titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

戦艦 三笠 壱

●水祭り「MBR-2」の完成はこちらをどうぞ

20061029183132.jpg
こんばんは。
めっきりと涼しくなって、朝晩は寒いくらいですね。
この季節はなにを食べても美味く、カロリー摂取量が多くなり太る一方です。
それに伴うアルコールの量もメッチャ増えてまする~(笑)

さて、三笠、1/350のハセガワです。
作りたくて、作りたくてしょうがありませんでした(笑)

で、先日の3連休のときに横須賀に本物を見に行ってきました。
そのときのレポートを兼ねて、進めてみたいと思いまする。
20061029182847.jpg
横須賀、三笠公園に鎮座まします「記念艦 三笠」です。
手前には、東郷平八郎司令長官の凛々しいお姿の像が立っています。
青い空には日の丸の旗が鮮やかに翻っておりました。
思わず敬礼しそうになりまする(笑)

20061029182857.jpg
ちなみに「さかみ」ではありませぬ。
日本語は右から読みまする(笑)
みかさのプレートが貼り付いているスタンウォークは、左右の扉が長官の私室に通じています。
よって、原則的に東郷長官しかこのスタンウォークは歩くことができません。
20061029183118.jpg
で、歴史的には、米軍による捕獲後は本体を残し、上部の建造物は全て撤去され、
ダンスホールと水族館にされてしまいました~(TT)
ですので、現存する当時の三笠はボディのみということで、
他はレプリカとなりまする。
しかし、膨大な資料に裏付けされた1/1の模型は、充分に観賞に耐え
模型制作に刺激を与えてくれます。
20061029182905.jpg
舷門を上がり左を見ると6インチ副砲が見えます。
かなりの迫力。甲板は木を強調しているのですが、当時のように
掃除も磨くこともしていないので大分くたびれた甲板です。
20061029182913.jpg
煙突基部と煙管型通風筒の群れ。ベンチレーター(通風筒)はかなりでかく迫力があります。
丁度、おば様がいらっしゃったので、大きさの比較ができまする。
ボートデッキ、最上甲板から煙突基部への柱のディティールも見ものです。

さて、我帝国海軍作左工廠。
20061029182920.jpg
すあまさんより提供の三笠竣工時の写真をB4にプリントアウトし
製作机前面に貼り、モチベーションを高めておりまする~(笑)
すあまさんありがとうございます。

で、製作は少しディティールアップをしようかと…
20061029182934.jpg

20061029182941.jpg
まずは定番の、ハセガワ純正の「ベーシック」です。
これだけでも、充分リアリティあるモデリングが楽しめまする。
艦橋、煙突基部、キャットウォークなど、ほとんどの手摺は
カバーしているので実感ある製作ができまする。
また、膨大なフィギアが付いてまする。
黄海海戦時と併用なので、あぶれるパーツもありまする。
20061029182947.jpg

20061029182955.jpg
同じく、ハセガワ純正の「スーパー」。
内容は艦載艇のレジンパーツや「ベーシック」に漏れているパーツです。
スクリュープロペラのメタルパーツなどがありますが、プラと形はほとんど変わらないので
キットのままでも充分かと……
ベンチレーターの口部分のパーツは必要ですね。
また、艦載艇の舵や、架台などがパーツ化されてます。
20061029183004.jpg

20061029183014.jpg
上海ライオンロア。上記「ベーシック」「スーパー」に含まれてない
パーツを使用します。まずは梯子類。
ハセガワのパーツはキットのプラに手摺のみを接着するものですが
こちらは、踏み板もパーツ化されています。
向こう側が見えるか見えないかの違いですが、艦橋部分に架かる
梯子だと、一目瞭然でその差が現れると思います。
また、6インチ副砲の砲身もメタルパーツでの表現なので
それも魅力の一つです。
艦橋最上部の後部海図室及び前部操舵室・海図室がパーツ化されて、
キットよりシャープな仕上がりになってます。
ただ、手摺の類は細過ぎて加工に一苦労されそうです。

