titlephoto.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Sopwith 7F1 Snipe-5 完成です。

090131 01
相変わらず沼津は、生暖かい風が吹いて
ちょいと荒れ模様でございます。

こんにちは。
この方の音頭で始まった「キャメル祭り」。私もスナイプで参戦していたましたが、
ウィリアム・ジョージ・バーカー大尉乗機ようやくの完成でございます。
090131 02090131 03
本年2機めの完成でごんす。
ソッピース・キャメルやスナイプというとなんとなく小さいというイメージがありますが、
なかなかどうして、ご立派な体格をしてますです。
張り線もちょいと緩みっぱなしでいまいち感が拭えませんが……ま、いっか~でございます。
……で、今回は飛ばしてみますた(笑)   「FLY SAKUZAS」でございます(爆)
粗だらけでございますので、「あ、つなぎめはここだな!」などと
目を皿のようにして粗捜ししないよーに(笑)
ご笑覧くだされば、これ幸いでございまする~~

090131 04  「ったく、わざわざカナダから来てやってる
  つーのに、人使いが荒いってなもんだぜ!
  とりあえず、エンジン始動だな」





090131 05  「エンジ~ンの音~ ゴ~ゴ~~と~~♪
  てなもんだぜ……アレ?ちがうか?」






090131 06  「オシッ!浮いた~!」







090131 07  「グググ~、この離陸のときの抵抗感が……
  たまらねぇ快感だぜ~~
  く~ いくぅ~~」





090131 10  「お~し、待ってろドイツ野郎め!
  ギッチョンギッチョンにかましてやんぞ!
  ……♪京~都にいるときゃ~~しのぶ~と
  呼ばれたの~~♪てか?」




090131 08  「お、早速 現れやがった!
  ありゃウーデットのでべそ野郎だな
  趣味の悪いヤツに乗りやがって
  気がついてないうちにぶちかましてやるか」




090131 20  「あ、気付かれた!」
  「あー!てめーはジョージじゃねぇか!
  わざわざヨーロッパくんだりまで来やがって
  かっこつけてんじゃねぇ!」
  「ばーか、うるせぇっつーんだよ 俺とサシで
  やりたかったら、もっと上に来な。
  オタンコナス野郎!」

090131 11  「お~~し、この辺でいいだろ
  おい!ウーデット!覚悟しやがれ!」
  「ざけんな!てめーの腕じゃ無理だっつーの!
  いいから、こっちゃ来い!」




090131 12  「オラオラ~、行くぞ クヌヤロー!オラ~~」
  「来るんなら来やがれ、マヌケチ○ポのカナダ野郎!」






壮絶な戦いが始まったのであったが、残念ながらその戦いの記録は残ってない(爆)
……しかし当然「キャメル祭り」なのでウーデットは負けたのであったった~~

090131 13  「わはははは~、ざまぁみやがれ!
  キャメル祭りをなめんなよ!
  おととい 来やがれ!すっとこどっこいめ!」
  「うぁーー、覚えてろカナダ野郎!
  今度はこういかねーぞーー
  お前のかぁちゃんでーべーそー!
  ……いつつ……くそったれめ!」

090131 14  「ざまぁみやがれってんだ
  ふざけやがって、俺様を見損なうな!」






090131 15  「あ~、気持ちいいな!
  早く帰って 笑点でも見て
  飲んで屁こいて寝よっと~~
  Wind is blowing from the Aegean
  女は海~♪」




「魅せられて」を口ずさみながら、ウィリアム・ジョージ・バーカー中尉は
気持ちよく成層圏まで上昇していくのであった。

え~~、すんません、お粗末さまでございますた。
もちろん、実際には年代的にこの機種どうしがかち合うわけありまへんので
ふざけすぎ!などと真剣になって怒らないよーに……洒落でんがな。

ちゅーことで、肴は……
090131 16090131 17
●里芋の煮っころがし
赤芽でございますよ、奥さん!
ちょいと厚めに皮を剥き塩で揉んで流水で洗い、ぬめりを取りまする。
一旦水から下茹でしたら、再び軽く流水で洗い
今度はだし汁、酒、醤油、味醂、砂糖(各適量)で煮込んで完成!
……実はこれは家内が作ったので、調味料の量は勘だそーです(笑)
●鰯の刺身
新鮮な鰯を購入できたので、早速刺身に。なにせ、魚偏に弱いですからアシが早い。
頭をエラ部分からカットし尻の穴まで切れ目を入れて、
親指で骨に沿ってずらしていくと綺麗に開きまする。塩水で洗いながらだす。
で、尾っぽの方から指でつまむようにして骨をカットし、はがしていきまする。
あとは尾と背中を切って、器に盛り生姜醤油で食べませう!

090131 18090131 19
●和風ハンバーグ(3~4人分)
生姜(ヒトカケ)微塵を入れたサラダオイルで、玉葱(1/2個)、人参(1/2本)、
干椎茸(水に戻したもの3個)各微塵切りにしたものをよく炒めまする。
で、よく冷ましませう。
冷ましてる間に、ボウルにパン粉(30g)を入れ牛乳(75㏄)でふやかしておきます。
そこに鶏挽肉(300g)と先ほどの冷めた具材を投入しグチョグチョ混ぜませう。
味付けは塩胡椒少々、顆粒ダシ小1、味噌大1.5でございます。
調味料を入れ再度グチョグチョしたら、一旦冷蔵庫で落ち着かせましょう。
タレです。ダシ汁大4(水大4に顆粒ダシでOK)、砂糖大3、味醂大2、醤油大3
生姜(ヒトカケ)微塵、サラダオイル大2 以上を予め混ぜときます。
そして大根おろし1カップ。あ、椎茸の戻し汁は捨てないように。
冷蔵庫からハンバーグのネタを出し、小判型にカタチを整えて中の空気を抜き
薄くサラダオイルを敷いたフライパンで焼きます。
両面にこげめがちょいと付いたら、そのままオーブンへ……といきたい所ですが
メンドクサイので蓋をして弱火にします。中まで火が通ったと思ったら、
タレを入れて煮込むように。このとき椎茸の戻し汁をちょいと入れまする。
グツグツいってきたら、ハンバーグは皿に盛り、残ったフライパンの汁に
大根おろしをぶち込みます。で、水溶き片栗粉でとろみをつけハンバーグにかけて完成!
個人的に、和風ハンバーグというと大根おろしが付いてますがあの冷たさが大嫌いで(笑)
あったかい大根おろしでもいいじゃん!でございます。
付け合せはメークインの細切り炒めです。
ううう~、これでメシは三杯いけまする~~……しかも、飲んだアトに(笑)


本日もお付き合い、ありがとうございました。

スポンサーサイト

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。