titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

過去の駄作-4

酷暑がようやく身を潜めて、秋らしく涼しくなってきましたね。
だいたい、暑さ寒さも彼岸までと言われておりますが、
10月に入るともうすぐそこに、やれクリスマスだ、忘年会だ、年末だ、
大晦日の格闘技だと現れて
日にちが矢のように過ぎていくように感じるという今日この頃、
30年振りの富士スピードウェイを楽しんでおられると思いますが、
いかがお過ごしですか?(笑)ううう~、ライコネン!頑張れ~!

こんにちは。「過去の駄作」4弾はAFV編となりますた。
飛行機の製作も好きですが、AFVもよく作りました。
キットは1/35を主に製作してまする。
最近はあまり作ってませんが、このカテゴリーものめり込むと
楽しいものがありまする。
また、写真を撮るのも趣味のひとつだったので、
いろいろとバックを変えて撮ったりしてますた。
巧くいったものは、タミヤの「パチッ!」に出したこともございました(笑)

20070929101754.jpg
出戻って間もない頃のディオラマでございます。キットは全てタミヤです。
後方に見え隠れしているのは「ラング」ですな。
チャリンコのペダルに合わせてフィギアを改造するのは大変ですた。
(この頃はまだチャリンコセットは販売されてませんでした~)
20070929104021.jpg
同じベースで丘の上の兵隊さん。
モデラーズギャラリーでしか売っていなかった(当時は)チャリンコ付随のフィギアです。
頭から枝が生えてるようですな~(爆)
この白樺はランナーを加工したもので、緑色の紙から葉を切り出し
一枚いちまい瞬着でくっつけました~……今見ても疲れまする~(笑)

20070929104030.jpg
タミヤGMCカーゴトラックです。
こういうソフトスキン類は実に魅力的なアイテムがありますね。
20070929104041.jpg
荷台のバージョンを変えて2両政策……いや、製作~。……福田クン、頑張ってちょ~よ。
20070929104832.jpg
荷台でムフフな女性が隠れて着替えをしている図。
実は、この女性フィギアの黒いアミタイが一番大変ですた(爆)
プライザーの女性フィギアです。兵士はドラゴン……だったかな?

20070929104052.jpg
タミヤのシャーマンです。
映画「戦略大作戦」をモデルとしました。戦車長はドナルド・サザーランド。
あのジャック・バウワーの親父だす。ドライバーにはトルコ帽をかぶせました(笑)
20070929104105.gif
こんな写真でも、モノクロにするとそれなりに~
20070929104119.jpg
コイツもタミヤのシャーマンです。乗員を変えてみました。
20070929104128.jpg
2両あわせて記念撮影っぽく。
ううう~、ライティングがちとヘンだったかも。

20070929104136.jpg
ハセガワ32のBf109とタミヤのフィギア、車両は同じくタミヤのフォードGPA水陸両用ジープとハーレー。
飛行機を交えたディオラマは作ってみたかったテーマです。
Bf109のエンジンから煙が噴いてるように見えるでしょうか?
課題として撮ってみたのですが、実は手前にガラスがあり、煙はガラスに吹きつけて
アングルでエンジン部に合わせました(^^)
20070929104145.jpg
全体像はこんな感じ。水は透明レジンでございます。

20070929104155.jpg
飛行機コラボ第二弾~。
ハセガワ48のFw190とタミヤティーガーⅠでげす。
味方戦車大隊の上空を旋回中でんな。
飛行機にはベビーモーターを仕込んでペラを回しますた。

20070929104206.jpg
タミヤ・ミリタリーミニチュアシリーズ№193!(笑)
34型迫撃砲チームです。キット1箱をそのままヴィネットとしますた。

20070929104217.jpg
イタレリ・ネーベルベルファー41型です。
ロケットランチャーですね。フィギアはドラゴンとその他(わ、忘れた~)
こいつを……
20070929104225.jpg
バックに景色の写真を置き、カメラに接写リングをつけて撮影。
この頃はデジカメではありませぬ~。
で……
20070929104237.gif
スキャンしてパソコンに取り込み、モノクロに変~換ッ!
んでもって……
img190.gif
解像度を若干下げ、明るさを上げてコントラストを甘くします。
カラーバランスのレッドとマゼンダ、イエローの数値を上げまする。
で、セピア調の写真ですぜ~、だんな~(^^)