主にこの3種から、製作意図に合ったパーツをチョイスしての使用とします。

20061029183023.jpg

20061029183034.jpg

20061029183042.jpg
ホワイトエンサインのパーツ。
フィギアは凡用で、空母用のもありますが、こねくり回しての使用となりそうです。
日本海軍の扉類。ぬるいモールドもこれに取り替えれば、見ためもスッキリ(笑)
フェアリーダー。ちゃんと厚めになってます。
って三笠には艦首にしかないようなので使用するかは未定です(^^)
20061029182926.jpg
船の科学館発行の資料。
この小冊子がやっぱり一番いいみたい。
300円とリーズナブル。その割には内容が凄く濃いです。

20061029183125.jpg
今回もディオラマ仕立てにしようかと思っています。
そのデザインソース。やっぱり飛行機がなきゃ!
てなわけでモーリス・ファルマン1912年型水上機にもご登場願おうかと…(笑)

で、塗装はと
20061029183055.jpg
日本海軍基本塗装用やピットロードのカラーをベースに、
20061029183103.jpg
ソリッドカラーの茶も使用しつつ、甲板色と艦底色を作り
20061029183110.jpg
エナメルのホワイトエンサインの日本海軍カラーで
ウエザリングや陰影をつけていこうかと……。

す、すいません。
キットに手をつけた記事がありませんですた~!

10年ぶりぐらいご無沙汰のお船の製作なので、
製作が楽しみです。

またまた長い記事にお付き合いいただき
ありがとうございました。
スポンサーサイト

食欲の秋

20061019215531.jpg
軍鶏の焼き鳥。東軍鶏のモモ肉をぶつ切りにして
串をうち、弱火であぶる。
あぶらがじゅうじゅう出てきたら、塩を振る。
それを何度か繰り返し、完成~
レモンをギュっと絞りかけ、かぶりつく。
軍鶏は歯ごたえが良く、噛むほどに実にじゅうしぃ~……ううう
美味い!
ちなみに、家庭での焼き鳥は金串が無難(笑)
20061019215518.jpg
昨夜は鮭だったが、まるまる残ってしまった~
で、身をほぐして、白いご飯に海苔とともに乗せた。
そしてイクラを乗せちゃう!
20061019215542.jpg
わはは~(^o^)、出来たぞ~ 鮭イクラ丼~!
イクラは釧路の松田水産から送ってもらったものだ。
ガツガツと食らう!

で、鯖の味噌煮~
なんで、こんなに美味いのだろう~
こってりとあぶらの乗った鯖を、
出汁に仙台味噌を溶かしトロトロと煮込む
臭みを消すための、生姜も忘れない。
20061019215551.jpg
これだけでも、熱々の白いご飯にはもってこいだ。

この季節、なにを食べても美味い。
酒も進むぞ~。


ああ~、やっぱり明日は会社に行きたくないな~(TT)

作左衛門 江戸見聞記 十二

江戸時代の商売 二
「呉服屋」
呉服屋は江戸時代のドラマ、映画、小説には欠かせない存在ですね~。
日本橋近辺に集まるデパートの元祖が呉服屋さんでした。
江戸での呉服屋は、もともと京都、近江、伊勢にあった大店の江戸支店がほとんどでした。
江戸に幕府が開かれ、急速に発展する様を見聞していた京、近江、伊勢の商人達が見逃すはずはありません。
その中でも、もっとも利益幅の大きな呉服が大量に江戸へと運ばれてきます。

20061015163815.jpg

尾張町の呉服屋、恵美須屋(えびすや)の店先です。
商品を購入すると「恵美須銭」と称して返金され
貯めると吉事があるといわれ大盛況でした。
現在のポイントバックのようなものですね。


当時(家康入府時)、江戸は関西の大都市に比べるとまだまだ新興の住宅地のようなもので、武士(サラリーマン)の家族がぞくぞくと移り住んでいるのに、見世(商店)の数は圧倒的に足りません。
で、幕府はまず大工や左官屋、鍛冶などの職人、また漁師や農夫などを地方から呼び寄せます。大工町とか鍛冶町とかありますよね。

