFVだもんで資料を引っ張り出すのもめんどくさくて
(実は引っ越して、まだそのまま)
とりあえず完成を目指しておりますので、ご容赦いただきた~~いっと!

055.jpg  で、昨日は姪っ子のERIたんからスコッチウイスキーが
  送られてきますた。
  子供のいない我が家では、
  とても嬉しい「父の日」でございました。
  メバルの煮付けを肴に
  Ⅰ号戦車を眺めつつ飲んだのでございました(^^)
  
054.jpg

今回も長いお付き合い、ありがとうございました。


ヘイ!カツ丼大盛りおまち!

え~、カツ丼はいかがでせうか?
こんにちは。

たまにカツ丼が、すご~~~く、無茶苦茶に食べたくなるときがあります(笑)
なにを措いても、今すぐここで食べたい!
……というときでございます。
で、作ってみますた(笑)

お蕎麦屋さんなどのお店のカツ丼を食す場合は、テーブルにて「待つ」という
拷問のような時間の経過を体感しなければなりませんが
自宅で作るとなると、冷蔵庫を開けた瞬間から、
私とカツ丼とのコラボが開始され、完食するまでが至福のときになるという……

ま、んなこたぁ~どうでもいいのですが……
080607 01カツ丼
とりあえず、作りました(笑)

カツ丼玉葱
まずは玉葱でございます。この季節は新玉葱なので色白で美しく
甘くて美味しいですね。半分を適当にスライスです。

080607 03カツ丼
フライパンに胡麻油を敷き、弱火で炒めます。

080607 04カツ丼
ほんのりと半透明になってきたらOKでございます。
なるべく胡麻油で炒めましょう。アトでこの胡麻の香りが威力発揮でございます(^^)

080607 05カツ丼
丼つゆでございます。
だし汁適量に、味醂・酒・醤油を各大1です。


080607 07カツ丼
普通のトンカツ用ロースに塩胡椒(片面で可)、
丸まらないように筋切りして、粉・卵・パン粉の順でコロモを装着!
パン粉は荒めでございます。

080607 08カツ丼
中華鍋に油をドボドボと入れて、揚げまする。
温度は適当(笑) パン粉を落としていい色になり、上に上がってきたら入れましょう。

080607 09カツ丼
音が、ジャー!からチリチリになってきて
油の中でユラユラ泳ぐようになったら上げまする。

080607 10カツ丼
熱いうちに、シャグッ シャグッとカットします。
火傷に気をつけませう~

080607 11カツ丼
いよいよ親子鍋の登場~!(笑)
さきほど胡麻油で炒めた玉葱を親子鍋に敷き、丼ツユをひたひたにして
カツを乗っけます。

080607 12カツ丼
三つ葉のカットをパラパラとやり、溶き卵をかけ回します。
グゥ~~、ほのかに玉葱を炒めたときの胡麻の香りが立ちのぼりまする~

080607 13カツ丼
で、速やかに丼にたっぷりと白いメシを……
このときはすでにカツ丼食いたい指数はマックス以上で
針が振り切られておりまする~~(笑)

080607 14カツ丼
丼飯の上に、具を親子鍋から移して完成でございます。
玉子がちと固めになってしまったのはご愛嬌ということで……

080607 15カツ丼
カツ丼には絶対に付きものの黄色い沢庵と残った大根の味噌汁を添えました。
やっぱり、沢庵・味噌汁はカツ丼ワールドには欠かせませんな~

胡麻油の香りが食欲をさらに煽り、
あまじょぱい汁と揚げたての柔らかいカツ、甘みのある玉葱が公武合体となり(笑)
とろみの残った玉子が具とご飯を包みこみまする。
口に入れると……う~む、たまらん!
あとは、ガツガツと豪快に食らい、数分で完食でございます。


こいつを食べ終わった瞬間に眠くなり、
後片付けもせずに咥え煙草のままソファーにだら~っと横になり
うつろな目で、桃源郷をさまようような素敵な気分を味わいました~(笑)

今回も長いお付き合い、ありがとうございました。


2008/06/14(土)
コメント(14)

Ⅰ号戦車 A型 02

ここ、沼津は肌寒くなったり、蒸し暑くなったりしてまする~

こんにちは。
さて、「普段は飛行機を作るヤツがAFVを作ったらこうなっちゃいますた~祭り」を
一人寂しくやってますが(笑)
ダークイエローの塗装がどうにかできました。
……って、アフリカ軍団なのでダークイエロー1色の単色塗装ですが。

021.jpg  塗料でございます。
  以前販売されてました「パンツァーカラー」の
  グリュンブラウン、クレオスのダークイエロー、
  バフを混色した退色ダークイエローです。




「パンツァーカラー」は従来のミスターカラーにシフトしたため販売を中止しましたが、
022.jpg  色味はご覧のように大分違います。
  ダークイエローよりちと濃い目で赤味が強く
  ベース塗装にはうってつけだったのですが…。





023.jpg  まずはグリュンブラウンをブァーっと
  吹いちゃいます。
  
  あ、前面の転輪カバーは
  うまくフィットしてくれないので
  取っ払っちまいました。


024.jpg  お次は定番のダークイエローを
  ブァーっとポイントを決めて(笑)
  吹いちゃいます。





025.jpg  で、自家製退色ダークイエローを
  パネルの中心付近を吹いていきます。
  これでベースのダークイエロー系は終了!