20070929104254.jpg
タミヤ・Ⅳ号D型です。
お花畑を荒らして、女の子が爺さんに訴えてるの図だす。
うう~む、ドイツ軍、悪い奴め~~。
女の子は48フィギアの改造、民間爺さんも兵士からの改造でおます。
お花畑はドライフラワーですた。

img192.gif
タミヤのヤクトパンツァー後期型です。
映像のトーンがバックの写真と合ったので雰囲気ある写真になったと思います。
……と思ったら、砲身に塗料をこすったアトがー!(爆)
写真を撮ったあとに気が付いて、落ち込んだ覚えがありまする~(笑)

20070930114828.jpg
で、タミヤ1/1のタラバガニと同じくタミヤのフィギア。
フィギアを配置することによって、カニの巨大さを強調してみますた。
もちろん、写真を撮ったあとは胃袋へ(笑)

おあとがよろしいようで――

ううう~、荒れたレースの中ライコネンは3位ですた~。

スポンサーサイト

鮪 刺身

私は鮪が大好きだと断言いたします!
とくに、やっぱりの本鮪がメチャクチャ好きだと断言しちゃいます!(笑)

……って、日本人の大部分の方々も大好きだと断言できると思いますが(笑)
20070927094846.jpg
で、本鮪のトロでございます。
若い頃は質より量でしたが、最近ではその逆でんな。
ちょっぴりと美味いものを、というわけで、この一枚を口に入れると
くぅ~~!旨味が凝縮された鮪の脂が自然に溶けていくという……。
あ~、酒が飲みたい!

20070927094855.jpg
焼き鳥。こいつも日本人の大部分が大好き!と断言しそうですね(笑)
ネギマとカワでございます。出来合ですが、暖めれば充分美味しゅうございます(^^)
七味をちょいと付けて。あ~~、酒が飲みたい!

20070927094903.jpg
蓮根のキンピラ。
蓮根をスライスして炒め、鷹の爪を入れ、酒・醤油・味醂で味付けします。
胡麻油をちょびっと。熱々のご飯にも合いまする。

20070927094918.jpg
お新香は茄子の糠漬けでございます。何代めかの糠床ですが、よく漬かってくれまする。
茄子はすぐに色が変わるので、大急ぎで撮影しますた(笑)
もちろんコイツも熱々ご飯の友ですな。

20070927094926.jpg
具沢山の味噌汁。えのき、玉葱、椎茸、豚肉が入った味噌スープ~~
栄養満点だす。飲む前、途中、後、といつでも口に運びたい一品でございます。

あ~あ、またもや居酒屋のお品書きのようでやんす。

居酒屋「作左」は本日も赤提灯をぶら下げて
皆様のお越しをお待ちしてまする~(笑)

過去の駄作-3

朝晩は秋らしくなっとりますが、
真昼間は残暑がまだまだでんな~
エアコンのオンオフを繰り返しとりまする。

こんにちは
「世界の駄作機」三弾でございます(笑)
いままでのと、ちと違ってこいつらは人のために作ったのではなく、
ただ私めの楽しみで作ったものでございます。
だもんだから、塗装も時代考証もヘッタクレもございません。
もちろん資料なんかもナシに等しいのでごんす。
模型は楽しく作ればいいのよー♪でございます。
異論反論もございましょうが、ご勘弁いただきた~い!っと……(笑)


ハセガワ72 E-15でございます。※F-15Eの間違いだす(追記)
20070921073958.jpg
右側は砂漠のつもり。タミヤの3Dスプレーとかいうものです。なかなかリアル。
20070921074007.jpg
2機を配してみますた。
20070921074014.jpg
フィギアはハセガワとフジミだと思います。もう定かではございません。
P9210170.gif
資料らしき雑誌。
20070921074022.jpg
出戻ったばかりの頃で、缶スプレーと筆塗りでございます。
今、考えるとあまりにも無謀ですな(爆) 置き場所も考えずに夢中で作ってしまいますた。
このころはおかーちゃんも褒めてくれたけど、今じゃ……(泣)


マッチボックス72 He70G-1 ルフトハンザバージョンです。
20070921074029.jpg
フィギアはプライザー。初めてマッチボックスを作った機体でございます。

エアフィックス72 フォード・トライモーター
20070921074037.jpg
ボコベコしていてブリキのおもちゃみたいな飛行機でんな。
そこがまた魅力的~。銀塗装が苦手になったのも、このころのトラウマかも~~


