titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

椿 三十郎

寒さ募る毎日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今年もインフルエンザが流行っているそうでございます。
ご自愛くだされませ~

01 タイトル


こんにちは。
最近頻繁に07年度版の「椿三十郎」の記事をしばしば目にして、
観ようかどーしようか迷っておりまする。
ご存知のように、「椿三十郎」は三船敏郎主演、黒澤明監督の名作でございます。
あまりにもインパクトあるかっこいい映画なので……07年度版はどうかな~?
と思っている今日この頃でございます(笑)

で、そーいや過日、テレビから録画した「椿三十郎」があったな と
ゴソゴソやり、改めて観た次第でございます。
02 三船敏郎のコピー
ご存知、椿三十郎役の三船敏郎さんです。
容姿、声ともに迫力ある男臭さ全開ですな~
殺陣があまりにも早くてすぐにフレームアウトしてしまい、何度か撮り直したという逸話も……(笑)
03 三役人のコピー
茶室三悪役人。左から大目付菊井役の清水将夫さん、家老竹林役の藤原釜足さん、
次席家老黒藤役の志村喬さんでございます。

物語は、この三悪人を中心とした悪行三昧の藩政に、九人の若侍が立ち向かうのですが
いかんせん、この九人が青くて世間知らず、しかもボンボン。
で、たまたま居合わせた浪人で腕の立つ三十郎が助太刀し、拉致された城代家老を救うというもの。
山本周五郎さんの「日々平安」という小説をベースとし、黒澤明さんがシナリオとして書き直しました。
06 桂樹のコピー
寺田文治役の平田昭彦さん、 押入れ侍木村役の小林桂樹さん、三十郎。
この小林桂樹さんがメッチャ面白い。九人組みに捕らわれ、押入れに軟禁される敵方ですが、
飄々と押入れから出たり入ったりして、着替えたりメシを食ったり、意見を言ったり(笑)
上質のコメディ映画を観てるようだす。
04 城代家老のコピー
城代家老睦田役の伊藤雄之助さんと奥方の入江たか子さんでございます。
伊藤雄之助さんは存在感のある名脇役で大好きな役者さんでございます。
この映画でも終わりのほうに、助けられた城代家老としてちょっと登場してますがインパクトがありますた。
ちなみに現在、ドラマ・映画で活躍している大地康雄さんは伊藤雄之助さんの付き人でした。
05 果し合いのコピー
有名なラストシーンです。宿敵、室戸半兵衛(仲代達矢さん)との一騎討ち。
切られた室戸に派手な血飛沫がドビャー!っと。
この後、チャンバラの映画・ドラマは血がドビャーっと噴出すシーンが定番となりまする。
この演出、「椿三十郎」からと言われておりますが
実は前回作の「用心棒」が最初で、同じような演出でしたが夜というシチュエーションで
目立ちませんでした。
だから、「椿三十郎」では真昼間でハデハデにいったのかと……

また、椿の花が重要なキーポイントとなりますが、この映画はモノクロ映画。
で、モノクロで赤い椿をそれらしく見せるために、黒く塗ったそうでございますよ。
現場は異様だったでしょうな~(笑)

この黒澤版「椿三十郎」は映画好きなら必見!
日本人のDNAを揺さぶること間違いありませぬ~。
07版では、スポーツ中継を甲高い声で行ったあの方がはたしてどう演じるか……
結構、興味がありまする~(笑)

今回は久しぶりに絵を描いてしまいました。
模型の完成と同じように、絵が完成すると酒が美味くなりまする(笑)
果し合いシーンは端折ってしまいました。九人も描けないっつーの!
バックはテキトーにそれらしく色をつけちゃいますた(笑)

で、ドカティ
ducati 14 チマチマと進んでまする。
 素組みですが、バイク模型が
 病み付きになりそうでございます。
 なかなか楽しませてもらってます。
 そろそろ記事のアップができまする~






今回も長いお付き合い、ありがとうございました。


スポンサーサイト

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。