江戸が街として機能し始めると、自然に食べ物屋や遊ぶ所が出現し、江戸で商売すると儲かると喧伝されるようになります。
「よし、江戸に出て一旗揚げてやるべ~」となりました。
この現象は現代にも継承されているかもしれませんね。
地方の方が「私、東京に行って働きた~~い!」というのに似ています。
当然、上記のように利に聡い京、近江、伊勢の大店も江戸店を出店させました。

近江屋・京屋・伊勢屋
本来、「呉服屋」とは絹物しか扱いません。
木綿や麻などを扱う見世は絹より糸が太いということで「太物屋」といいます。
「呉服屋」、「太物屋」と分けて扱っていましたが、商人達は「江戸ではなんでも売れまんがな~!」ということになり、大々的にいろいろな物を扱うようになりました。
近江系は呉服、木綿、生糸、畳、蚊帳(かや)、筵(むしろ)など近江近郊が生産地のものを、京都系が呉服、生糸、木綿、真綿、小間物、また人形、金工、漆工などの伝統手工業を多彩に仕入れました。
日本橋大伝馬町一丁目は、木綿の生産地で有名だった伊勢の店が軒を並べました。木綿の他にも紙などを扱っています。
時代劇では、大店としてよく「伊勢屋」が登場しますね。商魂逞しい伊勢の商人は、地元の本店が木綿を買い集め、そのまま布として、または加工して江戸へせっせと送り、江戸店が手広く販売して、関東・東北までその商圏を拡大していきました。
伊勢店の評判が高まり、「伊勢屋」という屋号が信頼と安心を人に与えます。
で、「伊勢屋、稲荷に犬の糞」と言われるぐらい江戸でもっとも多い屋号となりました。
ま、逆に言えば「伊勢屋」という名をつければ見世として成功の確率が高かったようです(笑)
現在のように商標登録というものはありませんから、うるさいことは言われずに誰でも……例えば豆腐屋でも、古着屋でも「伊勢屋」は名乗ることができまする。
※しかしながら屋号における争いは、皆無ではありません。
 小店同士では少なからず、どっちが先に店名を名乗ったかという
 訴訟は起こっています。

越後屋
20061015163828.jpg


駿河町の越後屋です。
道の両側が店先。道の先に富士が見えたので
駿河町といわれました。

20061015163850.jpg 呉服屋としては「越後屋」が有名ですね。現在の「三越」です。……これも「伊勢屋」と同じで三井グループとは関係のない商人も「越後屋」を名乗っているパターンが沢山ありました。「越後屋、おぬしも悪よの~~」ぐらい有名ですね(笑)
で、本物の「越後屋」の歴史をちょびっと。
伊勢松坂出身の三井高利(みついたかとし)という人が江戸で呉服店(松坂屋?)を商っていた兄のところへ奉公に行きました。しかし、兄は成長する高利の抜群の商才を妬んで、高利二十八歳の頃におん出しちゃいます。高利は郷里に帰り金融業を営みます。この間に十男五女(妾腹も含めて)をもうけ、再び江戸進出を虎視眈々と狙っていました。
廷宝元年(1673)に兄の俊次が亡くなり、高利はただちに京都と江戸に呉服屋をオープンさせ「越後屋」と名づけました。そして見世自体は息子達に任せ、自分は伊勢松坂で指揮を執ります。
天和三年(1683)に江戸店を駿河町、現在の三越日本橋店の場所に移転し、両替商の看板も掲げます。
このころに「現金安値掛け値なし」という商法を完成させます。
それまでは、荷受問屋(流通問屋)を通して商品を仕入れ、掛売りで盆暮れに集金し、価格も購入時にその都度交渉して決めるというものでした。ほとんどの「呉服屋」がこの販売方法でしたが、高利は一挙に改めます。まずは荷受問屋を通さず織元から直接仕入れ、安価な値札を商品に付け、現金販売としました。そして、一反売りから客の求めに応じて少しの生地でも価格をつけて販売するようになりました。呉服屋の量り売りですね。この販売方法は流通革命と言われるほど評判を呼び大成功です。現在の流通販売の礎と言えるかもしれませんね。そして、商いの本場、大阪にも見世を構えます。
高利は、元禄二年に江戸の本両替仲間に加入し、二年後に金銀御為替御用達になります。幕府の御墨付きですね。一代で江戸、京都、大阪の三都に呉服と金融を扱う同族企業を組織しました。しかし、幕末になってくると不景気になり、呉服、金融ともに「越後屋」の危機が訪れます。高利は、見世をたたんで伊勢松坂に引っ込もうという意見に耳を貸さずに、幕府・朝廷・薩長、と幕末を賑わしていた権力機構の情報収集に努めました。で、官軍(薩長)に多額の軍資金を提供する決断をしました。
先見の明もあったのですね~。実際、この頃は幕府が負けるとは誰も思ってません。で、結果は官軍の勝ち~~。高利は論功行賞で、再び新明治政府から為替方を拝命し、政府の財政と深く関わって、財閥として発展することになります。
明治五年に呉服部門を三井グループから切り離して「三越呉服店」として独立させます。三井の越後屋です。よく言われるように、江戸に来たときに山を三つ越えて来たからではありません(笑)。
現三越百貨店は今も揺るがない基礎があり発展を続けています。武蔵村山にも出店しますね~。メデタシ、メデタシと(^^)
20061015163837.jpg