ベンチュラモデル48 橘花。
20070921074045.jpg
右上の写真を再現したつもり(笑)
20070921074054.jpg
簡易インジェクションだったので、ぶっといランナーが見事にパーツに食い込んでいて
ナイフとヤスリ作業が大変だったような記憶が。
ベースのウェザリングのテキトーさが「あ~~あ~!」でんな~(笑)


イタレリ72 Ju52でございます。
20070921074107.jpg
パイロット、兵隊さんのフィギアを座らせるのがシンドかったです(笑)ケツを削った削った。
20070921074118.jpg
プライザーのパラシュート部隊の箱絵にインスパイアされて作りますた。

で、Ju52の発展系でございます(笑)
20070921074126.jpg
Bf109はハセガワです。
20070921074133.jpg
ソフトスキン類もハセガワだったと思います。
20070921074155.jpg
エンジンカウルは開状態として、エンジンにパイピングをしてみますた。
20070921074147.jpg
フィギアはプライザー、エアフィックス、ハセガワと
いろいろと取り混ぜて100人丁度でございます(笑)
Ju52とBf109、フィギアと大きさに差があると、改めてJu52の大きさが分かりまする。

今振り返れば、よく作ったな~と思う今日この頃です。
ドMの素養がひそかに培われた日々でございました(爆)
と、同時におかーちゃんの目つきが変わってきたのも
納得する次第でございまする。

いみじくも誠に恐縮ですが「過去の駄作-4」に続けさせていただきます。

鰻 前川

残暑が厳しかったり、朝晩は秋めいてきたり季節の変わりめですな~
こんにちは。
いや~、今年の夏は異常な暑さが続きましたね。
そんなときは、鰻でパワーを補ったもんす。
しかし、昨今のような味覚の秋でも鰻の美味さを味わうことができまする。
猛暑が厳しい東京にいたころは、何度か前川さんにお世話になりました。

20071013085754.jpg
隅田川に架かる、駒形橋の近くだす。

20071013085804.jpg
人通りは少なく、いつもひっそりと。
鰻を焼く香りがひそかに漂っております。

20071013085816.jpg
店の前だす。鰻屋さんにはあまり見えません(笑)

20071013090322.jpg
玄関。和室のみなので、ここで靴をぬいであがります。
靴下に穴が開いてないかドキドキするときがありますな(笑)

20071013085836.jpg
何組も入れる畳の広間に通され
運良く、窓際の席をゲトー。窓からはゆったりと流れる墨田川がよく見えまする。
ちなみに店名がこのとおり前が川だから、だそうでございますよ。

20071013085845.jpg
まずは、ここの名物でもある白焼を。
濃いめのタレで山葵をチョンチョンとつけて
ガブッ!と。熱くふっくら柔らかで、余分な脂がなくさっぱりしてます。

20071013085852.jpg
で、良く冷えた純米酒をゴクゴク……くぁーっ!
涙がでます(笑)

20071013085900.jpg
ほんちゃん鰻が焼きあがるまで、キモ焼きを楽しみます。
甘味のある苦さで、タレとの相性も抜群です。
こいつを齧り、ゴクゴク、齧り、ゴクゴクでございます。
ううう~、やっぱり日本人に生まれてヨカッタ~~~♪

08.jpg
で、来ますた。
坂東太郎の蒲焼です。ご飯と香の物、吸い物付きです。

09.jpg
香の物。このおしんこも逸品でございます。
単品でもあるので飲み足りないときは、いつもお願いいたします。

10.jpg
肝吸。上品なうす味で、胃に優しいお味でございます。

11.jpg
で、うな重はこんな感じ。
こんがりと焼けた、坂東太郎が器いっぱいにのたうっておりまする~
山椒をバンバンとかけまわし、がっつくように食べませう~~

高級フレンチレストランのラ・コマンタレヴー(笑)みたいな所に行くのであれば
畳の和室で寛ぎながら鰻を食べましょう。
なにせ、箸でございます。
訳分からん料理名でナイフとフォークの使い方に追われ、味がさだかでなかった!
な~んてことはありませぬ(笑)

土日祭は混んでる場合が多いので、平日の昼下がりがええですな。
和室は広く、ご家族連れにお勧めでごんす。
また、個室もあるのでアノ人との密会場所にも。
その後の展開がまた……
……引っ叩かれても、もちろん私のせいではありませぬ。

