titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Neuport11 Bebe

東日本大震災で被災された方々に、謹んでお見舞申し上げます


12110241.jpg
そろそろ鍋物の季節だすな~
そして、今年もあとひと月半……はぁ~~ こうして確実にひとつづつ歳を重ねていくのね。

こんにちは。
なんか、ここんとこ模型を完成させることが出来ず……あんなお馬鹿なことやってるから(笑)
ムズムズしていたので、複葉機を一気にやっちゃいますた。
ほぼストレートで、簡単な単色で、パーツも少ない小型の複葉機だす。
と、いうことで、今回も模型ネタのみざんす。
120411-05.gif
12110229.gif
12110202.jpg12110203.jpg  お題はこちら。
  TOKOのニューポール11
  「べべ」でございます。
  パーツはランナー2枚、
  デカールバリエーションは
  ゴージャスに5機分(笑)


12110204.jpg12110205.jpg12110206.jpg
機首の排気管は突起物をカットして開口し真鍮パイプだす。他モールドもダルダルだったのでプラ版で
作り直しますた。コクピットは床板を入れて、シートをくりぬいたり、マスキングテープで
ベルトを作ったり……オープントップなのでベルトには金具をつけまいた。
計器パネルはパーツがなかったので作っちゃいますた。

12110207.jpg  

  エンジンは塗装しただけざんす。





12110208.jpg12110209.jpg12110210.jpg
ここがナカナカめんどくさかった(笑) モールドとしては風防なんすが、ただモッコリしてるだけ(笑)
形を整えて、くりぬいて透明のプラ版をはめ込むという……(笑)

12110211.jpg12110212.jpg  

  尾脚もちょいと形状が
  違っているので
  簡単に作り直しだす。



12110213.jpg12110214.jpg12110215.jpg
12110216.jpg  んで、ここも!(笑)
  エルロンコントロールホーンです。
  モールドを削って開口し、銅線でヒートン状のパーツを作って
  プラロッドはさみこんで接着。
  また、上翼裏側からコクピットまでのロッドもオミットされていたので
  真鍮線で追加しますです。結構目立つしドイツ機なんぞと違って、
  ニューポールの特徴的なところでもあるので、ちと凝りたいところ(笑)
  
12110217.jpg
  デカールを貼って、小物を塗装。
  で、天の字になりますた(笑)





12110218.jpg12110219.jpg
  まずは翼間ストラットから。
  V字型だから結構楽ちんだす。
  胴体側面と機首は
  予め糸を装着しときますです。



12110220.jpg12110221.jpg
リギングも本数が少ないので意外と楽。糸を下翼のアイボルトとターンバックルに模した極小スプリングに
通して上翼で結び、瞬着で固定。たるまないように注意だす。

12110222.jpg  尾翼回りはコントロールホーンもなければ、
  それなりのモールドもなし!
  プラ版で作り、水平尾翼に穴を開けて
  糸を通します。
  方向蛇のパーツは四次元に消えたので(笑)
  プラ版で作りますた。ここのみ塗装。


12110223.jpg12110224.jpg12110225.jpg
機銃も特徴的なところ。ドイツ機、イギリス機のようにペラと連動させる技術がないため、上翼の上に
取り付けてペラの回転を避けるという……なんともストレートで古風な仕様(笑)……いいなぁ
銃架は0.2の真鍮線で。
銃口部からワイヤーが出ていて、コクピットのところに輪っかがあり、それを手で引いて方角を
微調整するという……超アナログチックで、すごくいい!(笑)

12110226.jpg12110227.jpg12110228.jpg
今回のフィギア。毎度おなじみのプライザーでございます。
首を切断して向きを変え、エポパテでコートなんぞを……プラロッドでゴーグル、マスキングテープで
サスペンダーを……。セーターはジャガードにしてみますた(笑)

12110230.jpg  ベースはいつもの100均のフォトフレーム。
  タイルの目地材を流しいれて硬化させ
  土色に吹いて、2種のシーナリーグラスを接着。
  木はドライフラワーの茎部分。AFVのディオラマ用です。
  ワンポイントで植えてみますた。



12110231.jpg12110232.jpg12110233.jpg
12110234.jpg  今回はロシアバージョンなので
  ロシア=寒い=雪という公式に従って
  雪原という設定に(笑)
  ベース全体に希釈した水性ボンドを塗布。
  重曹を茶漉しで満遍なく降らせます。
  ところどころ爪楊枝でほっくり返すと下のグラスが
  垣間見え、ちょいと効果的(笑)
  しばらくすると、ちゃんと定着してくれまする。

12110235.jpg12110236.jpg
  フィギアと飛行機を接着して
  完成ということに……





12110237.jpg12110238.jpg

12110239.jpg

  雪原っちゅーことで雪を降らせてみますた(笑)





12110240.jpg

  今回はエルロンコントロールホーンの件で
  師匠でもある越後の縮緬問屋のご隠居・W氏に
  いろいろとご教授いただきました。
  ありがとうございました。




え~、JMCがもうすぐですね。
「沼津縁側爆弾被害者(笑)の会」は、私がそこら中に送りつけたキットが起爆剤になっとります。
皆様方が楽しんで頂けたのは私としても非常に嬉しい限りで、改めて御礼申し上げます。
特に発起人の躍人さんには、嬉しい感謝の気持ちでいっぱいです。
また、JMCのテーブル確保の労は、もともとひろしさんのご尽力の賜物です。
改めてひろしさんに御礼申し上げる次第です。

皆さん楽しんでくださいね!


あ、「帝国海軍通信」はやっと20機になりムニュムニュとやってますんで……(笑)


今回も長いお付き合い、ありがとうございました。











スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。