越後屋の内部の上がり框です。
奉公人が忙しそうに働いています。



お買い物
江戸時代を通して、呉服屋さんで物を買うということは、お客にとってはある種のスティタスとなっていました。
例えば、薬種問屋のお嬢様が呉服屋さんに帯を買い物に行くとします。
20061015163928.jpg

典型的なお嬢様。
菊見の会を催して
はしゃいでるようですな~(^^)



すると、そのお嬢様専門の手代が現れて文様見本帳やら生地見本を提示します。いわゆるカタログですね。見ている間には、茶菓が出されて、横でお香が焚かれちゃったりします。
「下へも置かぬもてなし」(サービス)ですね。お嬢様に付いて来た、お付の人は、専門の待つ場所があって、煙草や茶菓、ときによってはお酒などのサービスがあります。
お嬢様は一刻以上(約2時間)、あ~でもない、こ~でもないといいながら、帯の生地、柄、またそれに合う小物、紐、はたまた和服自体を選んだりと、のんびりショッピングを楽しみます。「お腹が空いた~」と言えば、もちろん食事も出てきます。
で、お嬢さんは「これとこれとあれ~~」とお気に入りをいくつか決めて、一旦自宅に帰ります。
するとその当日か遅くとも翌日にお嬢様付きの専門手代が何人かの丁稚(でっち)に、お嬢様が選んだ反物などを持たせて、薬問屋にやってきます。お嬢様の部屋でまたまた、あ~でもない、こ~でもないと、今度はお嬢様の母親も交えて始まりまする。
お嬢様にとって、買い物は一大イベントでありまする~(笑)。なんとも優雅なショッピングですな。これがお金持ちの一般的な買い物風景です。

20061015163901.jpg


着物の小紋見本帳です。
遠くで見ると無地に見える細かい小紋が粋とされ、意匠を凝らした模様が沢山ありました。


お武家では、見世に足を運ぶことすらしない場合が多いでござります。家の用人を呉服屋へ行かせ、「当家の姫が、流行の柄を所望いたしておる。よしなに……」と言わせまする。
すると呉服屋は反物など大八車にうんじゃり積んで、お屋敷に来ます。で、お姫様が一日をかけて、あ~じゃれこ~じゃれと選びまする。
庶民である熊さん、八っつぁんの愛しいおかみさん達は、めったに呉服屋なんかには行けません。
年がら年中、古着で通します。また、古着を仕立て直して普段着にしてました。