東京の思い出のひとつですた。





過去の駄作-2

ようやく、猛暑の波状攻撃が止んだようですね。
虫の音もひときわ高くなりつつありまする。

こんばんは。
はてさての駄作機の第2弾でございます。
もちろん、フォトショップで修正しまくりですので
辛うじてご笑覧に耐えまする(笑)

ここに並べてあるブツは全て依頼によるブツで
原料を調達して我が家で精製し、
闇で捌いた純度100%のものですぜ~  だんな~(笑)

20070910192724.jpg

20070910192742.jpg

20070910192749.jpg
ハセガワ48のJu-87です。
普段、48はあまりつくらないのですが、いい刺激になりますた。
作ってる最中にプロペラの軸が折れてしまい、往生しました(笑)
ガルウィングの翼、機体の独特なラインも魅力的ですね。
適度にウェザリングを施しました。

20070910192757.jpg
ハセガワ72のF-104でございます。
Mrメタルカラーのステンレス、クロームシルバー、アルミなどでパネルごとに吹き分けましたが
普通のシルバーを吹いた状態とあまり変わらないという……(笑)
№8のシルバーに少量のブラックやグレーを混色し、いくつかのシルバーを作り
色の濃淡で差別化をはかったほうが効果的かも。
……銀色もあまり手に付かないし(笑)

20070910192808.jpg

20070910192815.jpg
アカデミー48。F-86F-30セイバーです。
確か、発売時はハセガワとブッキングしたブツだと記憶してまする。
……だ・か・ら、銀塗装はヤだっちゅ~のに~~(TT)
主翼・胴体の黄色帯と垂直尾翼のチェッカーは一応塗装としますた。
フフン、えらい?(^^)
フィギアが結構いい出来で、思わず作ってしまいました。
性やな~~

20070910192833.jpg

20070910192843.jpg
エデュアルド48のアルバトロスでごぜぇやす。
48での複葉機は初めてだったので、緊張した覚えがありまする。
ご依頼どおり、一切のウェザリングをしていません。
……のためか、なんとなくノッペリとしたブツになってしまいますた。
赤をもう少しハデハデにしたほうがメリハリがあって良かったですな~

20070910192851.jpg

20070910192857.jpg
タミヤ48、UHU。
機首車輪部がメタル製なので、尻餅はつきません(笑)
モットリングがフリーハンドだったので、ちとシンドかったです。
私は吹く場合、塗料はシャビシャビなので何度も同じ部分を吹きまする。
ひとつの模様に少なくとも4回以上は吹いているので、
×全体の模様の数ということになりまする~~
模様の数が400ぐらいだとすると、その4倍ですな……
って……アホやん(笑)

20070910192905.jpg

20070910192918.jpg

20070910192925.jpg
タミヤ48、雷電でおます。
この丸っこい機体、メッチャ好きやねん。
……女性の好みも似てるかも(爆)
スケビの作例にあったものを参考にしますた。
48だと、72に比べると塗装も神経と注意を必用としますな~
それに、塗料の量も……(笑)
迫力ある仕上がりも48は増大しますね。

20070910192933.jpg

20070910192941.jpg

20070910192954.jpg
モノグラム48。B-29。
とりあえず、デカかったという記憶だけが……(笑)
コイツもシルバー塗装でグググーだす。
ギミックとして、翼端灯をムギ球で光らせることにしました~
パーツ数は多いわ、しかも成形色が違うわ、合わないわ、パテ大盛りだわ、
やすりがけ大変だわ、透明パーツ割れてるわ、酔いたいわ、おんな抱きたいわ、
寝たいわの大騒ぎだす(笑)
個別にファッツボムも作りますた~
こんなん、二度と作りたくありまへん!

過去の写真をめくると、当時のその場の楽しい(シンドイ?)ことを思い出し、
充実した時間を過ごすことができまする。
ブログというツールは当時は無かったので、写真やデータに頼ることになりますが、
酒の肴にはもってこいでおます。

……で、図々しくも「過去の駄作-3」に続きまする(笑)
ご容赦くださりませませ~


過去の駄作-1

こんにちは。
お久しぶりでございます。
台風九号は強力で大変でしたね。
通過した地元の皆様方にはお見舞い申し上げます。

さて、長い間生きていると、知らずに完成したブツが
溜まってくるものでございます。
私は一応完成すると、写真の一枚でも……と
撮るようにしていますが……いやはや、過去のブツを改めて見ると
反省材料がた~~~っくさんあるものですな~(笑)
そんなブツを並べてみますた。
(そーいや、ここ最近は、ま~~ったく何も作ってないなー)