026.jpg  ゴム部分は塗装前に、カッターで疵をつけちゃいます。
  ハーフトラックなどの転輪ゴム部分を
  見ると、モノの見事に凸凹でやんす(^^)





027.jpg  転輪ゴム、その他OVMなどを
  適当に塗装。
  OVMとは「Outer Vehicle Materials」の略で
  車外搭載物のことですね。




028.jpg  ここで、パネルラインにスミイレしちゃいます。
  実際は隙間には砂埃が入り込み
  ラインなぞ見えたもんじゃありませぬ。
  ウェザリングする前に入れておくと
  適度に緩和され
  丁度良くなるんじゃないかと(笑)


029.jpg  で、スコップなどの木製部分です。
  ウッドブラウンをまったりと(笑)






030.jpg  フラットブラックをチョイチョイと。







031.jpg  同じくウッドブラウンにバフを混色
  したモンをチョイチョイと。






032.jpg  イエローが強めのオレンジを
  細くチョイチョイと。
  また、フラットブラックから細めで
  繰り返し……




033.jpg  エナメルのレッドブラウンを
  シャビシャビにして塗り
  トーンを整えます。
  もちろん、シャカシャカ描いた
  ラインは透けて見えるように。



034.jpg  仕上げにエナメルのクリアを
  ベトベトと(笑)
  
  複葉機のペラでよく使う手ですた~(^^)




035.jpg  さてさて、ハゲチョロですね。
  飛行機だとシルバーやアイアンなど
  メタル系が定番ですが、
  そこはAFV!
  ……何が?って聞かれるとちと困りますが…
  AFVんときは
  エナメルのジャーマングレイ1色で(笑)

036.jpg  細かくチロチロとやっていきまする。
  所々、疵もつけたり、かすらせたりと
  大騒ぎ~~(笑)
  レッドブラウンは赤錆の目印だす(^^)




037.jpg  で、左足回りがハゲチョロまで
  終了でございます。
  この雰囲気で全体に施しま~す(^^)
  
  転輪ゴムはメッチャつや消しのブラックで
  レタッチしました。


はてさて、いろいろとございましょうが
「オレ流」でございまする(笑)

今回も長いお付き合い、ありがとうございました。


Ⅰ号戦車 A型 01

関東あたりまで梅雨に入ったようで、
ここ沼津もどんよりとしたお天気が続いて、
ちと肌寒く感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?
こんにちは。

唐突に、また久し振りにAFVに手を染めているのでございます。
お題は、トライスターの1/35 1号戦車A型でございます。
002.jpg
アフリカ軍団バージョンにしようかと思ってるので、
同社のフィギアセットもチョイスだす。

001.jpg  実はこのソッピース1 1/2 ストラッターを
 作っていたのですが、見事に主脚が……
 修復はちと難しく、暫く見たくもなく(笑)
 箱に入れて封印してしまいますた~
 張り線も終了し、あとは腹にデカール貼って
 ペラと車輪を付けるだけで完成だったのですが
 ううう~(TT)


ちゅーワケで、飛行機から一歩下がりつつ、AFVを久々に弄ろうかと……
とにかく、未完成病に感染したくはないので完成に導くのを目標としてみますた(笑)

キットはこんな感じだす。
003.jpg

004.jpg
ちっちゃい戦車なのでパーツ数もそんなに多くなく、
組み立ては楽なほうではないかと。

005.jpg
デカールももちろん良好で、排気管用カバーがエッチングパーツでございます。

006.jpg
この履帯がちょいとネックでめんどくさいっす(笑)

007.jpg
あのフィギアマスターと呼ばれる平野氏原型の戦車兵2体付き。
でも、DAKなので……
008.jpg
同じく平野氏原型のトロピカルパンツァークルーを使用しますです。

……というワケで、
009.jpg
素組みなので、簡単に組みあがりまする~
ディティールアップらしいことは一切やってまへん。
OVMラックの取っ手をエッチングのジャンクパーツ、ライトをクリアパーツにしたぐらい。
フィギアもストレートで、包帯を巻いているヘッドをホーネットに替えますた。
痛々しいのは勘弁なので(笑)
手前のはタミヤの子犬でございます(^^)

010.jpg
撮影用に72のケッテンクラート(アカデミー)もチャチャっと~
後々、72のディオラマでも作るときに使うつもりでもありまする。

で、めんどくさい履帯でございます(笑)
019.jpg
パーツはこうなってますが、
012.jpg
余分なモンをカットしてカタチを整えまする

013.jpg
それをドッチャリ~(爆)
恐ろしいことに左右違うモールドになってま~す(TへT)

014.jpg
それを数えて88個、両面テープの上に並べ……

015.jpg
このピンで留めていきまする~
ううう~

016.jpg
するとこうなって、いい雰囲気で可動するキャタピラが出来まする~
コイツは車体に組む前に塗装しちゃいます。

017.jpg
やっぱり、戦車は履帯を装着すると俄然それらしくなりますな~(笑)
まだつなげてはおりまへん。

はてさて、こっからが、塗装の楽しさでございます。
018.jpg
とりあえず、ベースホワイトで全面を吹きまする。
今回も、ウェザリングビシバシ塗装にするつもりでございます。
……ちゅーか、要は綺麗に塗ることが出来ませぬ~~(笑)

020.jpg
んなワケで、今晩は今朝獲れた生シラスを肴に紫煙をくゆらせながら
角のロックをたしなむのでありますた~(笑)

どうなることやら……
本日も、長いお付き合いをありがとうございました。





| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。