現在は、着物というと正月、成人式、結婚式、葬式などの節目に着る場合がほとんどですね。だからなんとなく、堅苦しいというイメージだけが先行して、普段から袖を通す人はあまり見かけません。銀座のママさん達は普段から着てるようですが(^^)
当然のことながら江戸時代ではすべてが和装です。
実際に洋服よりも着やすいといわれてました。ラフな感じで帯もゆるめていればかなりの自由が利きますし、機能的でもありました。
女性も男性も普段から、日本の伝統ある着物を活用してほしいものです。

出世階段
一方、呉服屋さんの内側はというと、これは男所帯で大変なサバイバルレースでした。
よくテレビや小説では、広い台所で働く若い炊事係りの女性の奉公人と手代との許されないラブストーリーが展開したりしますが、それは絶対にあり得ません。
なぜなら、江戸の大店である呉服屋はほとんどが上方(関西)からの出見世、いわゆる江戸支店です。
その江戸支店で働く全ての人は上方で入社テスト、面接を受けてパスすると江戸に送られてきます。しかも男性のみです。
丁稚と言われる11歳ぐらいの男の子、仮に勘治が、本店のある上方で採用され何人かの同期とともに江戸に下ってきます。見世では掃除、洗濯、炊事などの下働きが五年間続きます。しかもこの間は無給。
勘治は上方では頭は良かったのですが、貧乏でした。だから、無給でも衣食住が十分に支給される生活は満たされていると思っています。一ヶ月にたった一回しかない休みも、持ったこともない小遣いを渡されるので幸せです。
勘治は五年間無事に勤め上げて江戸店で元服します。名前も勘太郎に改め、晴れて「若い衆」となります。それからまた四年間、新しく入ってくる丁稚の世話や行儀作法に磨きをかけ、江戸店に入って九年目に勘太郎は始めて里帰り(初登り)です。
ここまでくると勘太郎の親にも見世から金一封がでます。
関西弁は消え、洗練された勘太郎は久しぶりの両親に暖かく向かえられ、懐かしく楽しい時を約一ヶ月間過ごします。また、江戸に帰ると「手代」というポストが待っているので、勘太郎は自信が漲っています。ここまで来るまでには、何人もの同期の同僚が辞めていきました。
勘太郎は手代になっても奢ることなく無給で働きます。成績も良く、客からの受けもいいので、出世の階段を着実に登って行きました。
「小頭」「年寄」などのポストを歴任し35歳で「番頭補佐」になります。ここまで来るまでに上司からは殴られながら仕込まれました。思った以上に「体育会系」です。
いまの上司の大番頭や総支配役は50歳前後ですが、まだ妻帯していず帳簿をめくりながら相変わらず口うるさい人達でした。さらに勘太郎は五年間働き、40歳でやっと大番頭になります。
感慨深いものがこみ上げてきます。
20061015163912.jpg

木綿問屋丹波屋の帳簿。
大番頭が作る帳簿です。
商人社会の帳簿作成能力をうかがわせる、
圧倒的なボリュームです。




勘太郎は長屋からの通いの身になり、もちろん恋愛のひとつやふたつは経験しましたが、まだ一人身です。
上方の本店と江戸店の間を行ったり来たりしている間に、本店は代替わりしていて、新しい主から縁談の話しも舞い込んできています。
勘太郎はその縁談を受けて、江戸で質素な祝言を挙げ、さらに五年間、江戸店で働きました。主に部下の指導と外商です。
そして、ついに「総支配役」となり、江戸店を任されるようになりました。住まいは江戸店の奥に移り、何千両という金を動かす身分になれたのです。めでたしめでたしと……。

勘太郎のように、このサバイバルレースに勝ち残る人は2~300人のうち一人か二人です。この江戸支店の責任者になるという「番頭コース」の他に、「独立コース」という出世階段がありました。「独立コース」はいわゆる暖簾分けですね。番頭になるときに、見世が全て金を出してやり、マーケティングリサーチを念入りにした場所へ出店し、そこの責任者にならないか?というコースです。フランチャイズ店と言ってもいいかもしれません。
呉服屋も武家社会以上に凄まじいサバイバルゲームの舞台でした。