で……ご笑覧くださりませ。

20070907183035.jpg
ハセガワ72の一式陸上攻撃機二二型です。
ウェザリングは一切していません。
組み立てて、塗って、尾翼にデカール貼って……エイ!ヤッ!てなもんです(笑)
ハセガワは組み立てやすいですね。…だから好き~(^^)

20070907183049.jpg
ハセガワ72。中島百式重爆撃機 呑龍です。
いや~、シルバーはめんどくさいでんなー。わては苦手でっせ~
なにせ、持ったり、触ったりしていると
機首上面やエンジン部の黒い部分にシルバーの指紋が付きまんねん(泣)
窓のフレームは隠蔽力があるので、筆で塗れるからいーケド。
これもウェザリングはしていないので、ピッカピカだす。

20070907183101.jpg

20070907183117.jpg
アリイ72。飛龍。
これを作った直後にハセガワから出やがりました!
アリイ恒例のギミックはあまりありませんでしたが、
「グレイ」のようなパイロットは付いていたと思います(笑)
機首の透明パーツが合ってくれなくて、一晩中泣いたものでした…ううう……
今、思い出してもうっすらと目頭が……
全面に施された、プツプツのリベットは無骨な雰囲気満点です。

20070907183129.jpg

20070907183139.jpg
ファインモールド72 九州東海 2種。
はじめはパブラのビニールを開けて、さて、東海でも料理してくれよう!
と思った直後に、ファインモールドから発売された覚えがありまする。
もちろん、製作はそんなに難しくありませんでしたが、
コクピット機内色が分からず苦労した覚えがあります。
九二式旋回機銃(ルイス機銃)は同社のメタルパーツに交換しました。
バリエーションは、主翼・胴体にアンテナがあるかないかの違いだすな~。

20070907183149.jpg

20070907183201.jpg
ハセガワ72 屠龍 2種。
コイツも写真以外に何機か作りました。ファンが多いようですね(^^)
塗装やマーキングのバリエーションが結構派手で沢山あるせいかもしれませんね。
フリーハンドで吹いちゃってるので、
明灰白色とダークグリーンの色の差がボケボケですな~(笑)
多少のウェザリングを施してるので、ゴマカシになってまする~(笑)

20070907183216.jpg

20070907183300.jpg
ハセガワ72 九九式双発軽爆撃機。
ボックスはハセガワですが、ご存知のとおり旧「マニア」社の金型ですね。
当時(といっても、いつ頃か分かりませんが)の製品レベルとしては
凄いものがあったと、噂ではいつも聞いてました。
現在でも十分耐えられる製品ということで証明されてまする。
コクピット内も細かくパーツ化され、へぇ~!を連発。
他に「マニア」社のキットはハセガワブランドで
三菱九九襲撃機や九七艦爆などがありますね。
この機体は、単色塗装でラクですた~(笑)

20070907183321.jpg

20070907183353.jpg
レベル72 九七式重爆撃。
グンゼブランドで出てますた。メチャクチャ頑丈そうな箱でしたね~。
二通りのバージョンがありました。写真の他に背中が旋回機銃ではなく
窓のバージョンがありまする。
カラー印刷の塗装ガイドなんかが付いてて、ゴージャスなキットですた。
このラインもフリーハンドでしたが、指が痛くなりますた(笑)
凸モールドで全面リベット付き~~
そう、昔のあのキットの雰囲気だす。


20070907183428.jpg

20070907183439.jpg

20070907183449.jpg

20070907183527.jpg
ハセガワ72 九六式陸上攻撃機です。コイツも2種。
ちとマーキングが違うだけでんな。
この機体はウェザリングを施しておりまする。
羽がとてもデカイ印象があります。あの赤茶色は試行錯誤の末の色で
ナカナカ調色が難しかった記憶が……。

いずれの機体も日の丸と識別帯、胴体や尾翼のラインなど
なるべく塗装としています。
また、ディティールアップはシートベルトとブレーキのパイプラインぐらいで、
ほぼストレートでおます。
この子達はいろいろなところに嫁いでおりまする。元気かな~?
並べてみると、なんか日本機双発機のみとなってしまいますた。
「過去の駄作-2」に続きまする~~

秋の到来といっても、残暑はままだまだ厳しいですね。
くれぐれもご自愛くださいませませ。


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。