20061015163938.jpg
プロシア公使が来日し、日本・プロシア修交通商条約を
締結したオイレンブルグが書いた「東アジア遠征記」に
掲載されたイラストです。万延元年(1860)。
日本橋に続くメインストリートと言われておりまする。

次回は呉服屋の基本商品である和服についてちょぴっと(笑)、
記述してみましょう。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。


「きっこの日記」

10月の10日に「きっこの日記」なる本が発売された。買おうかドウシヨウかすんごく迷ったけど、財布と相談して結局はヤメルことにした。内容的には興味心身・・・・イヤ、津々で、近所の紀伊国屋書店へ欽ちゃん走りで向かうつもりだったけど、見事な金欠病のうえに買わなきゃならない書籍がうんじゃりあって、せっかく「きっこのプログ」にハマリかけてるわたしとしては、非常に残念だけど、涙を飲むことにした。そもそも、この「きっこの日記」を知ったのは1年半ぐらい前で、週間文春のひとつの記事として出ていたと思う。まだ「ブログ」という言葉が一般に定着する前のことで、わたしは早速自宅で当時の立ち上がりの遅いパソコンで検索をしてみたが、なかなか見ることが出来ないので、半ばあきらめかけのときにやっとヒットした。わたしはサラっと読んで、「なんじゃこりゃ・・・・あんまし、面白くない!」と、そのまま「きっこの日記」はわたしのアタマから完全に忘れかけようとしていたんだけど、先日、フトしたことからたまたま「きっこの日記」を、ヤフーの掲示板の歴史トピから発見し、改めて読んだらなかなかタメになることが書いてあると思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?

・・・・そんなワケで、話をクルリンパと戻すけど、この「きっこ」なる謎の人物をいろいろと調べてみた。「きっこの日記」および「きっこのブログ」を見た、または愛読している人は沢山いると思う。また、「なにをいまさら~」とモニターの前でボヤキ始めている人もいるかもしれない。でも、まだまだ知らない人もいるかも知れないのでとりあえず、取り上げてみる。まず、カンソウとしては記事がやたらと長く、多々読みづらいテンがあることだ。しかし、このぐらい長い記事をほぼ毎日更新していることに、ビックル一気飲みしちゃうよ。「きっこの日記」は2000年の10月19日から某携帯サイトへの投稿から始まる。職業はフリーのヘアメークアーティストで、俳句好き(号は横山きっこ)。1972年東京渋谷生まれで34才、独身で本名が横山希美子(戸籍上とは確認されず、ペンネームの可能性大)、現在は世田谷で多摩川の近くに住んでいるらしいことまでは判明しちゃっているのだ。この日記の難点は上記のように、記事がやたらと長いことだが、驚くことになかなか飽きさせない文章なのだ。殆どの記事は一気に読む・・・・読まされてしまう。もちろん、中には読むに値しない記事もあるのだが、その内容の守備範囲の広さにもビックル一気飲み。
「きっこ」の好きなMAXのことや、F1レースのこと、芸能界の裏情報、また、テレビ界の汚職問題や政治関係など、パチンコ・麻雀の話題から北朝鮮問題に至るまで多岐に渡っている。2004年の日記あたりから、記事の内容が政治問題へとシフトして、やれコイズミ、アベシンソ゜―、ナンミョーと連呼しちゃいながら、亀田に負けないような強烈なパンチをボディに見舞わせているワケだ。耐震偽造問題では「きっこの日記」が公の各所に登場し、物議をかもし出したのは記憶に新しいところだ。さらには、最近の記事としては、例の亀田選手の8/2のタイトル戦に対する辛辣な記事。そして、「きっこ」自身が猫好き(らしい)のせいなのか、直木賞作家の坂東眞砂子の「子猫殺し事件」には激しく噛み付いているワケだ。やはり、誰でもが思うところ、ボキャブラリーの豊富さと文章の巧みさで、複数のジャーナリストやカメラマンたちが共同で立ち上げたものかもしれないとも感じることができるが、ときとして、間抜けっぽいところも出てきちゃう。好きなMAXの記事などは、女性らしく褒めまくる箇所が随所にあったりもするワケだ。それはそれでジンジャエールとして、ま、結論としては、やっぱり女性が一人で、ウ~ジャラと世間に反旗を翻してる図に見えなくもない。
と・に・か・く、知らなかった方は読んでみることをオススメしちゃう今日この頃なのだ(笑)

★今日も最後まで読んでくれてありがとう♪


「きっこの日記」

「きっこのブログ」(日記のミラーサイト)


「水祭り その5」 MBR 2

20061009145451.jpg

20061009150549.jpg
てなわけで、こんにちは。
この3連休は、1日目に三笠を見に行っただけで
あとは模型三昧でございました。
暑くもなく、寒くもなく製作にはいい日が続いてくれましたね~
で、どうにか、完成いたしました。

さてさて、肝心の飛行機はと……
20061009161836.jpg
主翼を強引に接着させて、甘いモールドは削り取り、
プラ板で貼っ付けました。エバーグリーンの0.2㎜です。
20061009161852.jpg
シルバー、Mrカラーの№8をブヮ~!っと全体に吹きつけます。
傷やヤスリ跡がちとありましたが、無視無視~(笑)
20061009161905.jpg
蛇行模様はMrカラーの№340。FS34097です。
クレオスのリニアコンプレッサー・プチコンで吹いていきまする~。
細吹きで何度も何度も行ったり来たりでござりますがな。
指が痛くなりますた。
エンジンを支える支柱は0.5㎜の真鍮線に変えてます。
20061009161918.jpg
コクピット内は写真を貼り付けたり、
シートに地図を置いてみたりと好き勝ってにやっちゃいます。
シートの後ろは壁みたいにのっぺりとしていたので
メモを貼ってみました(笑)
風防はそのままだと、うまく収まってくれないので、機体の方に
溝を掘り、納めちゃいます。
機首周りのゴチャゴチャした小物は、キットのままだとモールドが
グチョグチョなので、作り直しです。
20061009161931.jpg
で、風防を接着。開けた方にはヒンジを加えて、
0.3㎜のプラロッドでワイヤーを追加です。
ついでに、ここは良く見えるところだから、カラーの地図を(笑)
そして、ミーシャ用に暖かいロシアンティーを(爆)
20061009162000.jpg

20061009162207.jpg
これで、工作と基本塗装は終了~
20061009162311.jpg

20061009162223.jpg
デカールを貼って、シルバーの艶を抑えるように
少しウェザリング。
20061009162237.jpg
フィギアは飛行機ににこの4体。
腕やヘッドを組み替えて簡単な改造をしてまする。
いずれもプライザーです。
20061009162336.jpg
塗装は、ベースにラッカーのホワイトを。
ハンブロールとタミヤカラーのエナメルで細部を筆塗りです。
で、所定の位置へと接着~。

20061009162400.jpg
「おい、なにあれ」
「ちは~、三河屋で~す。頼まれものをお届けに来ました~」
「ちょっと、なにそれ」
「ウォトカ、20ケースで~す」
「誰が頼んだのよ!」
「スターリングラードのサクザノフスキー大佐で~す」
「ったく、あっちは武器も弾薬もないっちゅうのに!あのバカ大佐は何を考えてるねん!」
てな、シチュエーションですかな~(笑)
20061009162415.jpg

20061009162433.jpg

20061009162448.jpg
まぁ、どうにかこうにかの完成でございますた。
「水祭り」という楽しい企画あっての完成だと思いまする。
……ただ、もうしばらくはウクライナのキットは作りたくありません(TT)

またまた長くてすみません。
ご覧になってくださり、感謝、感謝です。
さ~て、三笠だぞっと~

雨の渋谷

今日は、秋の雨が冷たく降った一日でしたね。
こんばんは。
家内の話しで恐縮ですが、
家内が、いままで十数年勤めてきた会社を退社いたします。
我が家は共働きで、お互いのプライバシーを守りつつ、
いい関係で過ごしてきました。
紆余曲折があり、彼女なりに悩んだ結果なので
私は賛成いたしました。
で、ささやかで派手なプレゼントということで↓
shibuya2.jpg
このピンクの枠にドドーン!とメッセージを頼んだのです。
文章だけを送信するので
どんなのが映し出されるのか、多少の不安はありましたが……

で、こうなりました~(爆)
shibuya1.jpg
いや~~、ハデハデでおます~

雨の渋谷で、

夜のネオンが輝く中に

このメッセージが一時間おきに

5回ほど、ドドーン!と出まする



で、問題なのは、本日一緒に見ようと彼女をデートに誘ったのですが、
連日の送別会が続いていて、見事にフラれてしまいますた~
せっかくのメッセージでしたが、
彼女はまだ見ていません(泣)

私は良く見える位置を確認し、

一人でこの証拠写真を撮って

スゴスゴと家路を急ぎますた~

ううう、なんか悲しい~

さてさて、模型でも作ろっと♪

「水祭り その4」 MBR 2

涼しくなりましたね~
こんばんは。
一杯、引っ掛けてま~す。
今晩もちと長いかもしれませんが、酔っ払いのたわごとだと思って
お目を汚させていただきまする~
……すんません。
で、ベリエフと会話をさせる重要ポストのトラックだす。
20061003224210.jpg
ディティールアップらしいものはしませんが
ライトぐらいは…(笑) って言うか、最初から(キットを開けたときから)
透明パーツは入ってなかったので、ウェーブのクリアパーツの利用です。

20061003224238.jpg


20061003224252.jpg
木製部分はウッドブラウンで塗装します。

20061003224317.jpg
で、全体的にロシアングリーンを塗装。
ウッドブラウンが浮き出て、重ね具合によるメリハリがつきまする。
ベース塗装が完了!

20061003224337.jpg
フィギアはプライザー。なんか東洋人になってしまいますた。
ま、ウィグル自治区あたりからの召集ということで……(笑)

20061003224410.jpg
トラックに乗せて

20061003224427.jpg
「ヨッ!」てなもんです。

20061003224441.jpg
このパステル粉を使用してウェザリングです。

20061003224454.jpg
ロシアらしからぬユーモラスなマーキングのデカールを貼り
ジャーマングレーやレッドブラウン(いずれもエナメルです)
で剥げチョロと錆を表現。

20061003224507.jpg


20061003224519.jpg


20061003224543.jpg
あとは、上記のパステルで、さらにの錆や埃、ドロなどを表現。
定着はアクリルの溶剤でごんす。
20061003224600.jpg
さて、荷物(笑) ジャンクパーツを適当にくっつけて
20061003224617.jpg
このICテープ…ハンズなどで販売している
細いテープです。0.2ミリぐらいからあり、結構頑丈。
35の銃やヘルメットのストラップにも役立ちます。
20061003224629.jpg
ティッシュでウニュウニュやってICテープで止めちゃいます。
20061003224647.jpg
パテをぬったくって、
20061003224707.jpg
塗り分けて、荷物完了!
20061003224720.jpg
桟橋もパステル粉を使用し、同じ要領でウェザリング。
20061003224738.jpg
で、トラックと桟橋を合体しちゃいます。
20061003224756.jpg
タイヤのあとをとりあえずマスキングして……
20061003224809.jpg
ロシアといえば寒い、寒いといえば雪の図式だす(笑)
雪の素の重曹~
20061003224825.jpg
茶漉しや手でパラパラやってメリハリをつけ
雪をシャンシャンと降らせまする~  定着は普通の薄めた木工ボンド。
20061003224840.jpg

20061003224852.jpg

20061003224903.jpg

20061003224921.jpg

ロシアの雪まみれのトラックに見えるでしょうか?

汗まみれになって雪を降らせてまする~(爆)

って、すんません、今回も長くなってしまいますた~
さ・ら・に、ベリエフの登場もありまへんですた~
ほんとにできるのかな~(TへT)

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。